至仏山・シーズン、ラストパウダースノー三昧

今季全くの雪不足で滑るエリアも限られてストレス溜まる一方。
シーズン前に色々とプランを練っていただけにそのストレスも最高潮に達するころ、仕事中にIZUMIちゃんから『明日(土)の都合はいかが?』至仏山滑降お誘いのメール。
長期予報を見る限りでは今週末も天候は悪そうだったので、あまり気にかけていなかったのだが、改めて予報を見なおしてみると、なんと快晴ではないか・・・・・・
これは行かない手はないでしょう。
仕事先にも我儘言って「休み」決定。

IZUMIちゃんに『OK』のメールを送って当日の打ち合わせ。
2時出発予定なので、移動時間を考えると帰宅後速やかに準備しないと寝る間が無い。

まず去年10月に買い換えたHYBRID 4WD の『こいつ』 にMTB とスノーボード、ザック類が積めるかどうかが問題。
b0062024_11393666.jpg












ホームグラウンドを谷川にシフトしたら車泊をすることも無くなったので、燃費の良いハイブリッドの小さい車でいいや、とFITに換えたのだが。。。。。。。

タイヤを外せば積めるということだったが、後部座席を倒し、助手席のシートを前に移動したら何とかタイヤを装着したまま積むことが出来た。
その上にMTBよりは軽いスノーボードを重ね、空きスペースにザック、小物を積んだ。

準備は整ったが家で寝ると睡眠不足から往路の運転が心もとない。
結局戸倉の待ち合わせ場所まで行ってからそこで仮眠することにして一路車を戸倉へ走らせる。

駐車スペースへ車を入れると先客の車が一台。
Hassy の車。
どうやら先について仮眠しているらしい。
ドアの開け閉めの音がどうしても出てしまうのが申し訳ない。
MTBを車の外に出して施錠。
睡眠スペースを作ってシュラフに潜るも、仕事と準備の疲労で直ぐに爆睡。

1時05分起床。
登攀準備開始。

メンバーも全員集合して予定より10分早く1時50分、月明かりの中を出発。
(画像をクリックで拡大します)

b0062024_21243282.jpg















夜でもあるし、雪がチラチラと舞ってきて寒い。
温度計は氷点下10°

b0062024_2126663.jpg















3:10 am
津奈木沢分岐到着。
休憩。

でも、ここからが本格的な登り。
b0062024_21271721.jpg

b0062024_21272818.jpg















4:50 am
月明かりに導かれ鳩待峠を出発。
寒い・・・・・・・・・・・

b0062024_21315549.jpg


b0062024_2132411.jpg















長かった夜・・・・・・・
ようやく空も白んできた。

肝心の至仏山はガスがかかっている。
ちょっと不安が過ぎる。

b0062024_21474295.jpg














夜明け、この時間帯が一番寒いのかも・・・
b0062024_2149568.jpg

b0062024_21491362.jpg















小至仏山のガスは抜けてきたようだ。
b0062024_2149544.jpg















至仏山のビューポイントに到着。
ちょうど朝日が至仏山をモルゲンロートに染め始める。
ここは冬しか立ち入れないので、このシーズンに山に入れる者の特権。
寒いけど、いい景色だ。

