シーズンへ向けて 9

東北の山旅から帰った翌日、自作スノーボードの製作の続き。

今夜はいよいよソリッドボードのプレスに入る。
まずはソールのコアと重なる部分にエポキシ(樹脂接着剤)を塗りこむ。
b0062024_22051598.jpg

b0062024_22051895.jpg











エポキシを塗り込んだらグラスファイバーを敷いて塗りこみ、次の工程に入る。

ソールと重なるコアの面にもエポキシを塗りこむ。
むらのないように丁寧に・・・・・・・
b0062024_22052030.jpg













エポキシをコアに塗り込んだら、バインを取り付けるアンカーを埋め込む。
b0062024_22052372.jpg














アンカーの隙間にも丁寧に塗りこむ。
b0062024_22052670.jpg












板の名前が入る。
色々と考えたのだが、自分のホームグラウンドである谷川岳の二つの山頂の名前をいただき、ソリッドボードに『トマノ耳』と名づけた。
今回スプリットボードも同時進行しているので、スプリットボードは『オキノ耳』とした。
『耳』の文字は象形文字とか甲骨文字の方が味があってよいのでこの文字にした。
b0062024_22053190.jpg
b0062024_22052874.jpg














グラスファイバーを敷き、同様にエポキシで塗りこんでいく。
(グラスファイバーはこの裏面にも塗りこんである)
b0062024_22053686.jpg
















ここまでの工程を終えたらいよいよプレスに入る。
コアの圧着とキャンバーを入れるためのテンプレートは最初に工作してあるので、その形状に沿うようキャンバーを入れていく。
このまま24時間。
さて・・・・・・どうなっているのか次回が楽しみ・・・・
b0062024_22053971.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2017-10-11 22:22 | Comments(0)