弓折岳南面

新穂高温泉無料駐車場。
今年は長期休暇が取りにくいGWのせいか、無料駐車場はガラガラ。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_0132285.jpg
















寝不足のまま6:00am駐車場を出発。
新しくなった登山指導センターへ登山届を提出。
指導センターを6:30amを出発。

b0062024_0152488.jpg















猛々しい笠ケ岳の山塊を左手に見上げながら林道を行く。
b0062024_01699.jpg














所々雪が切れているのでここはまだ板は担ぐ。
b0062024_0174899.jpg















中崎橋を渡り、左俣谷右岸へ。
b0062024_0192916.jpg














咲き始めたショウジョウバカマ。
b0062024_0201243.jpg













陽溜りにふきのとう。

b0062024_0204859.jpg














笠新道取り付き。

b0062024_0213181.jpg














ワサビ平小屋。

b0062024_022088.jpg














ワサビ平の名のごとく、清流にワサビ。
b0062024_0224832.jpg














ワサビ平を過ぎ、抜戸からの最初のデブリを越えるころ目の前に弓折岳が聳える。
b0062024_0251556.jpg













昨年の規模を上回るデブリを越えるのに体力消耗。
気温もうなぎ昇りだ。
b0062024_0261457.jpg















大ノマ乗越も見えるようになってきたが凄まじいデブリの量に驚く。
昨年はここまで激しくなかった・・・・・・・・・

b0062024_0272277.jpg


b0062024_0273020.jpg














絶え間なく落石があるので、一旦橋を渡り左岸からスノーブリッジを渡る。

b0062024_0291994.jpg












ここからが正念場。
デブリ越えと暑さとの戦いだ。
この辺りから寝不足の影響が出始める。

視線を移すと槍ヶ岳の稜線が見えてきた。

b0062024_032479.jpg


b0062024_0341557.jpg


b0062024_0342340.jpg















前を見ると、スキーヤーがデブリを越えるのに難儀している様子。
そうとう参っているようだった。

我々は別ルートをとり、できるだけデブリの末端をトラバースする。

b0062024_0355990.jpg














イタドリケ原より秩父平辺りの稜線を見上げる。
デブリが相変わらずすごい。

b0062024_0374826.jpg















大ノマの山塊を左手に眺めながらイタドリケ原を行くも、歩いても歩いても景色が変わらん・・・
b0062024_0392868.jpg















今回一緒に登っているRyonが何か黒い動くものを発見。

b0062024_0402527.jpg















色は黄色くは無いけど、散歩しているのはなんと、長い冬眠から目覚めたプーさんではないか・・・・・・
b0062024_042445.jpg














熊のプーさんはデブリの中に姿を消し、我々は更に登攀を続ける。
急登のデブリを難儀して越えていた先行の三人のスキーヤーたちもはるか後方にようやく姿を見せたが、どうやらバテているのは彼らも同様のようだ。
b0062024_0452224.jpg














あまりの暑さに耐え切れず、半袖になった。

b0062024_046585.jpg














あちこちからスラフが滑り落ちてくる音が聞こえ、時々破裂音を棚引かせながら雪庇が落ちてくる。
見上げると大ノマ乗越の雪庇もヤバそう・・・・・・・・・・
いつ落ちても不思議ではない。

どうやら先行していた登山者もスキーヤーたちも大ノマ越えは諦めたようだ。
我々も乗越の雪庇の崩落を避けるために弓折の支稜へ取り付く。
かなりの急登のため、Ryonはシールを諦めアイゼンに履き替える。

b0062024_0505389.jpg














我輩はハラハラしながらも、何とかシールでジグを切りながら支稜へ登り上げた。
下を見るとスキーヤーたちもだいぶバテているようで、一向に進まないが、やがて我々同様、大ノマ乗越を諦めたようで、我々の登ってきた斜面に取り付いた。

稜線に登り上げると、目の前に槍ヶ岳が聳える。

b0062024_053233.jpg















西に抜戸の稜線。
b0062024_054131.jpg














体力の限界が近づいてきた。
上を見上げると弓折の稜線まではまだまだだ・・・・・・・・・・
ザックの重さが肩にのしかかってくる。

b0062024_056272.jpg













大ノマから抜戸

b0062024_0571691.jpg















ようやくRyonも登ってきた。

b0062024_0575011.jpg














バテバテ・・・・・・・・

b0062024_0582466.jpg















後続のスキーヤーたちもようやく支稜に登り上げてきたようだが、見ているとスコップを出し、ビバークの準備に入ったのが見えた。
彼らもそうとうバテていたようで、稜線まで登り上げ、双六へ向かうのを諦めたようだ。

