カテゴリ:2009 苗場山東斜面( 3 )

思い出すたび熱くなる(3 / 5)  Mt.Naeba east slope #3

帰りの時間を考慮すると、あまりのんびりはしていられないが、腹ペコなので山上でランチを済ませる。
滑降斜面を確認すると、上部はクラスト。
一旦テラスまで降りてメインの斜面を見てみることに・・・

Rider : Hasegawa

b0062024_7305766.jpg

b0062024_731324.jpg

b0062024_7321813.jpg




Rider : Izumi
b0062024_734342.jpg

b0062024_7344862.jpg





Rider : George
b0062024_7352784.jpg

b0062024_7353854.jpg

b0062024_7355174.jpg

b0062024_73655.jpg




先に滑った Izumi 嬢から、Skiers right が良いということで右側を巻いていく。

Rider : sakusaku_fukafuka(Fukazu)

b0062024_7394494.jpg




George が先に滑り降りた核心の斜面を俯瞰する。
なかなかスリリングな急斜面だ。

b0062024_747746.jpg

b0062024_7471761.jpg




George に続いてドロップイン。
ドキドキの急斜面は、フワフワのシャワーを巻きあげながら谷底へ落ちていくような感覚。

Rider : sakusaku_fukafuka(Fukazu)
Photo:Izumi

b0062024_751799.jpg

b0062024_7512546.jpg

Photo:Geprge
b0062024_7512839.jpg

b0062024_7514355.jpg

b0062024_7515591.jpg




b0062024_75583.jpg




どのあたりを狙ったらよいか、交信しながらドロップイン。
Rider : Izumi

b0062024_7552465.jpg

b0062024_756562.jpg

b0062024_7571168.jpg

b0062024_7581410.jpg

b0062024_7583074.jpg

b0062024_7584359.jpg





斜度よし・・・・・広さ抜群。
滑りながらもどこにラインを刻もうか、瞬間的にも、贅沢な悩みに迷いながら疾駆する。

Rider : Hasegawa

b0062024_843234.jpg

b0062024_844296.jpg

b0062024_845276.jpg

b0062024_85288.jpg




メインの斜面を滑り終えたら、スキー場エリアへ登り返すためにボトムまで移動。
b0062024_855881.jpg

b0062024_863914.jpg




最高の滑りに大満足。
余韻を味わいながらも、帰りの登りの斜面が近づいてくるが・・・・・・・・
スキー場の連絡路が閉鎖されるまでに戻りたいので、余韻に浸っている間は無い。

b0062024_8105536.jpg




背中に汗びっしょりかきながら急登を登り返し、なんとか時間無いに戻れそうだ。
振り返れば、滑った斜面が西日を受けて輝いている。
何度も何度も、「最高だったね」と語り合う大満足の一日が終わった。

b0062024_8122972.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-16 08:19 | 2009 苗場山東斜面 | Comments(0)

思い出すたび熱くなる(3 / 5)  Mt.Naeba east slope #2

神楽ケ峰より雷清水まで、滑走距離は短いが一滑り。
b0062024_21195078.jpg




鞍部から夏道の取り付きへ向かう。
b0062024_21252277.jpg




滑る予定の斜面を左手に眺めながら・・・
b0062024_2126377.jpg

b0062024_2126959.jpg




鞍部は風の通り道。
木の枝に付着した雪がその厳しさを物語る。

b0062024_21272893.jpg




美しい景色に見とれているうちに、足の速い仲間は先に取り付きに到着。
どのルートを登るか思案中。

b0062024_21325623.jpg




苗場山北面は荒々しい美しさが際立つ。
b0062024_21334969.jpg




結局夏道を登ることに・・・
苗場山となると、やっぱりここを登りたい。
スノーシューはここまで。
ここからはアイゼンに履き替える。

b0062024_21351057.jpg




固くクラストした斜面はピッケル&アイゼンが頼り。
b0062024_21392437.jpg




いきなり急登から取り付く。
b0062024_21522098.jpg

b0062024_21525559.jpg





北向きのクラスと斜面を過ぎると、最もイヤな場所に差し掛かる。
b0062024_2154296.jpg

b0062024_21543183.jpg

b0062024_21544041.jpg




早く通過し終えたい斜面。
b0062024_2156193.jpg

b0062024_21561665.jpg




緊張を強いられた斜面を通過。
二つ目のテラスで一息つく。

b0062024_21585188.jpg




ここまで来れば山上はすぐそこ。
b0062024_21594598.jpg

b0062024_220073.jpg

b0062024_2202742.jpg




西には日本海を望める
b0062024_2211347.jpg





滑る予定の斜面が眼下に広がる。
b0062024_2215282.jpg




12:00pm 山上到着。
広々とした山上。
どこでも自由に歩けてしまうのはこの時期の特権だ。

b0062024_225785.jpg

b0062024_2243371.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-13 22:06 | 2009 苗場山東斜面 | Comments(4)

