南岳の朝 Ⅱ

北西には昨日発った双六岳やその周辺の山々が見えて、あそこから歩いてきたのかと思うと感慨も一入だ。
b0062024_737267.jpg

b0062024_7373866.jpg



笠ヶ岳に南岳の影がかかる
b0062024_7395675.jpg



撮影に余念が無い登山者たち
b0062024_7402261.jpg



これから下山するt新穂高温泉の辺りは雲海の下だ
b0062024_7411238.jpg



南岳小屋に朝日が射し始める。
テント撤収だ。

b0062024_7415411.jpg




昨日中岳で調達してきた水を沸かして、撮影前にお湯を満たしておいたアルファ米が出来上がっているので、急いで食し、テントを撤収して出発。
槍平を目指す。
6:22 出発

b0062024_745254.jpg



槍ヶ岳と中岳を右手に見ながら下山・・・
南岳新道を下る

b0062024_7462686.jpg



いずみちゃんが言っていたが、けっこうな急斜面。
下るに連れて勾配を増してくる登山道。

b0062024_7473625.jpg



穂高連峰の眺めが美しい
b0062024_7521889.jpg

b0062024_7523124.jpg



慎重に下らないと・・・・・・足場の悪いガレ場
b0062024_7531240.jpg



まだ標高はこんなもんです
b0062024_7534818.jpg



視線を上げると昨日歩いた山並み
b0062024_7545127.jpg

b0062024_75547.jpg




下山途中で「雷鳥」の親子と遭遇
b0062024_7565549.jpg

b0062024_7571346.jpg

b0062024_7573024.jpg

b0062024_7574999.jpg

b0062024_758585.jpg



日陰にそっと咲くアオノツガザクラ
b0062024_7584253.jpg



痩せ尾根、ここからしばらくは緊張を強いられる
b0062024_7592612.jpg



片側に岩場でもあると気が楽だと「いずみ」ちゃんも言っていたけど、両サイドに何も無いというのは不安感を煽られる・・・
b0062024_811014.jpg



急、狭い、荒れてる・・・・・前を行くのは親子だが、この子も時々ハイマツの根っこに躓いて転んではお父さんに怒られていた
b0062024_833012.jpg



急坂の連続・・・
b0062024_841573.jpg

b0062024_843928.jpg



こんな場所でも花は咲いているのである
トウヤクリンドウ

b0062024_853242.jpg



この急登を登って来る登山者と行き会う。
穂高連峰の景色を見られるのはこのあたりが最後だと・・・・・
あとは延々とシラビソの樹林帯が続く、長く辛い下山だ。

b0062024_871791.jpg



いよいよ樹林帯に突入。それでも、さっきの所から400m下った
b0062024_875511.jpg



眼下に槍平のテン場が見える
b0062024_885277.jpg



いずみちゃんが、この登山道を「上越の山を思い出した」と言っていたが、白毛門を思わせるような荒れた登山道
b0062024_8102545.jpg



しかし、ここを整備した関係者の苦労が偲ばれる・・・
感謝しなければ・・・・

b0062024_811154.jpg



下っても、下っても同じような景色が延々と・・・・
b0062024_813097.jpg

b0062024_8132542.jpg



南岳を発って2時間半ほどで漸く南沢に出た。
雪渓から涼しい風が吹いてくる。 槍平ももうすぐだ・・・

b0062024_833253.jpg

b0062024_8335140.jpg



9:05 槍平小屋到着
b0062024_835232.jpg



9:23 小休止して槍平を発つ
b0062024_8363413.jpg



登山道脇に綺麗なトリカブト
b0062024_8382335.jpg



シモツケソウ  バラ科シモツケソウ属
b0062024_8393126.jpg



30分ほど歩くと藤木レリーフのところにある水場で水を補給。
うまい水だ。

b0062024_8412093.jpg



滝谷
滝谷の滝も見える

b0062024_8425641.jpg



漸く林道にでると歩行も快適・・・
振り返ると奥丸山だろうか・・・

b0062024_8443695.jpg



12:24 南岳を発って約6時間、ようやく車に到着。
駐車禁止の奥の草むらに止めてあるのでいささか心配だったが、何事もなく一安心。
三日間の縦走が終わった。

b0062024_8472230.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-09-01 08:47 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(10)

