槍ヶ岳滑走記 #9 (4/29)

槍ヶ岳滑走記


大喰岳へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


槍沢を滑って登り返したら、山荘を発って大喰岳へ向かう。

昨日吹雪で気温が下がったので北面はクラストしている。
大喰岳は目と鼻の先だが、難所の通過があるので緊張を強いられる。

8:00 am 槍ヶ岳山荘を後にする。
目前に迫る大喰岳、クラストしているのがここからも見て取れる。

(画像クリックで拡大します)
b0062024_1743369.jpg


歩くとモナカ雪の表面が取れて、先を歩く George 目掛けて落ちていく
b0062024_17452184.jpg

アイゼンがありがたい・・・
( Photo : George )

b0062024_17463192.jpg



慎重に鞍部のトラバースを行く
( Photo : George )

b0062024_17474273.jpg



最大の核心部、 一番いや~~なところへ差し掛かる。
b0062024_17513287.jpg

b0062024_17514723.jpg



斜面にへばりついているのがやっと・・・・・
慎重に一歩一歩足を運ぶ。
( Photo : George )

b0062024_17564148.jpg



大槍の登攀ほどではないにしても、早く通過し終えたい場所だ
( Photo : George )

b0062024_17575960.jpg



アクシデント発生!
アイゼンの紐がしっかり締まったことを確認したにもかかわらず、クラストバーンの歩行を繰り返すうちに緩んだのに気づかず、左足からアイゼンが外れてしまった・・・
どうにもならない緊急事態。
先に登り終えた Jhosuke にSOS・・・・・
アイスアックスで Jhosuke に左足のステップを作ってもらい、なんとか緊急事態を乗り越えられた。
Jhosuke そして我輩のアイゼンを拾いに行ってくれた George 、ありがとう。
アイゼン歩行で最も多い事故なのに、反省しきり・・・
命拾いしたよ!!
( Photo : Izumi )

b0062024_184329.jpg



緊急事態は脱出したものの、まだまだ気を緩められない。
b0062024_189632.jpg



クラストはしていないものの、未だ気を抜けない急登。
ココで落ちたら槍沢へ真ッ逆さまだ・・・
遥か下を槍ヶ岳へ向かう登山者たちが蟻の行列のように見える。

b0062024_1811398.jpg



核心部を登り終えて緊張感もようやく解れる
( Photo : George )

b0062024_181678.jpg




大喰岳から槍ヶ岳を振り返る。
槍ヶ岳を目指す登山者のトレールと自分たちの滑ったラインが見える。

b0062024_18281398.jpg




9:20 am
大喰岳の山頂を通過してドロップポイントに到着。
準備を終えたら大喰岳カールを一気に滑る。
( Photo : George )

b0062024_18184653.jpg



大喰岳から見た穂高連峰
b0062024_18262421.jpg

b0062024_18264338.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-05-14 18:37 | 2007 槍ヶ岳滑走記 | Comments(8)

Commented by yuu8972 at 2007-05-14 19:08
緊張した雰囲気が写真にあらわれています。一歩、一歩の積み重ねですね。美しくて、厳しくて、緊張と喜びにあふれた写真!貴重なお写真ですね。
Commented by utinopetika2 at 2007-05-14 22:38
すばらし~い。
呼吸するのも忘れ見入ってしまいました。
こちらが窒息するところでした。
一度でいいから、自分の足で歩き見てみたいです。
でも、登ることができても、滑ること出来ない僕は後悔するのでしょうね。
ところで、個展開かれてみてはいかがですか。
Commented by hamabig at 2007-05-14 23:18
いゃーーー。
恐ろしい目に遭いましたね。

ハイレベルな雪山登山です。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-17 05:55
★yuu さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
はい、一歩一歩亀のように足を前に出していくだけです。
自然て本当に厳しいです。
厳しいガゆえの美しさに魅せられています。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-17 05:58
★ utinopetika2 さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
槍ヶ岳に限らず、スキーヤーやスノーボーダーだけでなく、一般の登山者も大勢いるんですよ。
是非一度挑戦してみてください。
個展ですか?・・・・・いえいえ、まだまだそのような大それたことができるほどの写真ではありませんよ^^;
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-17 06:00
★ hamabig さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
はい、この大喰岳の北斜面のクラストにはひやひやしました。
アイゼンの緩みは小まめに確認しないといけないな、と反省しました。
Commented by masa1950k at 2007-05-17 16:45
手に汗握るとは、まさにこの事
読み進むうちに、手のひらに汗が・・・
ドキュメンタリー番組より、生々しい!
無事、緊急事態脱出!
ほっとしました(^^♪
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-17 19:24
★ masa さん、こんばんは、コメントありがとうございます。
アイゼンが緩み始めていたのに気づかず、うかつでした。
片方のアイゼンが無かったら、この斜面は万事休すです。
無事難所を通過できてホっとしました。