念願のマチガ沢 『四ノ沢』

(画像をクリックしていただくと拡大します)



谷川岳山頂からの景色は素晴らしい。
西に連なるオジカ沢ノ頭、万太郎山、仙ノ倉山方面を望む。
b0062024_042886.jpg





山頂、トマノ耳より景色を楽しみながら、かぐらで滑る仲間に無線を飛ばす。
「下部の藪が濃いので西黒沢を滑ります」

西黒沢をやろう、と肩の広場へ向かうも、左下にマチガ沢を俯瞰すると、『やはり四ノ沢をやろうか・・・』
誘惑が頭をもたげてくる。




山頂トマノ耳より恐る恐る身を乗り出し、本谷を見下ろす。
b0062024_091587.jpg





山頂より、三ノ沢と四ノ沢のドロップポイントを見る
b0062024_064551.jpg

b0062024_065339.jpg




念のためにピットチェックをやってから判断しよう、とポイントへ向かう。

下の写真は、昨年11月に下見をしたときの四ノ沢と三ノ沢の源頭部。

三ノ沢 
b0062024_0121671.jpg




今回挑んだ四ノ沢

b0062024_0125350.jpg




念のために二箇所でピットチェック。
b0062024_5125214.jpg

雪は安定しているようなので、四ノ沢を決行することにした。
準備をしていると、スキーヤーやスノーボーダーが大勢やってくる。
源頭部から四ノ沢を覗くので「ここ、やりますか?」と聞くと、手を振りながら「いえいえ、我々は西黒沢で十分です」と引き返していく。
山頂を目指しているときに一緒になった登山者の方たち4人もやってきた。

今日は Solo なので、自分の写真は撮ることができない。
登山者の方たちがカメラを持っているので、失礼を承知で写真を撮ってくれるようお願いしたら、快く引き受けてくれた。

準備完了、いよいよドロップイン。
この先は未知の世界。
もっとも気になるのはこの先の雪面の状態。
ここからは見えない、日の陰った箇所がクラストしていないか、だ・・・
もし、クラストしていたら・・・・・
心の準備はできたか?・・・自問自答・・・・・

恥ずかしながら、恐怖感が思考を席巻し、なかなかゴーサインを出さない・・・
こんな危険な沢を滑り降りようという『もの好き』を後方では登山者たちが見守っている。
漸くのことで、もう一人の自分の「行け」という声に背中を押されるようにスタート。

以下の二枚は、登山者の方が撮影してくれた写真だ。
この場を借りてお礼を言いたい。
b0062024_036358.jpg


吸い込まれて行くような感覚・・・

b0062024_0371475.jpg





いざ滑り出すと急斜面は思いのほか良質の雪・・・・・・
スノーシャワーが先が見えなくなるほど舞い上がる

思ったより広い斜面・・・
これならいける!!・・・・・・
絶壁のように反りあがるSkiers right 側の壁に当て込み、バックサイドターンで雪煙を巻き上げ、アッという間に本谷に合流。

思ったより新雪の層が厚く、細かいデブリはまったく気にならない。
西黒尾根と東尾根からのデブリをボードのトップで砕くように本谷を滑り降りる。

ここまで来れば大丈夫だろう・・・
相棒の一眼レフを出し、三ノ沢と四ノ沢を撮影する。
b0062024_0475425.jpg



無雪期のマチガ沢。

b0062024_21402319.jpg


恐怖感を克服した安堵感はなんとも言えなく心地よい。
あとは緩くなった本谷をのんびり楽しみながら下ろう。

b0062024_0501259.jpg




山頂から俯瞰したとき、濃い藪に歩きを余儀なくされるかと思ったが、時々止まって滑るルートを確認する以外は板を脱ぐことなく、夏の駐車場まで滑り降りることが出来た。

マチガ沢を見上げてようやくランチ。
滑ったラインを望みながら一人ごちた至福の一日が終わった。

b0062024_0525848.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-26 00:56 | 2009 マチガ沢四ノ沢 | Comments(14)

念願のマチガ沢 『四ノ沢』

(画像をクリックしていただくと拡大します)

2月11日快晴二日目。
雪も安定しているのではないかと思われるこの日、シーズン入りしてからタイミングを見計らっていたマチガ沢の四ノ沢か西黒沢をやることに決めた。
昨年の11月に四ノ沢の上部から下見をしたが、あの沢が今どうなっているのか早く見たい。