南岳の朝

3:00 am 起床。
眠気眼を擦りながら、北穂高岳を望むビューポイントに三脚をセットする。
4時前に北穂高小屋に灯りが灯る。朝食の準備が始まるのだろう。

b0062024_1758029.jpg



夜も白んでくると遠くに富士山
b0062024_17593817.jpg



常念岳の左から北アルプス三日目の御来光
b0062024_1805115.jpg



穂高連峰と大キレットを朝日が染めていく
b0062024_184434.jpg

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_18114017.jpg


昨年この長谷川ピークで滑落事故があったが、今年も、11日に大キレット長谷川ピーク付近で一人、北穂高岳東稜で一人滑落事故があった。
共に脳挫傷で死亡。
80リットルのザックを背負って、ここを明日通過する従兄弟のことが少々気がかりだった。

b0062024_1845841.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-30 18:19 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(10)

さらに南岳へ  (第二日目)

漸く槍ヶ岳に着いてホっとしたら腹が減った。
昼飯は槍ヶ岳の食堂で食べる予定だったので何も用意していない。
行列が出来ていたが、グーグーなる腹をなだめながら?順番を待つ。

従兄弟は槍の穂先に登ったことが無いということで、ザックを小屋にデポして登りに行った。
自分は以前登っているし、この混雑振りを見たら、とても登る気になれないので止めた。
食事をとりながら彼の下ってくるのを待とう・・・

腹が減っている割には、あまり美味しくなかったカレーライスとラーメン。
やっぱり北穂高小屋の食事の美味しさには叶わないなぁ・・・

b0062024_12261478.jpg



槍ヶ岳へ登る登山者たちの行列・・・・・・
b0062024_12295667.jpg

b0062024_12301374.jpg



今年の4月28日の槍ヶ岳。猛吹雪だった・・・・
b0062024_12383685.jpg




美しい! 小屋の前で見かけたミヤマオダマキ
b0062024_1241586.jpg




槍沢を俯瞰、ここを4月に滑ったのが懐かしい。
b0062024_12433155.jpg



今年の4月29日の槍沢。
殺生フュッテも、まだ大半が雪に埋まったままだ。

b0062024_12443167.jpg



槍ヶ岳の大槍の混雑はそうとうなもので、まだ登った従兄弟は降りてこない・・・・・・
南岳の方を見ると、なんだか雲行きが怪しい・・・
今日はまだ南岳へのトレッキングが待っている。
この稜線で雷でも来たら恐ろしいことになる。
従兄弟は殺生で一泊の予定、握手をして再会を誓って別れようと思っていたが先が急がれる。ザックを背負い、望遠レンズで従兄弟を探すと、まだ中腹より上に居る・・・
大げさなジェスチャーで手を振るとこちらが分かったらしく手を振っている。
「俺は出発するよ!」と身振り手振りで知らせると、後ろ髪を引かれる思いで南岳に向かって槍ヶ岳を後にする。

槍ヶ岳のテント場から見た大喰岳。

b0062024_12511622.jpg



今年の4月29日の、ほぼ同じ場所から。
b0062024_12521212.jpg



大喰岳から槍を振り返る。
b0062024_12525810.jpg



今年の4月
b0062024_12532547.jpg



大喰岳カール。
ダイナミックなこの斜面を滑った思い出が走馬灯のように蘇る。

b0062024_12545673.jpg



4月に滑ったとき
b0062024_12552942.jpg



大喰岳より中岳と南岳への稜線を望む
b0062024_12563141.jpg



ヨツバシオガマ
b0062024_125734.jpg



中岳への登り
b0062024_12574629.jpg



つい、滑ることを考えてしまう。
ここも滑るのには良い斜面だ

b0062024_1258416.jpg



中岳中腹から槍を振り返る
b0062024_12593936.jpg



ココを登ったら中岳の山頂。下れば美味しい雪解け水が飲める。
b0062024_1302729.jpg



14:48 中岳山頂
b0062024_1313444.jpg



下を見下ろすと中岳の水場が見えてきた。
ここの雪解け水は美味しい・・・

b0062024_13114673.jpg



喉が痛いくらい冷たくて美味しい。
唯一稜線沿いにある水場だ。
今夜と明日の調理用に1リットル、槍平までの下山時に飲む飲料用に2リットルを準備する。

b0062024_13132149.jpg



槍沢のグリーンバンドと大曲付近を俯瞰
b0062024_1315239.jpg



奥に南岳が見えてくる。重いザックが辛いがもう直ぐだ。
b0062024_1316431.jpg



中岳、大喰岳、槍ヶ岳を振り返る
b0062024_13171233.jpg

b0062024_13194398.jpg



天候も大丈夫のようで安心した。
南岳ももうすぐ・・・(奥)

