カテゴリ:雪山三昧・前期( 26 )

雪山三昧

スキー場のネットを越えたらBC のエリア
準備に余念が無いバックパッカーたち
(写真の撮影日と記事の掲載日は異なります/撮影はコンパクトデジカメによる)
b0062024_22214744.jpg

上越の山々をバックに気持ちよいハイキング
Ishi & Non

b0062024_22231181.jpg

休日ともなるとオフピステはBCを楽しむバックパッカーたちで大賑わい
ピークというピークは蟻の行列を彷彿とさせる
人・・人・・人・・
数年前までは見られなかった光景だ

b0062024_22252487.jpg

b0062024_22254283.jpg

b0062024_22255141.jpg

苗場山北面と霞んで見える北アルプスの山並み
b0062024_2228491.jpg

そして鳥甲山とりかぶと
b0062024_22305750.jpg

苗場山と、ずらっと整列したモンスターたち
b0062024_22332696.jpg

雪庇を巻きながら神楽ケ峰へ向かう
b0062024_2236260.jpg

厳冬の苗場山
b0062024_22342392.jpg

b0062024_22363916.jpg

b0062024_22344285.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-29 22:41 | 雪山三昧・前期 | Comments(9)

雪山三昧

一山越えて、また一山・・・(コンデジ)
b0062024_1931444.jpg

野ウサギのトレースを使わせてもらってこの斜面をトラバース
b0062024_19283186.jpg

快晴の日は展望を楽しめる
見慣れた景色だが、いつ見ても美しい

b0062024_19302070.jpg

これを踏むと気持ちよい音がする・・・
サクサク・フカフカ・・・

b0062024_19324250.jpg

来たルートを振り返る
b0062024_19334028.jpg

ここにこれからルートを切り開く
b0062024_19351055.jpg

良く滑る△の斜面を振り返る
違った場所から見ると新たな感動がある

b0062024_19372236.jpg

b0062024_19374124.jpg

霧の塔
b0062024_19384128.jpg

十日町方面を俯瞰する
b0062024_19392098.jpg

雁ケ峰
b0062024_1940536.jpg

滑走するカールを眺める
気分が高まるとき・・・

b0062024_19413426.jpg

北の森
b0062024_1942962.jpg

仲間のライン
b0062024_19424389.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-25 19:48 | 雪山三昧・前期 | Comments(12)

雪山三昧

天候の回復を期待してこの日も登る(写真の撮影日と記事の掲載日は異なります)
b0062024_025898.jpg

視界も徐々に回復傾向
Rider : Izumi

b0062024_0302924.jpg

期待以上の雪質に気を良くして登り返し
最後の急登

b0062024_0332647.jpg

Tomo
b0062024_035518.jpg

豪快に飛ばす

Rider : Takao

b0062024_039422.jpg

Rider : Tomo
b0062024_044246.jpg

滑り終えたら、また登り返し
美しいシラビソの森のハイクは楽しい

b0062024_046972.jpg

急に落ち込んでいく一本木下の斜面は緊張感があって楽しい
Rider : 我輩
b0062024_0481846.jpg

大斜面を疾駆するのは爽快だ
Rider : 我輩

b0062024_0524965.jpg

雪質上々、粉雪が楽しい
Rider : 我輩

b0062024_0552653.jpg

粉雪スプレーが爽快!
Rider : George

b0062024_0591082.jpg

西日を受けて
自分たちの滑ったライン23本を眺めて悦に入る

b0062024_105284.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-18 01:04 | 雪山三昧・前期 | Comments(20)

雪山三昧

降っても晴れても雪山三昧

天気の悪い日もこんなのを楽しみながら、やはり登る
冬芽に咲いた雪の花

b0062024_2045246.jpg

コメツガの葉をすっかり覆ってしまった氷・・・
でも樹木にとっては、こうして雪や氷で覆われてしまった方が、これ以上寒風に晒されることも無いので、厳しい冬を越すにはこの方がいいのだろう

b0062024_20473761.jpg

落ちずに雪の季節を迎えたコメツガの「マツボックリ」
b0062024_20482878.jpg

降った翌日の始発ロープウェイはパウダーフリークでいっぱいだ
b0062024_20554445.jpg

視界の悪い斜面の滑走は凹凸が分からないので非常に滑りにくいが上質の粉雪だった

Rider : Hayashi (Telemark style)

b0062024_20584940.jpg

Rider : George
b0062024_20593951.jpg

ランチも終えて、さて誰から先に?・・・談合中
b0062024_211875.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-16 21:02 | 雪山三昧・前期 | Comments(11)