思い出すたび熱くなる(3 / 5)  Mt.Naeba east slope #1

 (画像をクリックで拡大します) 


久しぶりの平日休み。
予報は快晴。
仲間と連絡を取ると、かねてからのプラン、苗場山東面をやることになっているので一緒にどうかと・・・
迷わず同行することにした。

彼らとは、一緒にドロップポイントと、かぐらに戻るルートの下見を2/15日にしたばかりだが、こんなに早く実現するとは思わなかった。
前日の夜は、童心に帰ったようにいささか興奮気味。

車で朝家を出て国道17号を走り、三国トンネルを越えると目の前にモルゲンロートの苗場山が目にとまる。
車のフロントガラス越しに一枚撮影。
今日一日快晴が約束されたような雲ひとつ無い青空にテンションも上がる。

b0062024_21201280.jpg




燕山も朝日に染まってきれいだ
b0062024_21243698.jpg




平日は久しぶりだが、なんといっても空いているのがいい。
慌てることも急ぐことも無い。
のんびり神楽へ向かうと綺麗にピステされたゲレンデが眩しい。

b0062024_21253938.jpg




まずは第一高速リフトに乗る。
うっすらと降ったようだが、昨日のラインはしっかり残っている。

b0062024_21264829.jpg




春になると動かす「第五ロマンスリフト」が動くまで時間があるので、珍しくゲレンデを数本回し、体も温まった頃第五リフトを乗り継ぎ、ハイクアップ。


中ノ芝を行く

b0062024_21292332.jpg




上ノ芝
左手に神楽ケ峰も見えてくる。

b0062024_2131401.jpg




第五ロマンスリフトを使うと楽々ハイキングだ。
これだもの、なんの装備も持たないゲレンデ屋がこぞって登ってくるはずだ。

b0062024_2133212.jpg




奥に神楽ケ峰
b0062024_21333717.jpg




ニセ神楽ケ峰(仮称)のトップに出ると、見慣れた苗場山がデンと構える。
b0062024_21332920.jpg




この分だと北斜面も良さそうだ。
b0062024_2134969.jpg




樹間から、これから登る夏道のルートが見て取れる。
b0062024_21363282.jpg




鞍部、お花畑付近の小ピークはなかなか格好良くて好きだ。
b0062024_21372958.jpg




夕べ降った雪は樹氷の花を咲かせている。
b0062024_21381645.jpg




夏道ルートの最低鞍部を俯瞰
b0062024_21384668.jpg




10:15am 神楽ケ峰到着。
神楽ケ峰から望む苗場山は圧巻だ。

b0062024_21395379.jpg




どこまでも真ッ平らな山上とくらべると対照的な北面のダイナミックな景観はアルペン的でお気に入りの景色だ。
b0062024_21462592.jpg




今日滑る予定の斜面を間近に見る。
b0062024_21474954.jpg




この岩と岩の間・・・どちらを滑ろうか。
贅沢な悩みだ。

b0062024_21473730.jpg




滑走距離は短いが暗部まではちょっと滑りを楽しむ。
これから滑る苗場山東面をバックに滑走準備。

b0062024_21485958.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-10 21:54 | 2009 苗場山東斜面 | Comments(4)


爺~ジ Snowboader が綴る、滑った、登った、出会った、奏でた、聴いたときの自己満足欲張り備忘録


by sakusaku_fukafuka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このページの主・怠け者の趣味

Backcountry Snowboard
■Trekking
■Nature Photograph
■Instruments(Stringed Bass/Electric bass and Drums/Percussions)
  
