妙高山(北地獄谷コース) #3

山頂からの白馬三山
b0062024_5464065.jpg

b0062024_5465063.jpg




望遠で引っ張ると槍ヶ岳、穂高連峰も良く見える
b0062024_5543949.jpg

b0062024_5544916.jpg




妙高山山頂からの北アルプス前景
b0062024_5554989.jpg




火山らしい妙高山頂付近の景観
b0062024_5575765.jpg

b0062024_5581077.jpg




火打山方面を遠望
b0062024_5593091.jpg




雲が湧いてきて、このあとすぐに東側の展望はなくなった
b0062024_602245.jpg




山頂で行き会った登山者達と山談義を楽しみ、ゆっくりランチをとったら下山。

出会った花たち。

ヨツバシオガマ

b0062024_614141.jpg




ソバナ
b0062024_641163.jpg

b0062024_6264576.jpg




ミヤマアキノキリンソウ
b0062024_653378.jpg




マイヅルソウ
b0062024_662429.jpg




シモツケソウ
b0062024_665494.jpg




シロバナヤマホタルブクロ
ヤマホタルブクロの白花種のようだ

b0062024_69369.jpg




イワハゼの実
b0062024_6105620.jpg




オオバタケシマランの実
b0062024_6113627.jpg




ズダヤクシュ
b0062024_6122042.jpg

b0062024_6122976.jpg




下山を開始してから約二時間半、ようやく長助池に着いた。
b0062024_614395.jpg

b0062024_6154653.jpg




山頂方面を振り返る
b0062024_6171380.jpg




途中「黄金清水」で喉を潤し、下山を続けたが、とにかく外輪山に沿って回り込むだけに、長い下山道であった。

この吊橋をわたって10分ほどで登山口に到着。
夜入った黄金の湯で汗を流し山行を終えた。
アプローチの長い山という印象だった。

b0062024_6204336.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-17 06:26 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(4)

妙高山(北地獄谷コース) #2

おおむね樹林帯も終わり、雄大な展望が開けてくる。
望遠で引っ張ると渋峠のアンテナ群も見えた

b0062024_5461526.jpg




苗場山、冬の自分のフィールド神楽ケ峰、そして尾瀬燧ケ岳まで見える
b0062024_5513382.jpg
b0062024_5514290.jpg




雁ケ峰から浅間山まで
b0062024_553215.jpg




鎖場であるが、階段状に岩を掘削してあるので、とても歩きやすく危険も少ない。
b0062024_5545869.jpg




鎖場を登りきると西側の展望も開けてくる
b0062024_558860.jpg




次の鎖場
b0062024_5593231.jpg




八ヶ岳連峰と富士山
b0062024_601728.jpg




少し西には北アルプスが朝日岳から穂高岳まで全部見えて感動しきり・・・
b0062024_615414.jpg




白馬三山
b0062024_63189.jpg




岩塊の間から北アルプス
b0062024_635454.jpg




上からは年配(自分もだが・・・)の40人前後のパーティが下ってくる
b0062024_651955.jpg




山頂間近
b0062024_664280.jpg




アングルを変えて八ヶ岳連峰と富士山
b0062024_674977.jpg




山頂は次々と登ってくる登山者で大賑わい
b0062024_69260.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-14 06:21 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(2)

妙高山(北地獄谷コース)

(記事の投稿日と登山履行日は同一日ではありません)
3:45 am 燕温泉駐車場出発.
温泉街を抜け、夕べ入った無料の露天風呂≪黄金の湯≫の横を通って登山道へ取り付く。