快晴・続きX2

カメラの準備ができたとGeorgeから無線が入り、カール状の大斜面へ飛び出す

Rider : 我輩 / 撮影:George

b0062024_2115074.jpg

b0062024_212382.jpg

b0062024_2121589.jpg

気持ちよい一枚バーンを滑る終えると、覚悟していたが藪の連続・・・
b0062024_2161868.jpg

藪の間を縫って、次のライダーが滑り出して万が一雪崩が発生しても安全が確保できる位置まで速やかに移動する
b0062024_2194292.jpg

安全な場所まで退避したシグナルを送ると二人目が斜面に飛び出す

Rider : Izumi

b0062024_2114018.jpg

b0062024_21141379.jpg

続いて後を追ってきたスキーヤーもそれに続く
Rider : Hasegawa

b0062024_21154121.jpg

b0062024_2116091.jpg

b0062024_21164621.jpg

今回、最も懸念していたのは、沢が埋まってなければ、それをどう渡るかだった・・・
所々口を開けているSe沢

b0062024_21185588.jpg

ここが安全に渡れるのには、まだ3m以上の積雪が必要だ
b0062024_2137067.jpg

一見埋まっているように見えても、うっかり乗ると沢へ落ちる。埋まっていない場所に足がかりを見つけるほうが無難である
b0062024_21203212.jpg

渡り終えると、一旦自分の荷物を置いて Izumi 嬢の助勢に戻る
b0062024_21215328.jpg

無事渡り終えて帰路につく
b0062024_21262878.jpg

この後は雪不足で覚悟していた延々二時間のスノーシューイングである・・・
視界の開けたところから滑った斜面を振り返る

b0062024_21295840.jpg

ハイシーズンなら滑れるところも、まだこんな藪だらけ・・・
藪の中をひたすら歩きます・・・

b0062024_21311249.jpg

気持ちよく三人のラインが刻まれた斜面・・・
四時間半のラッセルも悔いの無いくらい充実した一日だった

b0062024_21324623.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-11 21:47 | 雪山三昧・前期 | Comments(28)

快晴・続き

小ピーク、振り返って一息・・・(撮影は全てコンパクトデジカメ:クリックで拡大します)
b0062024_18314511.jpg

斜面中腹から振り返ると仲間が後を追ってくる
b0062024_18335839.jpg

自分の後を追ってくる仲間が我輩を撮った時、自分はこんなところを登っていた
b0062024_18391534.jpg

黒岩の平越しに眺める上越の山々
b0062024_1836580.jpg

稜線を行く我輩
b0062024_18413226.jpg

b0062024_18424128.jpg

黒岩の平
ドロップポイントももうすぐだ

b0062024_18441583.jpg

黒岩の平から振り返ると霧の塔の斜面が誘っているようだ
b0062024_18453824.jpg

ここを通り抜けたら稜線だ
b0062024_18473061.jpg

雪上の獣道
ウサギも一度通ったところが歩きやすいらしく、雪の上にも獣道ができていた

b0062024_18511543.jpg

無線が入る・・・Izumi 嬢がこちらに来るらしい・・・・・フォールラインを眺めたりしながら彼女を待つ
b0062024_18543853.jpg

西を見れば白さを増した苗場山が遠望できる
b0062024_1856222.jpg

彼女の足の速さは驚異的だ
いつも感心させられるが、連絡が入って間もなくやってきた

b0062024_18572043.jpg

ランチタイム
George が我々を撮影するためにトラバースラインに移動するまでの間にランチをとることにする
ギラギラと輝く太陽の下でのランチ、天候は良いがわりと気温は低い
この分ならランチをしても雪は緩まないだろう

b0062024_199054.jpg

コースファインディングを見るため、ドロップのポイントまで覗きにいく
b0062024_1910668.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-10 19:10 | 雪山三昧・前期 | Comments(13)

