カテゴリ:2009 無雪期登山・夏( 8 )

谷川岳プチ縦走

東面は西黒沢から芝倉沢まで全てガスが発生した。
ノゾキからの一ノ倉沢の圧倒されるような岸壁を見せたあげたかったが、それは叶わなかった。
しかし、非対称山陵らしい東面と西面の気象の違いを見るのはそれも面白い。

ノゾキへ向かう。

b0062024_72189.jpg

b0062024_7213646.jpg




ここからはほぼ垂直に切れ落ちている。
霧で見えないのは残念だが、天気さえよければ下の写真のような景観をたのしめる。

b0062024_7244098.jpg




恐る恐る身を乗り出してみる・・・
b0062024_7253467.jpg

b0062024_7254674.jpg




ノゾキを通過。
岩場を下って一ノ倉岳へ登り帰す。

b0062024_7265741.jpg

b0062024_7271443.jpg




一ノ倉岳への登り。
これを登り切れば、もうこの日は急登の登りは無い。

b0062024_7284217.jpg




なんの特徴もない一ノ倉岳を通過、ここから20分ほどの行程、茂倉岳へ。
b0062024_731461.jpg
b0062024_7311824.jpg




トマノ耳もずいぶん遠くなった。
b0062024_7321886.jpg




一ノ倉岳~茂倉岳までをパノラマに。
b0062024_733244.jpg




タテヤマリンドウ
b0062024_733558.jpg




ホソバコゴメグサ
b0062024_7342381.jpg




キンコウカ
b0062024_7345464.jpg




もうすぐ茂倉岳。
b0062024_7352629.jpg




オジカ沢ノ頭と万太郎山
b0062024_7361614.jpg




茂倉岳山頂
b0062024_7372961.jpg




山頂で大休止をしたら土樽へ下る。
15:21分発水上行には間に合わないので、18:11分初の電車にしたが、時間がありすぎるので、のんびり下る。

b0062024_7415164.jpg




眼下に茂倉避難小屋が見える。
b0062024_7424289.jpg




険しくも美しい万太郎谷
b0062024_7433240.jpg




この稜線も土樽まで長い・・・
b0062024_7442859.jpg

b0062024_7444210.jpg




左手にいつも万太郎谷を見下ろしながら下るのは楽しい。
b0062024_7454219.jpg




振り返るとずいぶん下った。
b0062024_7463633.jpg

b0062024_7472066.jpg




矢場の頭が近づく頃、徐々にガスが濃くなってきた。
b0062024_7481333.jpg




矢場の頭を過ぎ、木の根が露出した歩きにくい登山道を下る頃、すっかりガスに覆われた・・・
b0062024_7491016.jpg




遠くでゴロゴロとイヤな音が響き始めたかと思ったら、このあと直ぐに豪雨の洗礼を受けることに・・・・・・・
b0062024_7501484.jpg




登山口駐車場も近くなった頃、いきなりバケツをひっくり返したような集中豪雨に見舞われた。
登山道は川の如く水が流れ、むき出しになった赤土は滑って足を取る。
幾度も尻餅をつき、下半身ぐしょ濡れになって登山口へ下りた。

b0062024_7525799.jpg




土樽駅へ着き、電車を待つも、同行者が携帯で電車の発車状況を調べると、先ほどの豪雨の影響で電車が遅れるとのこと・・・・・
無人駅なので駅員に直接聞くことができず、直結されているインターホンにて確認するも、分からないのであっちに聞けこっちに聞けとたらい回し・・・
結局一時間あまり遅れて水上行きの列車が入ってきた。

b0062024_7564795.jpg

集中豪雨に見舞われたものの、電車のみならず、午後予想された雨もギリギリまで遅れてくれたようで、それも幸いした山行となった。
中止しなくて完走できたことで「よし」としよう。

by sakusaku_fukafuka | 2009-08-02 08:02 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(6)