b0062024_7522377.jpg

b0062024_7523684.jpg




温泉の源泉が上にあるためか、登山道は整備され、非常にあるきやすい。
ヘッドランプ頼りに歩き始めて約30分、空がようやく明るくなり始めようとしている。

b0062024_7592062.jpg




妙高本峰も見えてくる
b0062024_875654.jpg




夜明け間近、東の空がグラデーションに彩られ始める。
b0062024_885976.jpg




ヤマホタルブクロ キキョウ科ヤマホタルブクロ属
b0062024_8114422.jpg




5:00 am 光明滝
空の色を映して赤っぽく見える光明滝

b0062024_8162179.jpg

b0062024_8163794.jpg

b0062024_8164716.jpg




5:04 am 御来光
b0062024_8173526.jpg




光明滝の上流、硫黄を含むと思われる水が勢いよく流れている
b0062024_8354337.jpg




カラマツソウ
b0062024_8361763.jpg




まだ雪渓が残っていた
b0062024_8372748.jpg




ここから胸突き八丁。天狗堂まで急登が続く
b0062024_8382693.jpg

b0062024_8392364.jpg




樹間から妙高山の最後の急登が見えてきた
b0062024_8402847.jpg




6:40 am 天狗堂を通過、ようやく登山道は稜線へ出たと見えて明るさを増す
b0062024_843269.jpg




山頂へはあの岩塊を通過するわけだ・・・
b0062024_8442274.jpg




風穴
この岩の穴から気持ちよい涼風が吹き出してくる。
冷たい風で一息入れる。

b0062024_8455130.jpg

b0062024_846410.jpg




登山道から遠景が見えるようになる
b0062024_8465997.jpg




樹林帯もそろそろ終わるようだ。
渋峠、草津白根山方面の山並みが雲の上に見える

b0062024_848275.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-13 08:48 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(6)

雨に祟れた野反湖畔外輪山

歩いたルート
b0062024_23283769.jpg




予報はあまりよくなかったが、エスケープルートのある野反湖畔の外輪山を歩いてみることにした。

5:20 am バス停のある駐車場を出発。
まずは三壁山を目指す。

b0062024_23315656.jpg




分かり難い登山口から熊笹帯に入る。
b0062024_23341833.jpg




まずはノリウツギ
b0062024_23394121.jpg




歩き始めていくらも経たないうちに空模様が怪しく・・・・・
b0062024_2341441.jpg




とうとうショボショボと降りだした。
様子をみながら、もうちょっと歩いてみることにして先を急ぐ。

b0062024_23432121.jpg




降りだした雨の中でひっそりと咲くコオニユリ。
b0062024_23461386.jpg




降りだした雨、けっこう傘が役に立つ。
幸い土砂降りではないので、レインウェアのズボンだけ履き、傘をさして歩く。
しかし、登山道は雨でぬかるんで非常に歩きにくい。

b0062024_23483919.jpg




6:50 am 三壁山。
標高 1,974m であるが、雨のせいではなく、まったく視界無し。
ただ通過するのみ・・・

b0062024_2351560.jpg




小雨ではあるが、もうすでに登山靴の中までぐっしょり濡れてしまった。
霧の具合で時折遠くまで見渡せる時もあるが、ほとんど景色の見えない中をただ歩くのみ。

b0062024_23525621.jpg




カモシカ平への分岐だが、この雨の中をカモシカ平まで行く気力は無し。
ヘビ山へ向かう。

b0062024_2354448.jpg




7:29 am 高沢山(1,903m)
ここも同じくまったく視界無し・・・
ここは快晴の日でもないと、けっして楽しい歩きはできなそうだ・・・・・

b0062024_23574017.jpg




8:01 am エビ山(1704m)
標高は低いが、ようやく視界が開け、野反湖も見えるようになる。
なにも特徴のない広い草原だ。

b0062024_00551.jpg




ハクサンフウロ
b0062024_013143.jpg




ニッコウキスゲ
b0062024_02464.jpg




ツリガネニンジン
b0062024_02345.jpg




アザミ
b0062024_03055.jpg




気持ちはこの先へ進みたかったが、足がふやけるほど濡れてしまった登山靴を履いて、この先へ脚を進めるより、早くこの登山靴を脱ぎたかった。
ここよりエスケープルートを使って下ることにした。

b0062024_045879.jpg




三十分ほどで湖畔まで降りられた。
b0062024_06446.jpg

b0062024_061513.jpg




、雨は一旦上がったが、今回はこれで山行を中止した。
八間山はまたの機会にしよう。

以下はこの日見られた野反湖の花だ。

ヤマオダマキ

b0062024_09227.jpg




ヤナギラン
b0062024_094731.jpg




キバナヤマオダマキ
b0062024_0113214.jpg




コマクサ
b0062024_0115832.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-12 00:17 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(2)

