<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雨上がりの朝

今日からしばらくは良い天気が続きそう・・・
b0062024_659144.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-31 06:59 | ほか・生活風景 | Comments(2)

NEW

新しいドラムセットが届いたからチューニングをしてほしい、という連絡をもらってから大分日が経ってしまった。

やっと今日時間が作れたので行ってきた。
当然まだ音は抜けてないが、新品が良いのは畳と〇房だけではないなぁ。

ドラムヘッドもシンバルも指紋一つ付いてない。
一通りチューニングを済ませたが、こうでなければいけない、という決まりはない。
各tomtom間の理想的なインターバルは四度チューニングということか。
出来る限りそれに近づけたが、勝手ながら俺好みのチューニングとなりました。

なんとか、29日の本番に間に合わせて上げられてホっとしました。
本番、頑張ってね~~~。

b0062024_20292895.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-25 20:29 | ♯s&♭s | Comments(0)

マチガ沢秋景 2-2

前回は巌剛新道までだったが、今回はちょっと山頂まで歩いてみよう、と久しぶりの山頂を目指した。

ナナカマドの実が真っ赤に色づいた。

b0062024_15325819.jpg

b0062024_1533530.jpg













シンセン岩峰
b0062024_15334093.jpg













西黒尾根から天神尾根の紅葉
b0062024_15341186.jpg













ザンゲ岩から西黒尾根俯瞰
b0062024_15344012.jpg













近くなった山頂付近を望む。
b0062024_1535137.jpg













山頂(トマノ耳)より平標山に連なる縦走路。
常緑の熊笹と草紅葉のコントラストが美しい。

手前中央は『オジカ沢ノ頭』、左は『俎嵓山稜』。

b0062024_1537351.jpg











見苦しいが、山頂にて・・・・・・
b0062024_1538542.jpg












もう一つの山頂オキノ耳と朝日岳(右)、巻機山(右奥)方面
b0062024_15401688.jpg












山頂より身を乗り出してマチガ沢を俯瞰
b0062024_15405385.jpg













冬のマチガ沢俯瞰
b0062024_15434088.jpg













東尾根
b0062024_15441463.jpg













万太郎谷の紅葉
b0062024_1545769.jpg













同じルートを下山しながらマチガ沢と山頂を望む。

光の加減で見る景色も違ってくる。

午後の斜光もまたいいもんだ。

b0062024_1546331.jpg













過日歩いた白毛門、笠ケ岳、朝日岳を望む
b0062024_15485066.jpg

b0062024_1552365.jpg













朝とはずいぶん色彩が違ってきた山容を眺めながら巌剛新道を下る。
b0062024_15535035.jpg

b0062024_1553586.jpg

b0062024_1554855.jpg

b0062024_15541615.jpg

b0062024_15542615.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-16 15:56 | 2011 登山 | Comments(0)

マチガ沢秋景 2-1

再度マチガ沢。

気象予報の深夜からの快晴マークに期待して出かけた。
平野部は星が出ていてまずまずだったが、マチガ沢出会いに行ってみると山頂付近は雲がかかっている。
ま、天候の難しい谷川はこんなものだから、とヘッドランプ頼りに出発。

b0062024_7544731.jpg













いつものビューポイントに到着したものの、空を見る見る厚く黒い雲が覆ってきて星は隠れ、小雨までショボショボと飛んでくる有様・・・
朝陽が昇ってくるはずの東の空も雲で覆われてきた。
気温はどんどん下がり汗をかいた体は冷えてくる。ウェアを出してはおり、一時間も待つと空が白んできた。
b0062024_7595243.jpg













