<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

谷川岳西黒沢

年末年始休暇初日谷川岳。
シーズン初めは忘れ物をするのが習わし、とでも言おうか、しっかり忘れ物をして家に取りに帰って戻ったのが8時。
約1時間のロス。

しかしこのおかげで「jinsit」さんご一行とKRD氏、シーズン始めに会うべき人たちに会えたのは幸いだった。

天神峠リフト始動を並んで待つスキーヤーたちを尻目にゲレンデ横のロープで仕切られた登山者用スペースの急登を登る。
ゲレンデには前日のトレースの跡が見えるくらいだから積雪は浅いのかと思いきや、案外深い。
先行している登山者たちは遠回りしているのでショートカットすると先にトレースはまったく無し・・・・
見えるのは使い物にはならない「うさぎ」のトレースだけだ。
KRD氏と二人でフルラッセルをやっているとスキーヤーが二名追い越していく。

スキーヤーのトレースを辿るもやはりシューは沈む。
手招きしている山を見上げるにつけ、気は逸るも脚はいっこうに進まず。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_10132012.jpg














スノーボードを背負った我々に比べると身軽?な登山者たちが次々と追い越して行き、重かったラッセルから開放される。

熊穴沢避難小屋は一週間前と比べるとずいぶんと埋まってきている。
日々変わりゆく変化を一番顕著にあらわしているモニュメントかもしれない。
b0062024_10133469.jpg













山頂は踏まず、四ノ沢エントリーポイントへ。
フォールラインを俯瞰すると鮫のエラのように幾筋ものクラックがある。
KRD氏と相談した結果、ここを滑るのは先に送るとし、安全策で南面を滑ることに・・・・・・・


エントリーポイント
b0062024_10135035.jpg

































滑り終えてロープウェイのチケットをもう一度買い求め、自分の滑ったラインを写真に収めたいと思い、再度稜線まで出る。

田尻のトップで景色を眺めていたカップルさんの彼女さんにシャッターを押してもらい、己のラインと一緒に撮影。


b0062024_1014347.jpg















右(中央)が我輩、左のメインルートを滑ったのはKRD氏。

b0062024_10125542.jpg
















滑降ラインを写真に収めたら避難小屋手前のツリーからドロップ。

















西黒沢ボトムから
b0062024_1024721.jpg













今日も無事下山できたことに感謝。
b0062024_10245796.jpg














自宅付近から今日滑った夕照の谷川岳をふりかえる。
b0062024_1025548.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-12-29 10:26 | 2015 season 雪山三昧・前期 | Comments(12)

谷川岳Whiteout

冬至の22日、前回かなわなかった谷川で肩の小屋まで登ってきた。
先を行くのは二名。

あとでわかったのだが登山者一名とスキーヤー一名。
熊穴沢避難小屋手前で引き返してくる登山者と遭遇。
「深すぎてだめです」と登山者。

前回の胸ラッセルとは違い、前日のトレースもそれとなくわかるくらいの積雪なのに、なぜ深すぎるのだろう?
意味不明である・・・・・・

スキーヤーがシールで先行しているが、彼は上まで行く様子。

吾輩も駄目元で上までの予定。
時折稜線が見え隠れするが谷川岳本峰は見えない。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_852942.jpg














肩の小屋にて天候回復を待つもかなわず・・・・・・・
稜線にて滑りだすタイミングを見計らう。

b0062024_80727.jpg















南面を降ろうかと考えたのだがガスで凹凸がまったくわからず、熊穴沢避難小屋付近より西黒沢へドロップ。
Rider:KDR氏
b0062024_814931.jpg



b0062024_854853.jpg















Pic:KDR氏
b0062024_855786.jpg


この時期にしては珍しく西黒沢はほぼ埋まっていた。
ただしあちこちに隠れクラックがあるので要注意。
特に沢の中央部分は要注意だ。

終端部付近に難所が二箇所あったことを除けばそれほど難儀ではない。

まだ開放されていない田尻コースを滑ってR291へ。
今シーズン初谷川岳滑降終了。

by sakusaku_fukafuka | 2014-12-27 08:13 | 2015 season 雪山三昧・前期 | Comments(2)

シーズン始動

昨年より約一月遅れてシーズン始動。

予報だと晴れるはずなのだが、朝のうちはガスガス・・・
毎度のごとく、やっぱり天狗の留まり場から上は視界が無い。

スキー場も空いててパウダー食い放題。
ゲレンデ横の登攀に難儀している登山者4名を尻目にゲレンデに遊ぶ。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_221582.jpg














パウダーも食い尽くし、時計を見ると12時を過ぎている。
先行した登山者が豆粒のように見えるが、まだ熊穴沢避難小屋まで到着していない。
それでも時間は4時間を経過しているのだから、ラッセルがいかに難儀なのかが見て取れる。

吾輩もようやく重い腰を上げ、本格シーズンのための雪訓ということで、とにかくロープウェイ終了までに戻ってこれるところまで歩いて来よう、とでかけることにした。

が・・・・・・・・・・・・
深い・・・・・・・・・・
登山者のトレースを辿ると腰から深いところでは胸まである。
どうりで難儀しているはずだ。


俎嵓山稜・幕岩、懐かしい・・・
b0062024_2216183.jpg













だいぶいい雰囲気になってきた。
b0062024_22165868.jpg












登山者たちが引き返してきた。
避難小屋まで行くのは諦めたらしい。
四時には暗くなり始めるこの時期、時計を見るとそろそろ引き返したほうが良い時間。

それでも稜線までラッセルして俎嵓山稜だけは見ないと引き返せない。
登山者たちを見送り、胸ラッセルを繰り返して稜線まで出る。
俎嵓山稜を間近に仰ぎ見る。
格好いい。

b0062024_22213532.jpg














俎嵓山稜の勇姿を眺めたら往路を引き返す。
振り返って見る肩の広場。

滑りたかったなぁ・・・・・・・・・・・・
b0062024_22235481.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-12-19 22:26 | 2015 season 雪山三昧・前期 | Comments(6)

降った

今年はじめて例年より遅く初雪が降った。

日本海側では雪の被害も出ているとのこと・・・・・・

b0062024_71923.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2014-12-07 07:01 | ほか・生活風景 | Comments(0)