針ノ木岳~爺ケ岳縦走(第1日目)

シルバーウィーク久々の縦走登山。

休日の天候が思わしくなく、今年ほど山に登れずにいた年は無かったかも・・・
心配された天候も三日間とも安定していて、これほど良い天気があろうか、というくらいの快晴に恵まれた山行となった。

もう一つの心配は登山基地となる扇沢の無料駐車場の確保。
今回の山行のメンバーの時間調整の結果、シルバーウィークの後半に縦走することになったので、前半時間的余裕ができた。

大町から県道45号線を走り、「くろよんロイヤルホテル」のところに差し掛かるとまさかの渋滞。
なかなか動かない状況に扇沢へ向かうのを諦め、Uターンして県道を戻る観光客の車も見られる。
(スマートホン)
b0062024_811578.jpg













吾輩は駐車場を確保するために早くきたので、戻る訳にはいかない。
前日午後の乗り込みで何とか車二台分のスーペースを確保。

夕方にはすでに満杯になった駐車場。
昼間は観光客、午後5時を過ぎると登山者の車がひっきりなしに無料駐車場へ入ってくる。
空きが全く無いのを見ると有料駐車場へ向かうも、そこも満杯なのか、大町方面へ戻っていく車もあるようだった。

深夜到着する仲間を待つ間仮眠。
0時前に仲間到着。
3時起床、4時出発を確認して就寝。

夜空は満天の星、早くも夜空に蒼く輝く冬の大三角形に迎えられて扇沢を出発。
まずは登山届提出。
(画像をクリックで拡大します)

b0062024_8264063.jpg















歩き始めて凡そ1時間。
東の空がグラデーションに染まり始める。

b0062024_8274293.jpg














前方を見上げると針の木峠を早出し、針ノ木岳山頂へ向かうと思われるヘッドランプの灯りが見えた。

b0062024_838516.jpg















出発して一時間半。
空も白んできて稜線が見えるようになってきた。
(針ノ木岳はガスがかぶっている)

b0062024_840994.jpg














太陽が登ったのだろうか、東の空は一段と明るくなってきた。
b0062024_8405226.jpg














明日はこの稜線を爺ケ岳へ向かって歩く。
b0062024_8413331.jpg















蓮華岳。
今年の春滑りに来たのが思い出される。
b0062024_8422021.jpg














凡そ二時間弱、大沢小屋着。
b0062024_8432999.jpg















左岸の樹林帯が続く。
b0062024_8522070.jpg
















針ノ木岳大雪渓が目前に迫ってきた。
b0062024_853764.jpg















こんなところに「イワショウブ」
b0062024_8533791.jpg
















すがすがしい朝です

b0062024_8551911.jpg
















テガタチドリ
b0062024_8555456.jpg
















一旦右岸へ渡る

b0062024_8562751.jpg
















雪渓を行く。

今回、全員アイゼンは持ってこなかった。
雪の上を歩くのは慣れているので、冬山をやらない登山者と比べたらその点は有利かも・・・

b0062024_8585892.jpg















山がだいぶ紅葉してきた。
b0062024_8594044.jpg















振り返ると、二日後に登る予定の爺ケ岳が望める。
b0062024_924297.jpg



b0062024_931110.jpg
















ここで右岸から左岸へ戻り、急登が始まる。
ここが「ノド」かな・・・・・・

b0062024_942350.jpg














深く抉られた雪渓

b0062024_95199.jpg



b0062024_95312.jpg














さーて、ここから急登。
b0062024_97488.jpg
















ウサギギクが癒してくれます

b0062024_981278.jpg















大きく口を開けた雪渓

b0062024_99038.jpg
















雪渓もほぼ終了。
ガレた登山道を行く

b0062024_910861.jpg















黄葉した蓮華岳の斜面
b0062024_9112371.jpg















ミヤマリンドウ?
b0062024_9115321.jpg















最後の水場。
ここで、今日の炊事用と明日の行動用の水を汲む。
急登に差し掛かったときに、一気にザックの重量が増す。
b0062024_9142981.jpg














最後の水場を過ぎ、ガレ場に差し掛かる手前で上から声をかけてきたのが、何と「従兄弟」である。
まさか、こんなところで従兄弟に出会うとは・・・・・・・
以前従兄弟とは偶然双六のテン場でバッタリ会ったことがあったが、それ以来・・・
でも二度も山で偶然出会うとは思わなかった。