関東有数の高山・男体山(2,484.5m) #2

6:31 am 五合目着
b0062024_5184756.jpg




薄暗かった森の中、ようやく一旦視界が開ける
b0062024_5194886.jpg




6:42 am 六合目着
b0062024_521364.jpg




すっかり夜も明けきって見通しが利くことも多くなる
b0062024_5225060.jpg

b0062024_5231235.jpg




大真名子山、小真名子山が見えてくる
b0062024_5284166.jpg




上越の山に比べると、関東の山は降雪量のせいか、森林限界が高い気がする。
深かった森も、ようやく山頂付近が見えるようになる。

b0062024_5372370.jpg




明るくなるとツガの森も美しい
b0062024_5385276.jpg




七合目を水見落として八合目。
樹木の背も低くなり、明るい稜線に出る。

b0062024_54146.jpg




明るくなると生き物達も盛んに動き回る。
花の蜜を吸うのに夢中。
指を近づけてもまったく無視・・・

b0062024_5423387.jpg




朝日を反射してシラビソの葉が眩しい
b0062024_5431657.jpg




湯ノ湖、金精峠方面を遠望
b0062024_5445030.jpg




山頂の稜線
b0062024_5455520.jpg




あちこちで盛んにさえずる「鶯」
(トリミング)

b0062024_547484.jpg




森林限界が山頂近くまで広がっている関東の山の特徴を見たような気がする。
山頂も間近・・・

b0062024_5485960.jpg




九合目
b0062024_551811.jpg




太郎山(左)、大真名子山(右)
b0062024_552173.jpg




ミネザクラのさくらんぼ。
b0062024_553229.jpg




山頂も目と鼻の先だ
b0062024_5543066.jpg




火山性の山だからだろうか、山頂へ続く稜線もずいぶん荒れて見える。
b0062024_5554386.jpg




空には、まだお月さん
b0062024_5561748.jpg




8:10 am 志津乗越から約三時間弱で山頂到着
b0062024_602612.jpg




三角点
b0062024_61240.jpg




中禅寺湖から一気に反りあがる山頂の稜線から湖を見下ろす
b0062024_641784.jpg




二荒山神社、二荒山大神の像
b0062024_61055.jpg




中禅寺湖を俯瞰
b0062024_612025.jpg




湖面を滑るように進む遊覧船
b0062024_613199.jpg




湖面の上を気持ち良さそうに飛ぶ「「トビ」
b0062024_6134950.jpg




景色を堪能したら山頂でランチ
b0062024_6151276.jpg




予報通り雲行きが怪しくなってきた。
ランチを済ませて往路を下山。
静かな志津乗越からの登山を終えた。

b0062024_6182595.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-11 06:19 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(4)

関東有数の高山・男体山(2,484.5m)

今回は、日光白根より望んだ中禅寺湖湖畔に聳え立つ円錐形の成層火山男体山に登った。
中禅寺湖側から登ると、標高差1,200m を登らなければならないが、裏側の志津乗越からなら、約その半分の 700m ですむことから、今回は裏側から登ることにして、夜半志津乗越へ向かう。

さすが、夜半国道120号から裏林道に入ると走る車は一台も無い。
すれ違う車が一台も無い林道を走るも、初めての道路はいささか心もとない。
GPSでルートを確認しながら走ると、道路を色いろな動物が横切るのが車のライトに浮かび上がる。
志津乗越の駐車スペースに着いて我輩を出迎えてくれたのは日本鹿。
この辺から尾瀬一帯にかけて鹿が相当増えてきていると聞いたが、その通りのようだ。


4:30 am 起床。
起きて車窓から外を見ると、車は我輩の車一台だけ。
5:14 am 山頂付近をガスで覆われた男体山へ向けて出発。
b0062024_150996.jpg




取り付き
b0062024_1504622.jpg




いきなりこんな登山道
b0062024_1514137.jpg




15分ほどで一合目の道標
b0062024_1524128.jpg




明るくなったとはいえ、まだまだ薄暗い森の中・・・
こんなものでも楽しみながら歩く・・・

b0062024_154920.jpg




ギンリョウソウ
b0062024_1552999.jpg




5:39 am 二合目
少し視界が開ける

b0062024_157873.jpg




増水時にはそうとうな水量がありそう・・・
b0062024_158910.jpg




太郎山
いつかは登ってみよう。

b0062024_1585965.jpg




暗い森に朝日が射し始める
b0062024_1595633.jpg




静かな森の営み
b0062024_203857.jpg




5:56 am 三合目
b0062024_221551.jpg




朝日が射すと森の中でもハナアブが飛び始めた
b0062024_23093.jpg




6:14 四合目
b0062024_253878.jpg




薄暗い森の中は足元しか見るところが無い・・・
b0062024_26443.jpg




森の中で着々とそだっている次の世代
b0062024_273479.jpg




ゴゼンタチバナ
ようやく初めて出迎えてくれた花

b0062024_282861.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-07 02:11 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(6)

