カテゴリ:2009 無雪期登山/春から夏へ( 6 )

花を愛でに #4

花を愛でに・平標山


(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)


お目当てのハクサンイチゲとハクサンコザクラを楽しんだら仙ノ倉山をピストンする。
帰りの平標山の登りを除けば楽しい稜線歩きだ。

アズマシャクナゲがかろうじてまだ咲いていた。

b0062024_16232968.jpg




どこを滑ってもいいな・・・などと、のどかな斜面を見ると、つい冬のことを考えてしまう。
b0062024_16251880.jpg




平標山~仙ノ倉山間はたおやかな斜面が広がっていて、冬のシーズンはビギナーから上級者まで楽しめる。
牧歌的な稜線をのんびりと仙ノ倉山へ向かい、風もまだそれほど強くは無かったので楽しみのランチ。
週末の山頂はけっこう賑わっていたが、生憎谷川岳方面の展望は無い。
ランチを済ませるころ、風もいささか強くなってきて体感温度も下がってきた。

また花を楽しみながら往路を平標山まで戻る。

山頂付近のハクサンイチゲの群落。 

b0062024_16323312.jpg




視界が良ければ振り返るとエビス大黒ノ頭がこんな感じで見えるはずなのだが、今日は見えない。
b0062024_16342136.jpg




往路を戻るが、平標山に向かって牧歌的な稜線が気持ちよい。font>
b0062024_16413085.jpg

b0062024_16413926.jpg

b0062024_1642146.jpg





チングルマ
b0062024_16425261.jpg




ミヤマキンバイ
b0062024_1643388.jpg

b0062024_16435597.jpg

b0062024_16444183.jpg




平標山まで戻ると、仙ノ倉山とは比べ物にならないくらい登山者で混雑していた。
思い思いに陣取り、お弁当を広げて楽しそう。

平標山では立ち止まらずにそのまま通過。
下るなら早いほうが良いということで、登ってきた松手山ルートを下ることにした。

山頂から下り始めると、まだ続々と山頂を目指して登ってくる。
突然前方から声をかけられ視線を上げると、知人のご夫妻のバーティが登ってくるところだった。
この山で知人と会うことは珍しくないのだが、やはり場所が場所だけに嬉しいものだ。

手短に近況の報告をし合って一路元橋を目指す。

b0062024_16522014.jpg




仙ノ倉山と比べると、こちらはまだ視界も良く、楽しい下山だ。
b0062024_16532918.jpg




12時を過ぎたが、下る人、登る人様々だ。
b0062024_16542862.jpg




松手山より、平標山を振り返る。

山頂はガスに覆われつつある。
今頃山頂に居る人たちは・・・・・・・
などと考えながら更に下る。
さて、次回はいずこ・・・・・・・

b0062024_1656881.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-27 16:58 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(2)

花を愛でに #3

花を愛でに・平標山


(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)



今回の山行の一番の目的はなんと言っても《ハクサンイチゲ》 《ハクサンコザクラ》をまた見たいということだ。

ここ、平標山~仙ノ倉山の間では風の強い稜線にその群落がある。
風に吹かれて揺れる白い清楚な花は、上越の山並みを背景に一層引き立つ。 
そのハクサンイチゲと共生する薄紫のハクサンコザクラは高嶺に咲く Princess さながら、涼風に可憐な花を揺らしていた。

GPSの軌跡と、高山植物の大まかな分布。
b0062024_7303387.jpg



ハクサンイチゲ (白山一花):キンポウゲ科イチリンソウ属

b0062024_6385817.jpg

b0062024_6493688.jpg

b0062024_641255.jpg




あたり一面に咲くハクサンイチゲ。
ため息が出る美しさだ。

b0062024_6595549.jpg

b0062024_643321.jpg

b0062024_6435134.jpg





松手山から平標山までの間のお花畑では単独で群落を形成していたハクサンイチゲは、平標山から仙ノ倉山へ下り始めるとハクサンコザクラやチングルマなどと共生しながら群落を作っている。

仙ノ倉山遠望。

b0062024_744469.jpg




ハクサンコザクラ サクラソウ科サクラソウ属
サクラソウ属の花は雪が解けたあとの湿地に大群落を作ることが多く、その可憐な花は見るものを感動させてくれる。
行きかう登山者達の口々から「かわいい~~~」と歓声が上がるのもうなずける。

b0062024_711518.jpg

b0062024_711378.jpg

b0062024_712213.jpg

b0062024_7123754.jpg

b0062024_713124.jpg





同じ場所に咲くハクサンイチゲとハクサンコザクラ
b0062024_715335.jpg

b0062024_716141.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-24 07:47 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(6)

