4度目の尾瀬・至仏山 (4/29)

4/29 今季四度目の尾瀬。

戸倉のゲート前は先日同様開錠を待つ車の列。
b0062024_16572256.jpg











天候はあまりかんばしくないが、尾瀬鳩待峠は至仏山滑走を計画したスキーヤー、スノーボーダーと登山者で賑わっている。

至仏山滑走もちょっと飽きたので、いつもと違うコースをプランに入れた。
b0062024_170179.jpg











わいわい?がやがや?
至仏山へ向かう登山者が途切れることなく続くのを尻目に、自分は一人オヤマ沢田代からワル沢岳へルートを取る。
b0062024_1722640.jpg











ワル沢岳トップから小至仏山。
さっきよりは天候が回復してきたが、まだ山頂はガスの中。
b0062024_173265.jpg










何の特徴も無いワル沢岳トップ。
b0062024_173501.jpg










ワル沢岳トップから笠ケ岳を望む。
これよりあの笠と小笠を目指す。
人影はまったく無く、至仏山へ向かう人たちで賑わうルートの喧騒が嘘のようだ。
b0062024_1755297.jpg

b0062024_176923.jpg











シラビソの森のうねりをいくつも越え、たおやかな稜線を行く。
b0062024_1771422.jpg










この結晶から朝の冷え込みが知れよう。
b0062024_1775785.jpg











天候がだいぶ回復してきた。
小至仏山(右)と至仏山を振り返る。
b0062024_1785374.jpg











この時期にして樹氷を見るとは・・・
b0062024_1792656.jpg










ワル沢岳からちょうど一時間。
小笠。
b0062024_17102954.jpg











小笠から小至仏山と至仏山を振り返るが、ここから見る至仏山は新鮮だ。
b0062024_17111367.jpg

b0062024_1712713.jpg











小笠より谷川連峰
b0062024_17123838.jpg

b0062024_17124635.jpg











小笠から至仏山
b0062024_1713183.jpg

滑走はといえば、この緩斜面の小笠からの滑走が一番滑った。
シャバシャバのシャーベット雪は止まるところ知らずといった感があるくらい気持ちよい滑り。
笠ケ岳への登り斜面でようやく板が止まった。













笠ケ岳直下。
さて、どこから登るか・・・・・・・・
直下に来て見ると、遠目で見たよりも急な斜面。
b0062024_17161224.jpg










上り始めるとスキーヤーのラインがある。
しかもまだ新しい・・・・・・
ワル沢岳からのトレースはまったく無かったので、おそらくここ笠だけを目的とした津奈木沢から直に笠に登ったと見られる。
b0062024_1718491.jpg











山頂手前から滑る斜面を見下ろす。
いい斜面だ。
b0062024_17184297.jpg










笠ケ岳山頂。
b0062024_1719922.jpg

b0062024_17191827.jpg











のんびり景色を楽しみながら歩いてきたので飯を食う時間がない。
さっそくドロップの準備に入る。

時間も経過し、緩みすぎた雪は小笠ほどの良い雪質ではなくなってきたが、一本山頂からドロップする。


写真は自分の滑ったライン(左の大きいライン)と細かいスキーヤーのライン
b0062024_17221990.jpg











この後行動食を口にしただけでランチはお預け。
急ぎ至仏山へ向かう。

振り返るが、この時間になるとあの賑やかだったのが嘘のように誰も来ない。
当たり前だが、自分がこの日の最後のようだ。

山頂には夫婦と見られる登山者が二人。
ツアーとみられるスノーボーダーたちが10人ほど居るだけ。

日陰になりはじめたワル沢へドロップし、鳩待峠へ戻る。


写真は小至仏山のトラバースより至仏山山頂。
b0062024_17233510.jpg










この日は喧騒を避け、変則的なルートを計画しただけあって、鳩待峠へ上り返すのは遅くなったが、静かな尾瀬を楽しむことができた。

暮れ行く至仏山。
b0062024_17272540.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-05-09 17:33 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)

冬季閉鎖解除後の尾瀬・至仏山(4/24)

4月24日至仏山。

一昨昨日(22日)戸倉- 鳩待峠間の冬季閉鎖が解除になった。
解除三日目は尾瀬至仏山三度目。
今日は尾瀬を滑るのは初めてという仲間4人を案内しての至仏山だ。

沼田ICを出たところのコンビにで待ち合わせ、深夜に戸倉入りしたため開錠を待つ車の列に並んだのは早いほうで、およそ14~15台目。
これなら余裕で鳩待峠に駐車できる。

