2017シーズン滑り収め「月山」

今回東北月山で2017シーズン終了。

近年はGWに北アルプス双六岳周辺を滑って滑り収めとしてきたが、家庭の事情など色々あって今回は東北「月山」でシーズン終了とした。

2017シーズンお会いした皆様ありがとうございました。
この後は新シーズンまでの間、老体の体力維持も兼ねて無雪期登山にシフトします。
また来シーズン山でお会いできるのを楽しみにしております。



3日夕方自宅を出発、一路新潟の待ち合わせ場所目指す。

高速道を三条燕で降り、一般道を走って市内へ・・・・・・・

翌朝2:30am起床。
月山目指して一路国道7号線を北上する。

新潟市内からでも、けっこう遠いね~
やっと山形に入ったっていう感じ。
夜も明け、庄内で車を停めて目指す月山を仰ぎ見る。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_7444043.jpg















6:45am 月山スキー場到着。
快晴。
目指す月山が見えます。
(雪が切れてる)
b0062024_7462980.jpg
b0062024_7464092.jpg















月山。
雪が切れてるけど、一応山頂目指します。
b0062024_7494568.jpg















ここから鞍部まで一旦滑り降り、再度徒歩にて山頂目指す。
b0062024_7502543.jpg














GWだけあって相当数ライダーたちが登っている。
登山者よりもライダーたちの方が多いかもしれない。

b0062024_756726.jpg














さて、ここをクランポン無しのシールで登りきれるか・・・・・・・・・
b0062024_7571311.jpg
















振り返る。
続々と登ってきます。
b0062024_7583938.jpg














雪が切れているので途中で板をデポ。
ザックだけ背負って山頂を目指す。

山頂の左に遠く鳥海山が鎮座する。
b0062024_7594914.jpg

b0062024_7595997.jpg















懐かしい鳥海山。
来シーズンはここかな?
b0062024_811539.jpg
















月山初登頂。
記念撮影。
風が強いです。
b0062024_82088.jpg















板をデポしたところまで戻り、いよいよ滑走。
雪はシャーベットで気持ちよく走る。
b0062024_824919.jpg


b0062024_832389.jpg


b0062024_833523.jpg


b0062024_834529.jpg















どこを滑ってもOKなのは尾瀬至仏山を思わせる。
b0062024_85107.jpg














滑走終了後はスキー場の直ぐ近くにある仙台屋にて日帰り入浴。
この温泉・・・ま、、、、、、熱いこと熱いこと。
でも慣れるとけっこう浸かれる。
b0062024_8255059.jpg














新潟までの長い帰路、国道112号線はぶったまげるほどの大渋滞。
だが、大渋滞は逆方向で助かった。

鶴岡に出て大盛りで有名?な「みどり食堂」で腹ごしらえする計画だったのだが、いざ行ってみると休業。。。。。。。。。。。。。
久しぶりにここの大盛りを食べられるかと期待して行ったのだが、がっかり。
気を取り直して「みどり食堂」のすぐ近くにある「たこい食堂」に入るが、ここもなかなか美味しかった。
「煮干し醤油ラーメン」とカツ重のセットで満腹。(ちょっと食べ切れなかった)

天候にも恵まれていい滑り納めになった。
2017シーズン終了!!



by sakusaku_fukafuka | 2017-05-06 08:28 | 2017 雪山三昧後期 | Comments(0)

芝倉沢・デブリーランド

更新しようと思いながら一週間が過ぎてしまった。
先週日曜日、YASUさんとシーズンラスト芝倉沢をやってきた。

長期予報だと快晴のはずだったのだが、当日最新の予報はすっかり変わってしまい午前中は曇り/午後晴れ。
雨予報ではないので決行することになって土合駅で待ち合わせ。

ところが、朝土合駅へ向かう車の窓を叩くのは雨。
困ったことになった・・・・・・・・・

駅に到着するとYASUさんはすでに来ていた。
なんと湯沢辺りは土砂降りだったとのこと。

まだ6時前なので時間はある。
一応ベースプラザに向かって準備をしながら様子を見ることに・・・

吉とでるか凶とでるか、迷いながらもRWの運行時間が近づいてくる。
外に出てみると雨は止んでいた。
まぁ、吉、ということでしょう。

結論は決行することになってチケット売り場へ。

チケット売り場は拍子抜けするほどガラガラ。
ゲレンデを滑るライダーを除けばバックパックを背負ったライダーの姿は見えない。
どうやらこの天気で芝倉沢を目指すのは我々だけらしい。

