秋景・一ノ倉沢再び(10/25)

(画像クリックで拡大します)


今年の上越地方の紅葉は今一だったが、一ノ倉沢の紅葉が終わってしまう前に、もう一度と思い、早朝一ノ倉沢出合いまで急いだ。(10/25)

b0062024_12284887.jpg

b0062024_1229860.jpg

b0062024_1230313.jpg




クライマーの姿も見られる
b0062024_12313991.jpg



b0062024_1232181.jpg

b0062024_12321060.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-31 12:33 | 2008 秋景 | Comments(4)

白馬大雪渓

b0062024_823142.jpg

降雪のタイミングに合わせて白馬大雪渓を滑りに来た。白馬尻より白馬岳

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-30 08:23 | Comments(8)

万太郎山 静寂の稜線 #3

(画像クリックで拡大します)


約4時間強で山上に着く。
トップからの縦走路の眺めは最高だ。

b0062024_2053866.jpg

b0062024_2054881.jpg

b0062024_206375.jpg




谷川連峰の稜線越しに尾瀬の燧ケ岳を望む。
b0062024_206405.jpg




万太郎山のトップを超え、冬シーズンに滑る計画の斜面を確認。
b0062024_20161784.jpg




その下部。
b0062024_20171650.jpg




日白山から望んだ冬の万太郎山。
近い将来、ここを是非滑りたい。

b0062024_20252620.jpg

b0062024_20253566.jpg




見ていて飽きない景色だ。
熊笹の中のトレイルが美しい。
時間があったらこのトレイルを辿りたい。

b0062024_2027732.jpg




万太郎山から見たパノラマ(4枚合成)
b0062024_2028255.jpg

b0062024_20281254.jpg





東側の展望(5枚合成)
b0062024_20285450.jpg

b0062024_2029395.jpg




360°の展望を楽しんだら、ゆっくり下るのみ・・・
登る時楽しんだ景色も、日が高くなると、また別の表情になる。

b0062024_20301380.jpg

b0062024_20302477.jpg




真っ赤なナナカマドの実
b0062024_2031950.jpg




b0062024_20312566.jpg

b0062024_20313392.jpg

b0062024_20314468.jpg

b0062024_20315760.jpg




そろそろ樹林帯に入る。
谷川連峰の景色も見納めかな・・・

b0062024_2033494.jpg




休憩をとりながら、谷川岳のトマノ耳を望遠レンズで覗くと、ここ、万太郎山の静けさが嘘のように人、人、人・・・・・・
万太郎山の山頂には、我々4人しか居なかったが、谷川岳の山頂は登山者でごったがえしているようだ。

b0062024_2036971.jpg





春には味覚を楽しんだ「コシアブラ」の紅葉を見て今回の山行を閉じる。
なかなか難コースではあるが、それだけに、静かで美しく、良い思いでとなった万太郎山の山行だった。

b0062024_203846.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-29 20:41 | 2008 秋景 | Comments(4)

万太郎山 静寂の稜線 #2

この辺りの紅葉がちょうど見ごろ。(Photo : Izumi)
b0062024_2033248.jpg




茂倉岳をバックに急登を登る。
(Photo : George)

b0062024_20362333.jpg




色づくダケカンバ
b0062024_20375031.jpg




北側に流れ落ちるような稜線の陰影が美しい。
b0062024_20524313.jpg





遠くに岩原いわっぱら)
b0062024_2043364.jpg




写真ばかり撮っているのでなかなか先へ進まない。
b0062024_2045442.jpg

b0062024_2046167.jpg

b0062024_20461248.jpg




取り分けて東の景色が美しい
b0062024_20474598.jpg





b0062024_20484998.jpg




谷川連峰の特徴かもしれない、熊笹と紅葉のコントラスト
b0062024_20543434.jpg




b0062024_20552512.jpg




仙ノ倉山と平標山
b0062024_2056209.jpg




毛渡乗越けどのっこし)から仙ノ倉山へつづくトレイル
b0062024_215693.jpg




山頂も間近、谷川連峰の稜線が美しい
b0062024_216334.jpg




眼下には深い谷
b0062024_2172362.jpg

b0062024_2175678.jpg





この稜線を見ると、かつてここを縦走したのを思い出す。
b0062024_2111350.jpg




b0062024_21124583.jpg




b0062024_21131371.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-27 21:14 | 2008 秋景 | Comments(4)

万太郎山 静寂の稜線

友人から《 万太郎山 》のプラン。
さて、三連休のどこを狙うか・・・
予報とにらめっこ、相談した結果連休最後の13日に決定。

土樽駅で待ち合わせ、万太郎山取り付きまで移動。車から出て空を見上げると満天の星。
夜明けを間近にした南の空にはオリオン座が大きく迫り、冬の大三角形(こいぬ座のプロキオン・おおいぬ座のシリウス・オリオン座のベテルギウス)がシリウスを下に円錐形を逆さに立てたような形で輝いている。
もっと視野を広げると、冬の大三角形のシリウスを軸に子犬座のプロキオン、ふたご座のボルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、オリオン座のリゲルを時計回りに結んだ冬のダイヤモンドが輝く。

