2008 芝倉沢滑走記 #6

次々とドロップインする仲間たち。
テレマーカーにとってはなかなか手ごわい雪質のようだ

Rider : Hasshii

b0062024_20185646.jpg

b0062024_2019636.jpg

b0062024_20191793.jpg



Rider : Otsuka
b0062024_20212278.jpg

b0062024_20213218.jpg

b0062024_2024360.jpg



Rider : Nao
b0062024_20271296.jpg

b0062024_20272532.jpg



Rider : Tomo
b0062024_20305981.jpg

b0062024_20311164.jpg



谷川連峰・朝日岳をバックに気分爽快
Rider : Izumi

b0062024_2034812.jpg



ここが 《 ノド 》 ・・・
ここから沢筋が一気に狭くなり、比較的女性的な堅炭尾根からの斜面と、それとは対照的な笹平からの絶壁に挟まれた、芝倉沢の核心部へと入っていく。

b0062024_20353140.jpg



リスクを分散させるためにも、一人ずつ・・・・・・・
b0062024_20371046.jpg



笹平(左)と堅炭尾根(右)に挟まれたV字の渓谷が続く
b0062024_20394986.jpg



先行者が安全な場所に退避した無線が入ると、慎重に次ぎのライダーが降りていく

Rider : U-ya

b0062024_20412854.jpg

b0062024_20415145.jpg



Rider : Takao
b0062024_20432019.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-04-04 20:49 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(2)

2008 芝倉沢滑走記 #5

いよいよ芝倉沢へドロップイン
吸い込まれそうな眼下の景色。
緊張する茂倉岳山頂からの最初の一本。
Rider : 我輩

( Photo : Izumi )

b0062024_20322086.jpg



ドロップイン
( Photo : George )

b0062024_2036179.jpg



一部は最大斜度45°はあるだろう。
緊張の中にもスカっとする爽快感に包まれる瞬間。

b0062024_20383340.jpg



クラストぎみの雪面を足裏に感じながら芝倉沢へ吸い込まれていく。
b0062024_20413485.jpg

b0062024_20415186.jpg



向かい側の仲間からの情報で、大きく口を開けたクラックをここで避ける
b0062024_20431620.jpg



後続の仲間の写真を撮るために、ノドの手前で滑りを止める
b0062024_20444544.jpg



茂倉岳に刻んだ自分のラインを見上げる
b0062024_20452750.jpg

b0062024_2045595.jpg



雨水の流れた跡だろうか・・・美しい自然の造形だが、滑るものにとってはなかなか厄介だ
b0062024_20481948.jpg



続く仲間
Rider : Izumi

b0062024_20494968.jpg



Rider : Takao
b0062024_20532129.jpg

b0062024_20555562.jpg



Rider : Jhosuke
b0062024_20571971.jpg




Rider : George
b0062024_2059730.jpg

b0062024_20592381.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-03-29 21:02 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(10)

2008 芝倉沢滑走記 #4

これから滑り降りる芝倉沢を眼下に眺めながらドロップポイントの茂倉岳山頂へ急ぐ
b0062024_20545046.jpg



左手には茂倉岳の雪庇越しに万太郎山、エビス大黒の頭、仙ノ倉山が見える
b0062024_20562935.jpg



ダイナミックな景観、オジカ沢の頭北面
b0062024_20571948.jpg



茂倉岳の山頂を目指してハイクする我輩
(Photo : G & I )

b0062024_20583676.jpg

b0062024_20584970.jpg



茂倉岳山頂に立つ我輩と後を追う仲間
b0062024_2105932.jpg



茂倉岳山頂より、一ノ倉岳から谷川岳トマノ耳、オキノ耳の稜線を望む。
写真左に、我輩の後を追ってこちらに移動してくる仲間三人・・・

b0062024_213585.jpg

b0062024_2162723.jpg




後から続いてくる仲間たち
b0062024_2184814.jpg

b0062024_2191684.jpg

b0062024_2193548.jpg



我々が茂倉岳山頂で準備をしているあいだ、一ノ倉岳からドロップインする仲間
b0062024_2111352.jpg

b0062024_21121138.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-03-24 21:12 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(12)

2008 芝倉沢滑走記 #3

谷川岳山頂(トマノ耳)で大休止をとったら、目的地芝倉沢を目指す。夏とは違い、降雪期の谷川岳~ノゾキの間のトラバースは結構怖い。
ここで足を滑らせたら間違いなく滑落する・・・
慎重に一歩一歩足を運ぶ。