噴煙上げる浅間山  #4

ランチを済ませたら、来た道を分岐まで戻る。
空模様が怪しくなってきたが、なんとかトーミの頭まででももってくれたらいいが・・・
広大な湯ノ平高原が美しい。

b0062024_6562264.jpg

b0062024_6571616.jpg




外輪山の斜面の牧歌的な眺めが素晴らしい
b0062024_6585168.jpg

b0062024_659367.jpg




なんと、4人も小さなお子さんを連れた家族に出合った。
がんばれ!!

b0062024_701818.jpg




もうじき分岐
b0062024_71150.jpg




いずれアヤメかカキツバタ・・・・・・
b0062024_71533.jpg




カラマツソウ
b0062024_722536.jpg




トーミの頭への分岐。
ここから最後の急登が待っている。

b0062024_73344.jpg

b0062024_745241.jpg




山腹をガスが覆い始めてきた。
後小一時間、なんとか天候がもってくれればいい・・・が・・・

b0062024_76635.jpg

b0062024_761985.jpg





草すべりの中腹から外輪山の東斜面を一望する
b0062024_77526.jpg




不明・・・なんていう花なのか分からない
b0062024_724368.jpg




グンナイフウロ
急登の連続に喘ぎ、登山道脇に咲く高山植物を愛でながら一息入れては、また登る・・・

b0062024_825452.jpg




テガタチドリ
b0062024_7322189.jpg





個人的に最も好きな花の一つ
キバナヤマオダマキ
高山帯には紫色のミヤマオダマキが多く、比較的低山エリアでは赤っぽいヤマオダマキが咲く。
これはその中間点に咲くといっていいのだろうか・・・
浅間の草すべりには、このキバナヤマオダマキが多い。

b0062024_740366.jpg





中腹以上登っただろうか・・・ガスのエリアに入ったようだ。
b0062024_742441.jpg

b0062024_743246.jpg

b0062024_7434753.jpg




トーミの頭がガスに覆われている。
もう少しだ・・・

b0062024_7445652.jpg

b0062024_7451263.jpg





ジグザグと九十九折りの登山道が続く
b0062024_749078.jpg

b0062024_7491338.jpg

b0062024_7495268.jpg




分岐点が見えてきた。
b0062024_7504093.jpg




ようやく間近になったトーミの頭、山頂には登山者が見える
b0062024_7515917.jpg





ガスの切れ間にトーミの頭より身を乗り出して登ってきたルート(真下)を俯瞰する。
b0062024_7535333.jpg





剣ケ峰
b0062024_7544297.jpg





九十九折りを自分のあとから一人登山者が登ってきた
b0062024_7561091.jpg





トーミの頭で小休止したら、小諸市内を眼下に見て浅間山をあとにした
b0062024_7574174.jpg

予報では終日曇り・・・
午前中は予想外に濃霧にまかれ、まったく視界の無い中をひたすら歩いたが、後半はこれもまた予想外に晴れ間が覗き、視界もはっきりしてきて思ったよりは良い山行となった。
是非、季節を変えてまた訪れたい山だ。

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-05 08:00 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(8)

