カテゴリ:2014 無雪期登山( 10 )

一ノ倉沢晩秋

晩秋の一ノ倉沢を久しぶりに訪れた。

冬の訪れを間近に感じる早暁の一コマ。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_2024315.jpg



b0062024_20241758.jpg



b0062024_20242770.jpg













マチガ沢

b0062024_20244697.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-10-30 20:24 | 2014 無雪期登山 | Comments(4)

尾瀬寸描 Ⅲ

もうじき11月。
戸倉から鳩待峠までの道路が閉鎖される日も近い。
どうやらこれが今季最後の尾瀬入になりそうだ。

かつては鳩待峠までいつでも自由に入れたのだが、自然保護憲章が制定された昭和49年からマイカー規制が始まり、それまでのように「いつでも」「自由に」尾瀬に入れる時代は終わった。
オーバーユースを避けるために、鳩待峠までマイカーで入れる平日でも高い駐車料金が設定され、少しでも入山者を減らそうという試みがなされた。

当時は11月に入ると四輪駆動車で雪を蹴散らし、ギリギリ車で鳩待に登れる頃まで尾瀬に通っていた。
舗装もほとんどされておらず、車体の底を擦ってオイル漏れをしながら走っている車を見かけるくらいの悪路だった。
それこそ唄にある「遥かな尾瀬」そのものだったのである。

この時期尾瀬を訪れると、そんなかつての思い出が偲ばれる。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_1631371.jpg



b0062024_16312394.jpg



b0062024_16313651.jpg



b0062024_16321384.jpg



b0062024_16324726.jpg



b0062024_16332150.jpg



ヨッピ川の支流。
上ノ大堀川になるのだろうか・・・・・

冷たい水の中には清流にしか生息しないバイカモが見える。

b0062024_16443573.jpg



b0062024_16444598.jpg



b0062024_164581.jpg



b0062024_16453497.jpg



b0062024_16455190.jpg



b0062024_16464347.jpg



b0062024_16465371.jpg



オゼコウホネ

b0062024_1648941.jpg



b0062024_16482832.jpg



b0062024_16483713.jpg



by sakusaku_fukafuka | 2014-10-26 16:48 | 2014 無雪期登山 | Comments(6)

尾瀬寸描 Ⅱ

1㍑のPlatypusに入れて持ち帰った尾瀬の湧水で入れたコーヒーを飲みながら写真の整理をする。

尾瀬に限らず、体力が許せば山から持ち帰った湧水でコーヒーを入れて飲みながら山行の写真を眺めるのが下山後の楽しみの一つ。

前回に続き尾瀬寸描。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_2102435.jpg



b0062024_2112354.jpg



b0062024_2122217.jpg


b0062024_21134628.jpg















冷たい池塘もなんのその・・・・・・・・・
b0062024_2175619.jpg


b0062024_218511.jpg


b0062024_2182229.jpg


b0062024_2183159.jpg


b0062024_21103210.jpg


b0062024_2111255.jpg


b0062024_20161165.jpg


b0062024_21154760.jpg


b0062024_21161138.jpg


b0062024_21194884.jpg


b0062024_21183375.jpg


b0062024_2218215.jpg


b0062024_21224476.jpg

尾瀬の水で沸かしたコーヒーを飲みながら、まだ写真の選別は続きます・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-10-21 21:22 | 2014 無雪期登山 | Comments(2)