b0062024_21515363.jpg














小至仏山
b0062024_2152994.jpg














尾瀬ヶ原の夜明け。
b0062024_21524230.jpg














朝日が背中を照らしてきて景色も一変する。
b0062024_21542581.jpg














踏むとギュ、ギュ、っと新雪特有の音がする。
いいね~~この音・・・・・・

b0062024_21553140.jpg














撮影に余年のない我輩。
Pic:George
b0062024_21562423.jpg













【原見の丘】より尾瀬ヶ原。
b0062024_21572245.jpg














雪原にダケカンバが美しい
b0062024_2158197.jpg














ガスがかかったり切れたり、小至仏山。
b0062024_21583368.jpg













オヤマ沢田代へ向かう。
b0062024_220423.jpg


b0062024_2204438.jpg














オヤマ沢田代より尾瀬ヶ原。
b0062024_2212975.jpg













オヤマ沢田代を越えた。
もうちょっとで小至仏山の登り。

ここから見る小至仏山は好きだな・・・
b0062024_2224629.jpg














トラバースをせずに、今回は小至仏山山頂を通過する予定。
小至仏山の斜面にとりかかる。
b0062024_223489.jpg













小至仏山の登りにとりつく我輩。
Pic:George
b0062024_2244521.jpg


b0062024_2251257.jpg













谷川連峰を望む。

b0062024_226210.jpg














自分たちの歩いたトレースと上州武尊山と笠ケ岳(右)、小笠を望む。
b0062024_2273034.jpg














この景色、好きなんだよね~~
b0062024_2275873.jpg














もうじき小至仏山。
b0062024_2292120.jpg














小至仏山。

今季、ここで二名の登山者が遭難した。

手を合わせる。
『合掌』

b0062024_22203794.jpg















小至仏山より至仏山と尾瀬ヶ原。
b0062024_22211324.jpg

b0062024_22212645.jpg














4月を目前にして、まさかのミニ・モンスターを見れるなんて最高!
b0062024_22222211.jpg


b0062024_22234726.jpg


b0062024_2223598.jpg


b0062024_22241110.jpg
















8:10 am
至仏山到着。

振り返ると小至仏山にまさかの後続部隊約10名。
急ぎ滑走準備。

b0062024_2225509.jpg


b0062024_2226348.jpg













や~~ 良い雪!
厳冬期の雪だね!

George
b0062024_22271441.jpg

b0062024_22273083.jpg














我輩
b0062024_22275534.jpg














TMR
b0062024_22283383.jpg














IZUMI
b0062024_2229952.jpg













Hassy
b0062024_22293146.jpg














自分たちのラインを振り返る。
オープンバーンだとかっ飛ばさないと気がすまない、バカでかいターンは自分 (笑)
b0062024_22304998.jpg














やっかいな樹林帯を抜け、汗をかいて川上川河畔到着。
滑走終了。

樹林帯もこんな綺麗な雪の時滑れたのは初めてかな・・・

鳩待峠まで登り返す前にゆっくりランチタイム。
いや、朝ごはんかな・・・・・

b0062024_22323721.jpg













ランチが済めば鳩待峠まで登り返し。
さ、もう一頑張り。

b0062024_2233276.jpg

b0062024_22341846.jpg















鳩待峠までもうちょっと。

毎回ここからワル沢に刻んだ自分たちのラインを眺める。

b0062024_22345912.jpg

b0062024_22351015.jpg













10:40 am
鳩待峠到着。

MTBに装備を装着して、いざ下山。
登りは辛かったけど、ここからはMTBで一気に下る。
b0062024_22371057.jpg














GO!
b0062024_22373454.jpg

b0062024_2238654.jpg

b0062024_22381976.jpg

b0062024_22383029.jpg

b0062024_22383953.jpg















18分で津奈木沢分岐。
b0062024_22394253.jpg


b0062024_22395766.jpg














11:36 am
戸倉到着。
お疲れ様!!

この時期にして最高の新雪を堪能して大満足至仏山滑走を終えた。

b0062024_22412173.jpg

b0062024_22413298.jpg















こちらD画。
映像長いし、62才の爺の滑りなんぞ見たくない方もおられると思いますので、パスしてくださいね(笑)



by sakusaku_fukafuka | 2016-03-27 23:06 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(2)

寒気

寒の戻り。
寒気再来で高所は雪が降った。

山にどのくらいの雪が降ったかは不明だが、通勤途上の景色は一変した。

普段何気なく通っているところも雪化粧をすると、つい他所見をしてしまうくらい綺麗になる。
長い通勤路もたまにこういう景色になると変化があっていい。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_21562669.jpg















雪降れば 木梅きごとに花ぞ咲きにける いずれを梅とわきて折らまし(古今和歌集=紀友則)

白い梅の花に白い雪が積もっている。どれを梅の木と見分けたら良いのか分からない、という一コマを詠ったうた。
梅の花が開花してから寒気の到来で雪が降るとこのようになるのだが、見事にこの情景を詠っているこの歌が柄にもなく好きなのである。
b0062024_229227.jpg


