カテゴリ:2010 雪山三昧・後期( 16 )

至仏山春ボード #2

残雪の尾瀬


(画像をクリックで拡大します)



赤く染まっていた山並みも日が高くなるにつれ白く輝いてくる。

やがて笠ケ岳の隣に上州武尊山も頭を覗かせる。

(1)
b0062024_8495938.jpg







至仏山の肩越しに尾瀬ヶ原と燧ケ岳。
(2)
b0062024_8511161.jpg






まずは小至仏の山頂から一本滑ろう・・・
(3)
b0062024_852274.jpg


(4)
b0062024_8531624.jpg






小至仏山頂付近から笠ケ岳と、すっかり全容を現した上州武尊山。
(5)
b0062024_8543482.jpg


(6)
b0062024_8545371.jpg






そして谷川連峰の眺め。
(7)
b0062024_8554889.jpg


(8)
b0062024_856944.jpg







では、ぐるり360°の景色を・・・






いよいよドロップイン。
オヤマ沢田代を見下ろすと後発のスキーヤーがシールで歩いてくるのが見える。

まだ朝早いので雪面はガリガリだが、まずは小至仏山から一本滑ってしまおう。

カメラを左手に持ったままの滑走。
これを見たら船酔いするかもしれません?
もしご気分が悪くなったら閲覧をお止めください(笑)







滑り出した小至仏山を見上げる。
広大な斜面はどこを滑ってもよし!

(9)
b0062024_961621.jpg







急登に喘ぎながら二本目を滑るために登り返し。
(10)
b0062024_973137.jpg






小至仏山を遠く望むが、先ほどのスキーヤーを除けば小至仏山をトラバースする人影はまだ無い。
この分だと、まだ至仏山頂に居る登山者は少ないだろう。

(11)
b0062024_9111220.jpg






至仏山頂到着。
三人ほど登山者とスキーヤーが寛いでいた。

至仏山頂から尾瀬ヶ原を見るのは二年ぶり。
二本目を滑る前に、久しぶりの展望を楽しむ。

(12)
b0062024_9142527.jpg


(13)
b0062024_9144230.jpg






では、再び至仏山頂から360°の展望。






山頂からの展望を楽しんだら、本日の二本目、『ムジナ沢』へドロップ。
森林限界点まで滑り降り、そこから再度山頂まで登り返す予定。







森林限界の夏の登山道付近から、たった今滑ったムジナ沢を見上げる。
(14)
b0062024_9263129.jpg







尾瀬ヶ原の湿原を背に再度登り返す。
気温も上がってきて雪もシャーベット。
山頂に着く頃には雪も更に滑りやすくなるだろう。

(15)
b0062024_9282114.jpg






クラストした薄い雪の表皮部分が徐々にシャーベット状に・・・
(16)
b0062024_9301427.jpg






もう10時を回った。
小至仏山の斜面を見ると、数珠繋ぎになって至仏山山頂へ向かう登山者の行列が見える。
恐ろしや恐ろしや・・・・・・
あの行列が到着する前に気持ち良く二本滑っておいて良かった・・・・・・・

再度山頂へ着くころはきっと山頂も大賑わいだろう。

(17)
b0062024_9343167.jpg






山頂へ到着後、人ごみを避けて独りランチ・・・
ポカポカ陽気の中のランチは美味しい。

わんさかと、登山者、スキーヤー、スノーボーダーたちでごった返す至仏山頂。
激混みする『かぐら』を避けて尾瀬に来たが、これくらいの混雑はまだよしとしよう。

さっさとランチを済ませ、大概の人たちが一本目を滑り出す頃、我輩は三本目をワル沢へドロップする。
もし、雪が良ければ更に四本目の登り返しをするぞ!







雪も適度に緩み、なかなか楽しい滑り。
気をよくして、やはり四本目を滑ることにした。

ワル沢の急登を登り返し、山頂に到着するとさっきまでの喧騒が嘘のように人影は疎ら・・・

広大な斜面を自由にかっ飛ばせそうだ。

今日のラストラン。
最後は思いっきり、ワル沢のボトムまでノンストップで駆け抜けよう!







