至仏山 2nd time (5/6) #3

二回目の至仏山滑走。
今回は早い出発だったのでムジナ沢をすべることができた。
下は今回のGPSによる登攀と滑走の記録だ。

b0062024_2313146.jpg




前回の時と比べたら、すこぶる視界が良い。
中ノ岳、越後駒ケ岳を遠望する。

b0062024_2263892.jpg

b0062024_226484.jpg




日も高くなり、消え行く雲海
b0062024_2271730.jpg




わがホーム、神楽ケ峰・苗場山を望む
b0062024_2281410.jpg

b0062024_2282762.jpg




そして平ガ岳
b0062024_2292989.jpg




やはりメインはこの眺めだろう
b0062024_22104420.jpg




まずは一本目、ムジナ沢を滑る
b0062024_22112915.jpg




カール状の広大な斜面はワル沢にも勝るとも劣らない
b0062024_2213364.jpg




山頂まで上り返し
b0062024_22132923.jpg

b0062024_22134117.jpg




早朝山頂を踏んだときは5人しか居なかった山頂も、10:30ともなるとご覧の通りの賑わいだ
b0062024_22152515.jpg




風を避けてランチをとったら、二本目。
ワル沢を一気に下る。

b0062024_2216196.jpg

b0062024_22163122.jpg




楽しみにしていた水芭蕉とも対面できた。
b0062024_22184748.jpg




滑り終えたら鳩待峠へ戻る。
夏のように暑くなってきた。
汗をかきかき、鳩待峠を目指してブナ林を登る。

b0062024_22225798.jpg




撮像が白飛びしてしまって滑ったラインは見えないが、いつもここから至仏山を振り返るのが好きだ
b0062024_22241392.jpg

こうしてほぼ今シーズンも終わり・・・
早くも気分は来シーズンへ・・・

by sakusaku_fukafuka | 2008-06-07 22:32 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(0)

至仏山 2nd time (5/6) #2

朝日を受けて湿原を蛇行する《下ノ大堀川》
b0062024_20134854.jpg



《見晴らし十字路あたり》
b0062024_20152249.jpg




もうじき小至仏山のトラバースにかかる。
奥が至仏山本峰。

b0062024_20163980.jpg



《笠ヶ岳》(左)の奥に《浅間山》
b0062024_20183656.jpg



至仏山を滑ったラインが、この辺りからワル沢へ集中していくのが良くわかる。
b0062024_20202483.jpg



小至仏山のトラバース
b0062024_20205790.jpg

b0062024_20211428.jpg



湿原を俯瞰すると、牛首を帽子のようにガスが包み込んでいく
b0062024_202227.jpg



後ろに上州武尊山
b0062024_2023691.jpg



5:00 am 山頂
b0062024_20233917.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-05-31 20:24 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(8)

至仏山 2nd time (5/6) #1

今シーズン二回目の尾瀬至仏山。
1:45 am 起床。
相方と午前二時半に鳩待峠を出発予定。
外は満点の★
b0062024_20415625.jpg



あい方の準備は済んでいるかと悠長に構えていたら、まだ寝てた様子。
いよいよ我慢できなくなって出発予定時間10分前に彼の車をノック・・・

予定より45分オーバーで鳩待峠を出発

b0062024_2042162.jpg



前回とまったく同じルート。
幾度見てもここからの至仏山の眺めは素晴らしい。

b0062024_2043213.jpg



4:40 am
原見の丘。

b0062024_20442733.jpg




予定だとオヤマ沢田代を過ぎた辺りでご来光を仰ぐつもりだったが、樹林帯を通過中に朝日が顔を出してしまった。ま、45分オーバーの出発だからしょうがないか・・・
b0062024_20461542.jpg



景色が最も美しい時間帯
b0062024_20474024.jpg



朝日が尾瀬ヶ原を照らし始める
b0062024_20484037.jpg



シルエットの燧ケ岳が美しい
b0062024_2049328.jpg



雪の下から頭を出し始めたシラビソ
b0062024_204945100.jpg



オヤマ沢田代を通過。
小至仏山と至仏山本峰が迫る

b0062024_20503925.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-05-28 20:50 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(8)

