巻機山(ニセ巻機山)・米子沢滑降

このところ快晴続き。
週末いくつかの滑走エリアのプランがあったが、同行したRyonのリクエストで巻機山・米子沢滑降で決定。

ようやく夜が明け始めた清水地区。
国道291号沿いの駐車スペースには我々の車の他に一台あるのみ。
その車の持ち主のスキーヤーは先に出発して行った。
巻機山山頂付近は厚い雲に覆われていてちょっと天候に不安があったが我々も5:30am予定通り出発。

雪に埋もれている桜坂駐車場も程近くなった頃、山頂付近を覆っていた雲も徐々に取れてきて迫力ある天狗岩がよく見えるようになってきた。

[一部を除き画像をクリックで拡大します]
b0062024_15401359.jpg














30分強で桜坂駐車場。
天狗岩も大迫力。

b0062024_15411722.jpg
















まずは井戸の壁を五合目まで登り上げる。

Ryon は(スキー)クランポンを装着。スキンにて登攀。
クランポンを持っていない我輩はアイゼン(クランポン)にて登攀。

b0062024_15445332.jpg
















井戸の壁の急登にスキン登攀も限界。
Ryon も板を担ぎアイゼン。

b0062024_1545452.jpg















咲き始めた「マンサク」を発見。

b0062024_15463210.jpg















前日のトレースの跡を使って急登を登る。

五合目までもうちょっと・・・

b0062024_15474546.jpg
















美しいブナの森。
ここを登り上げれば五合目。
南側に展望が開け、米子沢も望める。

b0062024_15485868.jpg














大源太山。
大源太山はここから見るのが一番格好いい。

b0062024_1550697.jpg















国道291から2時間強。
五合目到着。

米子沢が一望できる。
今日はここを滑る。

b0062024_1552530.jpg


b0062024_15561234.jpg


b0062024_21502169.jpg













後から来たライダーたちがどんどん追い越していく。
この広いエリア、何も焦ることはない。
我々は自分たちのペースで景色を楽しみながらのんびり登攀。

b0062024_15581130.jpg















谷川連峰を望む。

b0062024_1631596.jpg


b0062024_1632437.jpg

















b0062024_17121632.jpg


b0062024_1664647.jpg
















ここを抜ければ森林限界。
視界も開ける。
b0062024_2152780.jpg

















森林限界に達し、一気に視界が開ける。
小休止。

b0062024_1672365.jpg
















春特有の「霞」はあるものの、申し分ない天気だ。

b0062024_16814100.jpg


b0062024_16123928.jpg
















もうちょっと行くと最後の急登。
アイゼンに履き替えだ。

b0062024_16131988.jpg















迂回しているパーティもあるが、我々は急登を直登する。
滑落注意。

b0062024_16141328.jpg

















素晴らしい展望に幾度も足を止めて振り返る。

b0062024_1615117.jpg
















稜線に登り上げると割引岳が見える。

割引岳では全層雪崩が始まっていた。
破断面は何メートルあるだろう?

b0062024_16161137.jpg



b0062024_215484.jpg















冬の巻機山初滑降のRyon と記念撮影。
後ろは巻機山本峰。

スノーボーダーは本峰まで上ってもあまりメリットがない・・・
我々は本峰からドロップするよりも更に面白い急登から米子沢へドロップする予定。

b0062024_161842100.jpg


















まずはその楽しい急斜面へドロップする。

b0062024_21551937.jpg


b0062024_16192859.jpg
















のんびり登ったお陰で雪は程よいシャーベット。
思わず雄叫びが上がってしまうくらい気持ちよいライディングにご満悦。

景観はスリリングだが思いのほかメローな米子沢へドロップイン。

b0062024_16211094.jpg


b0062024_16212129.jpg


b0062024_16213261.jpg



b0062024_16214779.jpg
















長い Downhill を滑り終え、米子沢出合より巻機山(ニセ巻機山)を見上げる。
b0062024_16245637.jpg


b0062024_1625799.jpg




以下はエントリーポイントから国道291号までのおよそ20分のLong Downhill の様子。






国道まで戻ると出発時3台しかなかった車も、止めるところがないくらいの混雑。
快晴の週末、賑やかな巻機山滑走を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2014-04-14 16:28 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(6)