雲に阻まれ、モルゲンロートのマチガ沢を撮ることは叶わなかった。

ま、天候だけはコントロールできないのだから致し方ない。
それでも、と、多少なりとも淡く染まり始めた朝のマチガ沢にレンズを向ける。

b0062024_833742.jpg

b0062024_834770.jpg

b0062024_835769.jpg













《ラクダの背》より西黒尾根
b0062024_845880.jpg

b0062024_851514.jpg

b0062024_8234582.jpg













西黒尾根
b0062024_892481.jpg













高度を上げるごとに姿を変えていくシンセン岩峰を眺めるのもこのルートの楽しみ。
b0062024_8103125.jpg

b0062024_8104563.jpg













山頂を望む
b0062024_812371.jpg

b0062024_8124952.jpg













西黒尾根
b0062024_8144038.jpg

b0062024_816235.jpg

b0062024_8161328.jpg













オキノ耳
b0062024_8152215.jpg

b0062024_8163218.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-13 08:18 | 2011 登山 | Comments(6)

マチガ沢秋景

ようやく本格的に色づいてきた。
今日、紅葉の按配はどうか、と気になっていたマチガ沢の様子を見に行ってきた。

まだほんの少し早いようだったが、あと2~3日したらマチガ沢の中腹は見ごろになるだろう。
b0062024_1885114.jpg

b0062024_189180.jpg

b0062024_189923.jpg

b0062024_1892141.jpg

b0062024_1893078.jpg

b0062024_1894778.jpg

b0062024_1895494.jpg

b0062024_1810788.jpg

b0062024_18101436.jpg

b0062024_18102890.jpg

b0062024_18103561.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-10 18:10 | 2011 登山 | Comments(4)

初冠雪

画像をクリックで拡大します

10月3日、関東以北の上空を覆った寒気が例年より早い初冠雪をもたらした。

この二日ほど平野部は晴れているのに谷川連峰は厚い雲が覆ったまま、まったく姿を見せなかった。

自分の予想に科学的根拠はまったく無いが、もしかしたら・・・・・・・という予感は的中。
雲間から見えた谷川連峰は、うっすらと真新しい雪をかぶっていた。

西に目をやると仙ノ倉山、三国峠方面の山並みも真っ白。
TVの天気予報では、例年より23日も早い初冠雪を迎えた仙ノ倉山のニュースを流していた。

一夜明けた今朝、その初冠雪の谷川岳を撮影しようと一ノ倉沢へ向かった。



一ノ倉沢
b0062024_8355547.jpg

b0062024_8362984.jpg

b0062024_8364053.jpg

b0062024_8365882.jpg

b0062024_8371183.jpg













マチガ沢
b0062024_8373322.jpg














東尾根
b0062024_8375854.jpg













笠ケ岳
b0062024_8382171.jpg













土合より谷川岳
b0062024_838528.jpg

いよいよシーズンか、と白いものを見ると心が躍る。

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-04 08:40 | 2011 登山 | Comments(8)

(半)馬蹄形縦走縦走 2

(半)馬蹄形縦走縦走の続き、朝日岳からのレポを載せようと考えていたのですが、この続きはスライドショーにしてしまいました。

スライドショーを作りながらアップロードしようと思ったのですが、スライドショーを作っていたら、いささか疲れてしまい、スライドショーをもって代わりとします ^^;

前半はこの前のブログと重複してしまいますが・・・・・・・・


by sakusaku_fukafuka | 2011-10-02 21:21 | スライドショー | Comments(4)

秋の味覚

もうずいぶん前に山から下ろしてきたアケビが今年も実をつけた。

ろくなものを食べてなかった幼少の頃は、「あけび」と言えば最高のおやつだった。
野山を駆けずり回って、競うように採って食べたものだが、食べ物に恵まれている昨今の子供達は「気持ち悪い」といって見向きもしない。

厚い皮の内側に見える白い果実が透き通るくらいになったのが食べごろで、最も甘くて美味しい。

ミツバアケビ(秋の果実を食べても春の新芽を食べてもこちらがおいしい)
本来は果皮の色が鮮やかな紫色になるのだが、近くに植えてあるアケビと交配してしまい、紫の色がでない。

b0062024_193027.jpg













こちらがアケビ
美味しさの点ではのミツバアケビに軍配が上がる。
b0062024_1931245.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-10-01 19:35 | ほか・生活風景 | Comments(0)