尾瀬晩秋

もう晩秋ですなぁ・・・・・・・

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_9284516.jpg


b0062024_929717.jpg


b0062024_9291785.jpg


b0062024_9292639.jpg















いつもここにある・・・(上田代)
オオマルバノホロシ(実)

b0062024_9295440.jpg















マユミ(山ノ鼻にて)
b0062024_9304174.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2015-10-25 09:30 | 2015 無雪季登山 | Comments(4)

針ノ木岳~爺ケ岳縦走(第3日目)

いよいよ下山する日だ。

昨日も一昨日も3時起床。
下山日も同じく3時起床。

ま、初日を除けば16時半には寝ちゃってるので睡眠時間は十分とっているんだけどね。

4時に種池山荘の庭に三脚を立てて爺ケ岳に登る前にちょっと撮影。
やっぱり朝は寒いです。

大町の市街地に冬の大三角形の一部(シリウス)がちょっと入った。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_20522852.jpg















種池山荘を出発すると、ご来光を拝みに爺ケ岳へ向かう人や、冷池山荘方面からこちらへ向かってくる人のヘッドライトの灯りがあちらこちらに見える。

大天荘にも、北穂高山荘にも、燕山荘にも・・・・・・
小屋の灯りがあちこちから見えてくる。

朝のグラデーションの中に静かに佇む鹿島槍ヶ岳。

b0062024_20563028.jpg

















冷池山荘にも明かりが点った。
b0062024_20571919.jpg














妙高方面の朝焼け。

b0062024_20575390.jpg

b0062024_2058174.jpg














種池山荘と劔岳。

b0062024_20583826.jpg















前日同様撮影に夢中になっているところをRyon にしっかり撮られていたようで・・・・・・・・

b0062024_212468.jpg


b0062024_2121377.jpg














しかし残念ながら天候は今一・・・・・・・・・・・

どうやらご来光は拝めそうもない・・・・・・・・・・

針ノ木方面。
b0062024_213695.jpg

















穂高連峰方面
b0062024_2135160.jpg















雲間からちょっと顔をのぞかせたかな?っていうくらいでご来光は終わり。
b0062024_2142950.jpg


b0062024_2145185.jpg















爺ケ岳(南峰)で一応記念撮影。

b0062024_2151882.jpg














大分明るくなってきました。

b0062024_2154715.jpg


b0062024_2155518.jpg















薬師岳に朝日が当たりました。

b0062024_216352.jpg















穂高連峰、槍ヶ岳です。
b0062024_2165668.jpg


b0062024_217839.jpg















ご来光が駄目だったので下山です。(笑)

b0062024_2173739.jpg















鹿島槍ヶ岳

b0062024_2175884.jpg

















テン場もだいぶ賑わっていたようです。

b0062024_2182240.jpg
















ご来光は駄目だったけど、天候は回復傾向。
アルプスを朝日が照らし始めました。

b0062024_219022.jpg


b0062024_2191466.jpg


b0062024_2192851.jpg


b0062024_2193872.jpg
















歩いてきたコース。
いい縦走でした。

b0062024_21101940.jpg
















テン場へ戻ってテント撤収。
下山の準備です。

b0062024_21105784.jpg
















8:11 am いよいよ下山です。
種池山荘をあとにします。

b0062024_21122763.jpg


b0062024_21125386.jpg
















さぁ、名残惜しいけど、ここから扇沢まで下ります。

b0062024_211341100.jpg
















ポイント、ポイントに看板が設置してあります。
親切だなぁ・・・・・

b0062024_21143365.jpg
















三日間のうちに大分紅葉も進んできたようです。(爺ケ岳)
b0062024_21151868.jpg















嫌になるくらいトラバースが続きます。

b0062024_21154548.jpg
















でも、思ったより景色がいい。
下山しながらも長いこと稜線を眺めることが出来て、登る人にも癒やしになるだろうな。

b0062024_21163486.jpg


b0062024_2116469.jpg
















種池山荘が遠くになりました。

b0062024_21171523.jpg















扇沢の駐車場も見えます。

や~~遠いなぁ。
見えるだけに、ある意味辛いです。

b0062024_21175334.jpg
















ケルン。

もうちょっとだな・・・・・・

b0062024_21185362.jpg
















種池山荘が豆粒のように見えます。
これから登る登山者にとっては「遠さ」を実感するだろうな・・・・・

b0062024_21195619.jpg
















駐車場もだいぶ近づいてきた。
b0062024_21203444.jpg


b0062024_21204799.jpg
















到着~~!!