パッキングを済ませ、ヘッドランプを頼りにアスファルト舗装された道路をしばし行くと万太郎山の取り付きがある。
見過ごしてしまいそうな登山道入り口から急登の続く樹林帯に入る。

土樽側から万太郎山を目指す登山者は少なく、登山道は荒れている。
粘土質の地肌がむき出しになった登山道は滑りやすく歩きにくい。
急登に喘ぎながら登ること約二時間、樹林帯から開放された稜線から東を見るとご来光の兆し。

b0062024_7445420.jpg

b0062024_74568.jpg

b0062024_7465910.jpg




モルゲンロートに染まる仙ノ倉山
b0062024_7475038.jpg




旭に照らされ、間近に迫る万太郎山。
こちら側から望むと、こんなにも素晴らしい山だったとは・・・

b0062024_7491710.jpg




いよいよ・・・
b0062024_7524716.jpg

b0062024_7525939.jpg




ご来光
もちろん偶然ではあるが、オジカザワの頭から朝日が顔を出したのには感動!

b0062024_7552175.jpg




紅葉した稜線が更に赤く染まり、感動のドラマの幕開け。
美しい!

b0062024_7571656.jpg




右手には仙ノ倉山と苗場山。
b0062024_7581435.jpg

b0062024_80429.jpg




しばし急登が緩んだ稜線。
正面に万太郎山を眺めながらの快適登山だ。

b0062024_8114781.jpg




またまた急登の連続。
幾度見上げてもいい景色だ。

b0062024_8152080.jpg

b0062024_8153457.jpg




険しい登りも展望が癒してくれる。
左手に茂倉岳と谷川岳。

b0062024_8301230.jpg




見上げれば青空に万太郎山が映える
b0062024_8312691.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-26 08:31 | 2008 秋景 | Comments(4)

マチガ沢

マチガ沢を見上げると、今年ここ「三の沢」を滑り降りたのを思い出す。紅葉が終わればもう雪の季節だ。
b0062024_8452778.jpg

b0062024_8471680.jpg




谷川岳山頂(右)
b0062024_8504283.jpg




b0062024_8512139.jpg

b0062024_8513385.jpg

b0062024_8514594.jpg

b0062024_8515518.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-24 09:06 | 2008 秋景 | Comments(2)

一ノ倉沢

やはり一度は見ておきたい一ノ倉沢とマチガ沢の秋。
マイカー規制が布かれているために土合から自転車にて一ノ倉沢を目指す。
さすがこの時期の休日は早朝から人出がすごい。
一ノ倉沢出合いで夜明けを待つが、早朝からロッククライマーが一ノ倉沢の岩壁を目指していく。

期待したほどの景色は望めず、真っ赤に染まらないうちに夜が明けきってしまった。
今年の紅葉は昨年と比べると鮮やかさに欠けるようだ。

以下は今年の一ノ倉沢の秋景。

b0062024_2010664.jpg

b0062024_20102562.jpg

b0062024_20103464.jpg
b0062024_20104348.jpg
b0062024_20105061.jpg
b0062024_2010576.jpg
b0062024_2011592.jpg
b0062024_20111215.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-21 20:11 | 2008 秋景 | Comments(8)

平標山

(画像クリックで拡大します)
白馬三山の投稿にたっぷり時間をかけたため、9/23日の平標山山行が今頃の投稿だ。
このときは山頂付近が漸く紅く染まり始めた頃だったが、今頃はすでに紅葉も終わり、山も冬支度を始めたことだろう。

出発したのはこんな時間・・・
お月さんもくっきり見えて、天候は期待したのであるが、このあとすぐに霧に覆われた。(駐車場にて撮影)

b0062024_21241581.jpg




登り始めてすぐに霧に覆われ、まったく写真を撮る意欲は無し・・・

松手山を過ぎ、ザレ場の階段を上っていると、動くものを発見。
久しぶりに見るオコジョ君だ。
ただし、この時間帯はまだ夜が明けて間もない時。オコジョのようにチョコマカと動き回る動物を撮影するには光量が足りない。
速いシャッターが切れなかったために、せっかく出会ったオコジョの写真は全てピンボケであった。

b0062024_21312481.jpg

b0062024_21314090.jpg



尾瀬の至仏山以来の、なんとも楽しい出会いだ。
ガスに阻まれ、ほとんど景色らしい景色を見ることができない山行の中でも、オコジョに出会えたのはとてもラッキーで、いっぺんで気持ちが晴れやかになった。