※お願い:ご意見等がありましたら身分氏名を明らかにしてmailにてお願いします。このブログのコメント欄は趣味を同じくする者同士のコミュニケーションの場です。身分を明らかにできない匿名のご意見や管理人の意に沿わないコメント欄への書き込みは誹謗中傷と同レベルとみなし、管理人の権限で削除します。

Links
常吉の酔いどれ日記
SHOPHOTO

メールはsakusaku_fukafuka@XX.co.jp
へ。
XX は迷惑メール対策です。hotmailと入れてください。

カテゴリ

全体
スライドショー
♯s&♭s
2017 雪山三昧 前期
2017 雪山三昧 中期
2017 雪山三昧後期
2017 無雪期登山
2016 雪山三昧 前期
2016 雪山三昧 中期
2016 雪山三昧後期
2016無雪期登山
2015 season 雪山三昧・前期
2015 Season雪山三昧・中期
2015 Season 雪山三昧・後期
2015 無雪季登山
2014 雪山三昧・前期
2014 雪山三昧・中期
2014 雪山三昧・後期
2014 無雪期登山
2013 雪山三昧・前期
2013 雪山三昧・中期
2013 雪山三昧・後期
2013 雪山三昧・春
2013 無雪期登山
2012 雪山三昧 前期
2012 雪山三昧中期
2012 雪山三昧・後期
2012春 おまけ滑り
2012 登山
2011 雪山三昧 前期
2011 雪山三昧 中期
2011 雪山三昧・後期
2011 雪山三昧・春
2011 マチガ沢『四ノ沢』
2011 槍ヶ岳周辺滑降
2011 登山
2010 雪山三昧・前期
2010 雪山三昧・中期
2010 雪山三昧・後期
2010 槍ケ岳残雪
2010 焼岳滑降
2010 登山 春~秋
2009 Season start
2009 雪山三昧 前期
2009 雪山三昧・中期
2009 苗場山東斜面
2009 雪山三昧・後期
2009 マチガ沢四ノ沢
2009 無雪期登山/春から夏へ
2009 無雪期登山 秋/晩秋/初冬
2009 無雪期登山・夏
2009 雨飾山
2009 槍ヶ岳滑降
2009 奥穂高岳直登ルンゼ滑降
2009 谷川連峰馬蹄形縦走
2009 北アルプス縦走1 表銀座
2009 北アルプス縦走 2 キレット
2009 錦秋の氷河公園・天狗池
2009 尾瀬
2008 雪山三昧・前期
2008 雪山三昧・中期
2008 雪山三昧・後期
2008 雪山三昧・春
2008 谷川岳マチガ沢
2008 尾瀬至仏山滑降
2008 無雪期登山・夏
2008 無雪期登山・秋
2008 秋景
2008 尾瀬
尾瀬初秋
尾瀬
2010 芝倉沢滑走記
2009 芝倉沢滑走記
2008 芝倉沢滑走記
2007 焼岳滑走記
2007 芝倉沢滑走記
2007 槍ヶ岳滑走記
冬景色
奈良
千畳敷カールから木曽駒ケ岳へ
秋・涸沢を訪ねて
槍・穂縦走記(キレット越え)
自然
雪山三昧・後期
雪山三昧・前期
雪山三昧・春
雪山三昧・中期
登山
登山・秋
双六岳~南岳縦走記 2007

紅葉 2007
ほか・生活風景
未分類

タグ

(9)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

>常吉さん、コメントあり..
by sakusaku_fukafuka at 22:19
sakusaku_fuk..
by 常吉 at 20:50
鍵コメ03-06 17:..
by sakusaku_fukafuka at 21:09
>マー君、コメントありが..
by sakusaku_fukafuka at 21:39
無事に下山お疲れ様です。..
by マー君 at 21:07
>鍵コメ14:15さま、..
by sakusaku_fukafuka at 16:12
>スルメさん、コメントあ..
by sakusaku_fukafuka at 09:24
ご無沙汰してます。越後の..
by スルメ at 09:31
>トッキーさん、コメント..
by sakusaku_fukafuka at 22:56
てんちょ息子です。みんな..
by tokky at 14:28

ライフログ

夢のあとに

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

ブラームス:交響曲第1番

マーラー:交響曲第2番

The Lady Wants to Know

フェアリー・テイル

フォトグラフ

ドイツ民謡集(1)野ばら

バイオリニストは肩が凝る―鶴我裕子のN響日記

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