尾瀬寸描

週末予報は快晴。
気温が氷点下まで下がる放射冷却も期待「大」。
よって尾瀬行き決定。

折から先週末まででマイカー規制も解除され、鳩待峠までマイカーで行ける。

前日乗っ込みで車泊。
家から湯たんぽにお湯を入れて持ってきたので仮眠は快適。

満点の星空に欠けた月が昇ってきた午前3時、鳩待峠出発。
大気中の水蒸気が舞い降りて凍り、木道はツルツル滑る。

ヘッドランプの明かりに自分の吐く真っ白な息が視界を遮ってしまうくらい寒い。

山ノ鼻のテン場では起床が始まり、あちこちのテントに明かりが灯る。
遮るものの無くなった湿原は更に木道が滑る。

いくつかの足あとがヘッドランプに浮かび上がり、先行しているカメラマンのいることが分かる。

今回の撮影場所は三叉路付近と決めてきた。

至仏山に目を向けると何人かのヘッドランプが見える。
この時間湿原を歩く登山者はまずいないので、きっとカメラマンだろう・・・・・・・

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_22345391.jpg














冬物のグローブは持ってきたが細かい作業はやっぱり素手・・・・・・・・
寒さで痛みを伴いながら徐々に感覚が麻痺していく。

燧ヶ岳

b0062024_22373641.jpg














以下、尾瀬寸描

b0062024_22441838.jpg



b0062024_22451810.jpg














カメラのレンズは気温差で曇り、曇ったレンズの表面はどんどん凍っていく。
削り取るように幾度も幾度もレンズを拭き、ボディを覆ったタオルは降り注ぐ大気を吸って凍っていく。

寒く長かった夜明け。
ようやく湿原を朝陽が照らし始める。

b0062024_22453486.jpg



b0062024_22461053.jpg



b0062024_22463257.jpg



b0062024_22563769.jpg



b0062024_22564933.jpg



b0062024_225748.jpg




続く・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-10-19 22:57 | 2014 無雪期登山 | Comments(2)

お悔やみ


9月27日、御嶽山噴火。
大勢の犠牲者が出てしまった。
楽しかったはずの登山が一瞬にして地獄と化した。

山頂付近で犠牲になられた登山者の皆様のことを思うと言葉がありません。
同じ山仲間としてあまりにも悲しい事故でした。
この場を借りて亡くなられた多くの方々に哀悼の意を表し、心よりお悔やみ申し上げますとともに、被害に遭われた登山者の皆様にお見舞い申し上げます。


by sakusaku_fukafuka | 2014-09-29 20:36 | 2014 無雪期登山 | Comments(2)

大朝日岳

7月以来まったく登れていなかった山にやっと登ることができた。
北アルプスを始めプランはいくつかあったが、小生の希望を入れてアクセスが遠くなかなかチャンスが無かった東北の名峰『大朝日岳』となった。

仕事を終え、バックパックと車泊用にケットを積み込み、関越自動車道に乗ったのは午後8時半。
関越自動車道、北陸自動車道、日本海東北自動車道を乗り継ぎ、待ち合わせ場所の新発田に到着したのが午前0時を少し回った頃。

車泊のスペースを作ってケットを被ると仕事と運転に疲れた身体をすぐに睡魔が襲っった。

2時30分。
セットしておいたスマートホンのアラームで目覚める。
起きた瞬間、自分がなぜこんなところに居るのか、まだ頭の中が切り替わってない自分がいる。
横に積んであるバックパックを見て徐々にここに居ることを納得していく頃、遠くから一台の車のヘッドライトが近づいて来た。

「おはよう! お久しぶり!」
今回朝日岳に同行するChami と Ryon 。

我が車は待ち合わせ場所に留め置き、このエリアに詳しい Chami の車に同乗して一路古寺鉱泉を目指す。

待ち合わせ場所でも満天の星だったが、夜が明けても珍しいくらいの快晴。
朝日連峰が目に止まり、車を停めて写真を撮ろうと後部座席に乗っている Ryon にカメラを取ってもらおうとすると、「カメラ無いよ?」
「え?・・・・・・・・・・無い?」
「ガ~~~ン」
我輩にとっては最も大事な物の一つ、一眼レフカメラを忘れてしまったのである。

