カテゴリ:雪山三昧・中期( 12 )

雪崩

このところ多忙でブログの更新ができずにいたが、今日ようやくの更新。
先日、前半は快晴で気持ちよい雪山を楽しんだのであるが、後半、滑走直前に雪崩を起こしてしまった

斜面トップから見えない滑走面を確かめに、スノーシューのまま少し下ると
 ピシ! という不気味な音が足元で響き、ヤバイ!と思って踵を返した刹那、鈍い重低音の響きと共にカールの雪が雪崩れ落ちて行った。(クリックすると画像が拡大します)
b0062024_2212617.jpg

フワフワとしたイメージがある雪は振動が伝わりにくいと思うのであるが、人間の歩く振動で一気に雪崩れていく様を目の当たりにすると、降り積った雪に、重力に逆らって、いつ落ちても不思議ではないテンションが絶えずかかっていることを改めて思った
b0062024_2271111.jpg

立ち止まった自分の右足の50cm先にも亀裂が入り、、もう一歩左足を踏み出していたら、その亀裂からも雪崩れ落ち、おそらく自分も巻き込まれていただろう。
その亀裂に刺激を与えないように、静かにトップへ戻った。

b0062024_22111930.jpg

雪崩が起きたすぐ後なので、慎重に雪崩れの右側から巻いて滑る。

Rider : Takao

b0062024_22125433.jpg

望遠レンズのすごさに感動。
日白山のツアーに行ったジョージが撮影した写真。
ホコリのようにしか見えないが、雪崩れの左側をシンガリで滑る自分を捉えていた。

b0062024_22184936.jpg

スキー場に戻り、自分たちのラインと雪崩れの後を確認
b0062024_2221229.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-03-17 22:26 | 雪山三昧・中期 | Comments(12)

すっかり春山(3/4) 続き

小休止したら霧の塔からドロップイン。
気温が上がって滑りにくくなってはきたが、それでもけっこう楽しいバーンだ

Rider : Takao

b0062024_2115689.jpg

b0062024_21152428.jpg

視界良好気分最高

Rider : Tomo

b0062024_21173556.jpg

この辺りまで下るとだいぶ雪が重くなってきた

Rider : Takao

b0062024_21192343.jpg

Rider : Tomo
b0062024_21202122.jpg

三人でこの日刻んだライン
b0062024_2140824.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-03-11 21:42 | 雪山三昧・中期 | Comments(6)

すっかり春山(3/4) 続き

自分たちが引っ張っちゃったのだろうか?
続々と後からスノーボーダーやスキーヤーがやってくる・・・
この△の斜面は彼らにくれてやることにして、自分たちは更にその奥へ・・・

霧の塔を目指す

b0062024_21591927.jpg

10:44 am 霧の塔到着
雁ケ峰、中尾根、神楽ケ峰が遠くに見える

b0062024_2254629.jpg

バックパッカー達には嫌われ者のスノーモービルが日陰山の斜面で遊んでいる。
彼らが我々のエリアに入ってくると楽しみ方が違うので、雪上を走る凶器にもなるスノーモービルは非常に危険だ。
モビラーが居なかったらあの斜面を滑ろうと思ったのだが、止めた!・・・・・

b0062024_22102430.jpg

夏の日差しのようなこの日・・・・・

暑いわ!!

b0062024_22142633.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-03-08 22:17 | 雪山三昧・中期 | Comments(16)

すっかり春山(3/4)

何度まで気温が上がったのだろう?
この気温と雪質では滑りは楽しめないので、ハイキング気分で登る

b0062024_20421063.jpg

もうツボ足でもいいくらいの締まった雪
徐々に青空も見えてきて気分が良いが、汗も噴出す

b0062024_20443236.jpg

中尾根トップを目指しながら日白山を目指した仲間をコールすると、あと30分くらいで稜線にでるところだ、と連絡が入る
b0062024_20482918.jpg

ゲレンデのようにラインが入った南斜
もう静かな山歩きも終わりだな・・・

b0062024_20493872.jpg

山の木々を覆っていた雪はすっかり削げ落ち、例年の5月を思わせる景色になってきた
b0062024_2052327.jpg

出発してから約1時間20分、左手に苗場山を眺めながらこの日ののツアー最後の急登を登る
b0062024_20553913.jpg

お疲れ!!
雁ケ峰到着 10:28 分

b0062024_2058691.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-03-06 20:59 | 雪山三昧・中期 | Comments(20)

快晴!(続き)