我々もそろそろ限界を感じ始め、ビバークの決断を迫られてきた。
b0062024_0592826.jpg














Ryonと相談して我々もビバークすることに決定。
我々はテントを持ってきてないので支稜の雪庇を利用して雪洞を掘ることにした。

本当は入り口よりも中の床面を高くしたかったのだが、雪庇の勾配がいささか緩めだったので低くなったが、体力も限界なのでこれで由としよう。

仕上がりまで約2時間。
早めの決断のお陰で暗くなる前に何とか掘り終えた。

b0062024_152699.jpg


b0062024_15456.jpg



b0062024_1581548.jpg















日没。
夜の帳が降りてきました。
b0062024_9544426.jpg














仕上げ後はすぐに雪を溶かして翌日の飲料水とアルファ米を戻すための湯を沸かす。
せっかく採ってきた「ふきのとう」は調理する元気もなく、出来上がったアルファ米にふりかけをかけて簡単な夕食を済ませた。
入り口をツェルトで覆い、銀紙マットを敷きシュラフに潜るとたちまち睡魔に襲われた。

幾度か目が覚めることもあったが、概ね良好。
ホッカホカの雪洞の中で快晴の朝を迎えた。

b0062024_1125594.jpg














翌朝外にでると快晴。
槍ヶ岳から穂高連峰にかけての稜線が美しい。

携帯も概ね良好に通じるので、まずは天気予報を確認。
ガク!
天気が良いのは明日までで、その後は下り坂。
5~6日ころは雨模様。
今日もこのあと天候が崩れそうな予報。

Ryonと相談の結果、残念だけど、今回はここから下山することに決定した。

しかし良い所にビバークした。
槍から穂高連峰の景色が素晴らしい。

b0062024_116346.jpg


b0062024_1243652.jpg















乗鞍岳
b0062024_1253640.jpg
















我々より100mほど下でビバークしたスキーヤーたちは登り始めた。

b0062024_1273859.jpg















我々はここから下山。
雪がゆるむのをのんびり待ってここを滑り降りる予定。

b0062024_1283186.jpg














今日は連休後半の初日。
下を見ると相当数登ってくるのが見える。

b0062024_1292719.jpg
















8:56am やっと雪が緩んできた。
のんびり待って雪がザラメになってきたことを確認して滑走の準備に入る。

b0062024_1342760.jpg














それでも日陰はまだちょっと硬め。
日当たりの良い斜面を選んでRyonからスタート。

b0062024_1362912.jpg



b0062024_1364061.jpg



b0062024_1365770.jpg


b0062024_137791.jpg


b0062024_1371831.jpg















我輩
b0062024_1373669.jpg


b0062024_1374588.jpg













Ryon
b0062024_13824100.jpg













シャバシャバの心地よい雪に笑みがこぼれます。
b0062024_139219.jpg














イタドリケ原を滑り終え、左俣谷まで滑り降りた。

ここからはまた長い歩きだ。

b0062024_141989.jpg


b0062024_1405990.jpg















b0062024_142365.jpg














ワサビ平にて大休止。
ワサビの花が咲いている清流の水をガブガブと腹いっぱい飲んで喉を潤す。

b0062024_1434150.jpg


b0062024_1435074.jpg




シールを張ったり板をセッティングし直したりが面倒なので、左俣谷を新穂高温泉まで担いて下った。

双六エリアを滑るのは今年は断念したが、天気が悪くならないうちにザラメの弓折岳南面を滑ることができたので由としよう。



帰りは松本へ出て、常吉さんお勧めの生姜焼き専門店《豚さん食堂》にて腹を満たし帰路についた。

追記:山から降りて食べた生姜焼きは美味でした。

b0062024_1494017.jpg


b0062024_1494861.jpg


b0062024_1495861.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-05-05 01:51 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(12)

守門大岳

山はあちこち雪解けが進んできていて滑れるエリアも限られてきた。
平標山も南面はすでに滑走不能なくらい地肌が露出してきている。
GW の北アルプス山行を間近に控えているので、体が鈍らないよう体力維持に努めなければならない。

