二度目の自分に都合の良い日

インフルエンザで熱を出したあと、まだそれほど日が経ってないのに今度は風邪をひいた。
インフルエンザだと高熱を出して動けないので即刻休みなのだが、今回の風邪だと熱も無いし「大丈夫だろう」なんて安易な考えで仕事を続けていたのが祟って、この三日くらいは仕事するのが難儀で昨日は咳が止まらずとうとうギブアップ。
今日も仕事だったのだが休ませてもらうことに・・・・・・・・・・・

人間、睡眠をきちんと取る事がこれほど大事なんだな、と今更ながら思った。
昨日は仕事から帰ると何もする気になれず、そのまますぐに寝てしまった。
毎日仕事に行くためには5時起床なのだが、習慣というものは恐ろしい。
ゆっくり安静のために寝ていようと思うのだが、いつもの時間には目覚めてしまう。
3月ともなると随分と日が永くなってきた。
5時はもう薄明るい。
窓から山を見るとガスっていて何も見えない。
二度寝をしようと部屋に戻るが寝付けない。
気がつくと昨日まであれほど咳き込んでいたのに、今朝は咳は殆ど出ない。
案外調子いいのだ。
やっぱり寝すぎるくらい睡眠取れたお陰なのかな・・・・・
そうなると気になるのは山の天気でしょう。
課金されているスマホアプリで山の予報を見ると晴れマーク。
(もうこの時点で仕事に行く気無いもんね=行ったとしてももう遅刻だし)
今は山は見えないけど、予報が当たれば滑り出す頃には晴れるかもしれない。
まだ若干咳は出るけど、ダルさは全く消えている。
昨日まで雪は降ってたし、昨日の天気ではライダーも殆ど入ってないでしょ。
明日は雨模様だから今日しか無いね。

ちょっと出遅れちゃったけど、まいいか。
ということで山行決定。

立体駐車場に入るといつもの駐車場係りが「今日は本当は7時からなんですよ。でも整備が追いつかないので、それでも8時からということになりました」だって。
「一番には間に合わないじゃん」

準備してベースプラザに上がると予想通り行列の最後尾に並ぶ。
「すっげ~人」
ツアーもけっこう入ってる。

でも賑やかだからこそ久しぶりに会える人もいたりするんで、これはこれでいいか(笑)

山上駅に着くとゲレンデはすでにパウダージャンキーたちの刻んだラインで隙間も無いくらい。
350円払ってリフトご利用。

出遅れているんで致し方ないけど、ファーストトラックとまではいかなくても「すだれ」状態にならないうちには滑りたいので、ちょっとはしょる。

天狗の留まり場を過ぎるとちょっと青空も時折見えたりして、予測どおりだな。
ここまで殆ど休まず追い抜いてきた。
前にはおそらく芝倉沢を狙っているツアー一組と他に10人程度いるくらいだと思う。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_22321373.jpg














が、後ろにはご覧のとおり。
すっごいです。
b0062024_22331010.jpg















ピークハントはしません。
まっすぐエントリーポイントです。

いい感じです。
ファーストトラックは先に登っていた若いお二人のライダーさんたちに譲り、急ぐことは無いのでのんびり準備。
③にスノーボーダーが一名落としていった。
顔見知りさんたちが二名後から来てしばし歓談。
準備は終えていたのでお先にドロップイン。

今日は少し不安定かもしれない、と思っていたが、滑り出してすぐに自分のプレッシャーがトリガーになってけっこう大規模に切れた。
でも雪はいい。
もすぐ4月。
こういうパウダーもシーズンラストかなぁ。

KBYSさん撮影。
b0062024_22511771.jpg


b0062024_23323323.jpg















ここまで晴れてくれるとは思ってなかったので最高の気分。
b0062024_23332272.jpg
























後に残っていたお二人さんも滑り降りてきた。
b0062024_0101883.jpg


















国道を歩いて今シーズンは湯檜曽川沿いまで落としたことが無かったので、お二人さんと別れてもう一本落とすことにしたのだが、滑り終えると嬉しい出会い。
b0062024_22524297.jpg













このところ西黒を歩いてないのでさっぱり会えなかったのだが、旧知の「クロちゃん(俺が勝手に呼んでるだけなんだけど)」と会った。
元気でいてくれたんだねぇ・・・・・・・

「クロちゃん!」(向こうはわかるわけ無いんだけどさ)
声かけられても食事を優先してるみたいで無視。
b0062024_2356422.jpg












更に近づくと、口に入れた冬芽を噛み噛みしながらやっと振り向いてくれた(笑)。
b0062024_23563167.jpg

クロちゃんから静かに離れ、ほのぼのとした帰路でした。

by sakusaku_fukafuka | 2017-03-26 00:11 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(0)