巻機山(ニセ巻機山) Ⅱ

(画像をクリックで拡大します)

柄沢山も見えてきた。
b0062024_848032.jpg











森林限界を越え、ようやくニセ巻機が目前に。

でも、天気がちょっと怪しい・・・

b0062024_8492275.jpg











稜線上は寒いが、時折陽も当たるので大休止。
b0062024_850238.jpg












天狗岩も目の前に聳え立つ。
b0062024_851790.jpg











前日のシュプールが残る稜線をニセ巻機山へ
b0062024_852105.jpg

b0062024_852193.jpg











この時点では気温が上がらず、雪面はカリカリ・・・
シール歩行が困難になってきたので直登は避け、斜度の緩い雪庇側へ回り込む。

b0062024_8541821.jpg










柄沢山と谷川連峰をバックに雪庇の左側を詰める。
山頂間近。

b0062024_855528.jpg











ニセ巻機山到着。
巻機山を望む。

b0062024_8564197.jpg











ちょっと遅れて Elena 到着。
もうバテバテのご様子。
今回のツアーはここまでとする。

本峰まで登り上げてもスノーボーダーにとっては巻機山はあまりありがたくない。
沢筋はようやくシャバシャバになってきたことだし、ここ、ニセ巻機山より米子沢へドロップする。
b0062024_902077.jpg











トップから上越国境を望む。
b0062024_913386.jpg











ニセ巻機山より急斜面を米子沢へドロップ。
爽快!!

Photo: Elena
b0062024_93829.jpg


b0062024_922142.jpg


b0062024_94124.jpg













Elena、登攀にバテバテだったのが嘘のように飛ばすね~~
b0062024_954159.jpg


b0062024_963480.jpg













いよいよ米子沢へ
b0062024_991094.jpg


b0062024_992264.jpg


b0062024_993238.jpg


b0062024_994338.jpg










いよいよデブリ帯。
この辺りからそろそろ板掴み出現。

長~いコースだから上と下の雪質の違いは致し方ない。

b0062024_9111929.jpg

b0062024_9113150.jpg










デブリ帯を抜け、米子沢もそろそろ終盤。

思いのほか気持ちよい滑りに大満足。

b0062024_9123614.jpg

b0062024_9124511.jpg











米子沢出合からニセ巻機山を見上げる。
遠かったな~~・・・
感慨一入。
b0062024_9135472.jpg











ここまではデブリも押し寄せて来ないだろう。
安全地帯でようやくのランチタイム。

今日も定番の自家製豚肉の生姜焼き。

b0062024_9151548.jpg

b0062024_9153243.jpg











ランチを終えて、滑れるところまで滑る。
楽しませてくれた巻機山を振り返る。

b0062024_9164852.jpg










遠くから除雪車のエンジン音が聞こえる。
朝よりも大分除雪が進んだ。
また雪の回廊を清水に向かって下る。

b0062024_9183976.jpg

b0062024_9185330.jpg











振り返って見れば午後から快晴、天気予報通りだったわけだ。
b0062024_9195827.jpg











無事清水の集落に到着。
長かった巻機山滑走ツアーもここまで。
この後はお楽しみの温泉だ。

湯沢まで出て《駒子の湯》にて汗を流し、宿舎までElenaを送り届けてツアー終了。

b0062024_9285496.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-26 09:32 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)

春雪の白毛門(4/10) Ⅱ

白毛門からさらに朝日岳へ足を伸ばし、朝日岳より宝川温泉へドロップすることも検討されたが、車をデポしてないことからこの案は次回へ送り、《ウツボギ沢》へドロップ、登り返すこととした。
b0062024_124734100.jpg

