苗場山遠足 (5/26) Ⅱ

やはり神楽ケ峰付近から見る苗場山が最も雄大に見えるかもしれない。
五月の連休に苗場山を滑ったのが嘘のように地肌を表した苗場山。

b0062024_1815586.jpg



こちら側には雪が吹き溜まるようで、まだ豊富な積雪だ。
下りは楽! 一気に駆け下りる。(Photo : George)

b0062024_1831581.jpg



さて、何の花だろう?色々調べたのであるがさっぱり分からない。
イチリンソウかと思ったが、あまりにも小さい。

b0062024_1851225.jpg

b0062024_1852495.jpg



なるべく雪の上を選んで歩く
b0062024_1862262.jpg



これはナエバキスミレだろう。
鞍部の陽だまりに盛んに咲いていた。

b0062024_187305.jpg

b0062024_1874314.jpg



さぁ・・・ここから急登の始まりだ。
いささか苦しいが約20分の我慢。

b0062024_1892238.jpg



後続の Ishi & Non ちゃん。
ん? Non ちゃん、穴に落ちた?
この時期はうっかりすると雪解けの落とし穴がある。気をつけないと・・・

b0062024_1811448.jpg



急登を登りきるとだだっ広い苗場山上に着く。この時期だけの特権で何処を歩いてもいい。
b0062024_181330100.jpg



雪が解けたとはいえ、まだまだ雪に埋もれている遊仙閣。
お尻が温かいので遊仙閣さんには申し訳ないが、屋根にお尻をついてランチタイムとする。

b0062024_18153990.jpg

b0062024_18155732.jpg



無雪期には人の背丈ほどある道標を囲んで記念撮影
b0062024_18174344.jpg



ランチを済ませたら、妖しくなった空に追われるように下山開始。
スキーもスノーボードも神楽ケ峰に置いてきたので楽チンハイク。

b0062024_1819825.jpg



いつもは滑っている仲間と、こんなハイキングも楽しいね~~
b0062024_18201388.jpg



眼下にスキー&スノーボードをデポしてきた神楽ケ峰が見える
b0062024_18211444.jpg



いよいよ鞍部目指して下ります。
下りは慎重に・・・・・

b0062024_18224827.jpg

b0062024_1823152.jpg



良いタイミングで山頂を後にした。
見る見るガスに覆われていく苗場山。

b0062024_18253680.jpg



雷清水で喉を潤し、しばし休憩。
もうクタクタ・・・・・・ズボンも雪解け泥水でドロドロだし・・・・

b0062024_1826567.jpg



神楽ケ峰へ戻る最後の登り。
これを登りきればあとは滑って下るだけだ。

b0062024_1828194.jpg



後ろからガスが追い立ててくる。
もうニセ神楽ケ峰もすぐ。

b0062024_18293366.jpg



ここからは滑って降りるのであるが、もう滑るというよりも、ただ下るための手段である。
b0062024_18303345.jpg



あっちに行ったり、こっちに行ったり、滑れる場所を選びながら、ようやく雪の終わる場所まで下った・・・・疲れた・・・
b0062024_1832195.jpg



この向こうはスキー場のエリア。
苗場山遠足もここでおしまい・・・・・・・



連休の苗場山滑降を仲間が神楽ケ峰付近から撮っていてくれた。

Rieder : 我輩


苗場山上に到着。(Photo : Sugita)

b0062024_18352686.jpg



Drop in
b0062024_1837169.jpg

b0062024_1837294.jpg

b0062024_1837404.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-05 18:44 | 雪山三昧・春 | Comments(15)

苗場山遠足 (5/26)

