快晴の続T尾根

我々と合流すべく登攀に使ったトレースを辿ってくる仲間たち。
b0062024_206744.jpg




あとから合流してきた仲間たちの一本目。


b0062024_2095178.jpg

b0062024_20111823.jpg

b0062024_20124940.jpg

b0062024_20164746.jpg

b0062024_20214834.jpg

b0062024_20222729.jpg


滑り終えたら次の仲間の滑走を見守る
b0062024_20232241.jpg




急斜面を滑り終えたら下山。
下山も、良い斜面をみつけながらスプレーをあげる。

b0062024_20251274.jpg

b0062024_2026461.jpg

b0062024_20264981.jpg

b0062024_2028611.jpg

b0062024_2031327.jpg

Snowboard、Telemark ski、スタイルはそれぞれ違ってもフカフカパウダーは楽しい。
程よい疲労感に満たされた一日。

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-09 20:33 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(10)

快晴の続T尾根

N尾根トップからツリーを抜けたら別の尾根へ登り返し。
滑った森を振り返る。

b0062024_20225137.jpg




T尾根へ登り返し。
トレースは無いので最初からのラッセルだ。
勾配がきついので、辛いラッセルとなる。

b0062024_2023237.jpg

b0062024_20233322.jpg




二時間半でラッセルを終え稜線へ。
今日の雪の状態はちょっと怖いのでピットチェックをする。
雪柱を堀り、弱層がどの辺りにあるのか調べる・・・
我々の後ろがこれから滑る急斜面だ。

b0062024_2026679.jpg




衝撃を与えながら層の強度を試していく。
b0062024_20293973.jpg




ピットチェックが雪崩の保障をしてくれるわけではないが、一つの目安にはなる。
結果を踏まえ、滑走決行。

Rider : Hashimoto

b0062024_20334386.jpg




右のラインは我がライン。
b0062024_2036968.jpg

b0062024_20362110.jpg

b0062024_2037559.jpg




二番手
Rider : Fujii

b0062024_2038172.jpg

b0062024_20383622.jpg

b0062024_2040486.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-04 20:41 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(10)

快晴の続T尾根

1/18
快晴、気持ちよいハイキング日和。
滑りと景色の両方が楽しめる日はシーズンでも中少ない。
こんな日は自然とテンションも上がる。

中腹より平標山を望む。
この日は群馬側は雲に覆われている。

平標山の稜線を這う雲。

b0062024_2234496.jpg




群馬側から尾根を越えて越後へ雲が流れ込む様子が見て取れる。(谷川連峰)
b0062024_22362666.jpg




ツリーの中をピーク目指して・・・
b0062024_2237181.jpg

b0062024_223828.jpg




モンスターも発達し始めた
b0062024_22384816.jpg




景色も楽しんで稜線に着いたら、まずはこの日の一本目。
Drop

Rider : Hashimoto

b0062024_2244840.jpg

b0062024_22442264.jpg




Rider : Fujii
b0062024_22452187.jpg

b0062024_22453461.jpg

b0062024_22454469.jpg




オープンからツリーへ
b0062024_22461946.jpg

b0062024_22463235.jpg

b0062024_22464193.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-02 22:48 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(8)

シーズン最初のT尾根

稜線直下で風を避けながら一息入れる。
b0062024_20272837.jpg




休憩後ドロップポイントまで移動。
準備を終え、いざスタートとなると急斜面だけに緊張するが、この緊張感は癖になる。
我輩からスタートし、雪の感触を無線で伝え、沢筋を超えた安全地帯でカメラのレンズを繰り出し、稜線に姿を現す次の Rider を待つ。

Rider : Takao

b0062024_20365850.jpg




我輩の刻んだラインすれすれに疾駆する Takao
b0062024_2038224.jpg

b0062024_20384765.jpg




Rider : Tomo
b0062024_20404456.jpg

b0062024_20405484.jpg

b0062024_20411619.jpg




口々に「今年最高」の滑り、と自画自賛。
このあと登り返してもう一本狙ったが、ドロップポイントに到着する前にガスにまかれホワイトアウト。
二本目はルートを変更しツリーを目印に滑りながら下山。

b0062024_2048959.jpg

b0062024_20482270.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-01-27 20:49 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(12)

シーズン最初のT尾根

このところ仕事が忙しくてブログの更新もままならない。
漸く時間が少しできたのでアップすることにした。

今シーズン初めてのT尾根。
三人でT尾根最大の急斜面を滑る。
雪崩や亀裂の入りやすいこの斜面は今が滑り時。
膝までの深雪ラッセルはなかなか辛い。

b0062024_23484951.jpg

b0062024_23492739.jpg




雑誌でも紹介されたこのエリアの近頃の激混みにはいささか閉口する。
この日ここを狙ったのはこの混雑からの逃避の意味もある。

対面の斜面には前日のラインが残り、トップにはすでに人影も・・・

b0062024_23552528.jpg




これから滑走を予定している斜面ではカモシカもラッセルをやっている
b0062024_23562299.jpg

b0062024_23565949.jpg




滑る予定の斜面を眺めながら先を急ぐ。
気温は低いから雪が緩む公算は低いと思われるが、急ごう!

b0062024_23584961.jpg

b0062024_2359240.jpg




稜線近し・・・
b0062024_23594971.jpg




雪煙が時々あがる・・・
稜線は風が強そうだ・・・

b0062024_005366.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-01-21 00:03 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(7)

年明け初ハイク

年末年始は30日からずっと降り続き、晴れた日は一日も無し・・・
休暇最後の日に初めてハイクのチャンスが訪れた。
天候はご覧の通り降り続いていることには変わらないが、このまま一日も登ることなく連休を終えるのは納得がいかず、ハイク開始。

b0062024_21232434.jpg




連日降り続いただけのことはあり、深雪ラッセルはなかなか辛い
b0062024_21242419.jpg




思いのほか滑る雪に納得の一本
b0062024_2126742.jpg




辛いラッセルも、樹氷を見ながら楽しもう・・・
b0062024_21272638.jpg

b0062024_21273871.jpg
b0062024_21274924.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-01-09 21:28 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(16)

シーズンはじめ、快晴のハイキング

10日ほど前の快晴の日のハイキング。
雪不足の中、滑れそうな場所を狙ってのんびりハイキング。
上越の山並みをバックに歩くのは気持ちが良い。

b0062024_16571330.jpg




中の芝の道標もまだ頭を覗かせている。
これがすっかり雪の下に埋もれなければ・・・

b0062024_16592655.jpg




苗場山
b0062024_1701566.jpg




神楽の庭からのパノラマ
b0062024_1704596.jpg

b0062024_1705229.jpg




熊笹が覗いているが雪質は最高。
b0062024_171541.jpg

b0062024_172577.jpg

b0062024_173377.jpg



日向ぼっこをしながらランチタイム
b0062024_173324.jpg




東面は日照時間が短いこともあって、なかなか気持ちよい
b0062024_1742891.jpg

b0062024_1743829.jpg

b0062024_1744789.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-12-31 17:05 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(18)