槍ヶ岳滑走記 #10 (4/29)

槍ヶ岳滑走記



大喰岳カール~横尾尾根
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




休憩をとったら大喰岳カールの滑走だ。
稜線から、これから滑るカールを俯瞰する。
横尾尾根まで登り返すルートもほとんどが一望できる。
先行するラインは小屋で一緒だったスキーヤーの Kaneki 氏のライン。

b0062024_2017059.jpg

b0062024_20244041.jpg




さ・・・いよいよドロップインだ!
b0062024_20355989.jpg




Jhosuke がトップでカールへドロップイン

Rider : Jhosuke

b0062024_2037367.jpg




雪もいささか重くなってきたが、なんせ、広すぎるくらいスケールが大きいので苦にならない。
しんがりは我輩・・・

Rider : 我輩

b0062024_20422196.jpg




いや~~実に気持ちがいい斜面だ
(Photo : George)

b0062024_2043442.jpg



広大な斜面、滑ったラインを眺めたりしながら、次なる斜面へ思いを馳せる
b0062024_2047169.jpg

b0062024_2049958.jpg




まだまだ先は長い、雪が緩みすぎないうちに出来るだけ先を急ごう
b0062024_20511548.jpg




ここから横尾尾根まで登り返し。
ここは山荘の人たちからも雪崩に注意するようアドバイスを受けたところだ。
速やかに急登を登り終えたい。

b0062024_20534232.jpg

b0062024_20541641.jpg




思ったより長い・・・急登の連続。
b0062024_20545792.jpg




急登を登りおえて、ここでランチタイム。
もうお腹ぺこぺこ・・・

b0062024_20562339.jpg




ランチを終えたら、横尾尾根までの後半を登り返す。
出発!

b0062024_2101594.jpg




天狗池付近より槍ヶ岳遠望
b0062024_2125963.jpg




ほぼ同じ位置から見た秋の槍ヶ岳(Photo : George)
b0062024_2141278.jpg



今日の最後の登りだから、と自分に言い聞かせながら登る
b0062024_2162367.jpg

b0062024_2165677.jpg




もう横尾尾根もすぐだ!
(中岳~南岳へ向かう稜線)

b0062024_2184891.jpg




12:15 pm 横尾尾根到着。
北穂高岳と前穂高岳が美しい

b0062024_21103128.jpg

b0062024_21121346.jpg




猛々しい北穂高岳
b0062024_21111783.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-05-17 21:14 | 2007 槍ヶ岳滑走記 | Comments(10)

Commented by George at 2007-05-17 22:37 x
写真を見るとまた滑りたい斜面が一杯ありますよね。
飛騨沢、大喰岳北面、中岳と天狗池近辺などなど。。
Commented by hamabig at 2007-05-17 23:29
スケールが大き過ぎて、人が小さく見えます。
雪庇の下を滑るのは怖くないのでしょうか?
アイゼン歩行も読んでいて、こちらの方も怖くてレベルの違いを感じます。
いつものコメントですが、気を付けて下さい。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-18 07:31
おはようございます。
声も出ないほどの大スケールにゾクゾクしています。
天気も最高!ひろい斜面を気持ちよく・・・・・
でも、滑りながらも全身のコンピューターを働かせ・・・・・

いろいろの壁も実力で乗り越え、素晴らしいスポーツをなさいましたね。
お疲れ様!楽しみました、ありがとうございます。
Commented by tokimekiroman at 2007-05-18 22:15
この雄大な斜面!スケールがちがいますね。

秋の槍ヶ岳と今の槍ヶ岳、こんなに変わるものかと興味津々、拝見しました。


Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-19 10:17
★ Geoger こんにちは。
コメントありがとうございます。
本当だね~~まだまだ滑りたい斜面がいっぱいあるね。
槍ヶ岳山荘に滞在して稜線を挟んで両方の斜面を滑りつくすなんて贅沢だね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-19 12:21
★ hamabig さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
このエリアのスケールの大きさには圧倒されます。
雪庇の下は怖いですね。速やかに通過します。
クラスト斜面の登攀もとても怖いです。
ちょっとアドベンッチャーですよね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-19 12:26
★ kimiko_shibata さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
このエリアは景観といいスケールといい、第一級ですね。
槍ヶ岳や大喰岳をバックに滑る気分も第一級です。
辛かった登りが報われます。危険も伴いますけどね・・・・・・
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-19 12:31
★ tokimekiroman さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
稜線からフォールラインを見下ろすと、どこまでも滑って行けそうな大斜面に感動します。
吸い込まれるように滑り降りるときの爽快感は言葉では言い表せないくらいです。
雪が降ると、モレーンに覆われたごつごつした山肌はすっかり覆われ、滑降に適した滑らかな斜面になります。
春から秋へかけての山容とずいぶん違いますよね。
Commented by wakaba0818 at 2007-05-19 13:33
こんにちは~**
素晴らしいスケ-ルの写真、見ていても気持ちいいですし
この雪山を降りてきたsakusakuさんの気持ちは、特別なことでしょうね
登る苦労は忘れてもいいですよね(^^ゞ 
雪山は、危険との背中合わせなのに好きな人はやめられないんでしょうね。
新雪を降りてくる爽快な気持ち少し頂きます(^-^)
山の地図見るの久しぶりでした。
地図見て、夢中で友達と話した遠い昔を思いだしました(^^ゞ 
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-19 23:02
★ wakaba さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
>雪山は、危険との背中合わせなのに好きな人はやめられないんでしょうね
はい、仰るとおり、止められないんですよね~~
一番安全なのはこういうところを滑らないことなんですけど。
一度味わうと止められなくなっちゃいます。
地図を見ながら山に思いを馳せる。
いいですね~
地図を眺めていると登ったような気持ちにさせられますよね。