b0062024_13213190.jpg



4月に滑った横尾尾根と、天狗原を俯瞰
b0062024_13224462.jpg



16:11 天狗原分技
b0062024_13233818.jpg



分技を過ぎると、飛騨側へキレ落ちている。
b0062024_13243711.jpg



稜線の鞍部越しに北穂高岳も見えて、そろそろ今日のトレッキングも終盤が近づいてことになる。
b0062024_1345494.jpg



北穂高岳と北穂高岳小屋
b0062024_13272239.jpg



16:34 今朝双六を発って9時間、 南岳到着。
このザックを背負っての9時間は長かった・・・・・・

b0062024_13281634.jpg



南岳を下り始めると、南岳小屋と大キレットが見えてくる。
昨年歩いた懐かしさがこみ上げてくる。
感慨一入。

b0062024_13294860.jpg



アーベンロートに染まる南岳小屋とテント場
b0062024_13324314.jpg

b0062024_13493442.jpg



南岳からの夕焼け
b0062024_13332354.jpg

b0062024_13333594.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-29 13:50 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(11)

どんどん近づく槍ヶ岳 #2 (第二日目)

さらに迫り来る槍ヶ岳
b0062024_4382448.jpg



足元にはチシマギキョウ
b0062024_439518.jpg



穂高連峰
b0062024_4395184.jpg



イワオウギ
b0062024_4405169.jpg



ウサギギク、タカネナデシコ、イワオウギが混生している
b0062024_442867.jpg



タカネシオガマ
b0062024_4424194.jpg



槍がこんな形で見られるうちに記念撮影
b0062024_4433324.jpg



この辺りから千丈沢乗越になるのだろうか、少しずつ登山道も険しさを増してくる
b0062024_4481714.jpg



高度間のある鎖場の通過
b0062024_4533565.jpg



アップダウンの繰り返し
b0062024_4541822.jpg



鎖場、荷物で膨らんでいる80リットルのザックは気をつけないと危ない
b0062024_456332.jpg



一歩一歩足を前に出すだけ・・・牛の行軍だ
b0062024_4571168.jpg



双六方面を振り返る
b0062024_4582134.jpg



足場の悪いガレ場が続く
b0062024_501330.jpg



千丈沢乗越
b0062024_505647.jpg



飛騨沢からの合流点から槍を見上げると、今までとはまったく姿形を変えている
b0062024_53459.jpg



ここから急登の始まり・・・最後にきついのが待っている
b0062024_55483.jpg



大喰岳を見上げる。
ここのカールも是非滑りたいものだ。

b0062024_582582.jpg



この急登はきつい・・・ザックが肩に食い込んでくるようだ
b0062024_594728.jpg



一見小槍かと思ったけど、違いました・・・
b0062024_511064.jpg



山美人発見! 小さいお子さんとお父さんお母さん、ご主人、家族総出で登山をしていた家族に行き会った。 とても 3△ 才とは思えない素敵な奥様でした・・・
b0062024_5142457.jpg



そうこうしているうちに槍の直下
b0062024_5152672.jpg



12:23 pm 約5時間、槍ヶ岳山荘到着。
b0062024_5171638.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-28 05:17 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(16)

どんどん近づく槍ヶ岳 #1 (第二日目)

7:20 am 双六を出発、いよいよ西鎌尾根経由で槍ヶ岳だ。
まずは、樅沢岳だ。
三俣蓮華岳、鷲羽岳遠望。

b0062024_6112590.jpg



樅沢岳の稜線から笠ケ岳を望む。
b0062024_6123824.jpg



ミヤマトリカブトだろうか、トリカブトは自分のような素人には固定が難しい・・・
b0062024_6151159.jpg



これから歩く西鎌尾根が見渡せる。
b0062024_6155493.jpg



アップダウンの繰り返しが延々と続くが、快晴の稜線歩きは気持ちよい
b0062024_6164870.jpg

b0062024_617456.jpg



チシマギキョウ
b0062024_619055.jpg

b0062024_6191892.jpg



どんどん近づく槍ヶ岳
b0062024_6195215.jpg



イブキジャコウソウ
b0062024_6204736.jpg



ミヤマトリカブト
b0062024_6213586.jpg



鷲羽岳、そしてその右奥に野口五郎岳。
b0062024_6254522.jpg



ハクサンフウロ
b0062024_6264738.jpg



双六を発って約2時間半、槍ヶ岳もずいぶん近くなってきた。
b0062024_6282940.jpg



赤岳と硫黄尾根
b0062024_6301982.jpg



笠、抜戸も少しずつ形を変えてくる。
槍平小屋の赤い屋根が稜線の何処からも見える。

b0062024_6315390.jpg



双六岳を振り返る。
あそこから歩いてきたんだ・・・と感慨も沸くくらい遠くなった。

b0062024_6333734.jpg

b0062024_6364575.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-25 06:37 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(14)