みんな、お疲れ様~~~。

b0062024_21211827.jpg
















女性陣に荷物を見ていてもらって、男二人は扇沢の無料駐車場へ空身で車を取りに行きます。

右上に種池山荘。

や~~~あそこから下山してきたんですねぇ。

b0062024_21223048.jpg
















車を回収して待ちに待った温泉です。

日帰り温泉施設は何処も大混雑の様子。

我々は黒部観光ホテルに向かう。
料金はちょっとお高いけど、誰もが敷居が高いと思うのか、空いてて最高。
お客さんは我々の他に一人いただけ・・・・・・・・
喧騒もなく静かにゆったり疲れを癒やしました。

温泉からあがって三日間の登山の〆は豚カツで有名な昭和軒

ここは二度目だけど、美味しいのでお勧め。

有名なだけに、やっぱり混んでました。
でも、もちろん待ちました。
b0062024_21382590.jpg



b0062024_21383931.jpg



久しぶりの山行で疲れ果てたけど、これほど3日とも天候に恵まれた山行も無いかもしれない。
〆はとんかつで空腹を満たして解散。
5時間の帰路につきました。

(今まで経験したことのないくらいの筋肉痛が3日ほど続きました)

by sakusaku_fukafuka | 2015-10-12 21:41 | 2015 無雪季登山 | Comments(4)

針ノ木岳~爺ケ岳縦走(第2日目)

3時起床。
あちこちのテントに灯りが灯り始め、出発の準備が始まる。

夜空に冬の大三角形を眺めながら出発準備完了。
4時、予定通り針の木峠を出発。

(画像をクリックで拡大します。)
b0062024_1173390.jpg

b0062024_1175661.jpg












歩き始めて30分。
空がグラデーションに染まり始める。
b0062024_119273.jpg














針ノ木峠とスバリ岳の鞍部に「劔岳」
b0062024_1203396.jpg














ご来光までに山頂に着きたいなんて思うものだから、いささか気持ちが焦る。
b0062024_1235046.jpg













白馬岳方面。
b0062024_124816.jpg













山頂までもうちょっと・・・・・・・・・
b0062024_125366.jpg















稜線に出ると薬師岳から大天井岳まで見渡せる。
b0062024_1254926.jpg














山頂に着いた途端に雲海から朝日が昇る。
山頂には数名の登山者がいたが、「いいタイミングですね」と声をかけられた。
慌てて三脚を立てる。
b0062024_1275080.jpg