谷川連峰プチ縦走

8月の北アルプスを念頭に少しでも山に登っておこうと、トレーニングを兼ねてプチ日帰りプチ縦走を計画した。

予報は曇りのち雨。
前日から予報を見ながら、登るか止めるか迷いつつも、予報はあくまでも予報なので取り敢えず現地に集合することとした。
高速道路のIC近くで遠方からやってくる同行の仲間を待ちつつ谷川岳を見ると、薄暗い中にも稜線がはっきり見えている。
『これなら、なんとか登れるか・・・』
期待しているところへ仲間二人が到着。
コンビニでおにぎりを調達して土合駅へ向かう。

この日のプチ縦走は、下山後に新潟県側の土樽駅から電車を使って土合に戻る『 I ターン形』の縦走。
車一台を土合駅にデポし、ザックを積み替えて我輩の車でマチガ沢出合いへ移動。

一旦一ノ倉沢出合へ車を走らせ、谷川岳が初めての仲間一人に一ノ倉沢の岸壁と、この日通過する一ノ倉沢の稜線を見てもらった後、マチガ沢出合いへ戻り、5:10am 巌剛新道を山頂へ向けて出発。

ここは、今年になってからも何度も通っている登山道だが、その大半は独り。
登山道には終始鶯のさえずりが聞こえているが、今日はこちらにも鶯嬢の華やいだ声が響く賑やかな山行だ。
b0062024_9462745.jpg




半ば諦めながらも予想に反した天候に背中を押されるように登りはじめたのだが、第一見晴らしを過ぎる頃から冷たいものがポツポツと落ちてきた。
濡れる前に雨具を出し、先に進むか引き返すか談合。
しかし、「ラクダのコルくらいまでは行きたいよね」という希望を入れ、雨の降り方次第ではいつでも引き返すつもりで稜線へ向かって先に進む。

b0062024_9523461.jpg




北海道の大量遭難事故がまだ記憶に生々しい。
無理は禁物であるが、山頂付近は霧に包まれてはいるものの、ポツポツ落ちてきた雨はいつの間にか上った。、
b0062024_9594236.jpg




北アルプスを想定して、ロープウェイを使わずハードな巌剛新道を選んだ。
この岩場も良いトレーニングになるだろう。

b0062024_1025845.jpg

b0062024_103296.jpg

b0062024_1033919.jpg

b0062024_1035954.jpg

b0062024_1041542.jpg




心配した雨も遠ざかり、なんだかんだ、もうじきラクダのコル。
b0062024_1052421.jpg




稜線に出れば気分も変わる。
雨も遠ざかったようだし、山頂はガスで見えないが、もしものときは天神尾根からロープウェイを使って下山することを念頭に山頂を目指す。

b0062024_10714.jpg




後ろのオレンジちゃんは先週ここに挑んでいて二週連続。
前のブルーちゃんは谷川岳は初めて。
しかし、険しい登りでも、迫力ある西黒尾根には満足のご様子。

b0062024_10112842.jpg




クルマユリ
b0062024_1012016.jpg




蛇紋岩は滑りやすい。慎重に・・・・・・
b0062024_10143859.jpg




マチガ沢(右側)は霧で見えないのは残念でもあるが、稜線を挟んで左右のお天気の違いは、これはこれで見ごたえのあるものだ。
b0062024_10182353.jpg

b0062024_10342123.jpg



オタカラコウ
b0062024_1035716.jpg




ザンゲ岩。
ここを過ぎれば急登は終わり。
熊笹帯の稜線を歩けば山頂だ。

b0062024_10361360.jpg




ハクサンフウロ
b0062024_1036498.jpg




ミヤマシシウド
b0062024_10375096.jpg




谷川岳山頂到着。
東側は霧で何も見えず、ただし、西側は遠く苗場山まで見える。
非対称山稜の典型的な風景を象徴しているようだ。

b0062024_10434530.jpg




まだまだ先は長いので、記念撮影をしたら先を急ぐ。
山頂トマノ耳をあとに、双耳峰である谷川岳のもう一つの山頂オキノ耳へ向かう。

b0062024_10525279.jpg




茂倉岳(左)と一ノ倉岳(右)
b0062024_10534365.jpg




オキノ耳でも記念撮影をして通過。
ノゾキ手前からトマノ耳とオキノ耳を振り返る。

b0062024_10585114.jpg




この景色はお気に入りの一つ。
幾度見てもいい・・・・・

b0062024_10591636.jpg





西側に長く連なる谷川連峰の縦走路の峰々を眺めて感嘆の声を漏らす二人。
b0062024_1102960.jpg

b0062024_111393.jpg

やがてこのルート上核心部の『ノゾキ』へ・・・・・・・

by sakusaku_fukafuka | 2009-08-01 11:03 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(4)