好奇心の旺盛な彼を見ていると、慌ただしく動き回りながらも、しっかりこちらを観察している。我輩も彼を観察しているのであるから、お互いに相手を観察しあっているのである。
なんともほほえましい不思議なひと時だった。

b0062024_21315251.jpg




山頂は真っ白!
何も見えないが、時間の余裕はあるので、山頂から南側に少し下ったテラスでのんびりランチをとりながら霧の晴れるのを待った。

一時間も過ぎ、のんびりランチを終える頃ガスの切れ間から空が見え始め、期待しつつ山頂へ戻る。

苗場山遠望。

b0062024_21391435.jpg




望遠レンズで覗くと、先日縦走した白馬三山まで見えた。
b0062024_21532057.jpg

b0062024_21532940.jpg



再びガスに覆われないうちに山頂からの久しぶりの展望を楽しむ。
b0062024_21402520.jpg




仙ノ倉山
b0062024_2141346.jpg




展望を楽しんでいるうちに、また案の定霧が出てきた。
ガスに終われるように下山開始。
松手山を通過、樹林帯に入る手前で、ツルリンドウを見かけた。
久しぶりの平標山山行はいささか残念な天候だった。

しかし、オコジョとツルリンドウを見ることができたのでよしとしよう。

b0062024_21451460.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-18 22:02 | 2008 無雪期登山・秋 | Comments(6)

白馬三山縦走記 #11

白馬三山縦走     下山。猿倉へ 2



小日向のコル。
白馬三山が全て望めるのは下山ルート中ここが最後。

b0062024_19481717.jpg




時々白馬岳を望みながら、長い登山道を下る
b0062024_19495826.jpg




樹林帯に突入。
徐々に視界が利かなくなる。

b0062024_19505283.jpg




最後のルート確認
b0062024_19511122.jpg




ようやく長い下山を終え、登攀時に通った猿倉の分岐へ出た。
ここから駐車場まではごくわずか・・・

b0062024_19524432.jpg




白馬岳を望む駐車場へ到着。
三日間の登山を終えた。
長々と綴ってきたが漸く完結。
天候にも恵まれ充実した山行となった。

b0062024_19545321.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-16 19:55 | 2008 無雪期登山・秋 | Comments(4)

白馬三山縦走記 #10

白馬三山縦走     下山。猿倉へ 1



いよいよこの日は下山だ。
下山というのは、いつも名残惜しいものであるが、山行を終えて車のある駐車場へ戻れるのもまた嬉しいもので、寂しさと嬉しさが交錯する何とも名状し難いときでもある。

沢を埋め尽くしていた雪渓もまた名残惜しいかな・・・
口を開けた雪渓の下から轟々と流れの音が響いてくる。

b0062024_20512775.jpg




温泉の湯が流れ伝わる登山道がツルツリと滑る・・・
(Pic:George)

b0062024_20525080.jpg

b0062024_2053611.jpg




ミヤマキンポウゲの群落
b0062024_2058970.jpg




鑓沢に架かる橋を渡る。
上からの落石が怖い・・・

b0062024_20592574.jpg

b0062024_20595529.jpg




四阿山あずまやさん(左)と噴煙を上げる浅間山(右)
b0062024_2144716.jpg




無名峰なのが残念だが素晴らしい山だ。
b0062024_2163750.jpg




もろい鑓ケ岳からの落石で埋め尽くされている。
b0062024_2182482.jpg




ちょっとひねくれた「クガイソウ」
b0062024_219281.jpg




コゴメグサ
b0062024_2111353.jpg




杓子沢にも、手作りの橋が架かっている。
b0062024_21124322.jpg

b0062024_21125454.jpg




ちゃんと立派な名前まで書かれているのだ。
b0062024_21144351.jpg




荒々しい杓子岳の東面
b0062024_21153248.jpg

b0062024_2116571.jpg




鑓温泉も遠くなった・・・
b0062024_21163783.jpg




ミヤマシシウドか?
セリ科の植物はさっぱりわからん・・・

b0062024_21191170.jpg

b0062024_21193487.jpg




サンジロ
b0062024_21314763.jpg




三白平
b0062024_21202075.jpg




鑓ケ岳と杓子岳を見上げる。
なんとダイナミックだろう・・・

b0062024_21212524.jpg




中央の雪渓が残る沢は杓子沢。
いつかはここを滑ってみたいものだ。

b0062024_21245530.jpg




前日に杓子沢の上部、杓子沢コルから見下ろした杓子沢。
b0062024_21264094.jpg




オオバギボウシ
b0062024_21272442.jpg




小日向のコルへ向かう最後の登り。ここでぬかるみにはまってしまった・・・
b0062024_2129443.jpg




あらら・・・・・・・
b0062024_2129281.jpg




docomo の携帯電話の電波状況を調査していたお兄さん。
電話会社はこんなこともしているんですね~

b0062024_21303433.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2008-10-14 21:33 | 2008 無雪期登山・秋 | Comments(8)