b0062024_128128.jpg













針ノ木岳北面の展望。
これから歩くルートが一望できる。
b0062024_1295881.jpg

b0062024_130729.jpg














撮影する我輩。

Photo:Ryon
b0062024_131027.jpg

b0062024_1314635.jpg













薬師岳方面。
数年前に歩いたルートが懐かしい。

b0062024_1323820.jpg

b0062024_1325059.jpg














槍ヶ岳・穂高連峰
b0062024_1382966.jpg

b0062024_1334086.jpg














立山連峰と劔岳(右)
b0062024_135186.jpg














雲海の彼方に富士山。
b0062024_1355084.jpg

b0062024_136310.jpg













槍ヶ岳、穂高連峰
b0062024_1364625.jpg














鷲羽岳とワリモ岳の間に頭をのぞかせているのは笠ケ岳。
だと思って帰宅後地図にて確認した。
間違いなさそう・・・・・・
b0062024_1382222.jpg

b0062024_1384640.jpg













蓮華岳の肩に噴煙上げる浅間山。
b0062024_140074.jpg














黒部湖と立山連峰を望む。
b0062024_141220.jpg














これから種池のテン場までかなり長い。
テン場の確保がいささか心配なので、景色を楽しんだら急ぎ出発。
b0062024_1422677.jpg

b0062024_143554.jpg














これからうんざりするほどのアップダウンの繰り返しが待っている。
b0062024_1434761.jpg














ダケカンバなど落葉広葉樹の黄葉が朝日に照らされて美しい。
(蓮華岳)
b0062024_1505152.jpg

b0062024_151312.jpg















ガレた登山道を慎重に・・・・・・
b0062024_1513055.jpg













次のピーク、小スバリ(右)とスバリ岳
b0062024_1524675.jpg


b0062024_154487.jpg












最高の登山日和。
b0062024_1544035.jpg













小スバリよりスバリ岳。
b0062024_155209.jpg















針ノ木岳を振り返る。
b0062024_1555862.jpg













スバリの急登。
b0062024_1561282.jpg

b0062024_1562625.jpg















針ノ木岳から45分ほどで山頂
b0062024_1592132.jpg















ここでも展望を楽しむ。
360°の大展望。
これこそ山の醍醐味だよな~~
b0062024_204654.jpg

b0062024_205877.jpg













まだまだ先は長い・・・
次のピーク、赤沢岳目指して出発。
b0062024_221965.jpg















劔岳が凛々しい。
b0062024_23517.jpg















b0062024_233717.jpg















スバリ岳を振り返る
b0062024_242225.jpg















眼下に扇沢の駅。
シルバーウィークで駐車場は今日も満杯みたいだ。
b0062024_253030.jpg














左手にいつも立山連峰と劔岳が望めるのがこのルートの素晴らしいところだ。
b0062024_26165.jpg














今朝出発した針ノ木峠と針ノ木小屋が見える。
b0062024_27114.jpg














スバリ岳、振り返る。
b0062024_275794.jpg

b0062024_282259.jpg














9:30
赤沢岳到着。
b0062024_292929.jpg














針ノ木岳を振り返る。
b0062024_2114215.jpg















あちこちで紅葉したウラシマツツジが目を引く。
森林限界を越えて落葉広葉樹が無くなった稜線ではひときわ美しい。
b0062024_2134842.jpg

b0062024_214191.jpg














マクロではない俺のレンズでは上の写真以上近寄れない。ある意味こんな不器用なところが一眼レフの我慢しどころかな・・・・・・
同行のRyonがコンデジでいいショットを撮影していたので借用。
つい足を止めて見入ってしまうほど美しい。

Photo:Ryon
b0062024_2175643.jpg













10:45
鳴沢岳到着
b0062024_2194624.jpg














歩いてきたルートが一望できる。
それにしてもいい天気!
b0062024_2204143.jpg













まだまだ続くアップダウン・・・・・・・・・

b0062024_2211326.jpg

b0062024_2212648.jpg














こんなところを見つけると滑ってみたくなるよね~~
(笑)
b0062024_2223148.jpg














b0062024_2225540.jpg















ようやく新越山荘。
大休止・・・・・・・・

b0062024_2232556.jpg

















11:59
種池目指して出発。
「はい、忘れ物はありません」
b0062024_225853.jpg


b0062024_2264295.jpg


b0062024_22794.jpg














シラタマノキ
b0062024_2274892.jpg













劔遠望

b0062024_2283796.jpg














白馬岳遠望
b0062024_229722.jpg














ウラシマツツジと混生するコケモモ(赤い実)
b0062024_2311714.jpg















若干ガスが出てきた
b0062024_2315556.jpg















劔岳と日本海。
b0062024_2323545.jpg















岩小屋沢岳山頂手前で雷鳥。
少し手前で行き会った登山者から「山頂数メートル手前のハイマツの中に雷鳥がいますよ」
と言われ、山頂近くになったら静かに歩く・・・・

いたいた・・・・雷鳥の雛数羽・・・・・
b0062024_235417.jpg















12:53
岩小屋沢岳山頂。
b0062024_23642.jpg














テン場の確保が心配になってきたので、足の早い二人がテン場を確保するべく先行。
バテぎみの二人はあとから無理をしないでのんびり行くことに・・・・
b0062024_237441.jpg















リンドウが見頃・・・・・・・・・
エゾリンドウとオヤマリンドウの見分けがよくわからないのだが、下部まで花をつけているのでこれはエゾリンドウだろう・・・
b0062024_240697.jpg














鹿島槍ヶ岳を望む。
素晴らしい・・・・・・・
ここから鹿島槍ヶ岳を望む展望に感動。
b0062024_2405879.jpg















今日の宿泊地、種池山荘がやっと見えてきた。
b0062024_248378.jpg

b0062024_2481777.jpg













15時を回ってようやくテン場到着。
先行した二人がギンギンに冷えたコーラを持って迎えてくれた。
ちゃんとテン場も確保してくれていて一安心。
カラカラに乾いたノドにコーラがうまい!
YASUさんありがと!!