お手軽楽々山行では意味がないので、雪がそこそこ残っていてアプローチにもそれなりに体力を使う山ということで守門大岳に白羽の矢を立てた。

前日現地車泊、倹約のために夜の国道17号線をひた走る。
睡魔と闘いながら3時間半で二分の除雪最終端に到着。
この時点では他に車は一台も無い。
駐車スペースに車を停めシュラフに潜るもすぐに夢の中。
4:45am アラームで目覚める。
運転疲れで二度寝をしそうになるが、白んできた空に背中を押されて起床。

準備をしていると軽自動車が一台やってきた。
スキーの二人組みは素早く準備をして出発してく。
放射冷却でカリカリに凍っていることもあって、我輩はゆっくり準備。

5:20 am
白んできた空が淡いグラデーションに染まり始めた頃出発。
正面に守門大岳。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_2183428.jpg















シールで歩き始めたものの、登攀ルートの取り付きは雪が切れている。
先発したスキーヤー二人組みもどちらへ進もうか思案している様子。
右往左往しながら、我輩は結局シールを諦め、板を背負って地肌の露出した法面に取り付いた。
スキーヤー二人組みはどちらへ取り付いたのか姿は見えない。

杉の植林へ入ると新旧様々なトレースが残っていて、多くの登山者やライダーたちがここのルートを使っていることがわかった。
どうやらルートは間違っていないようだ。

振り返るとすでに陽は高く昇って来た。

b0062024_21132822.jpg















植林の中の澤伝いにルートを取る。
稜線から朝陽が昇ってきて植林の中も明るくなってきた。

b0062024_21152541.jpg














歩き始めて一時間。
視界も徐々に開けてきて、八海山、駒ケ岳、荒沢岳が望める。

b0062024_21172036.jpg



b0062024_2119449.jpg















目前に守門大岳。
b0062024_21195365.jpg


b0062024_2120287.jpg















2時間。
保久礼小屋。

b0062024_21225742.jpg















山肌は春模様。
b0062024_15185265.jpg














気温が上がり、雪もだいぶ緩んできてけっこうな急登もシールで登れている。
更に30分登ると雪に埋もれたキビタキ非難小屋。
b0062024_152196.jpg














森林限界が見えてきた。
ここまで来ればもうちょっと・・・・・・・・

b0062024_2126118.jpg












3時間半。

遮るものは無い。
西の風景。

b0062024_21263948.jpg















あれを登り切れば山頂間近。

b0062024_21271531.jpg














歩き始めて4時間ジャスト。
大岳山頂到着。

有名な雪庇は崩れ始めているが、その巨大さは想像することが出来る。
正面に栗ケ岳。
北に遠く二王子岳、飯豊連峰が望めた。
b0062024_21284972.jpg















守門岳本峰方面。

b0062024_21291537.jpg














パノラマで。

b0062024_21293659.jpg












軽く腹を満たして滑走の準備。
あと一時間のんびりしてもよかったかな?
ザラメになり始めたが、ちょっとまだ固めの斜面へドロップイン。



by sakusaku_fukafuka | 2014-04-25 23:24 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(0)

Le Tour de OZE

Le Tour de OZE

過日の尾瀬、鳩待峠から戸倉までの自転車での下山の様子。

道路に流れ出る雪解け水が所々あり、そこを通過するときは速度を落さないと水滴が顔面直撃するので走りにくい。
しかし、2時間半かけて登った道も、自転車なら25分ほどで戸倉に戻れるのだ。

まずは鳩待峠~津奈木橋まで。










続きで津奈木橋~戸倉まで。

by sakusaku_fukafuka | 2014-04-22 07:30 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(0)

尾瀬・至仏山

快晴続きも今日まで、という天候が崩れる前日の尾瀬。
至仏山を滑ろう、とやってくるスキーヤーやスノーボーダーたちで立山並みに賑わうようになってきた昨今の尾瀬・至仏山。
銀座のような立山もまったく行く気にならないが、ほぼ毎年滑ってきた至仏山も、近頃のあの混雑振りを見るとテンション下がる・・・・・・・

