Helen Shapiro

b0062024_7253269.jpg


Helen Shapiro

60年代は名曲の宝庫だが、その60年代の名曲を上げろといえば是非その中の一曲に入れたいのがイギリスの歌手《ヘレン・シャピロ》が歌った『Don't Treat Me Like a Child』(子供じゃないの)だ。

お化粧したり、ハイヒールを履いて町に出かけたり、と、お年頃の女の子はだれでも思うことだが、早く大人になりたいと願う乙女心を見事に歌ったのがこの歌。
「となりのおじさんは素敵だけど、今でもガムを買ってくれるから嫌い」、と子ども扱いをされるのを嫌うお茶目な娘心が可笑しくも可愛いく歌われている。
14才でこの曲がヒット、その後は「悲しき片思い」、「夢見る恋」などのヒット曲がある。
日本ではそれほど知名度は高くないと思われるが、この曲は是非60年代の名曲の一つに入れたい一曲だ。

ちなみに日本では弘田みえこがカバーした。



弘田みえこバージョンはこちら


by sakusaku_fukafuka | 2012-04-21 07:47 | ♯s&♭s | Comments(0)