b0062024_1248073.jpg

b0062024_12481476.jpg

b0062024_124824100.jpg





Photo : Izumi
b0062024_12483633.jpg











滑り心地は最悪かもしれないと思いきや、ソールを走らせてくれる最高のシャバシャバ雪。

粉雪のときにも滑りたいものだと次回へ期待をつないで登り返し。

b0062024_12513051.jpg





Photo : Izumi
b0062024_12514854.jpg













30 分ほどで再び稜線。

反対側湯檜曽川へ向かってドロップ。

b0062024_12545855.jpg

b0062024_125595.jpg











谷川連邦東面の雄大な景色の中に吸い込まれるようにほどほどの急斜面をドロップ。
b0062024_125787.jpg

b0062024_12572380.jpg

b0062024_12573696.jpg

b0062024_1257495.jpg











ほれぼれしてしまう《Hayashi 氏》の Telemark style 。

こんなに格好良く滑れればテレマークもいいな・・・・・・
っと思うのだが、いやいや、浮気心はいかん、いかん・・・

b0062024_1313154.jpg

b0062024_1314027.jpg

b0062024_1315153.jpg

b0062024_1315919.jpg











気持ちよかったのはこの辺りまで・・・・・・
ここから下はどうやらデブリで埋め尽くされているようだ。

b0062024_1331225.jpg





Photo : George
b0062024_1334943.jpg

b0062024_13439.jpg












雪崩様のお通りだい!!

いや~~すごいデブリ。
毎回、これが落ちてくるときに遭遇しないだけでもありがたい、と思うのだが、この日のデブリは、ここで見たデブリの中では最大だ。

b0062024_1354326.jpg






Photo : Izumi
b0062024_1365162.jpg











とにかくすごい量。
b0062024_1382375.jpg










こうしてデブリがあるからこそ、湯檜曽川を対岸に渡れるのだが・・・・・
b0062024_1392746.jpg

b0062024_1394043.jpg

b0062024_1395561.jpg












湯檜曽川を渡り終え、いつもの場所でランチタイム。
b0062024_1310362.jpg












ランチを終えたら土合へ戻る。

マチガ沢出合より武能岳を振り返る。

b0062024_13114482.jpg












一仕事終えてアスファルト道路を車をデポしてある土合駅へ戻る。
Photo : George
b0062024_13131540.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-22 13:16 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(2)