一路土合を目指すも、途中で一眼レフカメラを忘れたのに気づき、一旦家に撮りに戻った。
30分ほどの時間のロスはあったものの、8時を少し回ったロープウェイに乗ることができた。

先に西黒沢をやった仲間から「アイゼンの方が良いかも?」というアドバイスをもらっていたのであるが、念のためにスノーシューとアイゼンの両方を持つことにした。

リフトが動いていれば、一本乗ろうかと思ったが、まだリフトは点検中。
いつものようにゲレンデ横をハイクしてゲレンデ最上部へ出る。

b0062024_20395368.jpg




ゲレンデ最上部からは、これから目指す谷川岳が一望できる。
b0062024_20411295.jpg

b0062024_20412278.jpg




ここから見ると西黒沢もいい感じ。
b0062024_20423233.jpg




やはり、ここ谷川岳も今年は雪が少ない。
熊穴沢の避難小屋も屋根の一部が覗いている。

b0062024_20492335.jpg




こちらは昨年の三月の避難小屋
b0062024_20495230.jpg




西黒尾根越しに笠ケ岳と朝日岳を望む
b0062024_20505049.jpg




左手に俎嵓山稜の雄姿を望みながら、ここからの急登に挑む。
b0062024_2052566.jpg




西黒尾根南面
b0062024_20531956.jpg




尾瀬・至仏山
b0062024_20534248.jpg




歩き始めて一時間半を回った。
俎嵓山稜も姿を変えてきた。

b0062024_20554257.jpg




見上げると、早発ちのテレマーカーが肩の広場を滑り降りてきた。
b0062024_20564739.jpg




山頂も間近、オジカ沢ノ頭への鞍部越しに苗場山、神楽ケ峰が見えてきた。
b0062024_2058035.jpg




肩の小屋の向こうに西に連なる谷川連峰が一望できる。
b0062024_2113424.jpg

b0062024_2114487.jpg




滑りが第一の目的ではあるが、雄大な景色を楽しめるのもBCのもう一つの魅力だ。
山頂『トマノ耳』 より『オキノ耳』へ向かう登山者。

b0062024_2151617.jpg

b0062024_2154298.jpg

b0062024_2173511.jpg

b0062024_2175733.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-23 21:15 | 2009 マチガ沢四ノ沢 | Comments(8)

お気に入りの斜面を滑りつくし

画像をクリックで拡大します

一本一緒に滑った後、それぞれ、また自分たちのお気に入りのエリアへ散っていくのであるが、その斜面へ移動する前に、私が自分の「お気に入り」のこの斜面を滑るところを仲間が撮影してくれるとのこと・・・
そういえば、自分がこの斜面を滑るところを撮った写真が一枚も無かったので、ありがたく好意に甘えることにした。

このところ、この急斜面の落ちていくような浮遊感が癖になってしまったようだ。

Rider : sakusaku_fukafuka(Fukazu) / Photo : George,Izumi

b0062024_19494766.jpg

b0062024_1950760.jpg

b0062024_19501718.jpg

b0062024_19502840.jpg

b0062024_19503840.jpg

b0062024_19505066.jpg

b0062024_1951264.jpg

b0062024_19511499.jpg

b0062024_19512791.jpg
b0062024_19513813.jpg
b0062024_19515592.jpg
b0062024_19521132.jpg
b0062024_19522971.jpg




自分のラインを仲間が遠くから撮影してくれた。
Photo : Hashimoto

b0062024_19564971.jpg

画面左は仲間と一緒に滑った一本目のライン。
右が二本目で、この斜面最初の一本。

b0062024_19584885.jpg




この斜面一本目に気を良くして登り帰し、二本目に挑んだのは良いのであるが、二匹目のドジョウは居なかった・・・
二度目を滑り出すころは、太陽が西に翳り始め、斜面が日陰になっていたことをまったく予知していなかった。いざ滑り出し、トップから見えなかった急斜面に差し掛かると、なんと、日が翳ったために温度が下がり、クラスとしてしまっていたのである。
ハ、っと思ったときはすでに遅く、エッジの利かないクラスとの固まりに乗り上げ、大転倒。
体が回転しながらも、いつになったら停まってくれるのやら・・・
10mは転げ落ちたのではなかろうか・・・
以下はその大転倒の一部始終である。

