Fly me to the moon

本当は昨日がまん丸お月さんだったみたい・・・
月が綺麗な夜はこんな(Fly me to the moon)歌を口ずさんでみたくなる。

原曲はWaltzだが、4拍子のボサノヴァやSwing beatで歌われる方が多いだろう。
小生はDiana Krall みたいに小気味よくSwing beatでドライブするのが好きだな~

b0062024_0425455.jpg














でも、トクのFly me to the moon も棄てがたい。
ボーカルだけじゃなくて、甘~いFlugelhornのソロもいいよな~~


by sakusaku_fukafuka | 2010-07-28 00:46 | ほか・生活風景 | Comments(2)

谷川岳

このところまったく山に登れてない。

夏には出来れば恒例の北アルプスを歩きたい。
できるだけ、それまでに余分な脂肪だけは取っておかないと・・・


準備運動を兼ねて谷川岳へ。
できれば茂倉岳を経由して土樽へ下り電車で土合へ戻りたい。

3:17am マチガ沢出合を出発。

b0062024_101354.jpg








雪渓が残るマチガ沢。
まだ薄暗い・・・

b0062024_1025440.jpg








またMさんが下刈りをしてくれたのだろう。
視界の広がった巌剛新道は思いのほか歩きやすかった。

振り返ると東の空がオレンジ色に染まり始めた。

b0062024_1043036.jpg








どうやらザンゲ岩付近から上は視界悪そう・・・
b0062024_1052468.jpg

b0062024_1053828.jpg








稜線手間でご来光。
天気予報はすっかり外れたみたい・・・

b0062024_1063091.jpg








この分だと茂倉までの縦走は諦めた方が良さそうだ・・・

稜線に出るとすっかり明るくなった。
ピンクのシモツケソウとムラサキのヒメシャジン

b0062024_1075537.jpg








プチ縦走は諦めて今日は花見山行だな・・・

クガイソウ

b0062024_1084211.jpg








イブキジャコウソウが最盛期。
b0062024_1092031.jpg

b0062024_1092967.jpg








そろそろ花期を終えようとしている『ホソバヒナウスユキソウ』(エーデルワイスの仲間)
この花を見るにはもうちょっと早い時期がよさそう。

b0062024_1011220.jpg








マチガ沢俯瞰
b0062024_10162419.jpg








ネギ科かと思いきや、ユリ科の植物『シブツアサツキ』
b0062024_10172887.jpg








振り返る、右に西黒沢
b0062024_10181029.jpg








ニッコウキスゲ

この付近からガスの中・・・・・・
ほとんど遠景の視界無し・・・

b0062024_10193148.jpg








ザンゲ岩にてオタカラコウ
b0062024_1020487.jpg








まだ咲いていたイワカガミ
b0062024_10202758.jpg








濃い紫が鮮やかなタテヤマウツボグサ
b0062024_1021309.jpg








キンコウカ
b0062024_10215987.jpg








ほとんど視界の無い中、肩の小屋に馬場さんを訪ねる。

お客さんは4人ほどだそうだ。
TVを見ながら世間話や山の話をしたり。
コーヒーをいただきながら視界の回復するのを待つが、回復の兆し無し・・・

意を決して土樽へ向かうのを諦め、下山することにした。



ザンゲ岩まで下ると、なんと視界回復・・・
山頂もはっきり見えてガックリ・・・・・・
ま、山はこんなものさ・・・


ヒメシャジンとマチガ沢。

b0062024_1026637.jpg








日が当たるとイブキジャコウソウも活き活きとして見える。
b0062024_10265311.jpg








ヒメシャジンも
b0062024_10273323.jpg








クルマユリも見つけた。
b0062024_1028661.jpg








コバギボウシ
b0062024_10305110.jpg








すっかり晴れ渡った山頂を見上げ、巌剛新道をまた下る。
b0062024_10314272.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-27 10:34 | 2010 登山 春~秋 | Comments(0)