二日目 双六の朝 #2

黒部五郎岳
従兄弟になかなか良い山だ、と言われたが、双六から見ると、本当に素晴しい。
いつか三俣蓮華岳経由で歩いてみたい。

b0062024_6341540.jpg



鷲羽岳・水晶岳・立山~剱岳
b0062024_6401694.jpg

b0062024_14512011.jpg



シルエットの穂高連峰
b0062024_6441439.jpg



笠ケ岳(奥)・抜戸岳
b0062024_6453927.jpg



双六岳山頂にて
b0062024_6465670.jpg



ご来光を仰いだらテント場へ戻る。
今日は槍ヶ岳を経由して南岳まで行く予定・・・
のんびりしている間は無い。
おおらかな双六の稜線は気持ちよい。

b0062024_650451.jpg



テント撤収。
双六を後にしてこれから向かうのは西鎌尾根。
終盤に槍ヶ岳への急登が待っている。

b0062024_6513697.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-24 06:53 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(8)

二日目 双六の朝 #1

三時半に従兄弟と待ち合わせ。
ヘッドランプ頼りに双六岳山頂を目指す。
一時間かからずに山頂に到着。すでに登山者がカメラを構えていた。

オレンジ色に染まり始めた空をバックにシルエットの山並み。どこら辺りになるのだろう・・・

b0062024_17545940.jpg



5:01 am 御来光
b0062024_17562596.jpg



朝日と槍ヶ岳
b0062024_1757138.jpg



幾度と無く雑誌で見た双六の稜線と槍ヶ岳
b0062024_17581024.jpg



雲に覆われているのは木曽の御嶽山だろうか?双六の影が伸びる
b0062024_1811768.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-22 18:12 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(14)