明日歩く稜線。

b0062024_9151030.jpg














黄葉したスバリ岳?の斜面

b0062024_916295.jpg














針ノ木峠が見えてきた。
最後の急登。
b0062024_9164619.jpg













10:08分、針ノ木峠到着。
今日はここでテン泊。

b0062024_919289.jpg















針ノ木峠より登ってきたルートを俯瞰。
b0062024_9195115.jpg


b0062024_9201816.jpg















蓮華岳と針ノ木岳小屋

b0062024_92141.jpg















幕営準備完了。
我々のテント。
b0062024_9221732.jpg














これは針ノ木岳小屋の外トイレの中からの景色。

用を足すためにしゃがむと目の高さがこの額縁の高さになり、七倉岳方面の絶景を眺めながら用を足すことが出来る。
なかなかしゃれてるよなぁ(笑)
b0062024_9241476.jpg














ここまで標高を上げるとかなり紅葉が染まってきた。

自分たちのテントを俯瞰しながら、空身で蓮華岳をピストンする。
b0062024_9255332.jpg













チシマギキョウかと思ったらイワギキョウ
チシマギキョウと比べると個体数が少ないのか、あまり見かけないので嬉しい。
b0062024_1048123.jpg














蓮華岳への急登からテン場を俯瞰。
b0062024_9291635.jpg














山頂への稜線。
b0062024_930135.jpg














秋の稜線の主役はこのウラシマツツジかもしれない。
その紅い葉の絨毯は見事だ。
b0062024_938671.jpg
















せっかく登った蓮華岳だが、ガスに覆われて何も見えず・・・・・・・・
よって写真は無し・・・

下山してテントへ戻り、夕食をとり明日のロングツアーのために早めの就寝。
山行一日目が終わった。

b0062024_9394410.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2015-09-27 09:40 | 2015 無雪季登山 | Comments(0)

Doris Day

秋の長雨といえば何となく情緒があっていいものだという感もあるのだが、「秋の長雨」なんぞというのは通り越して梅雨に逆戻りしたのではなかろうか、と、いつまでも続く長雨を恨めしくさえ思う今日このごろ・・・・・

さっぱり山にも登れずストレス溜まりっぱなし。
ま、秋雨の夜長は音楽にでも耳を傾けよう。


音楽を聴くスタイルも様変わりしたように思う。
かつてはステレオに随分とお金をつぎ込んだこともあったし、初代のWalkmanが流行ってからは音楽は外へ持ちだして聴くスタイルに変わってきたけど、まだあの頃はステレオ装置も幅を利かせていたような気がする。
昨今パソコンやインターネットが普及してからは、スマートホン、タブレット、ipodなどで(Walkmanも健在だが)音楽を持ち出すのが主流になってきたようにも思う。
実際、自分も家にはステレオは無いし・・・・・・・・・


で、こんな夜はYouTubeで昔懐かしい歌声なんぞを探すのが楽しい。
先日SONYのワイヤレス・スピーカー SRS-X33 を購入した。
サイズを越えた重低音ていうのがウリだけど、ま、この大きさなので実際の重低音にはちょっと無理があるかな感はあるけど、でも手軽にけっこういい音が聴けるのでおすすめ。

ipodtouch も持ってるけど、前に使っていたスマホが今は16GBのSDカードを入れて音楽プレイヤーになっているのでYouTubeで落とした音楽をBluetoothで飛ばして夕食を作ったりしながら聴いている。

いま繰り返し繰り返し聴いているのは昔懐かしいDoris Day が歌っている《I'm in the Mood for Love 》である。
b0062024_226451.jpg


b0062024_227348.jpg


1922年生まれだから、もう93歳?
それこそ色んな歌手が歌っている曲で、Julie London のものもいいが、俺的には何と言ってもDoris Day のものだろう。

この Doris Day の歌うI'm in the Mood for Love に耳を傾け、独りごちるのである。


by sakusaku_fukafuka | 2015-09-07 22:12 | ♯s&♭s | Comments(2)