b0062024_23181182.jpg



?・・・とは思ったのであるが、クラックに腰まで落ちた我輩
b0062024_23231698.jpg



谷川岳、トマノ耳を振り返る
b0062024_23243840.jpg

b0062024_23254638.jpg

b0062024_232605.jpg



天気が良いとこんな遊びも楽しい
b0062024_23265163.jpg



スノーシューは横歩きが苦手・・・
こんな場所の通過はアイゼンの方が歩きやすく、幅の広いスノーシューは苦手だ

b0062024_23303387.jpg

b0062024_23331822.jpg



目指すはあのトップ
b0062024_23325441.jpg



足場の悪いところが続く
b0062024_23354169.jpg



オジカ沢の頭への稜線越しに、俎嵓山稜の雄姿望む
b0062024_234307.jpg




シューは並行移動が苦手・・・こんな場所の通過は緊張を強いられる
b0062024_23392753.jpg



オジカザワの頭に立つ登山者
このあと何処へ向かうのだろう・・・

b0062024_23525965.jpg

一ノ倉岳への最後の急登
b0062024_2340416.jpg



万太郎山(北面)
b0062024_001915.jpg



茂倉岳
一ノ倉岳より茂倉岳を望む。
昨年、芝倉沢をやったときに、次回は是非茂倉岳のトップから滑り降りたいと思った。
まだ誰も滑った後が無い・・・
この斜面を望んだら滑らずにはいられないだろう。
今回はこの茂倉岳のトップから北面(画像右)へ滑り降りよう。
逸る気持ちを抑えながら、茂倉岳のトップまでの所要時間を20分と読む。

b0062024_023099.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-03-21 23:44 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(10)

2008 芝倉沢滑走記 #2

眼下には西黒沢。
ボトム付近は、はまだまだ滑れそうだ。
(画像クリックで拡大します)

b0062024_6134726.jpg



夏山でも、ここに人が溜まるが、冬も同じようだ。
やっぱりここは丁度良い休憩所。

b0062024_6145569.jpg



山頂手前はでは、こんな斜度が続く。
俎嵓山稜が美しい。

b0062024_6155559.jpg



東には上州武尊方面の展望が開ける
(Photo : G & I )
b0062024_6174112.jpg




西黒尾根越しに白毛門、笠ヶ岳
b0062024_6192499.jpg



山頂直下の急登が近づく
b0062024_6202596.jpg

b0062024_621643.jpg



歩き始めた天神平スキー場を振り返る
b0062024_621489.jpg



もうちょいだよ!
b0062024_6223553.jpg



上州武尊山と日光白根山を望む
b0062024_6231770.jpg



大迫力の俎嵓山稜
b0062024_6235398.jpg



急登を登りきると肩の小屋。
遠く苗場山まで見渡せる。

b0062024_6244243.jpg

b0062024_6411072.jpg



山頂へ・・・
b0062024_6252732.jpg



山頂からの展望は素晴しい。
快晴に感謝。
俎嵓山稜の向こうに浅間山。

b0062024_626553.jpg



東尾根越しに巻機山や越後駒ケ岳遠望。
b0062024_6275820.jpg



東尾根
b0062024_6301479.jpg



しばし山頂からの展望を楽しむ
b0062024_631960.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-03-19 06:33 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(8)

2008 芝倉沢滑走記 #1

天候回復に期待を込めて2008芝倉沢滑降を前倒しで決行。
いつも単独か少人数での活動が多いのだが、この日は久しぶりに、なんと10人の大パーティ。

静かな山歩きもいいものだが、こうして大勢で和気藹々とやるのも、たまにはいいもんだ。

ロープウェイ駐車場に集合して、7時15分ころのロープウェイに乗り込む。
b0062024_0261522.jpg



新しくなったロープウェイは快適だ。
10人の大パーティが一度に乗れてしまうのだからすごい。

山頂駅に着いたら、スキー場下部で登攀の準備。

b0062024_028697.jpg



早朝はガスっていたが、この分だと天気も更に回復しそうだ。谷川岳を目前にモチベーションがイヤでも上がる。
b0062024_0293987.jpg



こんな大パーティになることはあまり無いので、せっかくだし、記念撮影。
b0062024_0304482.jpg



7:40 am
登攀開始。
まずはスキー場の急登から始まる。
上級者ゲレンデを登るのであるから、いきなり急登。
一気に汗が噴出す。

b0062024_033237.jpg



今年はおかしいかも・・・三月だというのに、山の斜面は亀裂だらけだ
b0062024_0341492.jpg



一汗かきながらスキー場のトップへ出ると迫力ある谷川連峰が目前に迫る。
b0062024_1222845.jpg



熊穴沢の非難小屋までは、少々のアップダウンはあるものの、ほぼ横歩きの快適な稜線が続く。
b0062024_12475.jpg



やっぱり、いつ見ても格好良い、俎嵓山稜
b0062024_1252038.jpg



一塊になって登る我らパーティ
b0062024_12693.jpg



霧も徐々に晴れ、西黒尾根越しに白毛門、笠ヶ岳、大小の烏帽子岳も姿を現す。
b0062024_1273741.jpg

b0062024_128186.jpg



左手に俎嵓山稜を眺めながら少しずつ高度を上げていく
b0062024_1285238.jpg

b0062024_1291343.jpg



視界も良好、先行するパーティの姿も見える
b0062024_1301764.jpg



ここに非難小屋があるのであるが、すっかり雪に埋まっている
b0062024_1315184.jpg



非難小屋を過ぎると、ここからは本格的な急登の連続
b0062024_1323640.jpg

b0062024_133153.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-03-18 01:35 | 2008 芝倉沢滑走記 | Comments(6)