広大な至仏山東面
(18)
b0062024_9535055.jpg






ボトムは積雪も豊富で難なく沢を渡れた。

ここでは、至仏山を滑り終え、鳩待峠へ向かうスキーヤーやスノーボーダーで大賑わい。

鳩待峠付近より、滑った至仏山東面を遠望。
欲張り満腹の滑走に大満足の一日を終える。

(19)
b0062024_9561857.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-05-07 10:03 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(0)

至仏山春ボード #1

残雪の尾瀬


(画像をクリックで拡大します)


GW前の週末。
前夜鳩待峠入り。
駐車場にはすでに相当数のマイカーが入っている。

夜空には満天の星。
就寝前に夜の至仏山を見に10分ハイク。
いささかピンボケだが静寂に包まれた至仏山に見入る。

(1)
b0062024_6234829.jpg





午前3時起床。
夜通しひっきりなしに上がってくる車。

上の駐車場はすでに満杯の様子が、一旦上まで上がってくるものの、すぐそのまま下の駐車場へ移動していく車の様子で、外を見なくても駐車場の混み具合が分かる。

当然、至仏山は登山者やスキーヤー、スノーボーダーで混雑するのは明白。
混雑する前に誰も居ない至仏山を1、2本滑ってしまおう、と4:00am ヘッドランプにて鳩待峠を出発。
幸い、まだ人が先を歩いた形跡はまったく無い。
歩き始めて直ぐに空も白んでくる。
右手にはいつも至仏山。

(2)
b0062024_6323671.jpg






4~50分も歩くころ、振り返ると東の空がオレンジ色のグラデーションに染まり始める。
(3)
b0062024_6335977.jpg






こんな景色に関心の無い御仁もおられることだろうし、まだほとんどの登山者達は車の中でご就寝中だろう。

早起き鳥たちの囀りもまだ聞こえない。
静かに佇む燧ケ岳やピンク色に染まり始めた至仏山。
早起きした者だけが授かる自然からのご褒美だ。

(4)
b0062024_639468.jpg






そしてご来光。
(5)
b0062024_6401741.jpg






しばし歩みを止めてピンク色に染まり行く至仏山に見入る。

(6)
b0062024_647473.jpg






薄く降った新雪を真っ赤に染める早暁の淡光。
(7)
b0062024_652558.jpg





せっかくの美しい尾瀬を堪能しながら歩いていて、ちょっと気になったのはこちらのリボン。
いたるところ、というより、目を覆いたくなるくらいあちこちにリボンが下げてある。
ま、冬山登山者が迷い防止の目印によく下げていくリボンだが、これだけあるといささか疑問を抱く。
これが尾瀬の関係当局が敷設したものか、それぞれのパーティが付けていったものか不明だが、これって回収するの?
というか下山しながら回収するか、安全に下山した後日、責任者が回収に歩いて欲しいものだ。

(8)
b0062024_775893.jpg






歩き始めて約一時間半。
朝日を浴びた笠ケ岳が目に入る。

ここから見る笠ケ岳は好きな景色の一つだ。

(9)
b0062024_7113825.jpg







そのままの位置で体の向きを買えれば、悪沢岳、小至仏山、至仏山のたおやかな稜線が一望できる。
(10)
b0062024_7134727.jpg






まだ深い雪に覆われたままのオヤマ沢田代。
(11)
b0062024_7152624.jpg






オヤマ沢田代を過ぎ、ここから見る残雪の燧ケ岳と尾瀬ヶ原もお気に入りの景色の一つ。
(12)
b0062024_7172412.jpg







小至仏山と、その奥に至仏山本峰。
(13)
b0062024_718266.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-05-06 07:19 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(2)

尾瀬

b0062024_5281613.jpg

今日は至仏山を滑る。つい今し方夜が明けた。もうじきオヤマ沢田代。雲一つ無い快晴だ。

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-25 05:28 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(2)

久しぶりのかぐら

今回はLadies(Non & Sato)のご要望で神楽ケ峰楽々ハイキング・ツアー。

天気は当たり!
メインゲレンデ上部付近から上は少々ガスがかかっているものの、青空も覘いているし、やがて回復していくだろうとの読み。

(1)
b0062024_18313663.jpg







ゴンドラ山頂駅を降りてメインゲレンデへ。
元気溌剌。

(2)
b0062024_18335683.jpg







朝の気持ちよいときにゲレンデを、と、5ロマが動くまでの間、メインゲレンデを二本回す。
(3)
b0062024_18352374.jpg







前日降った雪が木々の枝を白く染めている。
(4)
b0062024_1836471.jpg








ゲートが開放され、5ロマへ。
(5)
b0062024_18395068.jpg







ガスも薄くなり、青空をバックに中尾根も見え、期待持てそう。
(6)
b0062024_18402115.jpg







リフトを降り、ビーコンをつけ、慣れないスノーシューを履いてハイキングの準備。
(7)
b0062024_18491974.jpg







5ロマ利用で楽々ハイキング。
天気にも恵まれ、開放感のある中ノ芝を行く。
(慣れないスノーシューが気がかりのご様子)