噴煙上げる浅間山  #3

ハクサンオミナエシ
控えめに岩場に咲いていたハクサンオミナエシ

b0062024_1784774.jpg




Jバンドへ下る。
これを下れば賽の河原と広大な湯ノ平高原だ

b0062024_1712454.jpg





一見険ししそうにも見えるが大方しっかりした踏み跡があって問題無い。
b0062024_17134160.jpg




とはいっても、こんなのが落ちてきたらひとたまりも無いが・・・
b0062024_17143068.jpg




鋸岳の一部・・・この上からっ下ってきたのであるが、なかなか見ごたえのある険しい美しさだ
b0062024_17154113.jpg




湯ノ平高原から見上げる外輪山。
今立っている場所もかつては噴火した名残なのであろうと思うと、不思議な気分だ。

b0062024_1717726.jpg

b0062024_17171763.jpg




森林限界か・・・シラビソもこれ以上背を伸ばすことができないようだ
b0062024_1718747.jpg




浅間山本峰へ登る分岐点。
今日は時間の余裕があるので、前掛山まで登ることにした。

b0062024_17194083.jpg




これから一時間少々、西側から北側へ巻くように斜面を登っていく
b0062024_1721311.jpg




立ち入り禁止警告板が設置してある。
しかし、どこにでも、ルールを守れない人というものは居るもので、警告を無視して登っていく者もいるのだ。

b0062024_17231685.jpg




自分は、一応警告どおり、前掛山を目指そう
b0062024_17241410.jpg




噴火の時に飛び散ったのだろう、人が抱えられないくらい大きな岩がごろごろと散乱している
b0062024_17253417.jpg




いかほどの効果があるか不明だが、噴火に備えてシェルターが設置してある。
b0062024_17262577.jpg




前掛山までもうちょっと・・・・・・
b0062024_1727917.jpg




前掛山山頂。
噴煙を上げる浅間本峰。

b0062024_17281138.jpg




ここ、前掛山で浅間に登ったこととするようだ。
b0062024_1729616.jpg

b0062024_1730093.jpg




トップから外輪山を見渡す
b0062024_17305165.jpg




天気も下り坂になってきたようだ。
濃い緑のシラビソの木と薄い緑の草原のコントラストが美しい。

地図を広げて確認してみると、帰りは、あの中央辺りを一時間以上かけて登り返すことになる。
そうとう険しそうだ・・・
(画像を拡大すると登っていく登山道が確認できる)

b0062024_17323542.jpg




あのシェルターの横でランチをとって下ろう。
b0062024_17331994.jpg




シェルターの中・・・
b0062024_17335863.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-04 17:40 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(6)

噴煙上げる浅間山  #2

(画像をクリックで拡大します)



今回の山行の軌跡

b0062024_165082.jpg

夕べは雨も降ったのだろうか。
雨露に濡れた登山道は歩きにくい。
レインウェアのパンツだけでも履けば良かったのであるが、面倒がって軽く「いいや」とそのまま歩き始めた付がまわってきた。
ズボンはすでにぐっしょり濡れて歩きにくいくらい重くなっている。

足元にはひっそりとオトギリソウが咲いている。

b0062024_14141889.jpg




あまり特徴がないので、うっかり通り過ぎてしまいそうになった
蛇骨岳(じゃこつだけ)

空を見上げるとだいぶ明るくなってきたような気配に気を良くして、もう少し先へ進んでみることに・・・

b0062024_14371768.jpg




空が明るくなってきたのは気のせいだけではなかった。
正真正銘の青空が雲間から覗いた。

b0062024_1453716.jpg




青空が見えたり雲に覆われたり、一喜一憂しながら、いつの間にか蛇骨岳よりも更に特徴の無い「仙人岳」に到着。
b0062024_14561780.jpg



稜線はシャクナゲの花も見かけることが無くなり、ギザギザした岩場の連続は「鋸岳」が近くなったことを思わせる。
b0062024_14583156.jpg




地図には「滑落危険」と書いてある。
時折濃い霧に巻かれるので、切り立っている湯ノ平高原側へ滑落しないように慎重に脚を進める。
「Jバンド」手前の小ピークで休憩していると青空がさっきよりも見えるようになり、天候の回復を期待できる状況になってきた。
(歩いてきた方を振り返る)

b0062024_1524212.jpg




身を乗り出すようにして覗くと「湯ノ平高原」の景色が霧の中から浮かび上がってきた。



嬬恋村(群馬県側)には雲海も見える。
b0062024_1553738.jpg




歩いてきたルートが今までよりはっきり見えるように・・・
b0062024_15715.jpg




見たかった浅間山からもガスが取れていく。
b0062024_1583489.jpg




湯ノ平高原の全景。
いままで視界が利かなかっただけに、ガイドブックの写真でしか見たことがなかった湯ノ平高原を目の当たりにすると感激も一入であった。

b0062024_15124571.jpg




視界の利かない中、あの稜線をずっと歩いてきたんだ・・・
b0062024_15155743.jpg




すっかりガスが取れると、浅間山本峰の雄大な姿が目と鼻の先にある。
b0062024_15175097.jpg




浅間山のみならず、鋸山もすっかり姿を現した。
これから、あのJバンドを下る。

b0062024_152148100.jpg




晴れたらツバメ達が大空を舞い始めた。
彼らが自分のすぐ近くを通過すると、風を切るすさまじい音がする。

b0062024_15242050.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-08-01 15:33 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(6)