春雪の白毛門(4/10) Ⅰ

仲間から白毛門をどうか?という打診。
先シーズン4回トライした白毛門も、今シーズンは震災があったりしてまだ一度もトライしてなかった。

Solo が多い自分にとっては久しぶりの仲間とのツアー。

5時、土合駅集合。

自分が到着したときには、他の仲間達は出発の準備をしていた。
急ぎパッキング、白んできた白毛門に向かう。

まずは最初の難関?
ハナゲ沢の橋を渡るのだが、ちょっとした雪壁を降りるのに毎回難儀する。
少々時間がかかったが、沢に落ちることも無く全員無事通過。

毎回のことだが、ここから山頂まで長く辛い急登の始まりだ。


 (画像をクリックで拡大します) 
b0062024_9335448.jpg











対岸にマチガ沢。
b0062024_934596.jpg











急登、急登、また急登・・・
b0062024_9353049.jpg











マチガ沢のボトムを登山者が一人歩いている・・・
あんな危険なところを歩いてどこへ向かうのか・・・

b0062024_9361989.jpg











登山者が追い抜きざまに「相変わらず急ですね」と声をかけていく。

白毛門の急登は有名だから、「そうですね」と相槌をうちながらも、追い越していった登山者の背中の荷物の軽そうなのが羨ましく思えたりする。

b0062024_9411572.jpg











樹間から白毛門山頂。
まだまだ遠い・・・

b0062024_9415943.jpg

b0062024_9422789.jpg

b0062024_9423724.jpg

b0062024_9433011.jpg












ここを登り切れば一段落。
『松ノ木沢ノ頭』。展望も開ける。

b0062024_9452986.jpg











今シーズン二月に滑ったマチガ沢が迫って見える。
b0062024_9461685.jpg











松ノ木沢ノ頭を過ぎると展望も開け、白毛門本峰が目前に迫る。
あちこちにクラックが入り、シーズン終り間近を宣告しているようだ。

b0062024_9484793.jpg






(Photo ; George)
b0062024_949358.jpg

b0062024_9491293.jpg










そろそろ最後の難関に突入だ。

先を歩いていた単独の登山者は先へ進むか戻るか思案している様子だったが、怖くなったのか先へ進むのを諦めたようで松ノ木沢ノ頭へ引き返していった。

(Photo : Izumi)
b0062024_952322.jpg











今日は雪が緩んでいるからまだいいが、ここがアイスバーンのときは本当に怖い。
今日は雪が柔らかいので、念のため携行してきているが、ピッケルは使わなくて済んだ。

b0062024_9525887.jpg

b0062024_953955.jpg

b0062024_9531917.jpg











ようやくデンジャラス・ソーンを登りきる。
(Photo ; Izumi)
b0062024_1011323.jpg











何と言っても、白毛門の素晴らしいところは、雄大な谷川連峰東面の岸壁群をマチガ沢から芝倉沢まで見渡せることだろう。
b0062024_1032585.jpg

b0062024_10312641.jpg







(Photo : Izumi)
b0062024_1034552.jpg











雪解けが進み、ここの鎖場は露出していた(いつも鎖の一部は出ているが)
(Photo : Izumi)
b0062024_10103064.jpg











山頂付近の大きなクラック。
b0062024_1011395.jpg












ようやく山頂。

山頂よりこの日滑る『ウツボギ沢』の斜面を俯瞰。

b0062024_10122850.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-20 10:33 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)

芝倉沢へ 5

谷川岳・芝倉沢






(画像をクリックで拡大します)


真っ赤に染まった稜線も時間が経つに連れてプラチナゴールドに変わっていく。

もうこれから後は三脚は必要ない。
三脚は収納して手持ちで撮影しながら芝倉沢を目指す。

トマノ耳を振り返る。

b0062024_71215100.jpg











オジカ沢ノ頭(右)と俎嵓山稜の向こうに浅間山を望む。
b0062024_7134192.jpg











一ノ倉沢最上部『ノゾキ』より割引岳、巻機山を望む。
b0062024_7151691.jpg












笠ケ岳~朝日岳の稜線。右奥に遠く平ケ岳。
b0062024_7161982.jpg











茂倉岳
b0062024_7164640.jpg











芝倉沢源頭部一ノ倉岳。
b0062024_7175131.jpg











万太郎山と仙ノ倉山
b0062024_718297.jpg











一ノ倉岳への最後の登り。
日が当たっている雪庇の左を登り上げる。
踏み抜き、滑落要注意だ。

b0062024_7192898.jpg

b0062024_7194057.jpg











一ノ倉岳の登りの途中からオジカ沢ノ頭と俎嵓山稜を振り返る。
どこから見ても形の良い山だ。

b0062024_7211553.jpg











一ノ倉岳より谷川岳東尾根と一ノ倉沢の岸壁。
b0062024_7223959.jpg












遠くに浅間山。
b0062024_7231459.jpg

b0062024_7232369.jpg











漸く一ノ倉岳山頂。
正面に茂倉岳、右に芝倉沢。

b0062024_7241240.jpg











一ノ倉岳からオキノ耳(左)とトマノ耳。
b0062024_7251764.jpg











ドロップポイントから芝倉沢を俯瞰する。

今回は撮影が主な目的だったので滑りは二の次。
芝倉沢トップからの滑り出しが早朝なので雪質には期待していない。

しかし・・・カリカリのアイスバーンだろうと慎重に滑り出すと、幾日か前に降った雪のお陰で早朝にしては快適な滑りに安心。
フォールラインを急斜面側にとり、ノドまで一気に滑り降りる。