到着したらとにかくテント設営を急ぐ。
b0062024_2512942.jpg


b0062024_252972.jpg














種池山荘テラスから出発した針ノ木峠を遠望。
あそこから来たんだなぁ・・・・・・・
感動も一入

b0062024_2533362.jpg

b0062024_2545692.jpg













立山連峰に陽が沈みます。
b0062024_2554143.jpg














種池山荘と明日の朝登る予定の爺ケ岳。
b0062024_2562143.jpg














大町市街地の灯り。
b0062024_2564272.jpg


や~~~疲れた!
とにかく寝よう・・・

by sakusaku_fukafuka | 2015-10-04 02:57 | 2015 無雪季登山 | Comments(2)

針ノ木岳~爺ケ岳縦走(第1日目)

シルバーウィーク久々の縦走登山。

休日の天候が思わしくなく、今年ほど山に登れずにいた年は無かったかも・・・
心配された天候も三日間とも安定していて、これほど良い天気があろうか、というくらいの快晴に恵まれた山行となった。

もう一つの心配は登山基地となる扇沢の無料駐車場の確保。
今回の山行のメンバーの時間調整の結果、シルバーウィークの後半に縦走することになったので、前半時間的余裕ができた。

大町から県道45号線を走り、「くろよんロイヤルホテル」のところに差し掛かるとまさかの渋滞。
なかなか動かない状況に扇沢へ向かうのを諦め、Uターンして県道を戻る観光客の車も見られる。
(スマートホン)
b0062024_811578.jpg













吾輩は駐車場を確保するために早くきたので、戻る訳にはいかない。
前日午後の乗り込みで何とか車二台分のスーペースを確保。

夕方にはすでに満杯になった駐車場。
昼間は観光客、午後5時を過ぎると登山者の車がひっきりなしに無料駐車場へ入ってくる。
空きが全く無いのを見ると有料駐車場へ向かうも、そこも満杯なのか、大町方面へ戻っていく車もあるようだった。

深夜到着する仲間を待つ間仮眠。
0時前に仲間到着。
3時起床、4時出発を確認して就寝。

夜空は満天の星、早くも夜空に蒼く輝く冬の大三角形に迎えられて扇沢を出発。
まずは登山届提出。
(画像をクリックで拡大します)

b0062024_8264063.jpg















歩き始めて凡そ1時間。
東の空がグラデーションに染まり始める。

b0062024_8274293.jpg














前方を見上げると針の木峠を早出し、針ノ木岳山頂へ向かうと思われるヘッドランプの灯りが見えた。

b0062024_838516.jpg















出発して一時間半。
空も白んできて稜線が見えるようになってきた。
(針ノ木岳はガスがかぶっている)

