<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

景色に魅せられた雪山山行(3/15) #4

画像をクリックしていただくと拡大します



急登の樹林帯は深雪で難儀した
b0062024_19434163.jpg




森林限界を超えると強風を遮るものは無く、深雪はガリガリのクラスト面に変わる。
b0062024_19463484.jpg




北西に面した斜面は際立って美しい。
いつか、ここに滑降のラインを刻むのも良いだろう。

b0062024_19491523.jpg
b0062024_19495967.jpg

b0062024_1950556.jpg




紺碧の空も覗いたが、このあと山頂付近はガスに包まれた。
b0062024_19565627.jpg

b0062024_19592263.jpg




登ってきた方向を振り返る。
モノトーンの世界が広がる。

b0062024_2014419.jpg




スノーシューの爪が、かろうじて雪面を捉えるクラスとしたスリリングな斜面。

Photo : George

b0062024_2034158.jpg

b0062024_2051234.jpg




ここより上部は天候が怪しい。
景色を楽しむのはここまでだ。

b0062024_2011251.jpg




山頂付近は強風が吹き荒れる。
スノーソーで氷のブロックを切り出し、なんとか風除けを作り、急ぎランチをとる。

b0062024_2074410.jpg

b0062024_2075828.jpg




ホワイトアウトの山上から板をずらしながら視界のきくところまで移動。
滑降に入る。

b0062024_2012346.jpg

b0062024_2012224.jpg

b0062024_20133135.jpg

b0062024_20143890.jpg

b0062024_20145786.jpg




クラスト面とフカフカの新雪が混在する。
ボトムの柔らかそうな場所を選びながら滑降

b0062024_20182147.jpg




所々沢が口を開けている。
慎重に沢を下り、この日のハードスケジュールを終えた。
b0062024_20201877.jpg

天候は勝れなかったが、時折差し込む朝日は、こんな天候だからこその幻想的な景色を見せてくれた。
お陰で景色を満喫した一日となった。



by sakusaku_fukafuka | 2009-03-30 20:25 | 2009 雪山三昧・後期 | Comments(10)

山頂到着

b0062024_10445443.jpg

とりあえず山頂だ

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-29 10:44 | Comments(2)

白毛門

b0062024_78223.jpg

今日は白毛門だ。

このところの降雪で思わぬ深雪に難儀している。

時間に制約のある今日、どこまで登れるかわからないが、とりあえず登ろう。

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-29 07:08 | Comments(0)

満開

天気予報の放送には、桜の開花情報がかならず聞かれる今日この頃だが、こちらでは漸く梅の花が満開となった。
この写真ではわからないが、この梅の花のはるか向こうでは今朝も雪が舞っていた。
山沿いはこのところ、ずっと雪模様である。

b0062024_15215720.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-28 15:22 | | Comments(2)

景色に魅せられた雪山山行(3/15) #3

画像をクリックしていただくと拡大します


急登に喘ぎながらも、時々振り返ると、少しずつでも高度を稼いでいることに安堵。
b0062024_22594748.jpg




Photo : Izumi
b0062024_2315365.jpg





朝の光は、時々「ハッ!・・・・」とさせるほど幻想的な世界へ誘ってくれる。
その度登攀の歩みは止まる。

b0062024_2361561.jpg

b0062024_2375227.jpg





見上げれば稜線はすぐ近くのようだが、がりがりにクラストした斜面はなかなか手強そう・・・
b0062024_2395675.jpg




同行の二人とはずいぶん引き離されてしまったようだが、やはり、この景色を見ると足を止めざるを得ない。
b0062024_23111572.jpg

b0062024_23134293.jpg

強風が吹き荒れているにもかかわらず、目の前の景色は幻想的だ。
b0062024_23141374.jpg

b0062024_2315322.jpg




沢のボトムのラインは、我々のトレース。
後を追う人影まったく見られない。

b0062024_23221027.jpg




稜線も間近になるにつれ、容赦なく強風が吹きつける。
b0062024_23234635.jpg

b0062024_23244599.jpg

強風の中の行軍はまだまだ続く・・・

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-25 23:27 | 2009 雪山三昧・後期 | Comments(6)

今度は二重奏

この時期はバックカントリー・スノーボードが活動のメイン。
休日に家に居たことなんてまず無いのだ。

そんなある日、今度は Saxophone の二重奏をやりましょう、とのお誘い。
二つ返事で承諾したものの、「Saxophone を吹くなんて〇十年振りだな」と、何でも引き受けた後に後悔するのは、いつもの自分の悪いクセ。

「こりゃーまずいな」ということで、なるべく早く音を出してみようということに・・・
それで早速、仕事帰りの今夜の初練習と相俟ったわけである。

いざ Saxophone を両手で持ってみると、触れたことが無い異物を手にしたようで、まったく手に馴染まない現実にショック・・・
しかし、恐る恐る息を吹き込んでみると「鳴った!!」

これなら、練習すれば、ちっとは昔を思い出すかも???
ま、どのくらい忘れてしまったものを取り戻せるか分からないが、前向きにやってみようということに相成り申した。
(私=Tenor Saxophone。誘い主=Alto Saxophone)

b0062024_21512354.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-23 21:59 | ♯s&♭s | Comments(8)

芝倉沢

b0062024_15115927.jpg

デブリの溜まり場。
コース中最も危険なS字を無事通過。芝倉沢を滑り終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-21 15:11 | Comments(4)

芝倉沢

b0062024_1573296.jpg

芝倉沢核心部

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-21 15:07 | Comments(0)

芝倉沢

b0062024_12212021.jpg

これよりドロップイン

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-21 12:21 | Comments(0)

芝倉沢

b0062024_12122320.jpg

茂倉岳(写真)山頂到着。これより滑走準備に入る

by sakusaku_fukafuka | 2009-03-21 12:12 | Comments(0)