だが、ここまで来てしまっては戻るわけにはいかない・・・・・・
落ち込む気持ちを何とか立てなおして登山口を目指す。

下道を走り凡そ3時間、冷たい朝の空気に包まれた古寺鉱泉登山口到着。
カメラを忘れたショックからまだ立ち直れきれてないが、気持ち良い朝はそれを忘れさせてくれるのには十分だった。

よって、今回のブログに使う写真は Ryon のカメラで撮影したものを使わせてもらうことになった。
この場を借りて Ryon にお礼を申し上げます。
「ありがとう」

7時半、古寺鉱泉出発。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_2185364.jpg














45分ほどで『合体の樹』。
ヒメコマツとブナが絡み合っているのだが、山を歩いていると木と木がくっついている姿は別段珍しいものではない。
b0062024_21133039.jpg














まだ樹林帯の中、気温も上がってきた頃一服清水の冷たくおいしい水で喉を潤す。
今回、このルートは山頂までの間に水場が3箇所あるので全く持って来なかった。
次の水場はあまりきれいな水ではないという情報もあるので、銀玉水の水場までの飲料用を水筒に入れて出発。
b0062024_2119197.jpg













樹間から月山を望む。

b0062024_21195438.jpg














オヤマボクチ
アザミの仲間であるがキク科。
ヤマゴボウとはどうやらこのオヤマボクチのことなんだそうだ。

b0062024_21222356.jpg













古寺山まで登ると視界が開ける。
山頂までの気持ち良い稜線歩きの始まり。

b0062024_21235494.jpg













小朝日岳はトラバース道を行こうか迷ったのだが、下山時の方向から登るよりもこちらから登った方が楽そうなので、頑張って登ることにした。

小朝日岳より朝日連峰を一望できる。
大朝日岳とその肩に『大朝日岳山頂避難小屋』も見える。

b0062024_21263497.jpg













紅葉が始まった稜線を眺めながら小朝日岳山頂から最低鞍部まで長い下りを下る。

b0062024_21284368.jpg















アップダウンは少々あるものの、秋風に吹かれての稜線歩きは楽しく気持ち良い。

b0062024_21294384.jpg













小朝日岳をふりかえる。

b0062024_21301987.jpg













リンドウの葉も紅葉が始まり、紺色の花と赤らんだ葉の対比が美しい。

b0062024_2132961.jpg















スマートホンで・・・・・

b0062024_21323096.jpg













部分的にはすでに最盛期とも見える稜線の紅葉。
b0062024_21332363.jpg













山頂小屋を前にして最後の水場(小屋から歩けば『金玉水』もあるが)にて夕食用と明日の朝の飲料水を補給。
ここの水も冷たくて美味しかった。

b0062024_21354392.jpg














熊笹に覆われた西朝日岳が美しい。

b0062024_2139067.jpg














山頂小屋ももう間近。
b0062024_21393050.jpg














西朝日岳をバックに最後の登り。

b0062024_21401932.jpg














おそらく一番最後かもしれない、、、、、、、、山頂小屋に到着。

b0062024_2141824.jpg














管理人さんに利用料¥1500円を支払い、就寝場所を確保。
時間があるので、暗くなる前に山頂へ。

雲もあって360°の展望とはいかなかったが、日本海も見えて大満足。
想像していたよりはるかに雄大な朝日連峰の感動に浸る。

b0062024_21432939.jpg














小屋と月山方面を望む。
b0062024_2145969.jpg














山頂は寒い。

小屋に戻って夕食の準備。
サプライズ。
今回は Chami が鍋の用意をしてくれた。
山頂小屋でいただく野菜たっぷりの鍋の味は格別だった。
ご馳走様!!

b0062024_21471849.jpg














日没も間近になってきたので、夕食を一時中断して景色を見に外へ。

黄昏の稜線が美しい。

b0062024_21482078.jpg













日本海に沈む夕日。

b0062024_21485443.jpg


b0062024_21496100.jpg














小屋に戻り、夕食を再開して就寝の準備。

あちこちから聞こえる往復いびきの旋律を子守唄に、疲れた身体は睡魔に誘われ知らぬ間に寝入った。
何度か目が覚め、窓の明闇で朝のまだ来ないことを知るとまた眠りにつく。