浅草岳・ヒメサユリをたずねて 2

動かないでいると寒くなってきた山頂をあとに下山開始。
天気はあまり思わしくないが、雲海がきれいだ。

b0062024_723124.jpg








今回の山行の目的の一つだった『ヒメサユリ』ユリ科/属名:ユリ属

観光課の話では一週間前が見頃だったとのことであったが、まだ元気なヒメサユリもあって、十分楽しめた。

b0062024_7252711.jpg








下山はカヘヨボッチを経由して桜ゾネ登山口へ下る。
b0062024_7312931.jpg








駐車場を俯瞰。
来た時は車は二台だけだったが、すでに駐車場には相当数の車が見える。

b0062024_732278.jpg








ナナカマド
b0062024_7325151.jpg








ギンリョウソウ
b0062024_7331652.jpg








守門岳
b0062024_7335395.jpg








桜ゾネ登山口
b0062024_7342054.jpg








ここまで下れば、あとは林道を歩いて駐車場までおよそ20分。
b0062024_735643.jpg








登り始めたネズモチ平登山口まで戻った。
駐車場はもうすぐ・・・

b0062024_7371824.jpg








下山時、相当数の登山者に行き会った。
やはりヒメサユリで人気の山だけはある。

久しぶりのヒメサユリにも出会えたし、運動不足で鈍った体にはちょうど良い山行だった。

b0062024_74097.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-23 07:41 | 2010 登山 春~秋 | Comments(0)

浅草岳・ヒメサユリをたずねて

久々の山行。
一月あまり山と無縁だったのでアプローチの短い山にした。

浅草岳のヒメサユリが気になっていたので観光課に問い合わせたら『先週末が見頃だった』とのこと。
盛りは過ぎてもまだ見られるだろう、と浅草岳行きを決めた。

不安の種は天気だが、同伴の山友から『昼から雨模様だけど、午前中は陽も出そう』と連絡。
早朝4時出発と決めて国道252号線・上条のT字付近で3時30分に待ち合わせ。
深夜車を走らせるも、この辺りに不案内の小生はここを通り過ぎたことに気づかず、大白川まで来てしまった。
幸い浅草岳登山口との分岐点なので、大白川で待っていると電話を入れて20分後に合流。

道は徐々に細くなり、舗装と未舗装が繰り返される道路を走って登山口駐車場へ到着。

広い駐車場には新潟ナンバーの車が一台あるのみ・・・
雨に降られる前に下山したい我々は速攻に登山準備、駐車場を出発。
ヘッドランプを頼りにネズモチ平登山口から登攀開始するころは空も白んできた。

梅雨時とあって、登山道はグチャグチャのぬかる道。

b0062024_63211.jpg

b0062024_6321138.jpg









歩き始めてすぐにズボンは泥だらけ・・・・・
一時間で森林限界付近。

b0062024_633528.jpg

b0062024_6342420.jpg








振り返ると守門岳
b0062024_6351256.jpg








稜線間近
b0062024_6355052.jpg








眼下には雲海が広がっている。
b0062024_6362968.jpg








傍らにゴゼンタチバナ
b0062024_6365353.jpg








5時50分 分岐。
ここから浅草岳までピストン。

b0062024_638981.jpg








ウラジロヨウラク
b0062024_639628.jpg








シラネアオイ
b0062024_6393854.jpg








トキソウ
b0062024_6403694.jpg








雪渓越しに目指す浅草岳
b0062024_6415277.jpg








6時16分山頂到着。
山頂は思ったより寒い。
一枚着込んで展望を楽しむ。

b0062024_643353.jpg

b0062024_6431173.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-18 06:46 | 2010 登山 春~秋 | Comments(2)

新緑の万太郎山 #6

ランチを終え展望を楽しんだら下山。
b0062024_7471226.jpg








万太郎谷を見下ろしながら。
b0062024_7482569.jpg








関越自動車道土樽パーキングが見える。
b0062024_7492695.jpg








望遠で引っ張ると自分達の車も。
b0062024_7502615.jpg








ミネザクラ
b0062024_7505246.jpg








アズマシャクナゲ
b0062024_751369.jpg








b0062024_7515770.jpg








シラネアオイ
b0062024_7522126.jpg








登るときはシルエットだった山並みも午後の光を浴びてくっきりと見える。
b0062024_7533057.jpg

b0062024_7534892.jpg

b0062024_754064.jpg









万太郎山を振り返る
b0062024_754403.jpg








イワカガミ
b0062024_755855.jpg








アズマシャクナゲ
b0062024_7553882.jpg








ミツバオウレン
b0062024_7564279.jpg








コブシ
b0062024_757454.jpg








万太郎山を振り返る。
ここから見る万太郎山が一番格好良いと思う。

b0062024_7575045.jpg

b0062024_758012.jpg

b0062024_758882.jpg

b0062024_7581577.jpg








タムシバとコブシ咲く登山道
b0062024_7585239.jpg

b0062024_7585936.jpg

b0062024_7592317.jpg








谷川連峰
b0062024_801320.jpg








稜線を終え、樹林帯に入る。
b0062024_805020.jpg

b0062024_812269.jpg

b0062024_81333.jpg

b0062024_814841.jpg








長かった登山も終り。
もうすぐ林道が見えてくる。

b0062024_824595.jpg

b0062024_825527.jpg

b0062024_83490.jpg








舗装の道路に出て、めったにない快晴に恵まれたこの日の山行を終えた。

b0062024_84736.jpg

b0062024_84303.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-13 08:37 | 2010 登山 春~秋 | Comments(0)