天気が良いことはけっこうなことではあるが、木々がまとった雪が削げ落ちていくのも寂しいものだ
b0062024_21153372.jpg

自分たちのラインを左手に眺めながら登り返し
b0062024_21164637.jpg

登り返し
b0062024_21193063.jpg

この日はいったい何人がここを滑ったのであろう?
b0062024_21214158.jpg

天気が良いと気分もウキウキ
約一年ぶりに一緒に滑ったDave(Canada)と陽気なフランス人Vassili(右)

b0062024_21252452.jpg

要らない!要らないって!!要らないってば!!!・・・俺は下戸なんだ!
下戸ってイングリッシュでなんて言うの?nondrinker?

b0062024_2128769.jpg

ランチのあと、I沢につけた自分たちのライン
b0062024_21312192.jpg

3本目の準備を始めたTakao & Tomo
b0062024_21332849.jpg

もう一回やってもいいかな?っていうくらい気持ちよい雪だった北の森
b0062024_21342498.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-03-02 21:35 | 雪山三昧・中期 | Comments(12)

快晴!(続き)

けっこう滑り込まれているが、やっぱり日照時間の少ない北面はフワフワの深雪だ(2/25)
b0062024_21425979.jpg

お嬢さん! 先に行ってらっしゃい!
Alpen Style : Rie

b0062024_2155699.jpg

待ち合わせの仲間をテラスで待っている間、望遠レンズで引っ張ると、仲間が登って行く様子が見える
b0062024_2148563.jpg

遅れ馳せながら、我々もハイクの準備
b0062024_21564121.jpg

快晴の青空を見上げながら、我々も登攀開始
b0062024_21572943.jpg

上越の山々をバックに汗を流す
b0062024_21581881.jpg

稜線も間近、天気が良いと顔もほころぶ・・・Dave
b0062024_2202836.jpg

中尾根トップより、神楽ケ峰遠望
日当たりの良い斜面はクラストしていそうなのが分かる

b0062024_228428.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-02-28 22:10 | 雪山三昧・中期 | Comments(4)

快晴!

久しぶりの快晴! 雲一つ無い青空、やっぱり晴れると気分が良い(2/25)
b0062024_22363879.jpg


この日は約一年ぶりに再会する友人と待ち合わせ。
どのエリアに登ろうか、待っている間に決めよう。
小ピークもリセットされたようだ。

b0062024_2239834.jpg

気温はそうとう低い、樹氷が木々を白く染める
b0062024_22432798.jpg

中尾根もリセットされたようだ
b0062024_22435210.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-02-26 22:44 | 雪山三昧・中期 | Comments(16)

雪山賛歌

・・・続き
スケールの大きいカールを滑った後はゲレンデに戻る前にここの雪庇から飛び出してこの日の仕上げ

Rider : 我輩

b0062024_20334755.jpg


苗場山遠望
b0062024_20364424.jpg


黒岩の平
b0062024_20383315.jpg

b0062024_20384343.jpg

霧の塔方面を遠望
b0062024_20393567.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-02-12 20:40 | 雪山三昧・中期 | Comments(16)

雪山賛歌

・・・続き

ランチの後は雄大な斜面へドロップ・イン

Rider : 我輩

b0062024_2157451.jpg

快晴のわりには雪が緩まず、気持ちよかった斜面
b0062024_2159426.jpg

b0062024_21591510.jpg

蒼い森
b0062024_2221226.jpg

更に奥へ
b0062024_2224758.jpg

雁ケ峰
b0062024_2231873.jpg

樹氷
b0062024_2233995.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-02-09 22:05 | 雪山三昧・中期 | Comments(12)

雪山賛歌

1/28 の続き・・・・・
北のボールを滑る
Rider : George
(クリックで拡大します)
b0062024_21244345.jpg

この日も遠出
北を一本滑って、この日のメインのバーンへ向かう

b0062024_21155040.jpg

快晴の稜線は気持ちよい
我輩、George、Izumi 嬢の三人でランチを楽しみながら、スキーヤーの Morito 氏の到着を待つ

b0062024_21182669.jpg

BC で最も怖いのは雪崩・・・滑り出し前の Compression test で雪の層を調べる George
b0062024_21332692.jpg

b0062024_21333987.jpg

稜線のトップから見えない斜面の状態を無線で知らせる
b0062024_21365044.jpg

静寂に包まれた北の森
b0062024_21383032.jpg

b0062024_21445313.jpg

b0062024_21452717.jpg

b0062024_2146733.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-02-06 21:58 | 雪山三昧・中期 | Comments(16)