体力維持と検証

悪天候に阻まれ約2ケ月ぶりの山行。
やっと晴れそうな今朝、歩いたからってついた脂肪が減るわけじゃないけど、先シーズン滑ったエリアの検証をしておきたいと思いつつ、これまでなかなか実現しなかったのだが、今日やっとそれができた。

日が短くなったものだ、5時はまだ薄暗いもんね~。
星が出ていたので、出発前に写真を撮ろうとも思ったのだが、今日のルートはロングなので、一枚だけ取り急ぎ撮影しただけで出発点へ移動。
(もうちょっと早起きして撮影すればよかった・・・)

画像をクリックで拡大します

b0062024_17083611.jpg
5時(2分くらい前)出発。
まだヘッドランプが要る。

さっき一人先に出発していった人が居たので二番手。

牛首の手前まで長い杉林が続く。
登山道もだいぶ荒れていて、それが歩く人が少ないことを物語っているようだ。

歩き始めて約40分。
「牛首」

b0062024_17123988.jpg










牛首の全景。
b0062024_17132555.jpg











先シーズン、滑り終えての帰路、ここの通過が一番心配だったのだが、なんとか通過できた。
b0062024_17144485.jpg









先シーズンの同じ場所。
b0062024_17165688.jpg









上流を望む
b0062024_17173525.jpg











やっと 俎嵓山稜が望めるところまで来た。
b0062024_17185697.jpg











ここまで殆ど左岸を歩いてきたのだが、登山道を見失いがちになるくらい荒れていた。
深夜の徒歩は危険かもしれない。

俎嵓山稜に朝日が射す

b0062024_17204020.jpg
b0062024_17205512.jpg










ようやく二股。
b0062024_17212567.jpg













右はイワオ新道。
我輩は左へ。
ここからは時折 俎嵓山稜を仰ぎながら登る。

b0062024_17230294.jpg












ここでヒツゴー沢を右岸へ渡る。
b0062024_17234807.jpg















ここからは小屋の人たちが整備したみたいで、刈り払いしてあって助かった。
b0062024_17245819.jpg













右岸へ渡ると一気に急登になる。
白毛門もすごいけど、ここはそれ以上だわ。
ハードなのは承知の上だが、それにしても急登に積もった枯葉が滑って歩きにくい。

b0062024_17265527.jpg












上を仰ぎ、ため息をついては四つんばいで登る。
やっと展望が開けた。
稜線付近はガスの中。
ま、最悪先シーズン滑った幕岩のルンゼの滝のところだけ撮影できれば由。
主稜まで登らず引き返そう。

b0062024_17300463.jpg













これから登る中ゴー尾根(正面)と左に 俎嵓山稜。
あと2時間も登れば滝の見えるところに出るだろう。


b0062024_17314097.jpg
b0062024_17320063.jpg













登山道は崩落、樹木の倒壊著しい。
岩稜帯も西黒尾根とは違い、間違ったら奈落の底だ・・・・・
鎖場もあるが、頼りなくて使う気にならない。
木の根っこを掴んだりしてなんとか登る。

b0062024_17355226.jpg














いつも 俎嵓山稜が左手に望めるのがいいね。
挫けそうになる気持ちが癒される。

b0062024_17365825.jpg











見たかった滝がだいぶ見えるようになってきた。
b0062024_17392847.jpg












あそこを滑り降りたわけね・・・・・・
b0062024_17404916.jpg











長球で引っ張る
b0062024_17424018.jpg
b0062024_17432015.jpg













あそこが冬になると↓こうなるわけよね~
b0062024_17435450.jpg











でも、夏も美しいです。
b0062024_17443305.jpg












核心部
b0062024_17450866.jpg













やっと森林限界を超えた。
ガスに覆われていた稜線も見えてきたので、引き返さずこのまま主稜まで登ることにした。

b0062024_17461740.jpg












沢の下部はまだ雪渓が残っていて、大きなトンネルが確認できた。
b0062024_17470910.jpg












核心部もだんだん見えなくなってきたね。
主稜も近いし・・・
今日はこれで見納めかな。
でも、天候に恵まれたおかげで念願だった滝の部分の確認ができて満足。

b0062024_17483794.jpg













登山道にリンドウ
b0062024_17491356.jpg













稜線まで一時間くらいかな・・・・・・
b0062024_17494905.jpg














登ってきたルートを振り返る。
二ヶ月も登ってなかった割にはハードなルートを選んでしまったけど、ま、ここまで良く登ってきたわ(自画自賛)

b0062024_17510287.jpg














時々ガスに巻かれるけど、肩の小屋も見えてきたし、天神尾根を登っている登山者の姿も見えてきた。
b0062024_17521372.jpg
b0062024_17522544.jpg












ここも滑り降りたんだけど、雪が無いとずいぶんうねってるね・・・



b0062024_17531245.jpg














こっちも同様、滑った斜面だけど、こんなにうねってるんだねぇ・・・
b0062024_17533993.jpg














もうすぐ主稜。
オジカ沢の頭


b0062024_17545847.jpg














や~~長かった。
やっと稜線。

b0062024_17554189.jpg















再度登ってきたルートを俯瞰する。
人間てすごいね、なんて良く思う。

b0062024_17563456.jpg















10:28 am
河川敷で無駄な時間を過ごした割にはコースタイムどおりにほぼ登っている。

b0062024_17582163.jpg













すっかり秋だね。
トリカブトが鮮やか。

b0062024_17590628.jpg














ま、この後は肩の小屋までは楽チン歩き。
前回パスしたので、今回は小屋の管理人森下さんを訪ねた

「ぜんぜん来なかったじゃないですか」
「この悪天候続きでしたからね」


梅雨明け宣言後の雨続きで小屋もキャンセル続出で大変だったらしい・・・・・
ノドが痛いくらい冷えたコーラを飲み干してしばし歓談。
帰路は天神尾根を下る。
小屋の周辺は弁当を広げた登山者で大賑わい。
登山道もこちらは銀座並み。
下山する人、登ってくる人、ひっきりなし。

我輩が登ったルートはおそらく、今日は俺ともう一人、二人登っただけだろう。
ハードだったけど、静かな山歩きができて満足。

ロープウェイで下山。
ロープウェイの中でバスの時刻を調べたらギリギリ・・・・・
本数が少ないから間に合うといいな、と気をもみながら山ろく駅。

まだバス、出発してないみたい。
走っちゃったね~

ギリギリセーフで乗り込んだバス。
バスに乗るなんて久しぶりで、なんか嬉しい。
このバスで水上駅へ。
b0062024_18082598.jpg












バスを降りたら今度はタクシー。
一台待機してました。
良かった。

タクシーで登山口の駐車場へ。

その後はお決まりの「あしま園」にていつものコロッケ定食を食べて帰宅。

ロープウェイ¥1230
関越交通バス¥ 750
タクシー  ¥1270?

このエリアの山行でこんなにお金使ったの初めてかな(笑)
(でも、脂肪は減ってないと思うな)


by sakusaku_fukafuka | 2017-09-03 18:12 | 2017 無雪期登山 | Comments(0)