b0062024_733253.jpg











ノドから上部を振り返る。
b0062024_7355153.jpg

b0062024_736363.jpg












この右俣からの雪庇が今シーズンは幾度も落ちて、芝倉沢のS字付近まで押し寄せている。
b0062024_7392221.jpg










予想したとおり、早朝のノドから下部はカリカリのアイスバーン。
今回の背中のバックパックの重量は半端じゃない。
撮影が主な目的だった今回の山行は、安全第一で湯檜曽川まで下ることだ。
滑りは棄て、板をずらし、慎重に核心部を下る。

b0062024_7441875.jpg

b0062024_7445236.jpg

b0062024_7453334.jpg











古いラインは刻まれているが、自分のラインはまったく残らないくらいカリカリのアイスバーンの連続。

b0062024_7455210.jpg

b0062024_74647.jpg











国道291号を過ぎたところから林間にルートを移し、湯檜曽川へ下る。

頭上には堅炭尾根の稜線が迫って迫力がある。
好きな眺めだ。

b0062024_7483548.jpg











8:09am 湯檜曽川河畔。
ここからは右岸を一路土合へ。

b0062024_7493484.jpg











湯檜曽川より一ノ倉沢を見上げる。
ついさっきまであの稜線に三脚を立てていたのが不思議に思える。

b0062024_7511310.jpg










途中でカワヤナギのお出迎え。
もうすっかり春だ。

b0062024_7554833.jpg

およそ一時間の行程で土合駅着。
二日間にわたった今回の撮影行を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-19 08:03 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(2)

芝倉沢へ 4

谷川岳・芝倉沢






(画像をクリックで拡大します)


尾瀬の山並みから朝陽が顔をのぞかせると、谷川連峰の峰々が真っ赤に染まっていく。
b0062024_11172691.jpg











茂倉岳を赤く染める朝陽。
b0062024_11284314.jpg











一週間前に歩いた万太郎山へ連なる稜線。
b0062024_11295883.jpg












Morgenrot(モルゲンロート)に染まる俎嵓山稜(左)とオジカザワの頭
b0062024_11324068.jpg











尾瀬燧ケ岳と至仏山
b0062024_11333494.jpg












小屋を出てから一時間四十分、この日最も撮りたかったその瞬間がやってきた。
芝倉沢の源頭部、一ノ倉岳と茂倉岳を朝陽が赤く染めていく。
今回はこの刹那のために登って来たのだから、期待を裏切らなかった天候に感謝だ。

b0062024_12173985.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-18 12:20 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(2)

芝倉沢へ 3

谷川岳・芝倉沢






(画像をクリックで拡大します)



芝倉沢へ向かう途中、以前からおおよそ目星をつけておいた場所に三脚を立てる。
凍っている安定した場所を選びアングルを決め、ケーブルスイッチをセット。

ダイヤルをバルブに合わせ、シャッターを開く。
シャッターを閉じるまでの長い時間、夜明け前の稜線は足も手も指先に痛みを感じるくらい冷えてくる。

じっとしていると身体の芯まで冷えてくる・・・・・
グローブの中で指を動かし、うろうろと動き回り、撮像素子が光を捉えるのを辛抱強く待つ・・・・・


谷川岳山頂・トマノ耳(薬師岳)

b0062024_6183762.jpg











やがて東の空がオレンジ色のグラデーションに染まり始める。
遠くに尾瀬の山並み。

b0062024_6195857.jpg

b0062024_620988.jpg











明けの明星。
b0062024_6204668.jpg











稜線で迎える夜と朝の間・・・・・
b0062024_6215898.jpg

b0062024_6221184.jpg











越後駒ケ岳と中ノ岳
b0062024_6231055.jpg

b0062024_6231848.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-17 06:25 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)

芝倉沢へ 2

谷川岳・芝倉沢






(画像をクリックで拡大します)