スキー場はすっかり春モード、というよりやる気なしの営業終了モード。
パトの姿は見えないし、峠リフトはまだ動かす気配は全く無し。
致し方なく田尻尾根まで徒歩にて登り上げる。

田尻尾根から仰ぎ見た谷川岳はすっかり様変わり。
岩肌が露出し、全層雪崩の跡が生々しい春の谷川岳だ。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_6182122.jpg














案外思ったより寒く、ウェアは全部着込んだまま出発。
二人ともスキークランポンは持ってないので(使わない)アイゼンにて山頂を目指すも、山頂~稜線はガスガス。

肩の小屋でしばらく様子見。
登山者はそれなりに小屋で休憩するためにやってくるが、ライダーの姿は無し。
ガスは上のほうだけだと思うので、計画通り一ノ倉岳を目指すことにして小屋を後にする。

10:51分、オキノ耳。
b0062024_6215158.jpg
















相変わらず何も見えない稜線。
踏み抜きに注意しながら慎重に進む。
b0062024_623184.jpg















アイゼンで岩を下るのは難しいねぇ。
b0062024_6235230.jpg














思ったより早く一ノ倉岳の最後の急登。
b0062024_6243468.jpg
b0062024_6244529.jpg














一ノ倉岳に着いたものの、やっぱり視界は無い。
ガスの中を慎重に下ろう、とも思ったが空は明るい。
もうちょっと、もうちょっと、と言いながらも一時間を経過。
や~~、待った甲斐あってガスが抜け出した。
喜びもひとしお。
b0062024_6292147.jpg














日が当たるのを待とうとも思ったが、またガスに巻かれては元も項も無いのでアイシーな斜面を板をずらしてノドまで下ることにした。

恐らくノドまで下れば稜線よりは雪は緩んでいるはず。

プチ滑落しながらも無事ノド到着であるが、下部を俯瞰すると沢の殆どをデブリが占拠していてガックリ。

しかし思ったとおり雪は若干緩んでいて一ノ倉岳斜面よりは危険は無さそうで一安心。
スキーヤーズライト側の斜面を選んで滑ることにして核心部へドロップ。
b0062024_6313725.jpg



















この辺りまで来ると雪はシャーベット状になっていてそれなりに楽しめて良かった。
b0062024_6324192.jpg
















S字到着。
20日前とは雲泥の差。
今回は板を脱がないと渡れなかった。
b0062024_6335385.jpg















国道291号線を過ぎ、一安心。
この後は林間を抜けていつもどおり湯檜曽川沿いまで滑り降りて土合へ戻る。

幽ノ沢出会いは何とか渡れたが、マチガ沢出会いは渡渉。
芝倉沢ももう今シーズンは終わりだな。
来シーズン、雪の良いときにまた訪れよう。
b0062024_6364490.jpg
















by sakusaku_fukafuka | 2017-04-29 06:37 | 2017 雪山三昧後期 | Comments(0)

今シーズン初「芝倉沢」

今年度は地区の役員に捕まってしまった・・・・・・・
来週末は早速その行事で休みは潰れる。
今日は朝から快晴。
役員に捕まってしまったご褒美みたいなもんかな。
ま、滑れるだけ良かった、ということで今日は今シーズン初芝倉沢をやることにした。

ネットで調べてみると4月からRWの運行が週末は7時からとなっている。
これで奥へ行くにはずいぶん助かる。

RW運行が7時からというのを知らない人が多いのか、ベースプラザは拍子抜けするくらい空いている。

山上駅を降りると峠リフトは直ぐに動いた。

先行するスノーボーダーとスキーヤーが二名いるのみで他にライダーの姿は見えない。
やはり7時運行を知らない人が多いんだろう。

山はもうすっかり春の山。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_20455579.jpg
















スプリット用クランポンを持たない我輩は最初から今日はボードは担ぐ。
(スプリットは芝倉からの長い帰路のためのもの)
アイゼン歩行でも全く問題ない。
やっぱり春だね。