b0062024_840994.jpg














太陽が登ったのだろうか、東の空は一段と明るくなってきた。
b0062024_8405226.jpg














明日はこの稜線を爺ケ岳へ向かって歩く。
b0062024_8413331.jpg















蓮華岳。
今年の春滑りに来たのが思い出される。
b0062024_8422021.jpg














凡そ二時間弱、大沢小屋着。
b0062024_8432999.jpg















左岸の樹林帯が続く。
b0062024_8522070.jpg
















針ノ木岳大雪渓が目前に迫ってきた。
b0062024_853764.jpg















こんなところに「イワショウブ」
b0062024_8533791.jpg
















すがすがしい朝です

b0062024_8551911.jpg
















テガタチドリ
b0062024_8555456.jpg
















一旦右岸へ渡る

b0062024_8562751.jpg
















雪渓を行く。

今回、全員アイゼンは持ってこなかった。
雪の上を歩くのは慣れているので、冬山をやらない登山者と比べたらその点は有利かも・・・

b0062024_8585892.jpg















山がだいぶ紅葉してきた。
b0062024_8594044.jpg















振り返ると、二日後に登る予定の爺ケ岳が望める。
b0062024_924297.jpg



b0062024_931110.jpg
















ここで右岸から左岸へ戻り、急登が始まる。
ここが「ノド」かな・・・・・・

b0062024_942350.jpg














深く抉られた雪渓

b0062024_95199.jpg



b0062024_95312.jpg














さーて、ここから急登。
b0062024_97488.jpg
















ウサギギクが癒してくれます

b0062024_981278.jpg















大きく口を開けた雪渓

b0062024_99038.jpg
















雪渓もほぼ終了。
ガレた登山道を行く

b0062024_910861.jpg















黄葉した蓮華岳の斜面
b0062024_9112371.jpg















ミヤマリンドウ?
b0062024_9115321.jpg















最後の水場。
ここで、今日の炊事用と明日の行動用の水を汲む。
急登に差し掛かったときに、一気にザックの重量が増す。
b0062024_9142981.jpg














最後の水場を過ぎ、ガレ場に差し掛かる手前で上から声をかけてきたのが、何と「従兄弟」である。
まさか、こんなところで従兄弟に出会うとは・・・・・・・
以前従兄弟とは偶然双六のテン場でバッタリ会ったことがあったが、それ以来・・・
でも二度も山で偶然出会うとは思わなかった。




明日歩く稜線。

b0062024_9151030.jpg














黄葉したスバリ岳?の斜面

b0062024_916295.jpg














針ノ木峠が見えてきた。
最後の急登。
b0062024_9164619.jpg













10:08分、針ノ木峠到着。
今日はここでテン泊。

b0062024_919289.jpg















針ノ木峠より登ってきたルートを俯瞰。
b0062024_9195115.jpg


b0062024_9201816.jpg















蓮華岳と針ノ木岳小屋

b0062024_92141.jpg















幕営準備完了。
我々のテント。
b0062024_9221732.jpg














これは針ノ木岳小屋の外トイレの中からの景色。

用を足すためにしゃがむと目の高さがこの額縁の高さになり、七倉岳方面の絶景を眺めながら用を足すことが出来る。
なかなかしゃれてるよなぁ(笑)
b0062024_9241476.jpg














ここまで標高を上げるとかなり紅葉が染まってきた。

自分たちのテントを俯瞰しながら、空身で蓮華岳をピストンする。
b0062024_9255332.jpg













チシマギキョウかと思ったらイワギキョウ
チシマギキョウと比べると個体数が少ないのか、あまり見かけないので嬉しい。
b0062024_1048123.jpg














蓮華岳への急登からテン場を俯瞰。
b0062024_9291635.jpg














山頂への稜線。
b0062024_930135.jpg














秋の稜線の主役はこのウラシマツツジかもしれない。
その紅い葉の絨毯は見事だ。
b0062024_938671.jpg
















せっかく登った蓮華岳だが、ガスに覆われて何も見えず・・・・・・・・
よって写真は無し・・・

下山してテントへ戻り、夕食をとり明日のロングツアーのために早めの就寝。
山行一日目が終わった。

b0062024_9394410.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2015-09-27 09:40 | 2015 無雪季登山 | Comments(0)

白毛門

休みが限られている者にとっては仕事と天候の合間を縫っての山行はなかなか厳しい。

今シーズン初無雪期登山「谷川岳」から一月以上経ってしまった。
やっと時間が取れた。
天気予報はほぼ快晴。
久しぶりの山行に期待に胸を膨らませながら取り付きへ向かうも、なんか怪しい天気・・・・・・・・
朝日まで足を伸ばすかどうか、は白毛門山頂についてから決めるとして、とりあえず出発。

樹間から時折見える向かい側の谷川岳は綿帽子をかぶったように上部は真っ白。
テンション下がりっぱなしだけど、鈍った身体を立て直すには歩かないと・・・
修行のつもりで登った白毛門。
山頂付近はなんとかガスが抜けたものの周囲の景色は殆ど見えない。
蓬フュッテが改修工事中で泊まることもテントを張ることも出来ない状況らしいが、そんな情報を知らずに登ってきた登山者たちが、かなりの数蓬峠へ向かっていった。

折から関東地方の梅雨明けが告示されたものの不安定な天候は続きそう。
夏山はやっぱりスカっと抜けた青空でしょ。

そんな青空登山ができるのはいつだろう・・・・・・・

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_22491323.jpg


b0062024_22492451.jpg


b0062024_22493569.jpg














ニッコウキスゲ

b0062024_22501063.jpg















アキノキリンソウ
b0062024_22502537.jpg














オミナエシ
b0062024_22503865.jpg













オヤマボクチ

b0062024_2251391.jpg

















by sakusaku_fukafuka | 2015-07-20 22:53 | 2015 無雪季登山 | Comments(2)

谷川岳 《花と涼風》

休日返上でリンゴの摘果をやっていたこともあって、今シーズン初無雪季登山。
この時期の初登山なら、やっぱり谷川岳に「ホソバヒナウスユキソウ」を見に行きたい、ということで巌剛新道から登る。