この時間、北向きの雪壁はカリカリだ。
b0062024_7301329.jpg











暮れていく稜線。
b0062024_7305841.jpg












b0062024_7311128.jpg











アーベンロートの朝日岳周辺。
b0062024_7315110.jpg

b0062024_732188.jpg

b0062024_7321270.jpg












落日

一週間でかなり北側に陽が落ちる場所が移動した。

b0062024_7331436.jpg











空気が澄んだ今日、遠く北アルプス北部の白馬三山を望むことができた。
b0062024_7342590.jpg

b0062024_734353.jpg











明け方三時。

南の空に『さそり座』

b0062024_7361164.jpg

b0062024_7362182.jpg











まだ暗い四時、小屋を出発、一ノ倉岳・芝倉沢を目指す。
稜線には大きな穴があちこちにある。
暗い稜線は要注意だ。

b0062024_7373449.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-16 07:41 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)

芝倉沢へ

谷川岳・芝倉沢






(画像をクリックで拡大します)


万太郎山をやった一週間後、今期二度目の芝倉沢をやる。

いつもの天神尾根を行くが、たった一週間で雪解けがずいぶんと進んだ。

b0062024_6193849.jpg











一週間前の俎嵓山稜。
b0062024_6202377.jpg











前回同様、肩の広場を天狗の溜まり場まで滑り降り、のんびりと登り返す。
午後の光を浴びた山頂をお気に入りの場所から眺める。
やはり山の表情も一週間前とはずいぶん違って見える。

b0062024_6234423.jpg











マチガ沢の『四ノ沢』を見下ろす。
源頭部に立って四ノ沢を見下ろすとまた滑りたい衝動に駆られたが、今回は芝倉沢がメインのつもりで登ってきたので諦めた。
(ん~~~~滑りたい)

b0062024_627583.jpg











徐々に翳っていくトマノ耳とオキノ耳。
午後の光もいいもんだ・・・・・

b0062024_629327.jpg











真っ白く装った冬の山は光の陰陽が面白い。
b0062024_6314639.jpg











稜線の様子を長玉側で引っ張ってみる。
(万太郎山~平標山)

b0062024_6325292.jpg











今回は視界がクリアだ。
春も本番になると『春霞』がひどくなる。
遠くの景色まで綺麗に見渡せる季節もそろそろ終りかな・・・・・・・・

b0062024_6355021.jpg











いつも気になる山、東俣の頭。
月夜野平野から見えるのはこの山で、万太郎山はこの山の影になって見えない。

b0062024_6372527.jpg










肩の小屋(冬季無人)
この小屋があるために、このエリアの楽しみ方が広がる。
有難いことだ。

b0062024_64579.jpg











大分陽が傾いてきた。
西日を受ける稜線。

b0062024_6472246.jpg

b0062024_6474326.jpg

b0062024_6482843.jpg


写真の整理がなかなか進まないが、整理をしつつ徐々にアップしていこう・・・

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-14 06:53 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)

谷川岳・万太郎山 GUNMA / NIGATA #6

苦あり楽あり、稜線漫歩独りツアー






万太郎山から土樽へ



(画像をクリックで拡大します)