方の広場には前日の固そうなラインが何本も残っている。
b0062024_20483949.jpg















後ろを振り返ってもこの間の混雑が嘘のように人影も疎ら。
b0062024_20493418.jpg















指導標がすっかり埋まっていて、今年の雪の多さを物語っている。
b0062024_20501426.jpg














いつもはこれくらい出ているのになぁ・・・・・
b0062024_2051248.jpg















オキノ耳山頂を踏まずに暗部からトラバース。
こういう自然の造形を見られるのが楽しい。

えびの尻尾
b0062024_20525420.jpg


b0062024_2058911.jpg














オキノ耳を過ぎるといつもと景色が違うのが楽しい。
トラバースはけっこう辛いけど、今日はアイゼンがよく利く。
b0062024_20592417.jpg


b0062024_20594152.jpg














稜線上を歩くと見れないんだけど、下部をトラバースするとこういう景色があちらこちらに見られるので、それが楽しいのだ。
b0062024_211246.jpg


b0062024_211361.jpg














一ノ倉岳、今日の最後の急登。
b0062024_2122834.jpg















えびの尻尾越しに尾瀬至仏山を望む。
b0062024_2133148.jpg














中腹から往路を振り返る。
b0062024_214668.jpg














10:30分、一ノ倉岳。
正面に茂倉岳。
今日はあのトップから滑る予定。
b0062024_2151991.jpg















茂倉岳トップから一ノ倉岳、オキノ耳、トマノ耳を振り返る。
b0062024_2161038.jpg















「チェック、チェック」
無線が入る。
その声は聞きなれた女性の声。
こっちからも「チェック、チェック」。

「今の声は誰ですか?」と返ってくる。
名前を明かして今立っている場所を言うと「あ・・・見えた、茂倉のトップに居るの見えますよ~」
武能の稜線上に彼女たち三名の姿もゴマ粒みたいに確認できた。

互いに安全に楽しみましょう!ということで彼女たち三名(女性一名、男性二名)は先にドロップしていった。

俺は、今日はここから落とすことにした。
一ノ倉岳側からよりも急斜面だけどこっちが好み。
b0062024_21112778.jpg















ちょっとのんびりし過ぎたかな・・・・・
11:36分ドロップイン。
雪は所々吹き溜まりもあって、そこはやわらかいんだが、概ね固い。
スピード上げながらも慎重に下る。

ノド手前から見上げる。
b0062024_21134158.jpg














ノド
b0062024_21141137.jpg















先行したライダーたちのラインが二本あるのみ。
時折緩み始めた雪塊が落ちてくる音以外はいたって静か。
右俣との合流点から見上げる。
b0062024_21154690.jpg














核心部「S字」より芝倉沢を見上げる。
b0062024_21165585.jpg















ここは雪崩の巣なので、状況がいつかわるか分からないけど今日は板を脱ぐことなく滑って通過できた。
ここにしては珍しいくらいだ。

国道291号線よりS字を見上げる。
b0062024_21183356.jpg














湯檜曽川沿いまで滑り降りてちょっとランチ。
休憩していたら突然現れた三人組から声をかけられてびっくり。
なんと常吉さんご一行ではないか。
今日は偶然が重なるなぁ。
山で会えて嬉しいお方である。

土合までご一緒させていただいた。(とはいっても俺は遅れてばっかりだけど)
b0062024_21223376.jpg
















土合に到着後、常吉さんご一行とは別れてベースプラザまで車を回収に・・・・・・・
この後はお決まりの「あしま園」で定番のコロッケ定職で腹を満たし、帰宅。
来週は滑りはできないので、今日こんな天気で滑れてストレス解消。
大満足の一日を終えた。


by sakusaku_fukafuka | 2017-04-02 21:24 | 2017 雪山三昧後期 | Comments(2)