戸倉から鳩待峠までの一般車両の通行規制が解除される前に、静かな尾瀬を満喫しよう、とこの日実行に移した。

戸倉まで車を走らせ車中泊。
駐車スペースには県外ナンバーの車が一台。
車の横にはMTBが置いてある。
(この人も尾瀬だろうか・・・・・・・・)


4時起床。
パッキングは済ませてあるので、車に積んであるMTBを下ろしスノーボードをバックパックに固定するだけだ。
外に出てお隣の車を見てみたが、MTB は車の横に置いたまま。
まだおやすみ中のようだ。

4:20 am MTB に跨り、戸倉を出発。
しばらく行くと空も白んできてヘッドランプも不要の明るさになる。

MTB を漕いだり、押して歩いたりを繰り返しながら1時間強で津奈木沢分岐。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_0362233.jpg














津奈木を過ぎるとほとんどMTB は押し上げだ。

5:47 sm 朝陽が顔を覗かせた。

b0062024_0373159.jpg













2時間と40分ほどで除雪がほぼ終わっている鳩待峠到着。

誰も居ない鳩待峠。
聞こえるのは小鳥のさえずりだけ。
b0062024_040812.jpg














MTB を細いブナの木に寄せて施錠。
スプリットにて一路至仏山を目指す。

b0062024_0394197.jpg














40 分ほどで至仏山を眺める絶好のビューポイントに到着。
ここで一息入れるのがいつものパターン。
至仏山を眺めながら朝食用に持ってきたパンをほうばる。

b0062024_0434283.jpg















オヤマ沢田代より笠ケ岳を振り返る。
いつだったか滑った笠ケ岳と小笠が懐かしい。

b0062024_0535940.jpg














オヤマ沢田代を登り上げると小至仏山と、その向こうに至仏山本峰が望める。

b0062024_0551510.jpg














見上げると小至仏山にトラバースのラインが見える。
4・5 日前にどこぞのツアーが『自転車でGO! 至仏山』なんていうのをやっていたが、その名残か・・・・・
俺、自称ツアー大嫌い人間。
頭から二本、角が生えてきそうだわ・・・・・・

b0062024_18699.jpg














俺、へそ曲がりだから意地でもツアーのトレースなんて使いたくない。
自分のラインで小至仏山にトラバースして11時を少し回ったころ至仏山到着。

オヤマ沢田代で振り返ったとき、絶好のビューポイント辺りを登ってくる人影を(一人)見たが山頂から振り返ってもその人の人影は全く見られない。

下山して鳩待峠へ到着したときに分かったことだが、あのときの人影は尾瀬関係者で、遭難防止の赤布を設置しに登っていて、オヤマ沢田代付近から折り返して下山したようだ。
結局戸倉の俺の車のお隣さんは至仏山には来なかった。
(渓流釣りの釣り人もあの駐車スペースを利用することがあるから、もしかしたら釣り人かも)

つまり、この日至仏山に登ってきたのは俺独り。
『貸切』って気分いいね~~(勝手に自己満足)
《静かな尾瀬》を狙って来たんだけど、これほど静かなことは無い。
聞こえたのは小鳥のさえずりだけだったもんね。

山頂でちょっと軽く腹を満たして早速ドロップイン。
俺独りには広すぎる誰も居ないワル沢を俯瞰する。

b0062024_1221229.jpg




















以下はその様子です。
















いつもここから滑った至仏山を振り返る。
b0062024_639333.jpg







12:25 分。
鳩待峠到着。
春特有の『霞』がかかっていたものの、まずまずの天気。
雪は最高のザラメ。
もう一本やりたいくらいの上質のザラメ雪に上り返すか迷ったが、MTB 押し上げの疲れと睡眠不足で断念。

鳩待峠からの快適な自転車下山でこの日を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2014-04-19 01:28 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(2)

巻機山(ニセ巻機山)・米子沢滑降

このところ快晴続き。
週末いくつかの滑走エリアのプランがあったが、同行したRyonのリクエストで巻機山・米子沢滑降で決定。

ようやく夜が明け始めた清水地区。
国道291号沿いの駐車スペースには我々の車の他に一台あるのみ。
その車の持ち主のスキーヤーは先に出発して行った。
巻機山山頂付近は厚い雲に覆われていてちょっと天候に不安があったが我々も5:30am予定通り出発。