浅草岳

b0062024_12214986.jpg

b0062024_12214945.jpg

天気予報だと午後から雨。
雨に降られる前に下山しよう、と午前4時から歩き始めた。
目的はヒメサユリ。
観光協会に問い合わせたら先週末が見頃だったとのことだったが、実際登ってみたらまだまだ十分に楽しめた。
雨の合間をぬっての山行で、下山して駐車場に戻ったとたんにポツポツと降り出した。

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-11 12:21 | 2010 登山 春~秋 | Comments(2)

新緑の万太郎山 #5

長玉で仙ノ倉山山頂を引っ張ってみると山頂付近に登山者の人影が見える。
b0062024_9221083.jpg








長玉シリーズ?
飯士山と、その手前に蛇行する関越自動車道。

b0062024_9235177.jpg








こちら苗場山頂付近。
ビジターセンターの屋根も見える。

b0062024_9245886.jpg









四阿山が遠くに・・・
b0062024_9265016.jpg








東に谷川岳山頂。
流石に谷川岳だけのことはある。
山頂へ向かう登山者たち、肩の小屋にも人影が見える。
山頂付近も賑わっているようだ。

b0062024_942834.jpg

b0062024_9422838.jpg








万太郎山より東の展望。
珍しいほどの快晴。
巻機山~皇海山まで見渡せる。

b0062024_9451653.jpg

b0062024_9461933.jpg








南面の展望。
俎嵓山稜~エビス大黒の頭まで。

b0062024_9473254.jpg








南西の展望。
遠くに浅間山。

b0062024_948387.jpg








西側の展望。
仙ノ倉山の奥に苗場山。

b0062024_9493736.jpg








西北面。
仙ノ倉山~湯沢の市街地。

b0062024_9503453.jpg








上の続き。
北面の展望。

b0062024_9513721.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-10 09:55 | 2010 登山 春~秋 | Comments(2)

新緑の万太郎山 #4

稜線間近、左手に谷川岳を眺めながら稜線へ向かう。
b0062024_21151416.jpg








急登を登り終えれば気持ち良い歩き。
すっきりと晴れ渡った稜線付近はどちらを見ても素晴らしい眺め。

b0062024_21175773.jpg

b0062024_2123581.jpg








谷川岳へ向かう稜線の眺め。
過日歩いたことが昨日のことのように思い出される。

b0062024_21282075.jpg








2008年の秋、草紅葉の稜線。
b0062024_21292342.jpg








稜線ではミネザクラが見ごろを迎えようとしていた。
残雪と桜もなかなか乙なものだ。

b0062024_21303169.jpg








まさかのハクサンイチゲも早咲きが白い花を咲かせていて、我々を和ませてくれた。
b0062024_21313044.jpg

b0062024_2132942.jpg








赤谷川本谷。
b0062024_21331860.jpg









過日歩いたときの同じ場所。
b0062024_21342477.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-04 21:35 | 2010 登山 春~秋 | Comments(2)

新緑の万太郎山 #3

太陽は稜線からすっかり離れたが、まだ七時前。
茂倉岳と谷川岳を望む。

b0062024_815392.jpg








稜線に出るまでの最後の急登。
以前秋に登ったときと違い、熊笹の下刈りがしてあるので、とても歩きやすい。

b0062024_8174778.jpg








新緑の万太郎谷を俯瞰。
b0062024_8184595.jpg








稜線間近
b0062024_819327.jpg

b0062024_820156.jpg







こんなに遠くまで見通せるくらい晴れるって珍しい。
湯沢、岩原の市街地を背に稜線へ。

b0062024_8215319.jpg








もうじきザレ場
b0062024_823629.jpg








ナエバキスミレ
b0062024_8234986.jpg








急登のはじまり。
b0062024_825477.jpg

b0062024_8274041.jpg







さっき唯一行き会った登山者。
もうあんなに下った。

b0062024_8282959.jpg







飯士山遠望
b0062024_8293148.jpg








登ってきた稜線
b0062024_8301077.jpg








大源太山と巻機山
b0062024_8323466.jpg








ここを上りきれば稜線歩き。
b0062024_8335116.jpg

b0062024_834224.jpg







アズマシャクナゲ
b0062024_835884.jpg








眺め最高。エビス大黒の頭、仙ノ倉山、平標山が見渡せる。
b0062024_837442.jpg








5/15日のほぼ同じ場所から仙ノ倉山を望む。
b0062024_8375718.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2010-07-01 08:38 | 2010 登山 春~秋 | Comments(0)