赤谷川源流へ滑り込む。

ドロップポイントからボトムまでは気持ち良い滑り。

しかし、雪が緩んできたせいもあるが、このボトムはスノーボードには不向きかもしれない。
このコースは板をつけたまま移動ができるスキーに譲ろう。

この後どうするか思案したが、万太郎山の取り付きまでボトムを移動するのは止め、大障子ノ頭へ登り返すことにした。

b0062024_9382650.jpg

b0062024_9384516.jpg











ボトムには巨大な穴がある。
b0062024_9393695.jpg











気温が上がり、背中にはジリジリと真夏のような太陽が照りつける。
飲料水はゼリー状のアミノバイタルが一個残っているだけ。

雪の表面をどかし、下から現れた綺麗な雪・・・とは言っても、福島源発から飛んできた新鮮な放射能入りだ・・・を口に含んだりしながら稜線を目指す。

およそ1時間20分、一昨日のドカ雪に足を取られながら漸く大障子避難小屋が見えてきた。
稜線まではもう少し・・・

b0062024_9445218.jpg











12:30 pm ようやく稜線。

かぐらの仲間と無線交信。
I & G 夫妻に、予想以上遅れていることを告げると、下山したら毛渡橋まで迎えに来てくれるとの事。
ありがたい。

毛渡橋に着くのは夜になるかもしれない事を申し送って万太郎山を目指す。

b0062024_9483257.jpg











大障子ノ頭。
b0062024_9492185.jpg











ここもいいシュートだ・・・・・・
b0062024_9502791.jpg











大障子ノ頭から万太郎山へ向かって下る時、短いが滑落した。
ヒヤヒヤだった大障子ノ頭の斜面を振り返る。

b0062024_9523778.jpg











万太郎山へ向かう登山者発見。

土樽から夏道ルートを登ってきたらしい登山者が独り稜線に見えた。

独りっきりの稜線で人間を見つけるとホっとしたりする。

b0062024_9582288.jpg











真夏?のような暑さに辟易している自分には、この万太郎山の最後の登りは壁のように思えた。
b0062024_9592025.jpg

b0062024_9592929.jpg











漸く万太郎山稜線。
b0062024_1004381.jpg











やっと辿り着いた万太郎山。
エビス大黒の頭と仙ノ倉山が目前に迫る。

b0062024_1031741.jpg











休憩しながら谷川岳と滑り込んだ赤谷川源流、そして辿ってきたルートを振り返る。
b0062024_1043583.jpg

b0062024_1044468.jpg











本当は、景色を楽しみながらここでランチといきたいところだが、土樽まで下ることを考えるとのんびりもしていられない。
軽く行動食を腹に放り込んだだけで滑走の準備に入る。

漸くこのツアーのメインイベント。
スノーボードを装着し、ドロップポイントより滑る斜面と毛渡沢を見下ろす。

b0062024_1081775.jpg











向かい側、仙ノ倉山から昨年撮影した万太郎山の全景。
b0062024_1095989.jpg

b0062024_1010839.jpg












ボトムから滑った斜面を見上げる。

西向きの斜面なので、気温も上昇していることから雪質は諦めていたが思いのほか滑りは良かった。

ここまでの苦労が報われる思いに浸りながら、更に毛渡沢へ滑り込む。

b0062024_1012199.jpg











シッケイ付近を望む。
b0062024_10124557.jpg











仙ノ倉山(右)とエビス大黒ノ頭。
b0062024_10132612.jpg

b0062024_10141246.jpg

b0062024_10142550.jpg












毛渡沢ボトム付近から『シッケイの頭』
b0062024_1014588.jpg











毛渡沢とエビス大黒ノ頭が美しい。
b0062024_10154115.jpg











毛渡沢ボトム。

ラッセルの交代要員は居ない。
覚悟の上だが、ここから毛渡橋まで地獄ラッセルだ・・・・・・
 
少なくとも暗くならないうちに群大フュッテまでは着きたい。
毛渡沢のスノーブリッジを渡っては戻り、戻っては渡り、群大フュッテを目指す。

b0062024_10185189.jpg











午後四時三十分、なんとか暗くならないうちに群大フュッテに着いた。

ここからがまだ長い。
土樽まで延々と歩く。

滑り降りた万太郎山を群大フュッテ近くから見上げる。
しかし、感慨に耽っている間は無い。
もうすぐ暗くなる・・・・・・・ 
(いつもはここでランチをとるのだが、今回はそんな時間的余裕は無い。
土樽を目指して先を急ぐ)
b0062024_10213072.jpg












持ってきた飲料水は全て飲みつくした。
のどの渇きは限界・・・・・・
途中で沢の流れを見つけたので腹いっぱいこの水を飲んだ。

b0062024_1023747.jpg


毛渡沢の流れの音も大きくなり、時折関越自動車道を走る車の騒音も聞こえてくるようになる。
辺りは薄暗くなり、ヘッドランプを装着する。

途中でIzumi & George 夫妻から携帯電話が入り、毛渡橋で待っているとの事・・・
心配してくれていたスノーボード仲間 Ryon からも下山確認の電話が入る。