願わくば会いたくないもの

梅雨が明けたというのにはっきりしない天気が相変わらず続く。
この日も苗場山手前のお花畑まで花を見に行くつもりで取り付きまで来たが、外は霧雨だ。
しかし、週末の駐車場は登山者の車であふれている。
外も白々と明けてくると、こんな霧雨の中でも出発していく登山者は後を絶たない。
目の前の山々は濃い霧の中。
北海道の大量遭難事故があったばかりだが、霧雨の中をこれだけの登山者が登っていくところを見ていると、そんな事件も『どこ吹く風』といった感じだ。
こんな天気でなければ5時には出発する予定だったが、出発していく登山者を見送りながら、まだどうするか決めかねていと空が明るくなり、時折太陽が雲間から顔をのぞかせるようになった。

7時半、自分にしては遅すぎる出発だが、お花畑までしか行く予定ではなかったので「ま、いいか・・・」と明るくなってきた空に押されて出発。

どこまでガスが上がってくれるか分からないが、こうして明るい空が覗くと晴れそうな方へ期待が傾く。
b0062024_2051044.jpg




下の芝のシラビソの森。
まだここは霧が明け切らない。

b0062024_2052727.jpg




ワタスゲも雨で濡れて、風に吹かれている時のような風情は無い。
b0062024_205816.jpg




中の芝付近はニッコウキスゲが最盛期を迎えたようだ。
b0062024_20591384.jpg

b0062024_20592315.jpg

b0062024_20593333.jpg

b0062024_210854.jpg




さて?・・・これもタテヤマリンドウか?・・・
タテヤマリンドウにしては、いささか小さすぎるように思うのだが・・・

b0062024_2121166.jpg




雷清水も近くなる頃、モウセンゴケのある場所があり、覗き込んでみると、食虫植物らしくしっかりと虫を捕食しているのが見てとれる。
b0062024_2142965.jpg




この次期、松ぼっくりが育つころで、個人的には、このシラビソの松ぼっくりがとても好きで、こうして見るのを楽しみにしている。
b0062024_2153931.jpg





と、ここまでは良かったのであるが、目的のお花畑のすぐ近くに、何か黒いものを発見・・・
良く見ると動いているので、カメラのレンズを望遠側にセットして引っ張ると、その黒いものの正体はツキノワグマだった。
どうやらニッコウキスゲのお花畑の中でお食事中のようだ。
彼も本能的に人間達と距離を測っているだろうが、会わないことに越したことは無い。
目的地のお花畑のすぐ傍なので、花の撮影などに夢中になっている隙に、振り向いたら後ろに熊が居た、なんていうことになると困るので、この日はここできびすを返して下山ときめこんだわけである。

b0062024_21101797.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-28 21:13 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(14)

中芝新道 #5

谷川連峰屈指の難コース

中芝新道を行く

(画像をクリックで拡大します)
一ノ倉岳よりノゾキへ下り始めた見晴らしの良い斜面から谷川連峰の西に連なる峰々を望む。
b0062024_7311348.jpg

b0062024_7312313.jpg


ノゾキにて漸くランチタイム。
ノゾキとは、一ノ倉沢の東壁を稜線より見下ろせるビューポイントのこと。
まさにノゾキ込むように身を乗り出して一ノ倉沢を見下ろす。
高度恐怖症の人にとっては恐ろしい場所かもしれない。