翌日に備え、道路の走行車線上に止めた車の中で早めに就寝。
車の中でシュラフに潜るも、車のボディを雨が叩いている。
雨脚は時折強くなり、明日は本当に予報どおり晴れるのだろうか、と不安になるくらいの降りだ。

そんな車のボディを叩く雨の音もいつしか意識の中から遠のき、翌朝は嘘のような静かな中で目覚める。

起きて車のカーテンを引いて外を見ると、自分の車の後に開錠を待つ車の列が長く続いている。
空はといえば夕べの雨が嘘のような青空。
雲ひとつ無い。
b0062024_9183226.jpg











戸倉-鳩待峠間は例年と違い、今年は残雪が多いため雪崩の危険を避けるために夜間通行禁止。
7時30分に開く予定のゲートだが、10分ほど早めに解除され、あわてて車に乗り込み鳩待峠を目指す。
駐車場も目と鼻の先というとき、まさかのアクシデント。
夕べの雨が朝の冷え込みでカチカチに凍結・・・
後続の仲間の車がスリップして上がれない・・・
四苦八苦しながら、大勢の人たちに助けられなんとか脱出。
事なきを得た。

鳩待峠はこの間来たときが嘘のようにきれいに除雪されていた。
b0062024_9324121.jpg










アクシデントによるロスタイムはあったものの、このような冷え込んだ朝はかえってこのロスタイムが幸いした。
ツアーには女性もいるのでトイレを済ませ、早速登攀準備。
右手に見慣れた至仏山を眺めながら暖かくなり始めたブナの森を行く。
b0062024_9383427.jpg











彼女は初めてのスプリット。
不安と期待いっぱいのスタート。
b0062024_950999.jpg











Solo や少人数(幾人までを少人数というかわからないけど)が多い自分としては今回は賑やかツアーだ。
b0062024_9515422.jpg











昨日の雨はあちこちの木々に雨氷を咲かせている。
きれいだ。
b0062024_9532647.jpg










ちょっとぎこちないけど・・・・・・・
b0062024_9535069.jpg











ピーカンの空と至仏山。
テンションあがります。
b0062024_955968.jpg

b0062024_9553151.jpg










シーハイル・・・・・・・慣れてきましたね
b0062024_9562100.jpg











徐々に傾斜を増していく。
b0062024_9563461.jpg











原見の丘より小至仏山と至仏山。
b0062024_957643.jpg


b0062024_9582262.jpg











休憩!
(オヤマ沢田代)
b0062024_959294.jpg

b0062024_9591155.jpg











一服終えたら小至仏山のトラバースを目指す。
b0062024_9595829.jpg











このルート中最も気を使う場所だが、ロスタイムがあったお陰で雪も適度に緩み歩きやすい。
b0062024_1011684.jpg











小至仏山の斜面を回り込むと目前に至仏山本峰が・・・
b0062024_102691.jpg










偶然至仏山で会ったKan さんは早くもワル沢へドロップ。
b0062024_1025953.jpg










続いて奥様も・・・
b0062024_1031857.jpg











ベチャクチャと賑やかに話をしながら、ようやく山頂。
山頂は人人人・・・・・

山ガールズも至仏山集結!
b0062024_1051121.jpg









で、我輩も初登頂の仲間達と記念撮影。
b0062024_1055533.jpg











記念撮影も終わり早速ワル沢へドロップイン。
Rider : Ryon
b0062024_1064768.jpg

b0062024_1065781.jpg

b0062024_1071279.jpg

b0062024_1072070.jpg










Rider : Toru
b0062024_108347.jpg

b0062024_1084373.jpg

b0062024_1085270.jpg











燧ケ岳をバックに爽快!!

Rider : Taka
b0062024_1095242.jpg

b0062024_1010134.jpg

b0062024_10101051.jpg











Rider : Chami
b0062024_10105974.jpg

b0062024_1011879.jpg

b0062024_1011155.jpg











森林限界手前で一本目は止まり、シャバシャバのシャーベットが気持ちよいので少しだけ登り返し。
二本目を滑る前に景色を眺めながらランチタイム。

腹ごしらえも終わり二本目は川上川まで一気にドロップします。
b0062024_10133812.jpg

b0062024_1013528.jpg

b0062024_1014226.jpg

b0062024_10141112.jpg










オープンバーンから樹林帯のワル沢へ滑り込むが、この日の雪はとても滑る。
ほとんど止まることなく終点川上川へ滑りとおせた。

オヤマ沢とワル沢の合流点から川上川を渡り、鳩待峠へ登り返す。
b0062024_10165572.jpg

b0062024_1017544.jpg











西日に照らされ、小至仏山の斜面がキラキラと光る。
b0062024_10183318.jpg











もう一息・・・
ブナの森を登る
b0062024_10191117.jpg










滑った至仏山を振り返る
b0062024_10193823.jpg











望遠側で引っ張ってみると、至仏山の斜面に描かれたシュプールの数の多さに驚く。
b0062024_10204236.jpg


鳩待峠へ登り返し、無事仲間達の初めての至仏山滑走を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2011-05-03 11:51 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(2)