雪に埋もれている桜坂駐車場も程近くなった頃、山頂付近を覆っていた雲も徐々に取れてきて迫力ある天狗岩がよく見えるようになってきた。

[一部を除き画像をクリックで拡大します]
b0062024_15401359.jpg














30分強で桜坂駐車場。
天狗岩も大迫力。

b0062024_15411722.jpg
















まずは井戸の壁を五合目まで登り上げる。

Ryon は(スキー)クランポンを装着。スキンにて登攀。
クランポンを持っていない我輩はアイゼン(クランポン)にて登攀。

b0062024_15445332.jpg
















井戸の壁の急登にスキン登攀も限界。
Ryon も板を担ぎアイゼン。

b0062024_1545452.jpg















咲き始めた「マンサク」を発見。

b0062024_15463210.jpg















前日のトレースの跡を使って急登を登る。

五合目までもうちょっと・・・

b0062024_15474546.jpg
















美しいブナの森。
ここを登り上げれば五合目。
南側に展望が開け、米子沢も望める。

b0062024_15485868.jpg














大源太山。
大源太山はここから見るのが一番格好いい。

b0062024_1550697.jpg















国道291から2時間強。
五合目到着。

米子沢が一望できる。
今日はここを滑る。

b0062024_1552530.jpg


b0062024_15561234.jpg


b0062024_21502169.jpg













後から来たライダーたちがどんどん追い越していく。
この広いエリア、何も焦ることはない。
我々は自分たちのペースで景色を楽しみながらのんびり登攀。

b0062024_15581130.jpg















谷川連峰を望む。

b0062024_1631596.jpg


b0062024_1632437.jpg

















b0062024_17121632.jpg


b0062024_1664647.jpg
















ここを抜ければ森林限界。
視界も開ける。
b0062024_2152780.jpg

















森林限界に達し、一気に視界が開ける。
小休止。

b0062024_1672365.jpg
















春特有の「霞」はあるものの、申し分ない天気だ。

b0062024_16814100.jpg


b0062024_16123928.jpg
















もうちょっと行くと最後の急登。
アイゼンに履き替えだ。

b0062024_16131988.jpg















迂回しているパーティもあるが、我々は急登を直登する。
滑落注意。

b0062024_16141328.jpg

















素晴らしい展望に幾度も足を止めて振り返る。

b0062024_1615117.jpg
















稜線に登り上げると割引岳が見える。

割引岳では全層雪崩が始まっていた。
破断面は何メートルあるだろう?

b0062024_16161137.jpg



b0062024_215484.jpg















冬の巻機山初滑降のRyon と記念撮影。
後ろは巻機山本峰。

スノーボーダーは本峰まで上ってもあまりメリットがない・・・
我々は本峰からドロップするよりも更に面白い急登から米子沢へドロップする予定。

b0062024_161842100.jpg


















まずはその楽しい急斜面へドロップする。

b0062024_21551937.jpg


b0062024_16192859.jpg
















のんびり登ったお陰で雪は程よいシャーベット。
思わず雄叫びが上がってしまうくらい気持ちよいライディングにご満悦。

景観はスリリングだが思いのほかメローな米子沢へドロップイン。

b0062024_16211094.jpg


b0062024_16212129.jpg


b0062024_16213261.jpg



b0062024_16214779.jpg
















長い Downhill を滑り終え、米子沢出合より巻機山(ニセ巻機山)を見上げる。
b0062024_16245637.jpg


b0062024_1625799.jpg




以下はエントリーポイントから国道291号までのおよそ20分のLong Downhill の様子。






国道まで戻ると出発時3台しかなかった車も、止めるところがないくらいの混雑。
快晴の週末、賑やかな巻機山滑走を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2014-04-14 16:28 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(6)

重いストップ雪

四月の新雪が降った日から二日目・・・

9時からだとばかり思っていたロープウェイは8時運行開始・・・・・・
ある意味この日も出遅れた。

しかし、早朝快晴だった谷川岳は田尻から見るとすでに厚い雲に覆われている。

早朝天候が悪い日よりも、朝のうち快晴だった日の方が天気が崩れることが多い谷川岳。
この日もその悪いパターンだった。

b0062024_218337.jpg














結果的には午後2時頃には視界も良くなったのだが、この時点ではテンションは最下降・・・
熊穴沢避難小屋手前でトップまで行くことを諦めた。

四月ともなると、せっかく降った新雪も二日経つとすっかりベタベタの湿り雪。
それもベッタリとソールにくっつくような重い雪。
例え天気が良くても上まで登る気は失せる・・・・・・・


熊穴沢避難小屋手前からドロップインの準備をしていたら予兆もなく突風が吹き、ザックの横に置いておいたグローブが風に持って行かれた・・・・・・・・ショック!!

