平標山花の旅 『ハクサンイチゲがお出迎え』  Ⅱ (6/23)

松手山で休憩しているうちに山頂を覆っていたガスも徐々に晴れていく。
b0062024_2043516.jpg



汗が引いたら松手山を後にする。
ここからは気持ちの良い稜線歩き。

b0062024_2045238.jpg

b0062024_2045362.jpg



ここは毎シーズン滑る斜面。
ダケカンバの緑が朝日を受けて美しい。

b0062024_20463999.jpg



しばし気持ちの良い挑戦歩きをすると、もう一箇所急登が待っている。
ここから最後の登り。

b0062024_20481847.jpg



急登も整備された木製の階段で登りやすい。
b0062024_20512015.jpg




振り返れば遠くに苗場山。
b0062024_20523862.jpg



「雲海が見えるよ!!」
眼下に雲を見るのは初めての Ryo はもう雲海が大のお気に入り。

b0062024_20543050.jpg



雨に濡れたあとで花びらも重そうだった。
ヨツバシオガマ

b0062024_2056794.jpg



平標山のなだらかな山頂も目前に迫ってくる。
b0062024_2057512.jpg



まだまだ続く急登。
眼下には苗場スキー場も見えて・・・

b0062024_2059868.jpg



急登もそろそろ終盤。
眼下に広がる景色が美しい。

b0062024_2101872.jpg



「あ~!疲れた!」 「お疲れさん、急登はここで終わりだよ!」
b0062024_2112326.jpg




もうココまで登れば、山頂まではルンルンの稜線歩きだ。
b0062024_212313.jpg




すっかり気に入った雲海にしばし見惚れる
b0062024_2132765.jpg



南には富士も見える
b0062024_2153984.jpg



「きれい!」
ハクサンイチゲがお出迎え。

b0062024_2171684.jpg


ハクサンイチゲ  キンポウゲ科イチリンソウ属
b0062024_2111480.jpg

b0062024_21112080.jpg




山頂間近の鞍部からは左手に仙ノ倉山も見えてきた。
b0062024_2117386.jpg




ここは滑るのには最高の大斜面。
Ryo もこの斜面は気に入ったようだ。
来シーズンは滑りに来ようぜ!!

b0062024_2119052.jpg




思えば遠くへ来たもんだ~
登ってきたトレイルを振り返ると感慨も沸く。 

b0062024_21203610.jpg




8:20 am 「やったー!!」 平標山頂到着
初めての登山で急登の平標山松手山コースだもんね。お疲れさん!

b0062024_21224340.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-28 21:25 | 登山 | Comments(12)

平標山花の旅 『ハクサンイチゲがお出迎え』 (6/23)

スノーボードシーズンも終わって無雪期登山二回目。
今日は無雪期登山初めてのスノーボーダー、Ryo を平標山にガイドする。

待ち合わせのコンビニの駐車場に深夜到着。
翌日のお昼用に「おにぎり」を買って登山口の駐車場へ移動。
時間が時間だけに駐車場には車は三台だけ。
遠くから来たんだから疲れてるはず、出発前に少しでも寝ておこうということで、車中シュラフに潜るも直ぐに爆睡。

3:30am アラームをセットしたことなんかすっかり忘れていて、寝不足の頭は「いったい何事か?」ってな具合で、けたたましいアラームの音で目覚める。

外を見ると空を覆う厚い雲。
予報だと快晴なのだが・・・・・・・
ちょっと不安がよぎるが準備を始める。
それでも時間が経つと雲間に蒼い空もうっすらと見え始め、4:30 分、登山届けを投函して平標山を目指す。

b0062024_20412674.jpg




二つあるコースのうち、今日選んだのはハードな松手山コース。
登山デビューの Ryo にはちょっと酷かな・・・とも思ったのであるが、デビューだからこそ、きれいな景色を見せてあげたいという思いで、こちらのコースを選んだ。

まだガスに覆われた登山道を行く

b0062024_20482314.jpg



朝露に濡れたレンゲツツジ
b0062024_20511598.jpg



「苗場山が見えるよ!」 ハードながらも、時々視界が開けるこのコース。
b0062024_20554188.jpg



昨夜降った雨が登山道を濡らし、滑って歩きにくい。
急登が続くブナの森。

b0062024_20565787.jpg



苗場山
b0062024_20582025.jpg



筍山を覆う雲海。
始めてみる雲海に感動する Ryo

b0062024_20593910.jpg



歩きにくい急登はまだまだ続く・・・
b0062024_2112782.jpg



タニウツギ
b0062024_2122436.jpg



最初の休憩ポイント、送電線の鉄塔に着く
b0062024_2131974.jpg



休憩していると早発ちの登山者が追い越して行くが、今日は景色や花を楽しみながらののんびり登山。
少々風が強く、休憩していると寒くなる。
冷えた体を温めるように鉄塔を後にする。