4/21 今季二度目の至仏山 (閉鎖解除前日)

明日から冬季道路閉鎖が解除になるという前日。
もう一度静かなうちに尾瀬を滑ろう、と前回と同じメンバーで鳩待峠へ向かう。

前日降雪があったので雪質のよいうちに滑る、というのが今回の目的。
3:00am 戸倉を出発。

 (画像をクリックで拡大します) 
b0062024_7525536.jpg

b0062024_753719.jpg











戸倉- 水上線を津奈木から林道へ入るころようやく白んでくる。
Photo : George
b0062024_7555543.jpg

b0062024_756661.jpg












閉鎖解除前日だけあって鳩待峠は除雪もほぼ完了のようだ。
この日は我々三人だけだが、翌日からは大混雑するだろう。

b0062024_757374.jpg












雲ひとつ無い快晴。

前日関係者たちが迷い防止の赤旗を立てに入山したようだが、雪のために山頂まで辿り着けず撤退したようだ。
我々はそのトレースを辿りながら山頂を目指す。

b0062024_821873.jpg











小至仏山、トラバースラインもまったく見えず。
旗立ては小至仏山にも辿り着けなかったようだ。

b0062024_84086.jpg












定番のビューポイント。
ノートラックの大斜面。

b0062024_810055.jpg











尾瀬名物? 霧に覆われる湿原。
b0062024_811095.jpg










笠ケ岳、いつかここを滑りたい。
b0062024_8125057.jpg












雲海から頭を覗かせる谷川連峰。
b0062024_8134484.jpg











燧ケ岳
b0062024_8142127.jpg











小至仏山より振り返る上州武尊と笠ケ岳。
個人的にはこの場所はここ尾瀬にあって、もっとも美しい眺めだと思ってる。

b0062024_8164358.jpg











先行した仲間がワル沢へドロップしていく。
Rider : Izumi
b0062024_8182078.jpg









Rider : George
b0062024_824347.jpg

b0062024_8242271.jpg











滑ったら登り返し。
我輩は小至仏山からドロップの準備。

b0062024_825516.jpg











この季節にして新雪の斜面へ我輩のドロップ。
Photo : George
b0062024_8261898.jpg











見えにくかった隠れアイスバーンで一度転倒。
それを除けば久しぶりのパウダースノー。

Photo Izumi
b0062024_8295598.jpg











お互い二本を滑り鳩待峠へ戻る。
b0062024_8311195.jpg

冬季道路閉鎖解除の前日の思わぬパウダーを満喫した一日だった。

by sakusaku_fukafuka | 2011-05-01 08:39 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(4)

今季四度目の尾瀬

(鳩待峠からスマートホンで更新)
今日も至仏山は大賑わい。
混雑を避けて自分はワル沢岳から笠ケ岳へ一人向かう。
小笠を一本、続いて笠ケ岳トップから途中まで一本やって至仏山に向かった。

笠ケ岳から至仏山を見るのは新鮮だ。
b0062024_1930269.jpg








天気が怪しくなってきたので飯も食わずに笠ケ岳から至仏山へ移動。
どうやら自分が一番最後のようで、後からは流石に誰も来なかった。
山頂にはご夫婦らしい登山者とツアー御一行様が10人ほどいるのみ。
思惑通り静かなものだ。
ワル沢へ一本滑って鳩待峠に戻り、本日の山行終了。

暮れていく至仏山。
b0062024_19373998.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-29 19:40 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)

今朝の至仏山

b0062024_7132762.jpg

鳩待峠に到着したころは全く見えなかった至仏山も少しずつ見えてきた。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-29 07:13 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)

今日も尾瀬

b0062024_551781.jpg

津奈木沢〜鳩待峠間の雪崩事故防止のために、夜間通行規制が施されていて、今日も解錠を待つ車が長蛇の列だ。
涸沢では大規模な雪崩も発生して横尾から上は入山禁止になっている模様。
北アルプスはそんな理由で見送り、今季四度目の尾瀬にシフトした。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-29 05:51 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)