b0062024_7341367.jpg


さて・・・タテヤマウツボグサかミヤマウツボグサか?
シソ科の多年草だが、自分にはこれを見分ける知識は無い。

b0062024_7535854.jpg


オキノ耳への登り
b0062024_7565066.jpg


東壁を稜線から・・・
b0062024_7573323.jpg


オジカ沢ノ頭と俎嵓山稜
b0062024_7581859.jpg


谷川岳山頂トマノ耳よりもう一つの山頂オキノ耳と茂倉岳・一ノ倉岳を振り返る。
b0062024_7595552.jpg


下山を開始する頃、ヘリコプターの慌しい音が聞こえ、小屋に顔を出した時聞いたら、糖尿病の持病がある登山者が不調を訴え、ヘリで病院へ搬送されたとこのと・・・
小屋の中ではツアーに参加していたご婦人が、足を攣ってしまったと、あと150mを残して山頂の登頂を諦め休憩していた。
足元を見たらスニーカー・・・・・・・・
2000m に満たない山と、谷川岳を甘く見ていたのではないだろうか・・・
折から北海道では、夏山遭難としては例の無い大量山岳遭難事故・・・
いずれも皆中高年。
自分もその中高年の一人。身の引き締まる思いで下山した。

【オオバギボウシ】 ユリ科ギボウシ属の多年草

b0062024_816597.jpg


前回の馬蹄形縦走からそれほど日数が経っていないのに、西黒尾根の稜線に咲く花もすっかり入れ替わったようだ。

イブキジャコウソウ

b0062024_8175618.jpg


【ソバナ】 キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。
b0062024_8193349.jpg


馬蹄形縦走の時も白毛門で鶯のお出迎えを受けたが、巌剛新道の下りでも、その美声を聞かせてくれた。
b0062024_8212066.jpg


大きく口を開けて『ホ~~~ホケキョ』と自慢げにさえずっています。
b0062024_8223698.jpg


最盛期を過ぎ、花も終わりかけていたが綺麗なショウキラン。
【ショウキラン】 ラン科 ショウキラン属
無葉緑腐生植物だ。
ブナの樹林床や熊笹の下などに生える。

b0062024_826590.jpg

b0062024_8261992.jpg


雪渓もだいぶ消えたマチガ沢。
b0062024_827274.jpg


まるで夜空にパっと開いた花火のように・・・
ミヤマシシウドかな?
シソ科の植物もご他聞にもれず固定の判別が難しい。

b0062024_8295277.jpg


【オオウバユリ】 ユリ科ウバユリ属
山地帯~亜高山帯のやや湿った林内や草地に生える。

b0062024_8383846.jpg


この駐車場を出発してから約10時間。
いささかハードだった目的の山行を終えた。
マチガ沢出合にて。

b0062024_842033.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-23 08:42 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(4)

中芝新道 #4

谷川連峰屈指の難コース

中芝新道を行く

(画像をクリックで拡大します)
どこの山も、登るのは決して楽ではないが、それにしてもやはりン中芝新道だ・・・長い・・・
b0062024_6571572.jpg


蓬峠を見ると、ようやく蓬フュッテの黄色い建物が見えてきた。
b0062024_6581198.jpg


ここにもクルマユリ
b0062024_6585780.jpg


幽ノ沢を見下ろす。
クライマーの姿は見られない。

b0062024_6595399.jpg


そろそろハクサンフウロの季節か。
【ハクサンフウロ】 フウロソウ科 フウロソウ属
高山の雪渓周辺の草地に生える多年草で夏を代表する花だろう。

b0062024_744955.jpg


【ジョウシュウキオン】 キク科キオン属
低山から高山まで広く分布している多年草。

b0062024_710186.jpg


一服した岩場を後に登攀再開。
b0062024_7112769.jpg


高度が上がるにつれ、視界も広くなってくる。
b0062024_7122285.jpg


谷川岳東壁
b0062024_713355.jpg


このルート上唯一見かけた指導標。
b0062024_714827.jpg


辛いながらも、だいぶ稜線に近づいてきたようだ。
b0062024_715081.jpg


登山道
b0062024_7153729.jpg


【ウラベニダイモンジソウ】  ユキノシタ科 ユキノシタ属
ミヤマダイモンジドウの変種で山地の岩場などに生える多年草。

b0062024_7183986.jpg


下を見ると、「登ってきたな~~」という実感が湧いてくる。
b0062024_7194175.jpg


更に登って・・・難儀した雪渓も、もう大分下だ。
b0062024_7204662.jpg


茂倉岳と一ノ倉岳の鞍部の稜線が見えてきて、辛かった中芝新道も終点間近を思わせる。
b0062024_7221158.jpg


前回歩いた茂倉岳~武能岳の稜線。
b0062024_7225729.jpg


ようやく長かった急登も終え、稜線には人影も見えた。
目の前の景色は熊笹帯に変わり、もうちょっと頑張れば辛かった登攀も終わりだ。
涼風に吹かれながら目前に迫った一ノ倉岳を目指す。