b0062024_21523100.jpg



整備された登山道をひたすら登る
b0062024_2163463.jpg



登山道脇に大好きな花、アカモノがいっぱい咲いている。

アカモノ ツツジ科 シラタマノキ属

b0062024_2194270.jpg

b0062024_2110096.jpg

「可愛い~~」  (どっちもね)
b0062024_21111636.jpg



ナナカマドも白い花を咲かせている
b0062024_21133013.jpg



ツツジ科の植物はとても多い。

ベニサラサドウダン  ツツジ科

b0062024_21154911.jpg

ウラジロヨウラク  ツツジ科
b0062024_21172035.jpg



急登も一段落。
森林限界を越え、ここから稜線に出る。

b0062024_21182680.jpg



6:20 am 松手山到着。
あと一箇所急登が待っているが、ここからは今までとは違う、気持ちの良い稜線歩き。

b0062024_21195952.jpg




松手山より苗場山を望む
b0062024_21205042.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-26 21:23 | 登山 | Comments(8)

ホタル飛び交う俺らが里

そろそろホタルが飛び始める頃だろうと思ってホタルの名所にでかけてみたが、まだちょっと時期が早いようで、数はあまり多くなかった。
b0062024_23175876.jpg



メスを探してゲンジボタルが一斉に点滅をくりかえしている
b0062024_2319440.jpg



どうやらお相手が見つかったようで、めでたしめでたし・・・
b0062024_23195326.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-21 23:20 | 自然 | Comments(18)

演奏会も終わって・・・

しばし山ともお別れだった。
演奏会も終了したので、また山に復帰できるだろう。

しかし人間やっていないと何でもだめだなぁ・・・
スノーボードと山ばっかりやっていたのですっかり腕が硬くなっていて、思うように腕が動かない・・・いささかショック・・・
b0062024_2038521.jpg



第一部はクラシック
メインはビゼーの「カルメン組曲」やっぱりクラシックは緊張するなー
b0062024_2048261.jpg



第二部はお子さんから大人まで楽しんでいただけるアニメ&ポップス
b0062024_20493573.jpg


さて・・・・・また山だ・・・・
とはいっても入梅・・・・・
ん~~~~~

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-20 20:50 | ♯s&♭s | Comments(10)

初夏の谷川岳 (6/5 TUE) #4

マチガ沢を見下ろすところにショウジョウバカマが。
b0062024_6121456.jpg



谷川岳を登るとき、楽しみにしているのは東尾根のシンセン岩峰が標高を上げるごとに姿を変えていくことだ。
b0062024_66691.jpg



シンセンもはるか下に。
遠く笠が岳、朝日岳を望む

b0062024_673920.jpg



ガレ場も終わり、熊笹帯に入ると山頂も目と鼻の先。
b0062024_684755.jpg



右下にマチガ沢を俯瞰しながら山頂へ。
b0062024_6102593.jpg



登ってきた西黒尾根を山頂から眺める。
b0062024_6133251.jpg



山頂トマノ耳からもう一つの山頂オキノ耳(右)、一ノ倉岳(中)、茂倉岳(左)遠望。
b0062024_6152314.jpg

b0062024_6155288.jpg



刻々と変化する気象条件。
稜線の南側(左・群馬)はすでにガスが巻いてきた。
条件によっては新潟側(稜線の右)を撒くことも。

b0062024_6182739.jpg



いつか、ここを滑ってみたい(万太郎谷へ)
b0062024_622324.jpg



肩の小屋横にて
b0062024_623964.jpg



9:40 am 下山開始。


クモマナズナ  アブラナ科イヌナズナ属
高山の岩場などに咲く多年草

b0062024_6261987.jpg

b0062024_6263269.jpg



見上げると山頂付近はガスに撒かれている。
すれ違った登山者は今頃何も見えない山頂に居ることだろう。

b0062024_6275717.jpg



ここにも、時期が早くてまさか会えるとは思って居なかったヒナウスユキソウが見られた。

ホソバヒナウスユキソウ  キク科ウスユキソウ属
高山帯の蛇紋岩の岩場に生える、ここ谷川岳と尾瀬の至仏山だけに見られる固有主。
日本のエーデルワイスと呼ばれる。(花期は7月頃)

b0062024_6335996.jpg

b0062024_6342497.jpg



花期も終盤を迎えたイワカガミ
b0062024_6353679.jpg

今回天候はあまり思わしくなかったが、今年初の無雪期登山としてはまずまずだった。
期待したよりも色々な花に出会えたもの良かった。

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-16 06:39 | 登山 | Comments(17)