片方だけは50mほど西側に下ったデブリの上に黒い点で見え、回収に下りたがもう片方はどうやら谷底まで飛ばされてしまったようで諦めた。

稜線に上がり、気を取り直して西黒沢へドロップイン。

いざ滑り出すと前に進むのにパワーが必要なくらいの重重雪。
自分の体は前(下)に落ちようとしているのに反して板は後ろに引っ張られているかのごとくだ。

シュートの中間部で耐え切れず大転倒。
4月1日で閉鎖になった天神平スキー場の田尻コースに出るまでの西黒沢の滑降は汗をびっしょりかくような有様。
ま、さんざんな一日であった。


by sakusaku_fukafuka | 2014-04-11 21:27 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(2)

四月の新雪

山は二日間降り続いたようだ。

起床後、谷川岳を仰ぎ見ると厚い雲に覆われてる。
昨日同様晴れることは無いだろうな、と高をくくっていたらオジカ沢の稜線の鞍部が見えてきた。
「晴れるかも?」

出遅れたが、一時間遅れのロープウェイに乗ろうとベースプラザへ到着すると思いもよらず行列・・・・・
どうやら強風で運行が遅れたらしい。

なんと10時運行開始である。

芝倉沢を目論んできたものの、10時出発では出鼻をくじかれた。

山上駅を降りて歩き始めると案外ここの吹き溜まりは深い・・・
しかし深かったのはこの吹き溜まりだけで、田尻尾根に登り上げるとレインクラストの痕跡が丸見え。
ただ、シュートのボトムにはそれなりに吹き溜まっているように見える。

迷いつつも、ま、雪の質を見ながら行くところまで行ってみることにした。



稜線から谷川岳を仰ぎ見る。
レインクラストは見えるものの、どれくらい吹き溜まりが深いのか、一度諦めかけたが、肩の広場で確かめるため山頂直下まで登ってみることにした。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_22142169.jpg















天狗の留まり場を過ぎる。
肩の広場の雪はパックされているようだが、下のアイスバーンが露出していないところを狙えばそれなりに楽しめそうに思えた。

b0062024_22161490.jpg
















山頂を仰ぐ。
こうして見る限りは、4月の雪とは思えない
b0062024_7143576.jpg














四ノ沢も気になったが、ボトムはデブリだらけだったので諦め、西黒を狙うことにした。

b0062024_7145361.jpg
















山とは無縁の話題だが、昨日まで孫が遊びに来ていた。
1才の孫はAKB48 の「恋するフォーチュンクッキー」が大好き。
この曲がかかるとジっとおとなしく聴き入っているのだ。

昨日はYOUTUBE で孫を抱きながら何回もこの曲を聴いた。

孫と一緒にこれを踊ったら楽しいかもな~~
ということで、今日はこれを聴きながら滑るんだ、と「恋するフォーチュンクッキー」をiPod touch に入れてきた。


いざ、「恋するフォーチュンクッキー」を聴きながら西黒沢へドロップイン。



















途中で見上げた西黒沢本谷。
b0062024_7151286.jpg














例の「あしま園」にてお決まりのコロッケ定食を食し、帰宅。
家の近くから自分の滑ったラインを望遠レンズで狙ってみた。

b0062024_22292840.jpg


b0062024_22293954.jpg








「恋するフォーチュンクッキー」は日本のみならず世界中で歌い踊られている。
その中でも、ちょっとお気に入りなのは、これ・・・・・かな・・・・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-04-07 22:30 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(4)

今シーズン初平標山

Ryon と久しぶり平標山の計画。
天候良ければ裏をやろう、と毛渡橋に車をデポ。

その前に立ち寄ったコンビニにてMackie & O'sman たちと偶然会う。

平標山へお誘い。

三俣駐車場で滑り仲間 TAKA さん、Nasscy も加わり火打峠へ。
火打峠の除雪スペースには週末というだけあって平標山を目指す車でいっぱい。
やっとスペースを見つけて駐車。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_22565350.jpg