Commented by sho-m1228 at 2014-04-15 18:19
fukafukaさんこんにちは。
白黒もカラーも、写真きれいですね。
目の保養になります(・∀・)

巻機滑ったことないです。
fukafukaさんの写真見てたら行ってみたくなりました。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2014-04-15 20:52
>sho さん、コメントありがとうございます。
巻機山是非是非・・・・・・・
夏の桜坂駐車場が除雪が終えるまで使えませんので、国道291号線の路肩などに皆さん車を停めています。
桜坂駐車場が使えない分アプローチも長くなりますが、なかなかいい山です。
私はいつもニセ巻機山(前巻機山)までしか行きませんが、ここからもダイナミックな滑降ができます。
特に米子沢はほとんどが同じスタンスの斜面なのですが、ロングで圧巻です。
この日もけっこうなライダーたちがいましたが、殆どのライダーは登ってきたところを滑って行きます。
sho さんやお師匠さんたちにはちょっと物足りないかもしれませんが、なんせロングなのがいいですね。
後半は長い緩斜面になりますが、標高差凡そ1500m のDownhill は素晴らしいです。
Commented by amitsuka1210 at 2014-04-16 07:01
fukafukaさん、はじめまして。
 ニセ巻機山手前で休憩している時にお声を掛けさせてもらった、尻革の二人組の克と申します。
名前を間違えてしまい、本当に失礼しました。

初めて行った巻機山ですが、風も無く暖かい最高のコンディションで気持ち良く登れました。
 あまり詳しくない山域なので、どれがどの山なのか正確には分かりませんでしたが、fukafukaさんの文字付き写真でちゃんと分かる事ができました。

 いつもながら滑っている写真、ステキですね♪
 
Commented by sakusaku_fukafuka at 2014-04-16 09:47
> amitsuka1210 さん、来訪ありがとうございます。
その節はお世話になりました。
好天に恵まれた巻機山最高でしたね。
我々はピークハントではなく滑りメインですので、ニセ巻機山からいつも滑降します。
この日も連れのリクエストで米子沢を滑降しました。
標高差約1500mを景色を楽しみながら(但し長居無用です)滑り降りる醍醐味は幾度味わってもいいものです。
この日は遠くの山まで見渡せて景色を見るのも楽しかったですね。
山名、参考になっていただけて嬉しいです。
Commented by みやぶー at 2014-04-18 20:00 x
みやぶろぐへの書き込み、ありがとうございます。
fukafukaさんとは、4,5年前の秋に白ヶ門から馬蹄形縦走をされて、自分は西黒尾根を越えて、蓬峠でいっしょになり、電車を待つ土樽駅で山スキーのお話をさせてもらいました。その時もすごい綺麗な写真と映像を見せていただきました。
確か、3月22日の平標山でもお目に?かかりましたね。巻機山でも、仲間とfukafukaさんでは?話していました。
米子沢はベストコンディションで最高に楽しめました。今年は雪解けが遅めなので、まだまだ春スキーが満喫できそうです。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしております。
では。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2014-04-18 23:40
>みやぶーさん、コメントありがとうございます。
馬蹄型縦走のときにお会いしていたことはすっかり忘れてました。
でも、平標山でも一緒になりましたよね。
巻機山でお見かけしたときはウェアを見て、「もしかすると」、と思ってました。
間違うと失礼なので遠慮しておりましたが・・・・・・・

米子沢、良かったですよね~
我々も十二分に楽しみました。
またどこかのお山でお会いするのを楽しみにしております。