りんごの摘花

我輩のマシーンは Windows7 なのだが、三日前パソコンを使っていると突然Windows10 に強制的にアップグレードされてしまった。
心の準備をする間もなく《Windowsをアップグレードしています》!!
なんだい?これは・・・・・・・・・・・
予想もしてないし、心の準備もしてないし、「しょうがねぇ、一旦アップグレードするか」

ということで我マシーンは最新の Windows10 のマシーンになった。
不本意なまま、一応Win10 を使ってみるが、まっこと使いにくい。
ファイルはそのまま引き継ぐということだったが、そのままでは開けなかったりする。
ドキュメントを開こうとすると《読み取り専用で開く》 《コピーして開く》などとなっていて、そのままでは開けない。
外部デバイスからの画像の読み込みもまっこと面倒くさい。

最も腹がたったのは一夜明けてPCを立ち上げたら、これまでのように(Windows7)の管理者としてのPWではパソコンにログインできないのだ。
《パスワードが間違っています。Microsoft アカウントのパスワードを使用していることを確認してください。
パスワードはいつでもリセットできます》
幾度打ち込んでも↑の画面がでてくるだけで、全く先へ進まない。
焦ったね~~。
たまたま持っていたhotmail のアカウントを入力してみるとやっとログインできた。

使いにくいことに加え、《Windows10は最強のスパイウェア》・・・・・・・・・・・・・
Microsoft社はNSA(アメリカ国家安全保障局)に協力して、クラウドに保存したデータを提供していた、という記事を読んだことがある。

Windows 8XとWindows 10 にはバックドアが仕込まれているということなので、PC 内に保存されているデータはインターネット上でのやり取りを含め、全てMicrosoft に筒抜けということだ。

こうなると、もうMicrosoft は信頼できないということになるなぁ・・・・・・・・

そうすると、Windows7の延長サポートが切れる2020年1月14日まで「7」を使い続けるか・・・・・・
Mac あるいは Linux に乗り換えるしかないよな・・・

でも、おいらは当面はこのままWindows7を使い続けることにして、一日使っただけで即Windoes10 から Windows7 に戻した。(アップグレードした日から31日の間なら元のWindows7 に戻せる)

ただWindows 10 のから「7」に戻しただけでは、今まで同様しつこくWindows 10 へのアップグレードの催促がくる。
よってコントロールパネルからWindows update を開き、利用可能な全ての更新プログラムを表示し、《「重要」と表示された「Windows 10 Home、バージョン1511、10586にアップグレード》のチェックを外す。
「Windows 10 Home、バージョン1511、10586にアップグレード」がグレーの表示になれば設定完了。
これでWindows 10 へのアップグレード項目を非表示にしておけばアップグレードの煩わしさから開放される。

スマートホン、タブレット業界で勝ち組となったMac と Android。
流れを読み違えて惨敗したMicrosoft が選んだ道は、批判を覚悟でWindows 10 の強制アップグレード。
Windows OS の上に胡座をかいて負け組となったMicrosoft の「焦り」が垣間見えた。
すっかり信頼を失ったMicrosoft。
さて・・・・・・この先どうしよう・・・・・・・・・・

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今年もりんごの摘花が始まって一週間が過ぎた。
ようやく2/3近く摘花作業を終えたところだが、今月いっぱいはかかりそうだな~~


by sakusaku_fukafuka | 2016-05-26 21:53 | ほか・生活風景 | Comments(0)