b0062024_7254337.jpg


長玉(望遠レンズ)で笹平を引っ張ると熊笹帯が緑の絨毯のようで美しい。
b0062024_7282933.jpg


今回のトレイルの一部と前回の馬蹄形のトレイルを望む。
b0062024_737084.jpg

b0062024_737128.jpg


登ってきた堅炭尾根を俯瞰。
b0062024_747833.jpg


一ノ倉岳山頂到着。
中芝新道入り口には安易に踏み込まないよう、『健脚者向き』と書かれた注意書きがある。

b0062024_749457.jpg


一ノ倉岳。
もうこの先はこれまでのような急登な無い。
心地よい疲労感、達成感、そして空腹感・・・
さて、どこでランチにしようか・・・


b0062024_7495843.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-22 07:58 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(2)

中芝新道 #3

谷川連峰屈指の難コース

中芝新道を行く

(画像をクリックで拡大します)

【イワオトギリ】  オトギリソウ科オトギリソウ属
オトギリソウの高山型で、高山の岩場や草地に生える多年草。

b0062024_23475811.jpg


【キンコウカ】 ユリ科 キンコウカ属
高山の湿地に生える多年草。
明るい黄色の花を総状につけ、下のほうから順に開花していく。

b0062024_23522179.jpg

b0062024_23523232.jpg


梅雨明け後の気温の上昇のせいだろう、急登に喘ぎながらの登攀に体の不調を感じるようになってくる。
上を見上げれば、まだまだ急登の連続・・・ここでバテルわけにはいかない。
ハッカ油を持ってきたので、眉間やこめかみの辺りに塗ると多少効果があったが、やはりこまめに休むのが良さそうだ。
広いところを見つけては面倒でもザックを下ろして休憩を取りながら急がず登る。
b0062024_022629.jpg


【クルマユリ】 ユリ科ユリ属の多年草
b0062024_075222.jpg


K峰も間近になると東面の景色が見えるようになってきた。
遠く上州武尊山を望む。

b0062024_010851.jpg


これがおそらくK峰、堅炭岩かと思われる。
b0062024_0111576.jpg

b0062024_0113874.jpg


ガサガサという笹を掻き分ける音がしたので熊か?
と思って振り向いたら、こちらを興味ありげに見下ろしていたのはカモシカだった。

b0062024_0131459.jpg


急な登りは体にこたえるが、芝倉沢の美しい景色をずっと眺められるのはいい・・・
b0062024_016223.jpg


武能岳
b0062024_0163275.jpg


茂倉岳からジャンクションピークまでパノラマでまとめる。
b0062024_0175291.jpg

b0062024_018113.jpg

b0062024_0181196.jpg


【ハクサンオミナエシ】  オミナエシ科 オミナエシ属
山地の岩場に生える多年草。

b0062024_0201438.jpg


登山道
b0062024_020588.jpg


K峰越しに笠ケ岳、朝日岳
b0062024_0215189.jpg


過日歩いた清水峠付近を長玉で引っ張る。
b0062024_0222369.jpg


大分登ってきた。
景色を楽しみながらここで少々腹ごしらえ。

b0062024_0302694.jpg


幽ノ沢側を俯瞰
b0062024_030554.jpg

b0062024_031674.jpg


【イブキジャコウソウ】 シソ科イブキジャコウソウ属
多年草かと思いきや、常緑の小低木とのこと。
日当たりのよい岩場の稜線などに生える。

b0062024_0343611.jpg


谷川岳の東面の景観は素晴らしい。
b0062024_0353860.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-21 00:36 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(6)