新穂高温泉~双六岳~槍ヶ岳~南岳ループ縦走(8/12~8/14) 新穂高温泉~双六岳へ #2

休憩をとったらまた「双六」を目指す。
目の前には明日歩く樅沢岳から始まる西鎌尾根が連なる。

b0062024_20215560.jpg



鏡平小屋を過ぎると回り込むように急登が始まる。
b0062024_20225913.jpg



タテヤマリンドウ
b0062024_20253332.jpg

b0062024_20254621.jpg



シナノキンバイ
b0062024_2028283.jpg



一時間15分ほどで笠ケ岳分技に到着、多少のアップダウンはあるが、これから双六までは稜線歩きだ。
b0062024_20312095.jpg



先ほど発った鏡平と槍ヶ岳を遠望。
b0062024_20322660.jpg



ヤマハハコ
高山植物を楽しみながら気持ちよい稜線歩き。

b0062024_2034548.jpg



振り返ると抜戸岳
b0062024_20364547.jpg




前方には気持ちよい稜線が続く
b0062024_20374543.jpg



左手には双六岳も見えてくる
b0062024_20382482.jpg



ハクサンイチゲと槍ヶ岳
b0062024_20434596.jpg



ここは花見平。
高山植物が咲き乱れている。

b0062024_2045476.jpg

b0062024_2047355.jpg



双六岳と樅沢岳の鞍部に鷲羽岳も見えて来る。
双六のテント場も、もうすぐだ。

b0062024_20484832.jpg



砂浴びをする雷鳥の親子。
b0062024_20502886.jpg



1mくらいまで近寄っても、まったく逃げる様子を見せない雷鳥
b0062024_20511239.jpg



ようやく双六小屋とテント場が見えてきた。
中央奥は鷲羽岳。

b0062024_20523312.jpg



ミヤマトリカブトかな?・・・・
b0062024_2057582.jpg



槍ヶ岳へ連なる西鎌尾根。
明日あれを歩くのかと思うと気持ちが高まってくる。

b0062024_20581055.jpg



双六小屋のテント場。
まだテントもまばらだ。

b0062024_20594399.jpg



テント設営。
ようやく重い荷物を下ろしてテントを張る。
あとは寛いで寝るだけだ。

b0062024_2120533.jpg



まだ12時半、なにもすることはないので双六小屋の廻りを散策。鷲羽岳が間近だ。
b0062024_21224044.jpg



テント場の向こうに笠ケ岳も見える。
b0062024_21233671.jpg



双六小屋全景
b0062024_21241481.jpg



この日、予想もしなかった、大事件?が怒るのであるが・・・・・
テントも張り終わり、周辺を散策していると向こうから見たことがあるような背格好の男が歩いてくるのである。
「でも、まさか、こんなところに居るはずないよな?」
「きっと人違いだろう」
自問自答しながらその男が近づくのを待つと、間違いない・・・・なんと、従兄弟である。
恐る恐る声をかけると向こうもびっくり・・・
「なんでこんな所にいるんだい?」

ここが街中ならいざ知らず、こんな北アルプスの山の奥で、まさか従兄弟と偶然出会うとは驚きである。
山奥ののどかなひと時を、久しぶりに会った従兄弟と懐かしい話ができた。

明日、従兄弟と双六岳に一緒に登る約束をしてそれぞれのテントに戻った。

b0062024_21341226.jpg



従兄弟と別れた後、我輩は槍ヶ岳の写真を撮りたくて、抜戸岳への稜線までカメラと三脚を持ってでかける。

夕陽を受けた槍ヶ岳。

b0062024_21362423.jpg



すっかり陽も沈み、夜の帳が下りようとする頃
b0062024_21372667.jpg



穂高連峰
b0062024_21375625.jpg

b0062024_2156063.jpg


結局、夜露にレンズを濡らされ、夕刻の良い写真は撮れなかっが、今年も北アルプスで《さそり座》を見ることが出来た
b0062024_21442285.jpg

b0062024_21443364.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-21 21:56 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(7)

新穂高温泉~双六岳~槍ヶ岳~南岳ループ縦走(8/12~8/14) 新穂高温泉~双六岳へ #1

深夜、新穂高温泉の無料駐車場へ着くも、駐車場はすでに満杯。
一台停められるスペースがあればどんなに窮屈でも隙間無く車が停めてある。
有料駐車場は一日¥2,000・・・・・
沢渡は一日500円であるから良心的だが、ここ、新穂高の有料駐車場はあまりにも高額だ。意地でも空き地を探そうとあちこち走り回る。
やっとのことでスペースを見つけ、駐車禁止のカラーコーンをどかして、草むらに車を頭から突っ込む。
ま、多少の不安はあるが、これでいいだろう。

バックパックの確認をして、仮眠をとる間もなくヘッドランプ頼りに登山口へ向かう。

4:10am いざ、双六へ・・・・・

4:48am 笠ケ岳への取り付きにある水場で水分補給。

b0062024_11313856.jpg

b0062024_11315122.jpg



5:00am ワサビ平小屋通過。
登山者が大勢準備を始めている。

b0062024_11413243.jpg



大ノマ岳だろうか、朝日が照らし始め、沢筋もようやく明るくなってきた。
b0062024_11431627.jpg



ここから徐々に登りになる。
今日も朝から晴れて気持ちよいハイキングになりそうだ。

b0062024_11445674.jpg

b0062024_11452261.jpg




見上げれば右手に槍ヶ岳も顔を現す。
b0062024_11461952.jpg



穂高連峰
b0062024_11471588.jpg




ミソガワソウ  (シソ科)
b0062024_1154690.jpg



7:31am シシウドケ原
b0062024_11552342.jpg



シシウドケ原、ここまで来れば鏡平も近い。
b0062024_11561653.jpg



遠くに焼岳と乗鞍岳を望む。
b0062024_1542145.jpg

b0062024_1157487.jpg



大ノマ岳を振り返る
b0062024_11584554.jpg



クルマユリ
b0062024_11591368.jpg



オオレイジンソウ   キンボウゲ科トリカブト属
b0062024_1233189.jpg



8:13am 鏡池到着。
ここから見る槍ヶ岳は絶景だ。
風が無ければ槍ヶ岳が池に映って美しいだろう。

b0062024_1292892.jpg



8:39am 鏡平小屋到着
b0062024_12133194.jpg



今回は軽量化を計って(結果的には軽くならなかったが・・・)食事のほとんどは山小屋で済まそうと思い、ここ鏡平小屋ではカレーライスをいただく。
b0062024_12112110.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-08-19 12:13 | 双六岳~南岳縦走記 2007 | Comments(10)