噴煙上げる浅間山

普段、仕事の行き帰りなどに良く目にしていたが、なぜかあまり登山の対象にしてこなかった山の一つが浅間山だ。
その遠目に女性的ななだらかな山容が、あまり「登りたい」という意欲を喚起させなかったのかもしれない。

しかし、このところの燃料代の項高騰は、自分の山行形態にも少なからず影響を与え始めている。
あまり遠出をせず、近場の山でまだ登っていない山に登ろう・・・・・
そう思った山の一つが浅間山である。

天気予報は終日曇り。
曇りなら、降られない限りはそこそこ楽しめるだろう、ということで行ってみることにした。

嬬恋村から未舗装の林道へ入る。
濃い霧でまったく道が分からないのでGPSを取り出して位置確認。
カーナビは無くても、このハンディGPSはなかなか優れものだ。
固定して持って歩けない車載用GPSに比べたらはるかにコストパフォーマンスは高い気がする。
b0062024_7162986.jpg

英語版であるにもかかわらず、こんな狭い農道から林道まできっちり載っている。
GPSを頼りに林道を20分も走っただろうか・・・
深夜家を出発して二時間少々で車坂峠に到着。
途中空には月も出ていて明日に期待をしたのだが、車坂峠に着いたらまた濃い霧の中。

駐車場へ車を入れ、簡単にパッキングして仮眠。
アラームで目覚め、車窓から外を見ると相変わらず濃い霧に覆われている。
行くか行くまいか迷ったが、降られたら戻ればいいや、ということで決行。

5:02分、車坂峠を出発。

b0062024_6435740.jpg




周囲はだいぶ明るくなってきたが、相変わらず視界は悪い。

ヤマブキショウマ バラ科ヤマブキショウマ属
(山地に生える雌雄異株の多年草)

b0062024_6551118.jpg




カラマツソウも霧に濡れている。
(キンポウゲ科カラマツソウ属)

b0062024_772774.jpg




霧の中でシットリと濡れていたコマクサ
b0062024_7185878.jpg




上越の山に比べると森林限界が高いようだ。
標高2000mを超えてもまだ樹林帯。

b0062024_7202395.jpg




避難用のShelter
噴火の危険がいつも伴う浅間山らしい光景だ。

b0062024_7223445.jpg




なだらかではあるが、相変わらず霧で視界が狭い
b0062024_7253095.jpg




表コースを歩いて来たが、帰りはここから中コースを歩く予定。
b0062024_7272153.jpg




約1時間20分、トーミの頭に到着。
晴れていれば、ここから雄大な展望が開けているはず・・・
だが、今日は何も見えない。

b0062024_7294941.jpg




長居しても仕方ないので、すぐに外輪山黒斑山(くろふやま)へ向かう。
下の写真は黒斑山へ向かうルートと、帰りに湯平高原から登ってくる合流点(分岐)だ。

b0062024_7481281.jpg




浅間山外輪山はシャクナゲの宝庫のようだ。
ちょっと大げさかもしれないが、絶えることなくシャクナゲが続くという感じ。

b0062024_751349.jpg




噴火に備えて警報装置が設置してあった。
b0062024_7521189.jpg




黒斑山(くろふやま)山頂.
ガイドブックにも、ここからの展望は素晴らしいと書いてあるが、ガスで何も見えない。

b0062024_754117.jpg




鳥の鳴き声・・・
一風変わった鳴き声が聞こえるので、物音を立てないようにそっと、その鳴き声の方へ草むらを移動すると、写真の鳥が二羽小枝にとまっている。
コゲラ?とも思ったのであるが、鳥に関してはさっぱり分からない。
望遠側いっぱいでも、これが精一杯。
いったいなんていう鳥だろう?・・・
向こうもこちらに気づいた様子であるが、逃げる様子も無い。
警戒心のあまり無い鳥のようだ。

b0062024_8101754.jpg

b0062024_8102727.jpg




こんなところで時間をつぶしている場合ではない、藪から出てきてシャクナゲ街道?を次のポイント蛇骨岳(じゃこつだけ)へ向かう。
b0062024_8122556.jpg

b0062024_812385.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-07-30 08:18 | 2008 無雪期登山・夏 | Comments(12)