この日で一応今シーズンは滑り納め。
といってもあまり滑る気は起こらない。
かぐらスキー場も明日5/27日をもって終了。

とりあえず天気も良さそうなので、皆で苗場山まで遠足をしようということになった。

かぐらは新緑真っ只中。
リフトに乗っていても春風が気持ちよい。

b0062024_184705.jpg



もう山に雪はほとんど無い。
b0062024_1850585.jpg



スノーボードブーツが濡れないようにスノーシューを履いて歩くので雪があったほうが歩きやすい。
残雪のあるルートを見に行った George

b0062024_18531918.jpg



ショウジョウバカマが咲き始めた
b0062024_18544043.jpg




フキノトウもスクスクと育って青空に映える
b0062024_18555265.jpg



所々露出している夏道は雪解け水で小川になっている
b0062024_18571523.jpg




歩くルートを選ぶのが困難なくらい雪解けが進んできた
b0062024_1904018.jpg



道標が姿を現した。
雪解けの進んだことを実感する。

b0062024_1915370.jpg



中ノ芝のテラスも雪の下から姿を現した。
雪の重みで倒れ掛かったり落ちたり・・・

b0062024_1933088.jpg



はるか雪の下だったシラビソの木も鬱蒼としてきた
b0062024_1944620.jpg



11:00am ニセ神楽ケ峰到着。
スノーボードはここに置いて、バックパックだけを背負って苗場山を目指す

b0062024_1962276.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-03 19:30 | 雪山三昧・春 | Comments(8)

苗場山滑降・続き

あまり時間的な余裕が無いので、ランチを済ませたらさっそくドロップ・イン。
ここを滑るのは、自分はこの日で三日目、三日目でもやっぱりこの狭くなった「ノド」の通過はちょっと怖い。(Photo : George)

Rider : 我輩

b0062024_19113374.jpg

b0062024_19115939.jpg

三日目のこの日はデブリに乗り上げて大転倒をしたが、なんとか滑り降りた。
ちょっとスリリングないい斜面だ。

b0062024_19133088.jpg



続いてIzumi 嬢
b0062024_19145355.jpg



しんがり、George
b0062024_19152719.jpg



沢のボトムまで滑り降りて滑走終了
b0062024_1916316.jpg



デブリの宝庫?・・・・・・雪の安定しているこの時期だからこそ降りられるボトム。
b0062024_19174644.jpg



滑り降りたら急登の登り返しが待っているのがここのウリ?
b0062024_19185179.jpg



けっこう、ここの登りがきついのである・・・
b0062024_1920088.jpg



b0062024_19202873.jpg



急登の登り返しが終わったら、まだ神楽ケ峰まで戻る夏道が待っている・・・これもここの「ウリ」かなぁ?・・・
夏道は午後になるとこのとおり・・・・雪解け水がドットと流れてる。
b0062024_19251084.jpg





雷清水で水分補給

b0062024_19234399.jpg

b0062024_19235980.jpg



別行動を取っていた仲間と神楽ケ峰で合流。
この日の苗場山滑走を終えた。

b0062024_19515073.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-05-28 19:53 | 雪山三昧・春 | Comments(14)

苗場山滑降

GWの後半は久しぶりに苗場山をやった。
神楽エリアも、春になって第五ロマンスが動き出してからというもの、BCは誰でも簡単に入れるエリアと化して、ゲレンデと同様、まったく滑る気をなくすほどの混みよう。
こうなると静かなところを滑るには遠くへ行くしかない、ということで久々に苗場山に行くことにした。
3日4日は単独、5日は Izumi & George を交えて三人で行くことになった。