別荘地を抜ける

b0062024_2344890.jpg














ヤカイ沢に入り藪をしばし行くと快晴の平標山。

b0062024_2353527.jpg














この時点では珍しいくらいの快晴。

b0062024_2361276.jpg















先行していたI & G 達も滑り降りてきて合流。
彼らは登り返し。
b0062024_2372318.jpg
















森林限界付近。

この辺りから天候が微妙に・・・・・・・・・・・

b0062024_2375434.jpg














やっと稜線。

風が強くなる。

b0062024_2384925.jpg
















山頂は強風で立っているのがやっと・・・・・・・

b0062024_2314527.jpg














I & G 夫妻は稜線を移動し、ヤカイ沢へ滑り降りて行った。
彼らの情報からは雪は良さそうだったが、我々は慣れていない人もいるので、安全を優先してスノーシューにてアイスバーンが終わる森林限界付近まで歩いて下ることにした。
b0062024_23124929.jpg















森林限界点からツリーをやるも、ここが一番雪が良かった。
今日のゲストたちもこの時期の新雪で本領発揮。

O'sman
b0062024_23181113.jpg















Nasscy
b0062024_23184566.jpg
















Ryon
b0062024_2319121.jpg















Mackie
b0062024_2320132.jpg
















TAKA
b0062024_23201793.jpg















ツリーを滑り終え、天気も良いのでゆっくりランチタイム。

b0062024_2320526.jpg
















ツリーの終端部からヤカイ沢緩斜面~林道終点までのD画


by sakusaku_fukafuka | 2014-03-27 23:28 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(4)

カリカリの日はシークレットゾーン下見調査

快晴の平日、先週末の『翌週スケジュール』表を見ると空けになっていたので、これ幸いと山へ行くことに。
晴天の日曜日が役員引継ぎで潰れたので「山行きたい病」はかなり重症。

しかし、このところの雨続きで山はレインクラスト状態だということは望遠レンズで山を覗き見て百も承知。
一応晴れ予報なのだが、滑って楽しくないこんな日は2010年頃にとある稜線から見たシュートを下見調査することにした。

平日9時運行のロープウェイではこのルートの調査は明るいうちに下山するのはちょっと無理だろうと思い、下山予定の土樽に車を置くことにした。

まだ暗い関越道を走り、湯沢IC下車。
JR 上越線土樽駅へ車を停める。
6:28分の始発までまだ時間があるので車中で仮眠。

5:50分からパッキング。
この時間無人駅を利用する客は誰も居ないようで閑散としている。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_22425313.jpg














ホームから山を望むとまったく山容は見えない。
これで本当に天候は回復するのだろうか・・・・・・・・・・

b0062024_22332798.jpg














定刻どおり一番電車がやってきた。

b0062024_22442287.jpg
















乗り込むとすぐに車掌がやってきた。
土合駅までの乗車賃¥230 を払ってウトウトまどろむ間もなく清水トンネルを抜けて土合駅。

こちらの駅にも誰一人人の姿は見えない。

b0062024_2245562.jpg
















谷川岳ロープウェイ駅まで歩き、それでもちらほらと姿が見えるベースプラザのソファーにてロープウェイの運行を待つが、二時間もある・・・・・・・・・・・・
何もすることが無いので登山届けを提出したあとは、ウトウトとまどろむ。

ま、ここからはいつものパターン。

ロープウェイに乗り込むと我輩に声をかけてきた年配の登山者。
(俺も年配だが・・・・・・・・・・)
二年前に二度お会いしているとか・・・・・・・・
生来人の顔と名前を覚えるのが苦手な上に、物忘れだけは人に負けない。
すっかり忘れてしまっていてどうもすみません・・・・・・・

