登り返し承知の今シーズン初「あの」沢

日曜日だけあって、ベースプラザは先週同様すごい混雑だった。
RWは座れず、立ったまま山上駅へ。

登り返し予定なので今日もスプリット。
今日は時間節約で峠リフトを使う。

天神峠から見ると山頂付近はガスってる。
でもあのガスは直ぐに抜けて完璧に晴れるだろうな、とこの時点では思った。
足の速いスキーヤーが一人追い越して行ったけど、先行している登山者はまだ少ない。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_2264844.jpg
















今は冬ルートと夏道の併用っていう感じ。
あの例のイヤな場所は渋滞しそうなので、スプリットだし、独りこっそり夏道を行く。

熊穴沢非難小屋も少し埋まってきたかな。。。
b0062024_2211682.jpg
















今日はなぜかスプリットが多いみたい・・・・・・
といっても登山者の数に比べたら居ないに等しいくらいだけど・・・

肩の広場がきれい。
b0062024_22124283.jpg
















登山者が途切れることなく登って行きます。
b0062024_22132826.jpg


b0062024_22133826.jpg
















天神ザンゲ岩を過ぎることになると、快晴のはずだった山は見る見るガスに覆われた。

生憎の天候になってしまったけど、えらいスピードで登っていったスキーヤーがファーストトラックを肩の広場に刻んだ。
登山者に比べたら少ないとはいえ、それでも何人もスキーヤーやスノーボーダーが登ってくる。

肩の広場は彼らに譲るとして、俺は気になっていた例の沢を滑ることにした。
当然沢のボトムは埋まってないので「いいところ」から登り返しになる。
今日は先週ほど深くは無いので、時間的にも登り返しの時間は十分ある。

視界はあまりよくないが、天狗の留まり場付近の景色がうっすらと見える程度。
おそらく少し滑れば視界は良好になるだろう。

指導標の辺りでスノーボーダーが4人ほど滑走の準備をしているが、ガスは丁度良いあんばいに彼らの視界からオイラを遮ってくれる。
彼らを尻目にガスの中へドロップイン。

少し滑ると視界は案の定開けてきた。
視界良好。

雪が少ないと沢も狭く、同じ場所でもずいぶんと厳冬期とは印象が違う。
これはこれで面白い。
b0062024_2229848.jpg














中間部を過ぎると何と春のような雪・・・・・・・・・・・
思ったより落ちたデブリが多い。

ボトムも近い急斜面に差し掛かるとデカイ穴がぽっかり・・・オットット・・・・・・・
こんなのに落ちたら最後だもんね。

更に滑ってボトム付近の急斜面は滝が二箇所露出。
音を立てて流れ落ちている。

b0062024_23332213.jpg














遠巻きに通過して滑走終了。
昨年は登り返しに3時間半を要したので、欲張って下まで滑ると苦労するだけ。
それでも、あの稜線まで登り返すのは楽ではない。

b0062024_22304326.jpg


































登り返し途中から振り返る。
b0062024_22353896.jpg


今回登り返しに1時間40分ほど要した.
昨年の登り返しに比べたら時間はかからなかったが、やはり滑りに丁度良い斜面の登り返しは辛いものがある。
下山していく登山者の影が稜線に絶えず見えるのだが、早くあそこに登り上げたいものだ、とそんなことばかり考えながら一歩一歩登る。

3時40を回ってやっと稜線。
今回は何とかRWの最終便までには間に合いそう。

すっかりガスに覆われた山を背にクタクタでRW山上駅へ着いた。

by sakusaku_fukafuka | 2016-12-26 22:43 | 2017 雪山三昧 前期 | Comments(2)

Commented by 冷媒屋 at 2016-12-27 09:46 x
渋◯◯◯センターの現場で何回もお話させて頂いた冷媒屋です。

ご無沙汰しております。

ブログ初コメントです。笑

実は僕、指導標で準備してたスノーボーダー4人の内の一人でした。笑

いやぁ〜お会いしたかったです!

お会いできるとしたら年明けですかね〜??

またお山でお会いできる日を楽しみにしてます。

今シーズンも御安全に。


Commented by sakusaku_fukafuka at 2016-12-27 23:15
>冷媒屋さん、初コメントありがとうございます。
なんと、あのスノーボーダー4人組は冷媒屋さんたちでしたか。
肩の広場もいっぱいラインが入ったみたいですね。
山屋さんのブログを見るとラインだらけでした。

皆さんが肩の広場を滑り終えて登山道を滑降していく姿を見上げながら私は汗をかいてました(笑)。

年が明けたら会えるかもしれませんね。
私も楽しみにしています。
良いお年を!