中芝新道 #2

谷川連峰屈指の難コース

中芝新道を行く

(画像をクリックで拡大します)
雑木に埋もれそうに指導標がある。
小休止をしたのち、自分にとってはまだ未踏のルート、中芝新道へ一歩踏み出す。

b0062024_7254386.jpg

b0062024_7255389.jpg


今年の三月にここを滑ったときは、谷を埋め尽くしていたい雪もすっかり消え、沢には雪解け水が流れ、巨大な岩が露出している。
b0062024_7365092.jpg


長い年月、塗り替えられていないと思われる指導のペイントを頼りに歩き始めるも、すぐにルートを見失う。
GPSを取り出してルートを確認すると、右岸から歩き始めた登山道はいつのまにか川を渡り左岸に移っている。
視線を左岸に移すと、登山道とも獣道とも思しき踏み跡らしきものが見え、どうやらあれが登山道らしいと、沢を渡り左岸へ移動。

b0062024_7372797.jpg

b0062024_7375430.jpg


左岸の登山道は、ともすれば足を踏み外しそうなくらい歩き難く、沢へ転落しないよう慎重に足を進める。

S字も近くなると、やはりここはデブリの溜り場だけのことはあって、雪渓が沢を埋め尽くしている。
またここでルートを見失い、GPSで確認すると、登山道はどうやら雪渓の下らしい・・・
今回はアイゼンを持ってきていないので、ゆっくり、一歩一歩スプーンカットの端に足をかけるようにして歩く。

b0062024_7434715.jpg


3月のほぼ同じ場所だが、おそらく10m 以上雪が沢を埋め尽くしているのだろう。
b0062024_7452367.jpg


雪渓はところどころクレバスが口を開けていて非常に危険だ。
登山ルートからは外れるが、安全を期して雪渓を遠巻きに遡りながら取り付き点を探す。

b0062024_7473030.jpg


S字を慎重に遠巻くと茂倉岳の稜線付近が見えてきて、取り付きの延長らしい踏み跡が確認できた。
b0062024_7491711.jpg


深く裂けた雪渓を振り返る。
b0062024_7501744.jpg


雪渓を渡れそうな場所を慎重に探す。
いずこも沢岸近くはスノーブリッジになっていて、体重をかけたら崩れ落ちそうな場所ばかり・・・
遠くからトンネルになった内側を覗き、層の厚そうな中心部を確認してから右岸に渡る。

b0062024_7563246.jpg

b0062024_7571194.jpg


右岸に渡ったはよいが、どれが登山道で、どれが獣道なのかさっぱり分からず右往左往・・・
中芝新道とは言うものの、いかにここを通る人が少ないかをこの状況が物語っている。
やっとのことでペイントらしきものを発見。

登山道なのか雨で削られて凹んだ跡なのか分からないような踏み跡らしきところを見つけ、GPSと確認しながら取り敢えず登りはじめる。

b0062024_8473.jpg


取り付きからいになり急登急登の連続だが、眺めは最高だ。
b0062024_8114566.jpg


笹平からの東壁。
冬はこの稜線から落ちてきたデブリが沢(S字)を埋め尽くす。

b0062024_8132354.jpg


ニッコウキスゲが一服の清涼剤。
【ニッコウキスゲ】 別名ゼンテイカ。ユリ科 日光に多いことからこの名がついたらしいが、草原を代表する花だ。

b0062024_8183331.jpg



【カラマツソウ】 キンポウゲ科カラマツソウ属の宿根草で、低地から高山の草地に生育する。
種類も多く、個低の判別が難しい花かもしれない。

b0062024_825368.jpg


悪路の急登に喘ぎながらも、芝倉沢の景観が素晴らしい。
b0062024_8274933.jpg


アングルは少々違うが、ほぼ近い場所からの冬の芝倉沢。
b0062024_8283496.jpg


急登に喘ぎながらも大分高度を稼いできた。
振り返ると清水峠付近の稜線が見え始める。

b0062024_8302120.jpg


まだ七時を回ったばかりなのに、気温の上昇が著しい。
高度を稼いできたとはいえ、休む回数も増え、上を眺めては先の長さを思い、下を見下ろしては「まだこれしか登ってないのか」と先の長さをまた思う・・・・・・・・

b0062024_8343944.jpg


深い谷は一枚の写真には納まりにくい。
縦に写真を繋げてみる。

b0062024_8361076.jpg


上を見上げれば、まだ延々と続く急登・・・・・・
b0062024_8391359.jpg


振り返った景色をパノラマ・・・
b0062024_8403885.jpg

b0062024_8405021.jpg

山行を振り返りながら山から持ち帰った湧水でコーヒーを入れて飲み。
写真を選び、選んだ写真をWEB用に縮小したり、パノラマにしたりと、まだまだ写真の整理が続きます・・・・・・・・