(8)
b0062024_1851248.jpg


(9)
b0062024_18514539.jpg







澄んだ青空と降ったばかりの真っ白な景色にテンションが上がりっぱなしのLadies。

景色が綺麗だから写真撮りましょう!ということで中ノ芝で記念撮影。
この日はのんびりハイキングだから、記念写真などに収まりながらゆっくり歩きましょう。

(10)
b0062024_18562652.jpg







吸い込まれそうな真っ青な空。
ハイクも気持ちよい。

(11)
b0062024_18574493.jpg


(12)
b0062024_1858087.jpg







振り返れば雲海。
谷川連峰の峰々が頭を覗かせる。
美しい眺めに Ladies もご満悦の様子。

(13)
b0062024_1903092.jpg







見上げれば、空には霧の塔へ向かうスキーヤーやスノーボーダーたちを乗せたヘリが飛ぶ。
我輩は、これを『怠け者ツアー』と呼んでいる。

(14)
b0062024_1971584.jpg







4月の雪が作った樹氷。
自然は美しい。

(15)
b0062024_19105091.jpg







こんなこともまた楽しい・・・
(16)
b0062024_19114278.jpg








左手奥に神楽ケ峰も見えてきた。
(17)
b0062024_19123538.jpg








正面は上ノ芝。
(18)
b0062024_19133086.jpg







上ノ芝を登りきったら荷物を山上にデポし、雪が良いうちに空身で一本滑ろう。
(19)
b0062024_19144767.jpg







緩斜面だが、爽快の一本。

Non

(20)
b0062024_19154494.jpg



Sato
(21)
b0062024_19161817.jpg







滑走距離は短いが、気持ちよい一本を滑ったら登り返し。
(22)
b0062024_19172248.jpg







デポした荷物を再度背負い、神楽ケ峰本峰へ向かう。
(23)
b0062024_19182941.jpg


(24)
b0062024_19184742.jpg








青空と苗場山が美しい。
(25)
b0062024_19193655.jpg







神楽ケ峰到着。

なかなか決まってるぜ!
045.gif

(26)
b0062024_19214982.jpg







ハイキング日和。
青空の下でいただくランチは美味しい。
苗場山を間近に眺めながらランチタイムとする。

(27)
b0062024_19252789.jpg







ランチが済んだら滑走するために神楽ケ峰よりちょっと北に移動。
(28)
b0062024_19264851.jpg


(29)
b0062024_1927614.jpg







ドロップイン
(30)
b0062024_1927477.jpg


(31)
b0062024_1928565.jpg


(32)
b0062024_19281919.jpg


(33)
b0062024_19283312.jpg


(34)
b0062024_19285824.jpg


(35)
b0062024_1930529.jpg


(36)
b0062024_19302229.jpg








次のトップからオープンバーンを快適に飛ばす。
(37)
b0062024_19311630.jpg


(38)
b0062024_19312966.jpg








滑走も終盤。
オープンからツリーへ。

(39)
b0062024_19321467.jpg


(40)
b0062024_1932307.jpg








傾斜は緩み、スキー場のゲレンデへ・・・
(41)
b0062024_19333712.jpg


(42)
b0062024_19335617.jpg


(43)
b0062024_19341163.jpg








お二人さんお疲れのご様子。
ポカポカ陽気に、つい、ウトウトと・・・・・

(44)
b0062024_19351964.jpg







気温が上がり、樹氷も儚く消えていく。

快晴かぐらを久しぶりに再会したLadiesと楽しんだ一日だった。

(45)
b0062024_19374429.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-22 20:54 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(8)

笠ケ岳 #2

白毛門より笠ケ岳へ


(画像をクリックで拡大します)