三俣の朝

三俣の朝
夕べは予報どおり快晴で星がまたたいていたが、今朝の天気は曇り、でもこれも予報どおり。
まったく降っていないのでゲレンデには Powder snow はまったく無しのはず・・・
田代のチャレンジを滑るか、
b0062024_716015.jpg
リセットされている裏のお山を目指そう

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-10 07:16 | 雪山三昧・前期 | Comments(2)

三俣発

大荒れに荒れた連休最後の夜、スキー客が帰った後の駐車場は静かだ。
車泊組の車が少しと、従業員の車が数台あるだけ・・・
雪は小降りになったかと思うと、また深々と降ってくる・・・
さて、明日の天気やいかに?・・・・・

b0062024_2110352.jpg

出先より32kモバイル通信にて、速度の遅いことこの上なし・・・皆様のブログにお邪魔するこ叶いませず、悪しからずご了承ください

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-08 21:13 | 雪山三昧・前期 | Comments(8)

快晴

やっぱり快晴は気持ち良い
快晴でも気温が低いこの日は、ダケカンバの樹氷もまだとけないでいる
(撮影は全てコンパクトデジカメ)
b0062024_9483731.jpg

青空をバックに登攀開始
b0062024_9504571.jpg

快晴の中尾根が美しい
b0062024_9513914.jpg

枯れ木にも花が咲く
b0062024_9524415.jpg

庭の森
b0062024_9541692.jpg

b0062024_9543184.jpg

神楽の庭、ニセ神楽ケ峰を望む
b0062024_9551497.jpg

降雪の翌日の快晴は雪景色を見るのが楽しみ
b0062024_958295.jpg

ここの稜線上は風が強いので、自然の造形美が楽しめるお気に入りの場所だ
b0062024_9592346.jpg

b0062024_1001077.jpg

エビの尻尾も発達する
b0062024_1013774.jpg

稜線を北側に下ると景色も様変わりする
b0062024_10185439.jpg

オオシラビソの森が美しい
b0062024_10193259.jpg

b0062024_10201041.jpg

自然の造形を楽しみながら雪上散歩は楽しい
b0062024_10215797.jpg

b0062024_10221391.jpg

とりあえずの目的地『雁ケ峰』の斜面が正面に見えてくる
b0062024_10233847.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-07 10:25 | 雪山三昧・前期 | Comments(18)

Bears forest

晴れたりガスったり、めまぐるしく天候が変化するなか、この日はBears forest へ向かうことに・・・・・(撮影はすべてコンパクトデジカメ)
b0062024_8513063.jpg

Telemark-style 三人と我輩 Snowboard 一人。
b0062024_8514457.jpg

このところまともに降っていないから、暮れのトレースが、まだそのまま残っていて歩くのには楽だ
笑顔も出ます

b0062024_8534056.jpg

西から雲が流れてくる
別ルートを登った仲間は霧の中だろう

b0062024_8561046.jpg

b0062024_8563665.jpg

中ノ芝のテラスを行く
このくらいの積雪だと、まだ夏の面影がある

b0062024_8584320.jpg

六日町方面を俯瞰
b0062024_901072.jpg

約一時間、上ノ芝
b0062024_904627.jpg

Bears forest に移動する頃はすっかりガスにまかれる
b0062024_921828.jpg

さて、どっちから行こうか・・・
雪不足でシラビソの森に行く手を塞がれる

b0062024_95443.jpg

藪の間を縫って!
Rider : Hasshi

b0062024_9175113.jpg

ガスっているとはいえ、まずまずの視界の中、登り返し
b0062024_9191342.jpg

濃い藪の中もまた楽しい?
Rider : Hayashi

b0062024_9201976.jpg

三箇日は過ぎたとはいえ、平日でも駐車場はほぼ満杯(画像の歪みはロープウェイのフードによる)
b0062024_9215261.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-01-06 09:22 | 雪山三昧・前期 | Comments(5)