せっかく第5が動いているので、これを利用してラクラクハイク。
といってもコレを使うとけっこう出発時間が遅くなってしまうのが難点。
神楽ケ峰から苗場山の鞍部へドロップインする頃は10時を回ってしまう。(Photo : George)

b0062024_2310249.jpg




夏のお花畑付近を苗場山へ向かう
b0062024_23143312.jpg




地肌も大分出てきて、ぬかるんだ登山道は歩きにくい。
b0062024_23494398.jpg




やっぱりスノーボードブーツを履いて歩くのは雪があったほうがいい。
b0062024_23173166.jpg




ここは苗場山登頂には最もイヤな場所だ。
b0062024_2320185.jpg

b0062024_2321796.jpg

b0062024_23215983.jpg

b0062024_23262135.jpg




高度感があっていや~~な所が二箇所ある
b0062024_23271853.jpg




ここを登りきれば山上に着く。
b0062024_23285784.jpg




ニセ神楽ケ峰から遠望した苗場山

b0062024_23304972.jpg

b0062024_23311210.jpg




山上はとにかく広い。
何処を歩いても自由なのは雪のお陰・・・

b0062024_2332188.jpg




屋根だけが雪の上に出ている遊仙閣。
ここでランチ、お腹ぺこぺこだ・・・

b0062024_23373443.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-05-26 23:39 | 雪山三昧・春 | Comments(2)

尾瀬至仏山単独・森の住人

食後はこれがおいしい。
山頂は動かないでいるとけっこう寒いので紅茶で身体を温める。

b0062024_19124270.jpg

至仏山の大斜面を下るとシラビソの樹林帯を移動する。
b0062024_19133225.jpg

重い雪の上をツリーを避けながら滑降
b0062024_19142031.jpg

ここに人知れずひっそりと咲くミズバショウに出会うのが毎年の楽しみ。
暖冬とはいえ、まだまだ花期には早いようだ。

b0062024_19155562.jpg

14:25pm 滑り終え、誰も居ない鳩待峠到着。
b0062024_19164830.jpg

これは朝方の写真だが、鳩待峠へ向かって自転車を押しているとこんな森の住人を見つけた。

テンはイタチ科の哺乳類。
夜行性なのでこんな時間に見かけるのは珍しいだろう。

b0062024_19202634.jpg

?・・・人間発見
b0062024_1921735.jpg

なかなかこちらを向いてくれないので、少々音を立てたらようやく振り向いてくれた
b0062024_19224043.jpg

b0062024_1923749.jpg

b0062024_19232519.jpg

人間がいたんじゃちょっとまずいな?
あれよあれよという間に何処へか走り去っていった。

by sakusaku_fukafuka | 2007-04-22 19:26 | 雪山三昧・春 | Comments(16)

尾瀬至仏山単独(4/13)

5:30am 戸倉の道路傍に車を止めると鳩待峠へ向かって出発。
戸倉ではまだゲートが下りたまま・・・
一般車両に開放される20日に向けて除雪が進む道路を自転車を押して鳩待峠へ。

b0062024_18575180.jpg

笠科川沿いに除雪された道路を行く。
笠科川を雪解け水が音を立てて流れる。

b0062024_191116.jpg

春とはいえ、上流へ向かうごとに雪深さを増す。
b0062024_1925621.jpg

戸倉を出て約一時間半、津奈木沢の分技に到着。
ここから鳩待峠までは急登の連続だ。

b0062024_196580.jpg

下は路面が雨で濡れていたが、昨夜はこの辺りからは雪になったようだ。
b0062024_197811.jpg

急登に喘ぎながら約二時間半、鳩待峠到着。
自分を除けば人っ子一人居ない鳩待峠を8;00に出発。
独りなのでのんびりハイク、11:14分、小至仏山の東斜面をトラバース。
あまり良い天気とはいえないが、景色を眺めながら山頂へ・・・

b0062024_1911091.jpg

右手には残雪の残る尾瀬ヶ原。
b0062024_19115246.jpg

目前に至仏山。
あと30分も歩けば山頂。

b0062024_19124583.jpg

11:50am 至仏山頂到着。
b0062024_19133677.jpg

b0062024_1913515.jpg

後から登ってくる人影もまったく無し。
雄大な至仏山を独り占め・・・なんでもないことなんだけど、なんかだか気持ちよい。

by sakusaku_fukafuka | 2007-04-21 19:16 | 雪山三昧・春 | Comments(12)