山頂から周囲を見渡せば、どこの山もすっかり雪解けが進んみ、いよいよシーズンも終盤を迎えたことに寂しさを感じながら滑降に移る。

クレパスを避けながら山頂直下の雪庇下よりドロップ。
源頭より沢の上部を俯瞰。

(1)
b0062024_751649.jpg







Hirokawa 君は樹林帯を滑るとのこと。
それぞれ好きな場所からドロップ。

(2)
b0062024_775110.jpg



(3)
b0062024_78171.jpg


(4)
b0062024_783128.jpg







我輩は雪庇下部より。
(5)
b0062024_791714.jpg


(6)
b0062024_793140.jpg











(7)
b0062024_7121356.jpg







前方に轟々と滝の音!
音が無ければそのまま突っ込んでしまうところ・・・

(8)
b0062024_713433.jpg















滝を迂回、デブリを越え・・・
(9)
b0062024_7155947.jpg







対岸に谷川岳の東面の岸壁を仰ぎながら滑降するのはダイナミックだ。
(10)
b0062024_71725100.jpg



















奥は蓬峠の稜線と白樺尾根。
スノーブリッジもそろそろ落ちる。
この分だと渡渉を余儀なくされるのも時間の問題。

雪は板掴みだったが、ロケーションを楽しみながら、まずまずの滑降を終えた。
これより、今シーズン幾度と無く通った湯檜曽川河畔を一時間あまりかけて戻る。

(11)
b0062024_7213699.jpg

Photo : Hirokawa(5,6)

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-21 07:30 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(4)

笠ケ岳 #1

白毛門より笠ケ岳へ


画像をクリックで拡大します)


白毛門再び。

今回は白毛門より笠ケ岳へ移動。
笠ケ岳トップから赤倉沢へドロップする。

4:50am 土合出発。
夏道でも辛い白毛門の登りは有名。
ヘッドランプを頼りにいきなり急登から始まる。
先日の白毛門登頂ですっかり夏道が露出していたので、今回は更に雪解けが進んでいる。

(1)
b0062024_775635.jpg


(2)
b0062024_781116.jpg







明るくなり始め、マチガ沢が木々の枝の間から見え隠れする。
(3)
b0062024_792882.jpg







すっかり夜が明け、明るくなった夏道をアイゼンを着けたまま行く。
根っこだらけの登山道+アイゼンは歩き難い。

(4)
b0062024_7103696.jpg







急登、急登、また急登・・・
(5)
b0062024_7254283.jpg







先日は早咲きのマンサクだけだったのに、この日はいたる所にマンサクが咲いている。
(6)
b0062024_7264466.jpg







朝日がマチガ沢を淡いピンクに染めていく。
(7)
b0062024_862312.jpg


一旦視界が開け、更に雪解けが進んだ白毛門がたたずんでいる。
(8)
b0062024_7285864.jpg






一ノ倉沢
(9)
b0062024_7293417.jpg







1386m付近。
ここまで標高が上がるとまだまだ残雪も多い。

(10)
b0062024_7321215.jpg


(11)
b0062024_7322330.jpg







松ノ木沢ノ頭。
毎度のことだが、表層雪崩あり、クレパスありの難儀ルートが目の前に・・・

(12)
b0062024_740012.jpg








前回はガリガリのアイスバーンで、アイゼンの爪が十分に食い込まず、ヒヤヒヤの連続だった。
気温が高い今日は前回の時よりは多少登りやすいが、白毛門直下のこの斜面だけは幾度登ってもイヤな斜面だ。

(13)
b0062024_7445584.jpg


(14)
b0062024_745895.jpg







難所を通過し、白毛門山頂も間近。
(15)
b0062024_746162.jpg







9:00am
山頂

(16)
b0062024_749737.jpg


(17)
b0062024_749317.jpg








快晴、とまではいかないが、天候の難しいこのエリアにしてはまずまずの展望。
(18)
b0062024_7504222.jpg







白毛門より今日の目的地『笠ケ岳』
(19)
b0062024_7514418.jpg








雪が緩み過ぎないうちに笠ケ岳に着きたい。
休憩もそこそこに白毛門を後にする。

(20)
b0062024_753790.jpg


(21)
b0062024_7533599.jpg








いよいよ笠ケ岳直下。
最後の登り。

(22)
b0062024_7545136.jpg








容赦なく春の陽光が照りつけ、眩しく暑い。
(23)
b0062024_7555549.jpg









この時期はこんなクレパスが多くなる。
滑走時は要注意だ。

(24)
b0062024_7565456.jpg








10:40am 笠ケ岳到着。
谷川連峰をバックに記念撮影。

(25)
b0062024_7593912.jpg







山頂からの展望は素晴らしい。
武能岳。

(26)
b0062024_80378.jpg







芝倉沢
(27)
b0062024_81153.jpg


(28)
b0062024_815833.jpg








朝日岳と巻機山
(29)
b0062024_82372.jpg



Photo:Hirokawa(4)