初夏の谷川岳 (6/5 TUE) #3

この時期はタチツボスミレとナエバキスミレが最盛期のようだ。
砂礫のあちこちに黄色いスミレが顔を覗かせている。(オオバキスミレの変種だそうだ)

ナエバキスミレ  スミレ科スミレ属

b0062024_2025627.jpg

b0062024_2033479.jpg




西黒尾根を俯瞰
b0062024_2055243.jpg



最近鎖が新しくなってステンレス製に・・・
b0062024_20205350.jpg



山頂までもうちょっと・・・
いつ見てもこの景色はいい!(7:05 am)

b0062024_2075797.jpg



シンセン岩峰をガスが覆い始める
b0062024_20224751.jpg




可憐な白い花、ハクサンイチゲも見ごろを迎えたようだ。

ハクサンイチゲ  キンポウゲ科イチリンソウ属

b0062024_20114397.jpg

ハクサンイチゲとマチガ沢
b0062024_20124730.jpg

蕾は蕾でなかなか可愛い
b0062024_20184357.jpg

b0062024_20325547.jpg


急登に喘ぎながらも振り返るとけっこう登ってきているものだ
b0062024_20271496.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-11 20:27 | 登山 | Comments(12)

初夏の谷川岳 (6/5 TUE) #2

まさか出会えるとは思ってもみなかったシラネアオイ。
巌剛新道でシラネアオイを見るのは初めて。
まだ朝早いせいか(6:15 am)、花びらが開ききっていない。

シラネアオイ  シラネアオイ科

b0062024_10345149.jpg



雪渓と新緑のマチガ沢
b0062024_10363847.jpg



ムラサキヤシオと笠ケ岳
b0062024_10435315.jpg



森林限界ほど近い場所に咲く山桜
b0062024_1045099.jpg



オオカメノキ  スイカズラ科ガマズミ属
b0062024_1047727.jpg



羽化したばかりだろうか・・・指をそっと近づけると乗り移ってきたトンボ(種類不明)
b0062024_10484641.jpg



雪の悪戯?
年々崩壊していく登山道。ダケカンバが雪の重みで倒されていた。

b0062024_1053281.jpg



6:40 am 西黒尾根 ガレ沢の頭到着。巌剛新道はここで終わり西黒尾根と合流する。
森林限界に達し、視界の利く稜線に出る

b0062024_1055473.jpg

b0062024_10562846.jpg



稜線ではタチツボスミレが盛りだった
吹きさらしの砂礫地、登山道のあちこちで目にする。

タチツボスミレ  スミレ科スミレ属

b0062024_1114991.jpg

b0062024_114610.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-09 11:07 | 登山 | Comments(18)

初夏の谷川岳(6/5 TUE)

スノーボードシーズンも終わって今年初の無雪期登山。
最初はやはりこの山に登らなければ・・・
4月8日に芝倉沢滑降をやって以来約二ヶ月ぶりの谷川岳だ。

天候はあまり良いとは言えないが、終日天気も持ちそうなので決行した。

車をマチガ沢の駐車場へ停めて巌剛新道を登る。
4:55am マチガ沢出合を出発。山頂はガスの中だ。

b0062024_22143146.jpg



今日はどのくらい高山植物に出会えるか、まずはそれが一番の楽しみ。
巌剛新道に取り付いてまず最初に出迎えてくれたのはこの花。
まったく知らない花なので図鑑で調べたのであるが、たぶん間違いないであろう。

タチカメバソウ  ムラサキ科 キュウリグサ属

b0062024_22215741.jpg



朝早いからであろうか?チゴユリもまだ花びらが閉じたままだ

チゴユリ  ユリ科 チゴユリ属

b0062024_22253380.jpg



5:41am 第一見晴らし到着。
新緑のマチガ沢、山頂のガスも晴れてきた。

b0062024_2228181.jpg



薄紫のムラサキヤシオが雪渓に鮮やかに映える。

ムラサキヤシオ ツツジ科・ツツジ属 
b0062024_22351573.jpg

b0062024_22381558.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-07 22:40 | 登山 | Comments(4)