4月15日 尾瀬至仏山

15日、今季初至仏山のレポ。
22日に道路閉鎖が解除された。
春スキー大人気の尾瀬至仏山は年々混雑が激しくなってきた。

混雑する前に静かな尾瀬を楽しもう、といつもの仲間と至仏山滑走をやった。

鳩待峠までは自転車を押し上げる。
4:30am 戸倉を出発。
b0062024_8351659.jpg










当然のことながら、ゲートは閉まっている。
一般車両は通行できない。
Photo : Izumi
b0062024_8363118.jpg











津奈木沢分岐。
b0062024_8372967.jpg











ほとんど歩いて押し上げだが、漕げる所は漕ぐ
Photo : George
b0062024_8381015.jpg

b0062024_8382147.jpg











約二時間半・・・・・・・ようやく鳩待峠。
下の駐車場もまだ雪に埋もれていた。
b0062024_8394775.jpg











積雪は3m はあるだろう。
上の駐車場もまだ除雪はできていない。
b0062024_8404344.jpg












7:20am 至仏山に向けて出発。
雪に埋め尽くされている駐車場。
b0062024_842585.jpg











今季もやってきました尾瀬。
あのトップまで登り上げます。
b0062024_842441.jpg











我々三人の他には誰~も居ません。
静かなブナの森。
b0062024_8442052.jpg











燧ケ岳が見えてきた
b0062024_8445291.jpg











いつものビューポイントから至仏山
b0062024_8451869.jpg











オヤマザワ田代
b0062024_8454699.jpg












全行程シールで行けるか・・・・・・・
Photo:George
b0062024_8463139.jpg











小至仏山のトラバース
b0062024_8472436.jpg

b0062024_8474356.jpg



Photo : George
b0062024_8481856.jpg











山頂直下
b0062024_8491226.jpg











遠く上州武尊山
b0062024_8495099.jpg












到着
Photo : Izumi
b0062024_8503952.jpg















Izumi & George たちは一本ムジナ沢をやる。
我輩はのんびり山頂で彼らの登り返してくるのを待つ。
b0062024_8524079.jpg

b0062024_8524951.jpg
b0062024_8525835.jpg

b0062024_8532588.jpg











春特有の縦ストライプが入っている斜面。
ちょっと滑りにくそう。
b0062024_854468.jpg











お疲れ様・・・
b0062024_8544284.jpg













登り返してきた彼らと山頂でランチ。
b0062024_855534.jpg













ワル沢へドロップ。
Photo : Izumi
b0062024_8564870.jpg

b0062024_856575.jpg



Photo : George
b0062024_8571769.jpg

b0062024_8572512.jpg

b0062024_8574812.jpg










終点
b0062024_8582013.jpg











今年は大分雪が多い。
川上川もすっかり埋まっている。
b0062024_8585416.jpg











鳩待峠へ登り返し。
Photo : George
b0062024_8592942.jpg











鳩待峠
b0062024_90613.jpg











駐車場へ戻ると、除雪が始まっていた。
22日の閉鎖解除へ向けて急ピッチの除雪作業。
b0062024_912184.jpg











往路を自転車で下る。
Photo : Izumi
b0062024_93042.jpg

b0062024_9325100.jpg











戸倉到着。
往時は2時間半、自転車を押し上げたおかげで下りは約20分。

GWに突入した今頃は尾瀬も銀座並みの混雑だろう。
まずは今季初の静かな尾瀬を楽しんだ一日。
b0062024_95289.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-28 09:11 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(2)

下山

b0062024_1538512.jpg

至仏山を滑り終えて鳩待峠到着。

昨日の雨模様とはうって変わって朝から快晴。
のんびり山頂へつく頃は春特有のシャバシャバ雪。
気持ち良い滑りを堪能して今日のツアーを終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-24 15:38 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(2)

至仏山山頂

b0062024_15244371.jpg

至仏山頂はご覧の人だかりだ。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-24 15:24 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)

尾瀬・至仏山

b0062024_6354791.jpg

今日は、いや、今日も尾瀬・至仏山。今季三度目の至仏山だ。
昨日までの雨天が嘘のように青空

昨日は雨で至仏山ツアーも少なかったようだが、その反動か今朝は戸倉のゲート前は車の列だ。

戸倉でゲートの解放を待つ。

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-24 06:35 | 2011 雪山三昧・春 | Comments(0)