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-20 08:15 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(0)

某山某尾根

某山某尾根。
この日の予定はアプローチが長いので、早朝暗いうちの出発。
しかし、ルートファインディングがちょっと甘かったため、予定のトップには到達できなかった。

ただ、ここは何時かやりたい斜面ではあるので、良い下見になった。
来シーズンはチャンスがあれば、是非雪の良い時に再挑戦したいものだ。

(1)
b0062024_21331426.jpg


(2)
b0062024_21332874.jpg








稜線が明るさを増す。
(3)
b0062024_21344175.jpg


(4)
b0062024_213522.jpg







前回ここを通ったときよりずいぶん沢が露出してきた。
(5)
b0062024_21354742.jpg


(6)
b0062024_2136784.jpg







沢のボトムより斜面にとりつくも、手強い強風に翻弄される。
(7)
b0062024_21372648.jpg


(8)
b0062024_21374519.jpg


(9)
b0062024_21375763.jpg


(10)
b0062024_21381372.jpg


(11)
b0062024_21382799.jpg







四時間あまりで漸く稜線。
しかし、この尾根からは目的の稜線にはたどり着けない。
ここよりドロップ。
来シーズンは雪質を狙ってもう一度このルートをやりたい。

(12)
b0062024_21401442.jpg


(13)
b0062024_21403368.jpg


(14)
b0062024_21404685.jpg


(15)
b0062024_2141173.jpg


(16)
b0062024_21411791.jpg


(17)
b0062024_21413259.jpg


(18)
b0062024_21414913.jpg


(19)
b0062024_21421396.jpg


(20)
b0062024_21423050.jpg


(21)
b0062024_21424452.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-18 21:43 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(0)

白毛門

雪解け進む白毛門

(画像をクリックで拡大します)

4月ともなるとすっかり暖かくなり、山肌も春らしくなってきた。
この日はゆっくり出発で白毛門を滑ってきた。
8:00am土合を出発。

(1)
b0062024_649632.jpg






木の根元も大分出てきて春そのもの。
(2)
b0062024_6502976.jpg







アイゼンを装着しているので、できるだけ雪の上を歩きたいが、ルートを定めるのに大変。
(3)
b0062024_652818.jpg







日当たりの良いところは夏道がすっかり出ていた。
当然、ストックとアイゼンは泥だらけだ。
ここまで雪解けが進んでいるとは・・・・・

(4)
b0062024_6531482.jpg







マンサクも咲き始めた。
(5)
b0062024_6541923.jpg







マチガ沢も雪解けが進む。
(6)
b0062024_6552131.jpg







白毛門沢も大滝が出てきて、こちら側の滑走は不可能のようだ。
(7)
b0062024_6573895.jpg







これを登りきれば松ノ木沢ノ頭だ
(8)
b0062024_6593052.jpg







土合を出発して二時間弱。
『松ノ木沢ノ頭』よりマチガ沢と一ノ倉沢を望む。

(9)
b0062024_712073.jpg


(11)
b0062024_74525.jpg







白毛門の南面は全層雪崩も始まり、いたる所にクラックが入り始めた。
(11)
b0062024_734662.jpg







最後の急登。
傾斜のきついこの斜面は、まだガリガリにクラストしている。
早く通過したいイヤな場所だ。

(12)
b0062024_761372.jpg







北向きの斜面には雨氷が咲く。
(13)
b0062024_771775.jpg


(14)
b0062024_773324.jpg


(15)
b0062024_775089.jpg







8:00amジャスト土合を出発。
10:55am、2時間55分で山頂到着。
これまでで最も早く山頂に着いた。

速く滑走に移りたいものの、滑る予定の斜面は気温が上がらないせいでガリガリ・・・
山頂直下の雪庇で風を避け、ランチをとりながら雪の緩むのを待つが、天候も下り坂で雪は緩みそうに無い。
諦めて滑走に移った。

