カテゴリ:2009 雨飾山( 2 )

雨飾山(4/12)

山頂付近からの展望を堪能したらドロップイン。
所々口を開けた斜面には要注意・・・斜面上部からは見えないのが難点だ。

Josuke

b0062024_873741.jpg




sakusaku_fukafuka(Photo:Josuke) 
b0062024_881875.jpg





ドロップポイントを探す・・・
ここからなら谷筋へ滑り降りられそうだ。

sakusaku_fukafuka(Photo:Josuke)

b0062024_895256.jpg




一気に谷筋へ・・・
狭いシュートを滑りぬけるも、一度デブリに乗り上げてすっ飛ばされたが、なかなか楽しい急斜面だ。

sakusaku_fukafuka(Photo:Josuke)

b0062024_8132074.jpg

b0062024_8133060.jpg




ボトムより、滑った斜面を見上げる。
b0062024_8161249.jpg

b0062024_8162374.jpg




オープンな斜面を滑り降りてくる Josuke
b0062024_8184359.jpg




次回は正面のシュートを滑ろうと思う・・・・いつになるかわからないが(笑)
b0062024_8202055.jpg




この沢を下部へ滑り降りても良いのだが、帰路できるだけ駐車場に近い場所へ降りたいので、一旦登り返すことに・・・
b0062024_8215133.jpg




シューがずり落ちるくらいの急斜面の登り返しはけっこう堪えた。
b0062024_8225934.jpg




見通しの良い稜線へ出て、駐車場めがけて板掴みの粘る雪の上を滑りだす。
b0062024_8254241.jpg

b0062024_8255269.jpg




長い長いツリーのトラバース
b0062024_8271361.jpg

b0062024_828756.jpg




標高が下がるにつれ、雪は更に悪雪に・・・
b0062024_8302161.jpg




滑りも終盤、行く手を阻まれるようになってきた・・・
b0062024_8321188.jpg




移動が容易なスキーとは違い、止まってしまったらお仕舞い・・・
スノーボードの宿命だが、ここでこの日の滑りは終わり。
いよいよ歩くはめに・・・

b0062024_8353119.jpg




さて・・・・・ここをどう降りるか・・・・
b0062024_8371325.jpg




どうする?
b0062024_8373667.jpg




なんとか滑り降りたものの、Josuke はとうとう滝に遭遇。
それでも、めげないのが彼の良いところだ。

b0062024_8401317.jpg

b0062024_8402225.jpg

b0062024_8403147.jpg




終盤に苦労はあったものの、だいぶこれで川沿いの横歩きを軽減できたはずだ。
川沿いを駐車場へと戻る。

b0062024_8425367.jpg




何という木だろう?・・・・・・・樹齢300年くらいか?
b0062024_843503.jpg




10時に取り付きへ戻る。
やっぱり早発ちはいい。
時間に余裕ができたので、露天風呂へと車を走らせる。

b0062024_8451318.jpg




今日の山行を語り合いながら露天風呂でくつろぐのは最高だ。
b0062024_8455416.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-05-05 08:49 | 2009 雨飾山 | Comments(6)

雨飾山(4/12)

初めての雨飾山。
無雪期に下見をするつもりでいた山であるが、下見は実行できないまま、初登攀となった。
ひょんなことから、雨飾山経験済みの Josuke が同行することになった。

仕事先から車を飛ばして小谷村入り。
先に小谷村入りしていた Josuke と露天風呂のあるところで待ち合わせ。

ヘッドランプ頼りに露天風呂へ向かうも、真っ暗な露天風呂に先客あり・・・
暗闇から声をかけてきたのは、なんと、先に小谷入りしていた Josuke。

体も温まったところで就寝。
こんなところに無料の露天風呂とはありがたい。
ポカポカと心地よい気分で夢の中・・・


まだ真っ暗な中、目覚めて外に出ると、すでに Josuke は起きていた。
キャンプ場へ車を移動し、3:30am ヘッドランプで出発。

いきなり急登の尾根に取り付き、この日の登攀が始まる。

b0062024_20574822.jpg




4:47 am 白々と夜が明け始める
b0062024_20584986.jpg




登り始めて2時間弱・・・
山頂付近が視野に入ってきた。

b0062024_20595176.jpg




スキーのトレースも何本かあったが、険しい登攀が続く
b0062024_2103942.jpg

b0062024_211582.jpg




ドロップポイントも間近だが、まだまだ急登は続く。
b0062024_212213.jpg

b0062024_2122221.jpg

b0062024_212315.jpg





急登も終わろうという頃、山頂が目前に迫る。
b0062024_2131428.jpg




ここから山頂へは行けないが、このあたりがドロップポイントか・・・
b0062024_2142252.jpg

b0062024_2145091.jpg




さて、どこを滑り降りようか・・・
あちこち徘徊しながらポイントを探す

ここも良さそうだが、よ~~く見るとクラックが入っていたので止めた・・・

b0062024_2162911.jpg




標高はそれほど高くない山であるが、その山容はなかなか立派だ。
b0062024_2174065.jpg

b0062024_2174977.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-04-30 21:13 | 2009 雨飾山 | Comments(4)