尾瀬・至仏山滑降 4/25(FRI)  #3

慣れ親しんだ景色だが、やはりいつきても良い眺めだ。
蛇行しているのは下ノ大堀川だろう・・・

b0062024_18514941.jpg



小至仏山をトラバースする後続の登山者たち
b0062024_1853643.jpg



13時を回ってようやくランチタイム
b0062024_18534528.jpg



いよいよワル沢へドロップする
b0062024_18542582.jpg



ロケーションも最高。気持ちよ滑り出し
b0062024_1855875.jpg



ラインを読んで、いざ自分も・・・・・
b0062024_18561530.jpg

b0062024_18564167.jpg



広大な斜面は気分爽快
b0062024_1857830.jpg

b0062024_18572137.jpg

b0062024_18573415.jpg

b0062024_18582919.jpg



どこに、どうラインを描こうとまったくの自由・・・
b0062024_18592030.jpg

b0062024_1859308.jpg



雪も張る特有のシャーベット状でこの日はとてもよく滑り、登り返したいくらい気持ちよい
b0062024_19165689.jpg



b0062024_1918420.jpg



滑ったラインを見上げながら、登り返そうか迷ったが、解禁日の今日は出発時間が遅かったので、このまま下ることに・・・
b0062024_19194138.jpg



この辺りから徐々に雪も重くなる
b0062024_19203161.jpg



ここからワル沢を超え、オヤマ沢へ向かう
b0062024_1921327.jpg



あちこち口を開け始めた(ワル沢)
b0062024_1922967.jpg



楽しかった滑走を終え、ここから鳩待峠まで登り返す
b0062024_19225198.jpg



流れはオヤマ沢
b0062024_19232936.jpg



「猿の腰掛」を見つけたので、ちょっとお尻を乗せてみた
b0062024_19243411.jpg




16;00 鳩待峠到着。
疲れたら、ここの花豆ジェラートが美味しい。
今シーズン初の尾瀬滑降はお天気にも雪質にも恵まれ、楽しい一日となった

b0062024_19264222.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-05-20 19:26 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(14)

尾瀬・至仏山滑降 4/25(FRI)  #2

(DL後、画像をクリックすると拡大します)

最近購入したGPSを使って軌跡を記録してみた。
登攀と滑降ラインは以下の通りである。
英語版のGPSなのでまったく日本語表示は無し・・・
使い慣れていないので余分な軌跡(鳩待峠から斜め左に伸びている斜線)があったりと、使うのに英語と悪戦苦闘している。
(夏道とGPSの軌跡が微妙にずれて見えるのは、夏と冬とは歩くルートが異なるからです)

b0062024_19574696.jpg



さっきまで見えなかった燧ケ岳が徐々に姿を現し、天候の回復の兆しが見えてくる。
b0062024_1959556.jpg



シラビソの森を白く染めた夕べの雪
b0062024_19594668.jpg



どんどん燧ケ岳が見えてくる
b0062024_20202025.jpg



オヤマ沢田代を通過・・・
これより小至仏山のトラバースに入る

b0062024_20213874.jpg



さっきまで小至仏山、至仏山を覆っていたガスが嘘のように晴れてくる
b0062024_20223554.jpg



右手に尾瀬ヶ原と燧ケ岳を俯瞰しながら小至仏山のトラバース
b0062024_20232492.jpg

b0062024_20233451.jpg

b0062024_20234831.jpg



夏道とは反対側、尾瀬ヶ原側を巻き込むと至仏山本峰が目前だ
b0062024_202579.jpg



これから滑るワル沢越しに尾瀬ヶ原
b0062024_20261134.jpg




樹氷が咲いている。
夕べの天候の厳しさを思う

b0062024_2026511.jpg



小至仏山のトラバース。
後から続々とスノーボーダーやスキーヤー、登山者が登ってくる

b0062024_2028456.jpg



ここまで来れば山頂も間近だ
b0062024_2028521.jpg

b0062024_2029350.jpg



13;10 pm ほぼ予定通り山頂到着
b0062024_20301234.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-05-14 20:34 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(4)

尾瀬・至仏山滑降 4/25(FRI)

今シーズン初の尾瀬
この日、午前10時に戸倉~鳩待峠間が開通するのを戸倉のゲートで待つ。

b0062024_19151354.jpg

b0062024_1915248.jpg



10時半鳩待峠を出発。
ゲートを開けるのが10時なので致し方ないが、遅い出発だ。

b0062024_19173855.jpg



歩きながら見つけた《猿の腰掛》
ここに猿が?腰をかけられるようになるには、あと何十年かかるのだろう・・・

b0062024_19185259.jpg



至仏山は厚い雲の中・・・
はたして滑り出すのは雲の中からだろうか?・・・
そんなことを考えながら山頂を目指す

b0062024_1920225.jpg

b0062024_19201011.jpg

b0062024_19202749.jpg



自然は厳しい・・・
春だというのに、夕べ降っただろう雨はここでは雪になる。

b0062024_19211221.jpg



登攀中最も至仏山の景色がきれいな場所。
夏道だと、この至仏山を見ることはできない。

b0062024_19223432.jpg



休憩をかねて至仏山の景色を楽しんだら、オヤマ沢田代を目指す
b0062024_19252396.jpg




《原見の丘》より湿原を俯瞰。
燧ケ岳は雲の中だ

b0062024_19262977.jpg



この辺りからオヤマ沢までが自分的にはもっともつらいところだ
b0062024_19272588.jpg



この樹林帯を抜ければオヤマ沢田代、視界も開ける
b0062024_19282476.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-05-11 19:29 | 2008 尾瀬至仏山滑降 | Comments(14)