花を愛でに #2

花を愛でに・平標山


(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)

松手山からの気持ちよい稜線を過ぎると最後の急登に差し掛かる。
b0062024_842336.jpg




シャクナゲは開花次期が短いためか、なかなか綺麗に咲いているところにお目にかかれない。
少し次期が過ぎたのかもしれない。

アズマシャクナゲ

b0062024_7381713.jpg

b0062024_7382999.jpg

b0062024_7383958.jpg




松手山コースは急登で有名であるが、視界が開けると景色が良いので、個人的にはいつもここを登る。
辛いながらも、涼風が頬をなでていくので気持ちよい。

b0062024_7415854.jpg




息を整えながらの登りも、絨毯を敷き詰めたような熊笹の美しい斜面と山頂がいつも見えるので元気づけられる。
b0062024_745341.jpg




整備された木の階段の傍らには可憐な花たちが咲いている。

ヨツバシオガマ

b0062024_7474921.jpg
b0062024_748296.jpg

b0062024_7482249.jpg

b0062024_75016100.jpg




ハクサンチドリ
b0062024_7492057.jpg

b0062024_7493537.jpg




急登の途中から松手山を見下ろす。
秋にはここの紅葉が素晴らしい。

b0062024_7512325.jpg




もうじき稜線。息を切らせて登った急登も、もう終わり、山頂までは気持ちよい稜線歩き。
b0062024_7564981.jpg

b0062024_757453.jpg




草むらの中に、開花の順番を待つカラマツソウの蕾が可愛い。
b0062024_758272.jpg




開花次期を終えようとしているイワカガミがまだ残っていた。
b0062024_803162.jpg

b0062024_805350.jpg




うっかり見過ごしてしまいそうなくらい小さい花が可愛い。コケモモ
b0062024_8954100.jpg




ここまで来れば山頂も間近、気持ち良い稜線散歩。
b0062024_819487.jpg

b0062024_8192054.jpg




数は少ないがナエバキスミレ
b0062024_8225146.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-23 08:28 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(4)

花を愛でに

花を愛でに・平標山



梅雨の季節の貴重な晴れ間。
気象情報が当てにならないくらい、目まぐるしく変わる天候の晴れ間を縫うように平標山たいらっぴょうやまを訪れた。

四季を通して幾度と無く訪れる平標山だが、この季節の平標山の魅力はなんと言っても高山に咲く花々だろう。
ダケカンバやブナは新緑から夏の濃い緑に変わろうとするころ、高山植物たちが競うように花開く。
今日からしばらくは、平標山を彩る花々を写真の整理をしながらお届けしようと思う。

登山口から樹林帯のきつい登りに一汗かいたころ、一旦視界が開けるとレンゲツツジのお出迎え。

(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)
b0062024_19311928.jpg





すぐ傍にはピンクのタニウツギも。
b0062024_19343093.jpg




視界が開けた明るい牧歌的な丘を過ぎると、また登山道は樹林帯に入る。
薄暗い木陰に、ひっそり人知れず佇むギンリョウソウ

b0062024_1940341.jpg





送電線の鉄塔を過ぎ、稜線間近になると花の種類も増えてくる。

白い花が盛りのナナカマド

b0062024_19452467.jpg




地を這うように、足元には可憐なアカモノ
b0062024_19471565.jpg

b0062024_19472671.jpg





視界が開け、松手山も近づくころ、登山道の両脇にはウラジロヨウラクやサラサドウダンが咲き乱れる。

ベニサラサドウダン

b0062024_19502937.jpg

b0062024_19503895.jpg

b0062024_1950484.jpg

b0062024_19505857.jpg




ウラジロヨウラク
b0062024_19513484.jpg

b0062024_19514540.jpg




サラサドウダン
b0062024_19522080.jpg





ヤカイ沢を見下ろすと、緑濃くなってきたカンバの森。
b0062024_19544767.jpg

b0062024_19581985.jpg




新しい緑に覆われたこの斜面も、秋には見事な紅葉に染まる。
b0062024_19593687.jpg




松手山より平標山を望む。
b0062024_2064190.jpg

b0062024_2072373.jpg




松手山を過ぎて振り返ると、苗場山が美しい。
b0062024_20105211.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-21 20:44 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(6)

