巻機山(ニセ巻機山) Ⅱ

(画像をクリックで拡大します)

柄沢山も見えてきた。
b0062024_848032.jpg











森林限界を越え、ようやくニセ巻機が目前に。

でも、天気がちょっと怪しい・・・

b0062024_8492275.jpg











稜線上は寒いが、時折陽も当たるので大休止。
b0062024_850238.jpg












天狗岩も目の前に聳え立つ。
b0062024_851790.jpg











前日のシュプールが残る稜線をニセ巻機山へ
b0062024_852105.jpg

b0062024_852193.jpg











この時点では気温が上がらず、雪面はカリカリ・・・
シール歩行が困難になってきたので直登は避け、斜度の緩い雪庇側へ回り込む。

b0062024_8541821.jpg










柄沢山と谷川連峰をバックに雪庇の左側を詰める。
山頂間近。

b0062024_855528.jpg











ニセ巻機山到着。
巻機山を望む。

b0062024_8564197.jpg











ちょっと遅れて Elena 到着。
もうバテバテのご様子。
今回のツアーはここまでとする。

本峰まで登り上げてもスノーボーダーにとっては巻機山はあまりありがたくない。
沢筋はようやくシャバシャバになってきたことだし、ここ、ニセ巻機山より米子沢へドロップする。
b0062024_902077.jpg











トップから上越国境を望む。
b0062024_913386.jpg











ニセ巻機山より急斜面を米子沢へドロップ。
爽快!!

Photo: Elena
b0062024_93829.jpg


b0062024_922142.jpg


b0062024_94124.jpg













Elena、登攀にバテバテだったのが嘘のように飛ばすね~~
b0062024_954159.jpg


b0062024_963480.jpg













いよいよ米子沢へ
b0062024_991094.jpg


b0062024_992264.jpg


b0062024_993238.jpg


b0062024_994338.jpg










いよいよデブリ帯。
この辺りからそろそろ板掴み出現。

長~いコースだから上と下の雪質の違いは致し方ない。

b0062024_9111929.jpg

b0062024_9113150.jpg










デブリ帯を抜け、米子沢もそろそろ終盤。

思いのほか気持ちよい滑りに大満足。

b0062024_9123614.jpg

b0062024_9124511.jpg











米子沢出合からニセ巻機山を見上げる。
遠かったな~~・・・
感慨一入。
b0062024_9135472.jpg











ここまではデブリも押し寄せて来ないだろう。
安全地帯でようやくのランチタイム。

今日も定番の自家製豚肉の生姜焼き。

b0062024_9151548.jpg

b0062024_9153243.jpg











ランチを終えて、滑れるところまで滑る。
楽しませてくれた巻機山を振り返る。

b0062024_9164852.jpg










遠くから除雪車のエンジン音が聞こえる。
朝よりも大分除雪が進んだ。
また雪の回廊を清水に向かって下る。

b0062024_9183976.jpg

b0062024_9185330.jpg











振り返って見れば午後から快晴、天気予報通りだったわけだ。
b0062024_9195827.jpg











無事清水の集落に到着。
長かった巻機山滑走ツアーもここまで。
この後はお楽しみの温泉だ。

湯沢まで出て《駒子の湯》にて汗を流し、宿舎までElenaを送り届けてツアー終了。

b0062024_9285496.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-26 09:32 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)