中間まではガリガリとデブリのツリーを滑るも、沢のボトムに至ると雪はシャバシャバのシャーベット。
後半はそれなりに楽しみながら湯檜曽川へ滑り降りた。

スノーブリッジを滑って渡り湯檜曽側対岸へ渡ると天候は雪へと変わり、吹雪の中を土合へ戻った。

(16)
b0062024_7225999.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-15 07:25 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(4)

新雪の谷川岳 3/27

(画像をクリックで拡大します)

この時期にして新雪。
3/14日の芝倉沢はめったにない良質の雪と思っていたが、それを凌駕する雪に恵まれた。

ロープウェイの駅に向かう途中。
新雪で覆われた白毛門が朝日に眩しい。

(1)
b0062024_7415663.jpg







久々の真新しい雪に彩られた斜面に期待しながらロープウェイから谷川岳を見上げる。
(2)
b0062024_7432737.jpg







いつもは登山者の足跡がかならず付いている登山道だが、さすがにこの朝は誰の足跡も無い。
三月も下旬になって降った雪に小躍りしながら一歩新雪に足を踏み入れると案外深い・・・

(3)
b0062024_7455528.jpg







真っ白く眩しい笠ケ岳を右手に眺めながらゲレンデ横の急登を登る。
(4)
b0062024_7471979.jpg







誰の足跡も無い谷川岳を田尻尾根より望む。
後から追いついたスノーボーダー、スキーヤーが「ラッセルありがとうございます、ここからは任せておいてください」と大見栄きったものの・・・・・・・

この連中に付き合っていたのではせっかくの新雪が緩んでしまう。
独り先を急ぐ。

(5)
b0062024_7551719.jpg



(6)
b0062024_7562611.jpg






川棚の頭に上る雪煙。
上は風が強そうだ。

(7)
b0062024_7595122.jpg


(8)
b0062024_801922.jpg






気持ちよいくらい誰の足跡も無い。
(9)
b0062024_81892.jpg






ちょっと回り道をして『四ノ沢』を覗く。
ここを滑りたい衝動に駆られたが、降ったばかりで安定していない状態でここを滑るにはいささか危険すぎるので諦め、予定通り芝倉沢を目指すことにした。

(10)
b0062024_833064.jpg







空の青さを映したような稜線を気持ちよく歩く。
(11)
b0062024_844710.jpg


(12)
b0062024_85243.jpg


(13)
b0062024_861489.jpg


(14)
b0062024_862846.jpg







一ノ倉岳トップよりのパノラマ。
(15)
b0062024_89214.jpg







茂倉岳へ向かう。
人間の足跡は一つも無い。

あるのはカモシカの足跡だけ・・・
それにしても、わざわざこんなリスキーなところを歩かなくても良さそうだと思うのだが・・・・・・
どうやら物好きは俺だけではなさそうだ・・・

(16)
b0062024_8124839.jpg







茂倉岳の南側に発達する雪庇。
これを見るのがいつもの楽しみ。

(17)
b0062024_8143940.jpg






一ノ倉岳と茂倉岳
(18)
b0062024_8164662.jpg







我輩はお気に入りのここを滑る。
(19)
b0062024_817352.jpg








自分のラインを振り返る。
なんとも心地よい新雪の感触を久しぶりに味わった。

(20)
b0062024_8194798.jpg







次はここへドロップ
(21)
b0062024_820242.jpg







ここは雪崩が多い斜面。
近づいてからではないと分かり難い、新雪に覆われた隠れデブリがいっぱいある。
デブリに乗り上げて跳ね飛ばされないよう、接近してからでないと分かり難い『隠れデブリ』を避けながらのラインはこんな風になった。

(22)
b0062024_8271194.jpg







降雪後気温が上がると雪崩が多発する。
前回ここを通過したときより大分雪崩れている。

(23)
b0062024_829062.jpg







雪崩の多くは笹平からのもの。
最も危険と言われる『S字』付近を埋め尽くすデブリ。

(24)
b0062024_830295.jpg


(25)
b0062024_830436.jpg


ここから後はひたすら湯檜曽川沿いを戻るのみ。
思いがけず三月下旬の新雪を楽しんだ一日だった。

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-12 08:37 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(4)

登り返し

b0062024_10173684.jpg

いまこれを一本滑って登り返した。シャバシャバで最高。これより芝倉沢へ向かう。

by sakusaku_fukafuka | 2010-04-10 10:17 | 2010 雪山三昧・後期 | Comments(0)