山小屋の朝は早い。
ガサゴソと出発の準備の音を目覚ましにゆっくり起床。

出発していく登山者もいるなか、我々はご来光を拝みみ外へ。

b0062024_21544379.jpg

b0062024_21545739.jpg
















日も高く登り、澄み渡った稜線を望みながら下山開始。
b0062024_2156628.jpg

b0062024_21561567.jpg














ま、、、、、、、こんな「おふざけ」をやりながら楽しく下山開始。
b0062024_21565563.jpg

b0062024_21571261.jpg

b0062024_21572354.jpg














名残惜しいけど、下山です。

b0062024_2158588.jpg














昨日より更に色づいた稜線。
b0062024_21585294.jpg


b0062024_21591457.jpg















少しずつ小屋が遠くなります。
b0062024_21594777.jpg

b0062024_21595942.jpg














稜線、気持ちいいです。

b0062024_2204776.jpg














朝陽にリンドウも輝いて更にきれい

b0062024_2212497.jpg

b0062024_2214057.jpg













古寺山までもどりました。
此処から先はまた樹林帯。

b0062024_2222628.jpg














12:45分、古寺鉱泉到着。
b0062024_2232599.jpg














下山後は大井沢温泉 『湯ったり館』にて汗を流す。
なんと入浴料金¥200円なり・・・・・・・
田園風景を眺めながらのんびりゆったり。
b0062024_22204792.jpg














帰路は鶴岡回り。
鶴岡市内の Chami 御用達の定食屋『みどり食堂』にて食事。
b0062024_22244621.jpg













これ、食べきれないっしょ?
とんかつ定食はこのボリューム。
なんと二段重ねですよ!

b0062024_22255774.jpg













生姜焼き定食もごらんの通り。
でも、頑張って全部食べましたよ。
b0062024_22264337.jpg

b0062024_2246084.jpg


ということで、『仲良し登山部』山行も楽しいうちに終了しました。
このあとは新発田にて我が車に乗り換え、長い長い群馬までの帰路についたのでした。

by sakusaku_fukafuka | 2014-09-28 22:29 | 2014 無雪期登山 | Comments(2)

平標山(三国峠発)

身体が鈍る・・・・・・・

この時期の山行は晴れるタイミングが難しい。
このところまったく登れてないのでストレス貯金してしまった。

そんな貴重な梅雨の切れ間に平標山をやってきた。
b0062024_8262164.jpg


続きはこちら・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-07-09 09:41 | 2014 無雪期登山 | Comments(4)

白毛門・花を愛でに

白毛門。

朝日岳のホソバヒナウスユキソウも気になっていたので、当初は朝日岳まで足を伸ばす予定でいたのだが、梅雨の季節はなかなかそうさせてくれない。

天候に不安を抱きながら行けるところまで、と出発。

b0062024_2029100.jpg


続きはこちら・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-06-30 20:43 | 2014 無雪期登山 | Comments(4)

芝倉沢偵察

MTB で一ノ倉沢から芝倉沢へ。

b0062024_21462661.jpg












幽ノ沢。
「ブナのしずく」で喉を潤し、更に奥へ。
b0062024_21471565.jpg

b0062024_2232931.jpg













まだまだ深い残雪が渓谷を埋めている。

b0062024_21475642.jpg













ちなみに、冬

b0062024_21481135.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-06-26 21:48 | 2014 無雪期登山 | Comments(0)

この花に会いたくて・花を愛でに谷川岳

好天続き、やっと山に行くチャンス。

気になっていたこの花に会いたくて登ってきた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_18442754.jpg


続きはこちら・・・

by sakusaku_fukafuka | 2014-06-16 19:13 | 2014 無雪期登山 | Comments(0)