ようやくJR 上越線の陸橋が見えると、自分が乗る予定だった上りの電車が走っていくのを遠めに見送りながら毛渡橋に着く。

駐車スペースにはIzumi & George 夫妻がヘッドランプを振りながら出迎えてくれた。

多くの仲間達に支えられて、ちょっと無謀な?独り歩きのロングツアーを終えることが出来たのだと思う。
この今回のツアーの計画を告げた仲間たちと、車でピックアップしてくれたIzumi & George 夫妻にこの場を借りてお礼を申し上げたい。

お陰で土樽から19:30 分発の最終電車に乗ることができた。
土合駅に停めておいた車に戻り、この独りツアーを終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-13 10:45 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(6)

谷川岳・万太郎山 GUNMA / NIGATA #5

苦あり楽あり、稜線漫歩独りツアー






万太郎山へ



(画像をクリックで拡大します)



朝の景色を楽しんでいたら出発予定時間をオーバーしてしまった。
この分だと明るいうちに土樽に着くのは難しくなる。

急ぎ稜線をオジカ沢ノ頭へ向かう。

遠目には優しそうに見える稜線だが、ここはなかなかの痩せ尾根。
クレパスが多いのも体験済みだ。

今回はシュラフなど宿泊道具が増えた分、バックパックにアイゼンを携行する余裕が無かった。
早朝のカリカリの稜線は慎重を要する。

b0062024_6573295.jpg

b0062024_6575691.jpg











歩き出して間もなく落とし穴の洗礼を受けた。

二日前に降ったドカ雪はすっかりクレバスを隠している。
重い荷を背負って這い上がるのに一苦労。
おまけに体力も消耗する。

b0062024_70035.jpg











中ゴー尾根とヒツゴー沢。
ここも滑ってみたいが、後半の歩きの長さを考えるとなかなか実行に移せない。

b0062024_712711.jpg











振り返る。
肩の小屋も少しずつ遠くなっていく。

b0062024_723183.jpg











オジカザワの頭はまだ遥か先。
b0062024_733165.jpg











移動するにつれ、俎嵓山稜も少しずつ形を変えてくる。
b0062024_742351.jpg











クレパス。
雪で覆われているが、真っ直ぐ先へ続いている。
要注意。

b0062024_753459.jpg











鞍部を過ぎ、ようやくトップへ向けて登りになるが、北側(右)は危険すぎて歩けない。
スノーシューには苦手の南側のトラバース。
最初のイヤなところだ。

b0062024_771646.jpg











なぜ北側が危険かというと、以下の写真の如く、切れ落ちている。
ここで滑落したらまず助からないだろう。

b0062024_781782.jpg

b0062024_783589.jpg











デンジャラスゾーンを切り抜け、偽ピークをいくつか過ぎ、漸く広い稜線に出る。

俎嵓山稜が格好良い。

b0062024_710191.jpg











出発点を振り返る。
すっかり遠くなった谷川岳。

b0062024_712794.jpg

b0062024_7121748.jpg











前方に漸くオジカ沢ノ頭の道標が見えてきた。
b0062024_713781.jpg

b0062024_7134764.jpg











トップにてこれから滑る赤谷川源流を俯瞰する。
b0062024_715262.jpg











広大な景色は広角でも入りきらないので、写真三枚を合成してパノラマにする。
b0062024_7161023.jpg

b0062024_7162015.jpg











オジカザワ避難小屋。

トップで板を履き、ドロップーポイントまでずらしながら移動する。
(トップ付近はガリガリのアイスバーン)

b0062024_7175020.jpg










鞍部をドロップポイントとする。
b0062024_7183314.jpg











ドロップポイントより滑り込む赤谷川源流。
b0062024_7191281.jpg

b0062024_7212970.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-11 07:27 | 2011 雪山三昧・後期 | Comments(0)