まずはトップから・・・・・・
Photo : Hashimoto

b0062024_2071017.jpg

b0062024_207215.jpg

b0062024_2073151.jpg

b0062024_2074226.jpg

b0062024_2075339.jpg

b0062024_208499.jpg

b0062024_2081397.jpg

b0062024_2082325.jpg

b0062024_2084459.jpg

b0062024_2085578.jpg

b0062024_209660.jpg



結局、この斜面二本目の滑りに納得いかず、リベンジでもう一度登り返し・・・・・
三本目はクラストしてしまったことが分かったので、慎重な滑りに徹しながらも、斜面を選んだため思ったより気持ちよい滑りでこの日を終えることが出来た。

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-22 20:13 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(4)

お気に入りの斜面を滑りつくし

我々の滑走を撮影したGeorgeがドロップイン
b0062024_18122939.jpg

b0062024_1812398.jpg

b0062024_18125156.jpg

b0062024_1813165.jpg




一本目の滑りが良かったので当然のことながら登り返し。
b0062024_18145877.jpg




Rider : Izumi

ファインダーを覗いていても気持ちよさが伝わってくるオープンバーン

b0062024_18155796.jpg

b0062024_18161047.jpg

b0062024_18162446.jpg

b0062024_18183558.jpg

b0062024_18185753.jpg

b0062024_1819910.jpg

b0062024_1819218.jpg

b0062024_18193330.jpg




別ルートから我々に追いついた仲間も次々とドロップイン

Rider : Nakagawa

b0062024_18223042.jpg

b0062024_18224318.jpg

b0062024_18231294.jpg




Rider : Hirokawa
b0062024_1831635.jpg

b0062024_18311684.jpg

b0062024_18313218.jpg

b0062024_18314485.jpg




一本一緒に滑ったあとは、各々自分たちのお気に入りの斜面へ散って行く。
b0062024_1833661.jpg

b0062024_18331740.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-20 19:14 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(2)

お気に入りの斜面を滑りつくし

快晴の朝、ゲレンデは見向きもせず、気温が上がらないうちに南面を滑ろうと、ハイクアップ。
深雪がハイクに辛い・・・

b0062024_21482771.jpg

b0062024_21484069.jpg




急登の連続・・・
登り帰しを考慮して尾根伝いにルートを作る。

b0062024_21491367.jpg





向かいの斜面にはすでに滑り出す人影も・・・
稜線には奥へ向かうハイカーも見え隠れ・・・

b0062024_21522895.jpg




トップに到着。念のためにピットチェック。
b0062024_21534379.jpg

b0062024_21535367.jpg




滑るラインと登り返し地点の確認
b0062024_21543964.jpg




ノートラックの斜面へ贅沢な最初の一本。

Rider : sakusaku_fukafuka(Fukazu) / Photo : George

b0062024_21562100.jpg

b0062024_2156233.jpg

b0062024_21563218.jpg

b0062024_21564859.jpg




Rider : Izumi
b0062024_2157195.jpg

b0062024_2157305.jpg
b0062024_21574124.jpg

b0062024_21575233.jpg

b0062024_21581330.jpg





一本目を滑り終え、二本目のために登り返し。
漸く稜線に出た。

b0062024_21592170.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-18 22:01 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(8)

快晴の日はお散歩気分

画像クリックで拡大します

仲間の滑りを撮影し終えて、しんがりは自分。
Photo : Izumi

b0062024_2051085.jpg

b0062024_2064135.jpg






Photo : George
b0062024_2073152.jpg

b0062024_2074350.jpg




登り帰しの途中から自分たちのラインを俯瞰
b0062024_2094754.jpg




北向きの斜面は樹氷が美しい。
b0062024_2010247.jpg

b0062024_20103485.jpg

b0062024_20104453.jpg




快晴の上越の山々に向かって滑る気分はは格別だ
George

b0062024_20125528.jpg




思い思いのラインが刻まれた裏山。それほどメジャーでなかった数年前には考えられなかった光景だ。
b0062024_20151089.jpg




場所を移動、この日最後の斜面を滑る。
どんなラインを滑ろうか・・・
ゲレンデと違い、一本一本の滑りが真剣勝負。
悔いの無いラインを滑りたい。

Rider : sakusaku_fukafuka(Fukazu) / Photo : George

b0062024_2029774.jpg

b0062024_20292050.jpg

b0062024_20293396.jpg

b0062024_20295483.jpg

b0062024_20301039.jpg




変化のある斜面も、また面白きかな・・・


Izumi

b0062024_20172840.jpg




自分たちの滑ったラインを見上げながら、この日の楽しかった一日を振り返る。
b0062024_2034876.jpg

b0062024_20341740.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-16 20:34 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(8)