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-19 08:46 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(2)

中芝新道 #1

谷川連峰屈指の難コース

中芝新道を行く

(画像をクリックで拡大します)
関東地方梅雨明け宣言の翌日、快晴の予報に、念願だった中芝新道の単独行を決行した。

かねがね一度は登りたいと思っていた中芝新道だが、前回の馬蹄形縦走の際、武能岳から堅炭尾根を見下ろして以来、その思いは決定的なものとなった。

ロッククライマーたちが挑む岩稜帯を除けば、登山道としては谷川連峰中、一番の難コースと言われる中芝新道。
一ノ倉岳山頂にある中芝新道との分岐点には、朽ちかけて読みにくいが、『健脚向き』と、安易に踏み込まないよう注意書きがしてある。
登山地図上では一般ルートとは区別してあり、唯一破線で記されてあって、歩く人はまれな難コースで、国土地理院の1/25000 の地形図にはこのルートは記されていない。

まずは、前回歩いた馬蹄形縦走ルート上から、堅炭尾根を登る中芝新道を、幾つかの角度よりイメージしてみる。

笠ケ岳山頂直下からの展望。

b0062024_1118275.jpg

b0062024_11183867.jpg


S字を拡大
b0062024_11192472.jpg


清水峠から七ツ小屋山へ向かうルート上から撮影したもの
b0062024_11241723.jpg

b0062024_11242898.jpg


武能岳を経て笹平より見た堅炭尾根と中芝新道。
b0062024_11262798.jpg

b0062024_11263874.jpg

b0062024_11264987.jpg

b0062024_11265876.jpg


自宅から30分ほどの距離だが、早発ちのことを考え、前日マチガ沢入り、車中泊。
4:00am 起床。
多少雲はあるものの、青空も覗いて一安心。
4:35am マチガ沢駐車場を出発。

4:50am 一ノ倉沢到着。

b0062024_11425491.jpg

b0062024_1144481.jpg


カメラマンが一人、一ノ倉沢を撮影していたが、他に人影も無い。
後ろに笠ケ岳のシルエットを見ながら次のポイント幽ノ沢へ向かう。

b0062024_11464842.jpg


5:10am 幽ノ沢出合。
堅炭尾根稜線を朝日が照らしだす。
今から数時間後にはあの稜線を歩いているはず・・・

b0062024_11484529.jpg

b0062024_1149163.jpg


名水『ブナのしずく』
休憩がてら、ブナのしずくで喉を潤す。
冷水が痛いほど喉に染み渡り、体から汗が引いていくのがわかる。

b0062024_11515064.jpg


一ノ倉沢を過ぎれば、人が行き交うくらいの広さしかなくても、ここは国道291号線。
右手にシルエットの白毛門、笠ケ岳を時折眺めながら芝倉沢へと歩みを進める。

b0062024_11541039.jpg


雪の季節、この沢を雪崩が削り取っていた壮観な眺めを思い出す・・・
b0062024_11553545.jpg


やはり梅雨明けだけのことはある・・・・・・
まだ午前6時前なのに、気温が上昇、汗を拭きふき歩くも、行く手に武能岳の東壁が見えてきた。
芝倉沢ももう直ぐだ。

b0062024_11582382.jpg

b0062024_1203075.jpg


幽ノ沢より30 分ほどで中芝新道起点の芝倉沢出合に到着。
これから、この沢を詰め、雪渓の見えるS字を迂回した辺りから中芝新道へ取り付く。

b0062024_123113.jpg


今年の3月21日、雪が埋め尽くした芝倉沢である。(ほぼ同じ場所より撮影)
b0062024_1244152.jpg


ついでに秋も・・・
b0062024_12203527.jpg

また写真の整理をしながら進めていきます。

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-17 12:22 | 2009 無雪期登山・夏 | Comments(6)