ご無沙汰「かぐら」へ

何年ぶり? かな・・・・・・・・「かぐら」


6日のマチガ沢でデブリ・クラックオンパレード谷川終了?。
この雪不足のシーズン、はて、何処を滑ろうか、となると・・・・・・
雪が残っている東面のあるスキー場、といえば「かぐら」しかないでしょう。

みつまたの駐車場へ向かう道すがら、みつまたの集落の写真を一枚。
ここは霧が溜まりやすい場所のようで、よくこういう幻想的な風景に出会う。
ま、お気に入りの景色っていうのかな、大好きな風景なのである。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_8511996.jpg
















ということで、久々がぐら。
旧知の仲間とも逢えるのがここの楽しみかな。

みつまた駐車場で仲間と合流。
平日だけどローカルの仲間たちがやってきた。

ロープウェイに乗るのも久しぶり。
驚いたのはロープウェイの接客の係にHちゃんの顔があったこと・・・
もう今シーズンで10年目になるとか。


フード付きのリフトなんて久しぶりだなぁ
懐かしい景色を眺めながらゲレンデ上部へ。
b0062024_8521614.jpg















ゲレンデを二本回して登山届とビーコンチェッカーが設置してあるゲートをくぐってBCエリアへ。
一高降り場からBCエリアを望んだ時見えた滑走ラインの数の多さや、どうみてもあのゲートでチェックを受けてないだろう、と思われるラインの凄さをみると、はたしてあのパトロールが張り付いているゲートのチェックがどの程度役目を果たしているのか疑問もあるが、ま、遭難が激減したという話もあるので、それなりに意味があるのかもしれないなぁ。
などと思いながら懐かしい「中ノ芝」の景色。

b0062024_8571913.jpg














ここへ来たかったもう一つの理由は、この「シラビソ」の樹を見ることなのだ。
ホームグラウンドの谷川には、このシラビソがほどんど無い。
ここの右斜面には「コメツガ」もあるのだが、今日はそちらには行かないので、今日見れるのはこの「シラビソ」だけ。

かつては、毎日のようにこのシラビソやコメツガのツリーを楽しんだのを懐かしく思い出しながら「上ノ芝」へ。

b0062024_904912.jpg















左手に神楽ケ峰が見えてくる。
懐かしい!
b0062024_913158.jpg















ニセかぐらから神楽ケ峰へ。
b0062024_92871.jpg


(Photo:George)
b0062024_961094.jpg











神楽ケ峰。
自然て不思議だと思う。
風が作る造形がかつてと全く変わらない。
いつも、ここにこの雪庇ができてたもんな~~
b0062024_931951.jpg


(Photo:George)
b0062024_982126.jpg














今日は遠足とランチを楽しむのがメインで滑りはその次。
はて、ここに何時間いたんだろう?っていうくらいのんびり。
b0062024_944462.jpg

b0062024_983634.jpg













こうして苗場山を見るのも久しぶり。
ここから見る苗場山は格好いいな。
b0062024_11361638.jpg














雲海が綺麗でした。
b0062024_992052.jpg

b0062024_993050.jpg














ランチを楽しんだらニセ神楽ケ峰へ移動して滑走下山だ。
b0062024_91014100.jpg









久々のかぐらを満喫して下山。
帰路はいつもの「宿場の湯」で汗を流し、HRKW君と夕刻まで歓談して帰宅。
いつも独りなので、仲間と一緒に過ごせたことがいつもより楽しく感じられた一日だった。

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-09 09:12 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(0)