谷川連峰縦走 #4

残雪の稜線を行く


画像をクリックで拡大します


疲れていたので夕べはぐっすり寝た。
3:30am 起床。
ロープウェイの運行開始を待たずに下山する予定で4時前に肩の小屋を出発。
外は白んだばかり、目の前には雲海が広がっていた。

(手持ち撮影なのでピントが甘い)
b0062024_6534878.jpg







東に上州武尊山と尾瀬の至仏山、燧ケ岳を望む。
b0062024_655486.jpg








気温が高く雪は柔らかいが慎重に下る。
b0062024_6555721.jpg








夜明け間近・・・
b0062024_6563371.jpg








一時間ほどで熊穴沢の避難小屋到着。
ついこの間まで雪に埋もれていた小屋も、いまはほぼ全容を現している。

b0062024_6571417.jpg








約一月ほど前はこんな状態だった。
改めて雪解けの速度の速さを思う。

b0062024_6585888.jpg








もうじき田尻尾根。
朝陽が昇った。

b0062024_70581.jpg








俎嵓山稜を振り返る。
b0062024_712673.jpg








田尻尾根より天神平スキー場を見下ろす。
田尻尾根から登山道を下るより、すでに閉鎖されているスキー場のゲレンデを下る方が安全だろうという読みで、ゲレンデを横切る。

b0062024_744447.jpg








朝陽を受けた谷川岳と宿泊した肩の小屋を振り返る。
b0062024_75397.jpg


b0062024_773696.jpg








正面に笠ケ岳と白毛門を望みながら下る。
b0062024_784612.jpg


b0062024_7104317.jpg


b0062024_7111787.jpg






ショウジョウバカマが身頃
b0062024_7115252.jpg








この辺りは新緑真っ盛り。
b0062024_7122541.jpg

7時ジャストに土合に着いた。
約三時間余り。
今回は一日で踏破することが出来なかったが、無雪期ならおそらく可能だっただろう。
しかし、ロープウェイを使わずに下山したことで、実質全てこのルートを歩き通したことになる。
このあと登山口に移動。
デポしてある車を回収。二居の『宿場の湯』にて汗を流し、シーズン納めにかぐらの混雑ぶりを見学に行くことにし、相棒を別れる。

by sakusaku_fukafuka | 2010-05-31 07:22 | 2010 登山 春~秋 | Comments(0)