<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

五竜岳 One day hike

(画像をクリックで拡大します)
いつものことだが天候の影響を大きく受ける登山。
今回もずっと前から計画を練ってきたのだが、三連休のうち二日は未明に発生した大型の台風の影響をもろに受ける。
かろうじて最初の一日だけは晴れ間がありそうな予報。
三日間の縦走のためにテンションを上げてきただけに、なかなか諦めきれない気持ちを五竜岳日帰り山行に振り向けた。


五竜の「とおみ駅」からゴンドラ「テレキャビン」を使っての山行。
始発7:30、下り最終16:30

下りの最終に間に合うように下山しなければならないという時間の制約がある。

どこまで登れるかわからないが、車泊の我輩は早朝到着したレディたちと「とおみ駅」で合流。
一番のテレキャビンに乗り込んだ。
b0062024_1124460.jpg
















テレキャビンを降りて山行準備。
テレキャビンに乗ってきた乗客(登山者)のほとんどはリフトへ・・・・・・・
え?・・・・・・・ここから歩くのは我々だけ?

リフト使っても歩いてもほどんど変わらないということで、それならウォーミングアップを兼ねて我々は歩くことした。

b0062024_11274689.jpg


b0062024_1142173.jpg
















地蔵の頭から少し進むと熊を模ったレリーフが・・・・・

よ~く見るとどうやらこれは雄のようだ。
(だって何かついてるもん)

b0062024_11354418.jpg
















そうだと分かれば摘まんでみたくなるのが女心?です。

可愛い!  < 何が?
b0062024_11362154.jpg















やっぱりさっきのレリーフが「雄」だったいうのが、そこから少し歩くと分かったのです。

こちらは「何」がついてないのです(恥)
b0062024_11382023.jpg















ん~~~・・・・・・・・
期待はしてなかったものの、やっぱり稜線は何も見えません。

b0062024_11394657.jpg

















ここから景色の見えない長い長い尾根歩きが始まるのでした。
b0062024_11435741.jpg
















アップダウンが延々と続きます
b0062024_11443343.jpg
















少し青空が・・・・・・・・・

期待したけど、束の間現れた青空はまたガスに覆われた。
b0062024_11452716.jpg















出発して2時間弱。
中遠見を通過。
やっぱりガスガスです・・・・・・・
b0062024_11483352.jpg















せっかく高度を稼いだのに、また鞍部まで下ります。
b0062024_11505592.jpg

b0062024_115143.jpg














視界が悪いので、今どのあたりを歩いているのかさっぱりイメージできません・・・・・
頼りになるのは通過した時間だけです。

b0062024_11521274.jpg

b0062024_11522882.jpg















歩き始めて約3時間半、なんと五竜岳が見えました。
今まで何も見えなかっただけに感動の瞬間です。
b0062024_1155994.jpg















ガスは更に晴れ、白岳の鞍部に五竜山荘も見えた。
b0062024_1157956.jpg















晴れれば元気も出ます。
b0062024_1202451.jpg















遠くに鹿島槍ヶ岳も見えた。
b0062024_1205769.jpg















五竜岳
b0062024_121486.jpg



b0062024_122836.jpg















左手に五竜岳を望みながら白岳を目指す。
b0062024_1224088.jpg
















白岳トップ。
五竜岳と鞍部に五竜山荘。
b0062024_1232022.jpg

b0062024_1232881.jpg
















時間に制約があるので、けっこう急いだ。
4時間強で五竜山荘着。
軽く昼食をとってここから下山することとした。

レディたちは記念の「てぬぐい」を購入してご満悦。
この色限定だそうな・・・・
b0062024_17511989.jpg












2011年 唐松岳から見た五竜岳
b0062024_1531393.jpg

















2012年 劔岳から見た五竜岳
b0062024_15322043.jpg














山荘直下に下山のルート
b0062024_1285276.jpg

















下山開始。
白岳へまずは上り上げます。

b0062024_127541.jpg















唐松からの縦走路が垣間見えた。
b0062024_1273733.jpg














往路を戻ります。
また長い長い下りです。

b0062024_1294110.jpg

















テレキャビンの時間を気にかけながらアップダウンを繰り返し、下ります。
b0062024_12103462.jpg

















まだまだここから一時間以上下ります。

下山を同じくした登山者、みなテレキャビンの時間を気にしています・・・・
b0062024_12114518.jpg
















30分程度の余裕をもってなんとかテレキャビンに間に合った。
b0062024_12122063.jpg













この時期にして真夏のような暑さの中の登山。
汗はいつもの「みみずくの湯」で流します。








お腹を満たすのはグリンデルの予定だったが、大混雑・・・・・・・
予定変更して おおしも食堂にて。

空腹にはやっぱり肉系でしょう。

期待していなかった晴れ間も覗き、山頂は踏めなかった五竜も見えて、まずまず不満解消。
お腹を満たして散会。
睡魔と闘いながら4時間の帰路についた。
b0062024_12184669.jpg
















今回は出会った花は少なかったけど、また以下にまとめてみました。
高嶺に咲く花は魅力的です。
(花の名前は間違っていることがあるかもしれません)


by sakusaku_fukafuka | 2013-09-16 12:31 | 2013 無雪期登山 | Comments(7)

五竜岳

b0062024_5561115.jpg

台風の影響で予定変更。
この連休をフルに使った縦走は諦め、山行エリアも変更。
五竜ワンデイ登山となった。

(14:00下山)

by sakusaku_fukafuka | 2013-09-14 05:56 | Comments(2)

Eddie Hodges

60年代のポップスは名曲の宝庫。
自分的に60年代の名曲から外せない一曲はEddie Hodges の《I'm Gonna Knock On Your Door》だ。
邦題は《恋の売り込み》。
これは知らなかったのだが、実はこの曲は『ジ・アイズレー・ブラザーズ』のカヴァー。
しかし、Eddie Hodges が歌って原曲以上にヒットした曲でもある。

懐かしい60年代初期のヒット曲を一曲・・・・・・・・


by sakusaku_fukafuka | 2013-09-10 21:40 | ♯s&♭s | Comments(0)