快晴の日はお散歩気分

 (画像をクリックで拡大します) 


移動するごとに少しずつ形を変えていく苗場山。
やっぱり苗場山はいつみてもいいなぁ・・・

b0062024_18322774.jpg





K ピーク到着。
ここまで一緒にラッセルをしたら、テレマークチームとはお別れ。
b0062024_18341967.jpg




それぞれ滑りたいエリアへ散っていく。
b0062024_18445759.jpg

b0062024_18454596.jpg




George
b0062024_1846434.jpg




大分雪庇が発達し始めた
b0062024_1848311.jpg

b0062024_18493258.jpg





ここもよし、あっちもよし、さて・・・どこを滑ろうか・・・
b0062024_18483235.jpg

b0062024_18492088.jpg




色々迷ったが、帰るのに必要な時間とを考え、この斜面をすべることにした。

Izumi
b0062024_18521974.jpg

b0062024_18523288.jpg

b0062024_18532616.jpg




Josuke
b0062024_18542639.jpg




George
b0062024_18552318.jpg

b0062024_185535100.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-14 19:01 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(8)

快晴の日はお散歩気分

当然のごとく晴れた日は気分が良い。
自然と集まったいつものメンバーでハイキング

b0062024_2112443.jpg

b0062024_21125511.jpg




ここから見る神楽ケ峰はお気に入りの景色。
b0062024_21141453.jpg

b0062024_21142433.jpg




ここは例年だともっと美しいのだが、やはり暖冬の影響は避けられない。

b0062024_21161567.jpg

b0062024_21163195.jpg

b0062024_2116449.jpg




写真を撮ったりしているうちに、仲間からはすっかり置いてけぼり・・・
もうはるか先を歩いている。

b0062024_21184351.jpg




西には大迫力の苗場山
b0062024_21193773.jpg




「僕はここを狙うから」と先へ行く他の仲間と別れてドロップインする仲間。
ここを滑る誘惑にかられたが、ここは彼に譲って先へ進む。

b0062024_21222626.jpg

気持ち良さそう!!
b0062024_21225545.jpg




先行する仲間たちはすでに最後の急登にさしかかる
b0062024_21235818.jpg




トップで仲間に追いつく。
トップからの鳥甲山の眺めが素晴らしい。

b0062024_21264062.jpg




東には黒岩の平が見えて、ここもお気に入りの風景だ
b0062024_2127467.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-13 21:28 | 2009 雪山三昧・中期 | Comments(2)

谷川岳四ノ沢

b0062024_13475576.jpg

今日はまずまずの天気。雪も安定していると思われるので、谷川岳を滑ることにした。
山頂から四ノ沢を見下ろしているうちに、どうしてもここを滑りたくなり、仲間には肩の広場を滑ると無線を飛ばしたのであるが、やっぱりルート変更。
ルートの変更を再度無線で飛ばしたが、あいにく通じず、急いでピットチェック。
雪は安定しているようなので滑走を決行。
急激に落ち込んでいる四ノ沢のドロップすると、予想しなかった良質なパウダースノー。

この続きはまたの機会に…

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-11 13:47 | Comments(16)

快晴の続T尾根

我々と合流すべく登攀に使ったトレースを辿ってくる仲間たち。
b0062024_206744.jpg




あとから合流してきた仲間たちの一本目。


b0062024_2095178.jpg

b0062024_20111823.jpg

b0062024_20124940.jpg

b0062024_20164746.jpg

b0062024_20214834.jpg

b0062024_20222729.jpg


滑り終えたら次の仲間の滑走を見守る
b0062024_20232241.jpg




急斜面を滑り終えたら下山。
下山も、良い斜面をみつけながらスプレーをあげる。

b0062024_20251274.jpg

b0062024_2026461.jpg

b0062024_20264981.jpg

b0062024_2028611.jpg

b0062024_2031327.jpg

Snowboard、Telemark ski、スタイルはそれぞれ違ってもフカフカパウダーは楽しい。
程よい疲労感に満たされた一日。

by sakusaku_fukafuka | 2009-02-09 20:33 | 2009 雪山三昧 前期 | Comments(10)