ロープウェイを降り、時間節約でリフト一本を乗り継ぎ稜線へ歩き出すも、山は土樽駅から見上げたときとほどんと変わっていない・・・・・・・
このまま晴れなかったら調査は中止だな。

b0062024_2253246.jpg















熊穴沢避難小屋を過ぎ、天狗の留まり場が見えてくる頃、なんと、予報通りに青空が覗いてきた。

「抜けた!」
このまま晴れなかったら下山しようか、と言っていた登山者も一気にテンション上がった。
b0062024_22541031.jpg















天狗の留まり場では完璧に晴れた。

見ると肩の広場にはレインストライプが出現していた。
「これじゃ、ここを滑ったとしても楽しくないなぁ」

b0062024_22555642.jpg
















俎嵓を覆っていた雲も徐々に切れ始めた。

これなら目的地まで行けそうだな・・・・・・・・・・
予定通り計画を実行することにした。

b0062024_22565885.jpg

















肩の小屋直下の急登の途中。

苗場山まで見えるようになってきた。

b0062024_22575644.jpg
















11:30 肩の小屋。

ここまでですでにお昼近く・・・・・・・・・・・
まだまだ先は長い、これじゃ予定通り下山は夜だな・・・・・・・・・・

b0062024_22593066.jpg















山はすっかり春の様相を呈している。

b0062024_2301061.jpg















今日は朝からカリカリの稜線をずっと歩いてきたが、14:55分、目的地到着。
ここまで5時間以上かかっている。

陽もだいぶ西に傾き始め、カリカリの雪は更に硬さを増しているようにさえ思える。
目的のシュートも熊笹が所々出ているカリカリのアイスバーンである。

今日は滑る気は全く無い。
目的は下見調査だ。
スプリットで来ているが、ここまでもずっと背負ってきた。
スプリットはあくまでも下山歩行の道具としてである。

シュート全容がどうなっているのか、数年前に遠目に見たことがあるだけ・・・・・・・・・・
実際にどのようになっているのかさっぱりわからない。
もし、仮に板をつけて下って『下れもせず、戻ることもできない』状況に陥ることだけは避けたいので、板を背負い、アイゼンとピッケルに切り替え、まずは沢の様子がわかるまでは歩いて下ることした。
(とても板をつけて下れる状況ではない、まったくのアイスバーンである)













写真はカメラを上に向けて撮影しているので、それほどの傾斜は感じないが、実際は両足の踵を蹴り込み、ピッケルを突き刺し、足場をしっかりホールドしながら下降しないと滑落したら止まれないくらいのアイスバーンの傾斜だ。

b0062024_2311432.jpg


















ここから下はさらに傾斜がきつくなるのだが、雪はかえってこれまでの斜面よりついているように思え、足場を作って板を履き滑走を開始したが思ったより薄いスラグが剥がれ落ち、エッジを食い込ますことが出来ず直ぐに滑落!
斜度が緩んだところで停止。

ほぼボトム付近まで降り、再度板を装着。
ターンが思うようにならないモナカ雪の上をもがきながらもボトムを移動。

K沢出合まで来たが、まだ新しい大規模な雪崩の跡。
b0062024_23193329.jpg















長居無用だ・・・・・・・・・・・

ここから更にボトムを滑るとやがてM谷に合流。
なんと、一本のスキーヤーが滑っていった跡が残っていた。
我輩も独りだが、このスキーヤーも独りのようだ。
兵がいるんだなぁ~~

b0062024_23384035.jpg

















さて・・・・・・・・ここからが長かった。
右岸へ移動、また左岸へ移動・・・・・・
行きつ戻りつを延々と繰り返す。

谷底はいたるところ口を開けている。

落ちるのも時間の問題と思われるスノーブリッジを幾度も渡り、ふり返ると谷間から山の一部が垣間見えた。

b0062024_234281.jpg

















こんなところにだけは落ちないようにしよう・・・・・・・・・・

b0062024_23423273.jpg
















稜線よりボトムに降り、M谷と合流してから約2時間。
辺りはすっかり暗くなってきた。
ようやく関越道のパーキングの明かりが見えて、ホっとする。
b0062024_23441942.jpg
















関越道土樽パーキング。

でも、まだ土樽駅までは更に22分も歩かなければならない。

朝からここまでの間に腹に入れたのは「豆大福」一個だけ。
腹と背中がくっつきそうだ。

b0062024_23492885.jpg


18:40 分、土樽駅。

凡そ12時間ぶりに振り出しに戻ってきた。

今日も無事下山できたことに感謝。
いつか雪の良いときに、今度はトップからボトムまで「滑り」で挑戦してみたいものだ。

湯沢のラーメン店でたらふく腹を満たし、帰路についた。

by sakusaku_fukafuka | 2014-03-21 23:55 | 2014 雪山三昧・後期 | Comments(4)