土合から見る谷川岳は快晴の空に凛として佇んでる。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_213620100.jpg














緑濃い木陰が気持ちいい。
国道291をマチガ沢へ向かう。
路傍にタニウツギが美しい。

b0062024_21382360.jpg















マチガ沢。
まだ雪渓がだいぶ残っているみたい・・・
雪解けが早かった割には例年より多いかもしれない。

b0062024_21395031.jpg













ラクダのコル辺りに沈みかけた残月が。

b0062024_21402499.jpg














日陰に咲く「ミソガワソウ」

b0062024_21405877.jpg














カエデ
b0062024_21412577.jpg














東面はやっぱり残雪が多い。
b0062024_2142643.jpg














この花何だろう?
b0062024_21422890.jpg















朝から「ヒグラシ」の鳴き声が響いていたが、その中に時々違う蝉の声(本当は声じゃないけど)。
割と近いところに居るようなので、こちらの気配を気取られないように抜き足差し足忍び足、で幹の向こうに回りこんでみると、いたいた・・・・・・・・・・
エゾハルゼミだ(たぶん)

b0062024_21451716.jpg














朝も早いせいか、まだそれほど暑くない。
青空と緑のコントラストがきれい。
b0062024_21462325.jpg














「第一見晴らし」にて。
ここを滑った日が懐かしい。

b0062024_21472129.jpg














いつも登山道の右側にマチガ沢が望める。
樹間から見るマチガ沢も乙なものだ。
これが辛くとも巌剛新道の魅力。
b0062024_2149644.jpg















これも不明・・・・・・・・・・・
ギボウシかな?・・・・・・・・・・

b0062024_21493069.jpg















この花も好きです。
「ユキワリソウ」
b0062024_21514383.jpg














ハクサンイチゲがもう花期を終えようとしていたが、標高を上げたらなんとか盛の花に出会えた。

b0062024_21524213.jpg















西黒尾根
b0062024_21531082.jpg















見たかったのはこの花。
尾瀬の至仏山と朝日岳、そしてここ谷川岳にしか自生していない固有種。
ホソバヒナウスユキソウ(エーデルワイスの仲間)

やっと咲き始めたころで、もう少し標高が上がるとようやく芽を出したところのものが多く、ここで見れてよかった。
b0062024_21553020.jpg














谷川岳無雪季登山、今季初めてなので管理人の森下氏に挨拶方々立ち寄ったら馬場さんも居て久しぶりにお話ができた。
しかし、シーズン明けて今日が一番混雑しているとのこと、お邪魔になるのですぐに失礼した。

視界もよく、白馬三山まで望めた。
b0062024_21584029.jpg















トマノ耳直下に「シラネアオイ」
b0062024_21591012.jpg














トマノ耳より北の展望。
b0062024_21594855.jpg















山頂でランチを済ませ、下山。

天狗の留まり場より厳冬期に何度も滑った肩の広場を振り返る。

b0062024_2205027.jpg














まったく同じ場所から冬の肩の広場。
b0062024_2211859.jpg















下山しながら望む俎嵓山稜
b0062024_2214596.jpg















同じく冬の俎嵓山稜
b0062024_222772.jpg














下っているとこれから山頂を目指す登山者がひっきりなしに登ってくる。
(早い時間から登ってよかった・・・)

熊穴沢避難小屋。
いつも雪に埋もれた小屋しか見てないので、こうして全て露出した小屋を見ると変な気分だ。
b0062024_22111788.jpg















厳冬期の避難小屋・・・
はるか雪の下。
目印のポールだけ突き出てる。

b0062024_2212931.jpg














最後まで雪に埋もれていたのだろう、この時期にしてやっと芽吹いた「タムシバ」
大好きな花だけに、見れて良かった。
(花期はすでに終えている)
b0062024_2214277.jpg














イワウチワ
遅くまで残っていた残雪のお陰でこちらもこの時期にして見ることが出来た。

b0062024_22145511.jpg














ここから見る谷川岳は絶景です。

b0062024_22153591.jpg


花を愛でながらのんびり歩いて13:00下山。
無雪季初登山は天候に恵まれて最高の山日和であった。

by sakusaku_fukafuka | 2015-06-11 22:17 | 2015 無雪季登山 | Comments(4)