<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

納滑会

昨日は湯沢にて2013年納滑会。
いつも山菜採りをしたあと、その山菜をメインに天ぷらや御浸しにして食しながら山菜パーティでシーズン締めくくるのが我々滑り仲間たちの恒例行事。

今年は諸般の事情によって遅めの納滑会。
山はすでに新緑を終え、夏山の様相を呈している。
山菜が採れるのかちょっと心配しながらの山菜採り。

早い時間に集まれた5人で標高の高いところを狙って山菜採り。
蒸し蒸しの気温の中、熊笹の藪の中へ突入。
女性陣も藪を厭わず入ります。

あった、あった・・・・・・・
まずは「根がまりだけ」(写真撮り忘れたのでネットから拝借)
熊笹の子供です。
b0062024_7565682.jpg

今回は茹でてマヨネーズをつけて食べました。
おいしい!!

















一番食べたかったのはこちら「コシアブラ」
もう二年食べてないので祈りながら探しましたが、ありました!
同じコシアブラでも固体によっては発芽が遅いのもあるようで、すぐに見つかった。
数が少ないので、今度は忘れずにスマホにて採る前に撮った。
b0062024_804849.jpg















これは食べられませんがこんな高山植物があるくらい標高の高い場所です。
「サンカヨウ」
b0062024_814988.jpg













日当たりのよい場所にはすでに大きく成長した「ウド」があったので、先っぽの柔らかいところだけ摘んできた。

次は「幻の山菜」とも言われる「ユキザサ」を見つけました。
主に茹でて御浸しにして食べますが、ほうれん草を更に甘くした食感で最高に美味です。
b0062024_844620.jpg

b0062024_845346.jpg














納滑会は恒例だと野外でやるのだが、今回はお天気が悪そうなので滑り仲間の長老M氏宅のマンションでやることになったのだが、まだ時間があるので八海醸造の第二酒蔵がある「魚沼の里」まで足を伸ばし、手作りバームクーヘンで有名らしい「菓子処さとや」の喫茶コーナーで抹茶パフェと長森の蕎麦を食べるべく南魚沼へ向かった。

山菜採りで腹が減ってるのでまずは長森の蕎麦を食べに・・・・・・・
旧家の一部を移築したという古民家風の趣ある建物で、落ち着いた雰囲気のあるお店。
b0062024_8204441.jpg


b0062024_8205260.jpg














そばつゆは全員意見が一致。
濃い目の「江戸前」

b0062024_8214978.jpg














George 君は「田舎そば」
うどん?っていうくらいの太麺。
殻付きのそばの実を石臼で挽き、つなぎにふのりを使ったコシの強い太切りそばです。
b0062024_823335.jpg














我輩はもりそば
細麺で、コシのある二八そば。
b0062024_82536100.jpg














そばのあとは、お隣にある「菓子処さとや」でデザートです。
b0062024_8265580.jpg















混んでいたので、席が開くのを待ち二階の喫茶コーナーへ。
身近で生のギター演奏を聴きながら抹茶パフェをいただく。
外の景色を眺めながらおいしいスイーツをいただくリッチなひと時です。
b0062024_8285936.jpg

b0062024_8295846.jpg















山菜採りでかいた汗を流すのを忘れてました・・・・・・・
時間も押し迫ってきたので湯沢へ戻り、「駒子の湯」にて汗を流し、M氏のマンションへ。

先に到着していた仲間の消防士が、自ら「すもぐり」でしとめてきた黒鯛などを調理しておりました。
本職顔負けの腕前で調理された魚、おいしかった!
これは「めばる」だったかな?・・・・・・
b0062024_8353387.jpg














我々は採った山菜を持ち寄り、魚のあとに天ぷらです。

パーティも宴たけなわ。
今シーズンを振り返りながら仲間たちと話に花を咲かせた今シーズン納滑会は深夜まで続きました。
b0062024_8382528.jpg


b0062024_838336.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2013-06-16 08:43 | 2013 雪山三昧・春 | Comments(4)

雪山 → ♪

定期演奏会本番まで一月あまり。
練習も佳境。

雪山三昧だったのでまだ感覚を取り戻せていない・・・
指も思うように動かない。

神の手が欲しい・・・

b0062024_656591.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2013-06-01 06:56 | ♯s&♭s | Comments(2)