マチガ沢雪渓を登る

四ノ沢と本谷の分岐辺りまで来ると、斜度は相当きつくなる。
カメラを下方に傾けて撮影しているので、画像からは傾斜をあまり感じないが、斜面にたかっているのがやっとである。

b0062024_5221582.jpg




四ノ沢に入ると、山頂トマノ耳直下。
落石がないことを祈るのみ・・・

b0062024_5242752.jpg




見上げるも、まだ源頭部は見えてこない。
b0062024_5262393.jpg




振り返ればオキノ耳。
山頂トマノ耳もすぐそこだ・・・・が・・・・・なかなか先へ進まない。

b0062024_5273523.jpg




下を見るたびに、滑落したらどうなるか・・・などと邪念が脳裏を過ぎる。
b0062024_5295176.jpg




あれが源頭部か?・・・・・・・・
早くこの緊張から開放されたくなっているので、更に源頭部が遠く感じる。

b0062024_5312047.jpg




やっとこさ、源頭部が見えてきた・・・・・・
b0062024_5351577.jpg




少し余裕が出てきて遠くに視線を移すと、新緑に染まり始めた白毛門や尾瀬至仏山や燧ケ岳も見える。
b0062024_5375195.jpg




山頂トマノ耳だ・・・稜線も、もうすぐ。
b0062024_5385627.jpg




山頂間近とはいっても、下を見ればまだまだ気を抜けない。
b0062024_5395793.jpg

b0062024_5401252.jpg

b0062024_5402287.jpg




後半の登攀に緊張しながら、5時間あまりでようやく山頂に着いた。
群馬県側とは違い、新潟県側の視界はほとんど無い。稜線を挟んだ天候の違いが面白い。

山頂から登ってきたルートを俯瞰。

b0062024_5444448.jpg




岩陰で風をよけながらランチをとり、西黒尾根を下る

かろうじて稜線に残っていた雪渓。。

b0062024_5462122.jpg




西黒尾根よりオキノ耳
b0062024_547298.jpg




西黒尾根稜線より、登った雪渓を俯瞰
b0062024_5474068.jpg

b0062024_5475243.jpg




緊張感も過ぎ去り、下山は稜線に咲く花を愛でながら巌剛新道へと降りた。


タムシバ

b0062024_5492266.jpg




アズマシャクナゲ
b0062024_5545199.jpg




ムラサキヤシオ
b0062024_556378.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-06 05:59 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(2)

マチガ沢雪渓を登る

(画像をクリックで拡大表示)


二月に滑ったマチガ沢四ノ沢の状態を詳しく知りたいと思い、過日マチガ沢の雪渓をつめた。


斜度がきついので、ある程度雪が緩んでからのんびり出発。
新緑のマチガ沢を駐車場から望む。

b0062024_1418494.jpg




登山道脇には高山植物も咲き始め、歩く者の目を楽しませてくれる。

サンカヨウ

b0062024_14191554.jpg

b0062024_14192636.jpg

b0062024_14193617.jpg




シラネアオイ
b0062024_14201310.jpg




第一見晴らしより雪渓と新緑のマチガ沢
b0062024_14281342.jpg




ガスに覆われ幽玄な雰囲気のシンセン
b0062024_14312698.jpg




残雪のマチガ沢。
沢登の技術のない小生には、こうして雪渓が残っているうちじゃないとマチガ沢を登ることは不可能。

b0062024_14331392.jpg




これから二月に自分が滑った斜面を遡る。
期待と不安にドキドキだ。

b0062024_14343259.jpg




雪解けのころにしか現れないだろ滝があちこちに出現する。
b0062024_14451636.jpg




徐々に斜度を増してくる・・・
左が三ノ沢、右が四ノ沢。

b0062024_14465988.jpg




三ノ沢はすでに雪渓が切れているので登れない。
予定通り四ノ沢をつめる。

b0062024_1450596.jpg




雪崩れが削り取った跡だろうか・・・
人の背丈くらいはある溝が縦に真っ直ぐ抉られている。

b0062024_14513634.jpg




幸い天候は回復傾向のようだ。
時折山頂付近を見ることができるようになってきた。

b0062024_145351.jpg




だいぶ登ってきたが、徐々に斜度を増す・・・
先はまだまだだ・・・・・・・

b0062024_145727.jpg

b0062024_14571524.jpg





登攀中最もイヤな場所はここだった・・・
解けて落ちるのも時間の問題ということが一目瞭然。
振動を与えないように、慎重にこのスノーブリッジを渡った。

b0062024_14592985.jpg




更に斜度を増してくる・・・
上を見ると、ここは山頂(トマノ耳)直下だ。

b0062024_151187.jpg

b0062024_1513743.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-06-04 15:13 | 2009 無雪期登山/春から夏へ | Comments(10)