苗場山遠足 (5/26) Ⅱ

やはり神楽ケ峰付近から見る苗場山が最も雄大に見えるかもしれない。
五月の連休に苗場山を滑ったのが嘘のように地肌を表した苗場山。

b0062024_1815586.jpg



こちら側には雪が吹き溜まるようで、まだ豊富な積雪だ。
下りは楽! 一気に駆け下りる。(Photo : George)

b0062024_1831581.jpg



さて、何の花だろう?色々調べたのであるがさっぱり分からない。
イチリンソウかと思ったが、あまりにも小さい。

b0062024_1851225.jpg

b0062024_1852495.jpg



なるべく雪の上を選んで歩く
b0062024_1862262.jpg



これはナエバキスミレだろう。
鞍部の陽だまりに盛んに咲いていた。

b0062024_187305.jpg

b0062024_1874314.jpg



さぁ・・・ここから急登の始まりだ。
いささか苦しいが約20分の我慢。

b0062024_1892238.jpg



後続の Ishi & Non ちゃん。
ん? Non ちゃん、穴に落ちた?
この時期はうっかりすると雪解けの落とし穴がある。気をつけないと・・・

b0062024_1811448.jpg



急登を登りきるとだだっ広い苗場山上に着く。この時期だけの特権で何処を歩いてもいい。
b0062024_181330100.jpg



雪が解けたとはいえ、まだまだ雪に埋もれている遊仙閣。
お尻が温かいので遊仙閣さんには申し訳ないが、屋根にお尻をついてランチタイムとする。

b0062024_18153990.jpg

b0062024_18155732.jpg



無雪期には人の背丈ほどある道標を囲んで記念撮影
b0062024_18174344.jpg



ランチを済ませたら、妖しくなった空に追われるように下山開始。
スキーもスノーボードも神楽ケ峰に置いてきたので楽チンハイク。

b0062024_1819825.jpg



いつもは滑っている仲間と、こんなハイキングも楽しいね~~
b0062024_18201388.jpg



眼下にスキー&スノーボードをデポしてきた神楽ケ峰が見える
b0062024_18211444.jpg



いよいよ鞍部目指して下ります。
下りは慎重に・・・・・

b0062024_18224827.jpg

b0062024_1823152.jpg



良いタイミングで山頂を後にした。
見る見るガスに覆われていく苗場山。

b0062024_18253680.jpg



雷清水で喉を潤し、しばし休憩。
もうクタクタ・・・・・・ズボンも雪解け泥水でドロドロだし・・・・

b0062024_1826567.jpg



神楽ケ峰へ戻る最後の登り。
これを登りきればあとは滑って下るだけだ。

b0062024_1828194.jpg



後ろからガスが追い立ててくる。
もうニセ神楽ケ峰もすぐ。

b0062024_18293366.jpg



ここからは滑って降りるのであるが、もう滑るというよりも、ただ下るための手段である。
b0062024_18303345.jpg



あっちに行ったり、こっちに行ったり、滑れる場所を選びながら、ようやく雪の終わる場所まで下った・・・・疲れた・・・
b0062024_1832195.jpg



この向こうはスキー場のエリア。
苗場山遠足もここでおしまい・・・・・・・



連休の苗場山滑降を仲間が神楽ケ峰付近から撮っていてくれた。

Rieder : 我輩


苗場山上に到着。(Photo : Sugita)

b0062024_18352686.jpg



Drop in
b0062024_1837169.jpg

b0062024_1837294.jpg

b0062024_1837404.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-05 18:44 | 雪山三昧・春 | Comments(15)

苗場山遠足 (5/26)

この日で一応今シーズンは滑り納め。
といってもあまり滑る気は起こらない。
かぐらスキー場も明日5/27日をもって終了。

とりあえず天気も良さそうなので、皆で苗場山まで遠足をしようということになった。

かぐらは新緑真っ只中。
リフトに乗っていても春風が気持ちよい。

b0062024_184705.jpg



もう山に雪はほとんど無い。
b0062024_1850585.jpg



スノーボードブーツが濡れないようにスノーシューを履いて歩くので雪があったほうが歩きやすい。
残雪のあるルートを見に行った George

b0062024_18531918.jpg



ショウジョウバカマが咲き始めた
b0062024_18544043.jpg




フキノトウもスクスクと育って青空に映える
b0062024_18555265.jpg



所々露出している夏道は雪解け水で小川になっている
b0062024_18571523.jpg




歩くルートを選ぶのが困難なくらい雪解けが進んできた
b0062024_1904018.jpg



道標が姿を現した。
雪解けの進んだことを実感する。

b0062024_1915370.jpg



中ノ芝のテラスも雪の下から姿を現した。
雪の重みで倒れ掛かったり落ちたり・・・

b0062024_1933088.jpg



はるか雪の下だったシラビソの木も鬱蒼としてきた
b0062024_1944620.jpg



11:00am ニセ神楽ケ峰到着。
スノーボードはここに置いて、バックパックだけを背負って苗場山を目指す

b0062024_1962276.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2007-06-03 19:30 | 雪山三昧・春 | Comments(8)