この季節になると「こういう景色にならないかな」なんて毎年思うのである。

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-24 22:10 | ほか・生活風景 | Comments(0)

芝倉沢断念

SIKと今期二度目の芝倉沢を計画したものの、当初から天候は思わしくなかった・・・
今季は滑れていない日が多く、淡い期待も込めて現地へ行った。

ベースプラザは3連休の中日だけあってバックパッカーも多く、チケット売り場は行列だった。

諦めが悪いなぁ、と思いつつロープウェイへ。
峠リフトは運行が遅れていてなかなか動かない。
「本日はアイスバーンにて・・・・・・」
一部ゲレンデの閉鎖のアナウンスが流れて後リフト運行開始。

リフトを降りて天神峠へ移動するものの、アイスバーンで少しコースアウト。
戻るのに一苦労するほどのガリガリのアイスバーン。

このアイスバーンで芝倉沢に行っても、稜線のトラバースも危険だし、ノドまでの急斜面も危険極まりない。『百害あって一利なし』。
怪我でもしては今後の計画にも支障を来してしまう。
SIKと相談の結果、今回の芝倉沢行きは断念することにした。
板を抱えてリフト降り場まで戻り、チケットは片道しか購入してないので、昨日で閉鎖になった田尻コースを下る。
板をつけたものの足の裏が痒くなるほどのガリガリバーンに閉口してアイゼン装着。

緩斜面に降りると標高が低いせいかシャバシャバの雪で、皮肉にもここが一番面白かったのであるが、笑えないなぁ・・・

町に降りてランチタイム。
T-point が7000point 余り溜まっているのを思い出して『しゃぶしゃぶ食べ放題』を食べることに・・・
悪天候で計画断念、こんなときは「これ」もありかな(笑)




天候の変化に一喜一憂。
いつも思うけど、外遊びの辛いところだな・・・・・・・・・・・・

今日はお彼岸で帰省している孫を肩車して気になる谷川岳を見に散歩。
b0062024_2136389.jpg



昨日も今日も、なかなか全容を見せてくれない谷川岳。
今日もやっぱり終日全容を見せなかった・・・・・・・
(スマホ)
b0062024_21303441.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-21 21:46 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(2)

今朝の谷川岳

いい天気だったね~~
こんな日に仕事か・・・・・・

天気のタイミング、うまくいかないもんだな。
b0062024_21123336.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-17 21:12 | ほか・生活風景 | Comments(0)

かぐら 今シーズン二回目

13日、日曜日。
今シーズン二回目のかぐらへSIKと・・・

(画像をクリックで拡大します)


b0062024_1328676.jpg












ガスもあるけど、青空もある。
芝倉もガスガスだったし、今日こそ晴れて欲しいものだ。

みつまたのチケット売り場は想像していたより混雑していなかったんだけど、かぐらの一高を回しているうちに徐々に人が増えてきた。

五ロマの開放を待つ人も見えてきたので我々も後ろに並ぶ。

パトロールが閉鎖を解除すると同時に、我先にとリフト乗り場へ急ぐライダーたちの熾烈な競争。
「イヤだね~~~この殺伐とした光景」
何をそんなに急ぐのか・・・・・・・・
谷川では見られない滑稽な光景だけに、ただただ呆れるばかり。
あんな競争に巻き込まれて怪我でもしたら、それこそバカバカしいもんなぁ。

SIKと俺は急ぐライダーたちをやりすごしておいて、のんびり五ロマ乗り場へ向かう。
こういうスタイルでいいんじゃん?



五ロマを降りると裏山へ入るライダーのチェックが待っている。
時間節約で自宅で制作してきた登山届を提出。
ビーコンチェッカーをくぐって山行準備。

久しぶりに会ったローカルのSZK君ご夫妻たちは更にその奥へ行く、とのこと。
「!!! さ~~ん」
聞き慣れた声は筋斗雲の健一君。
ツアーを計画している芝倉が気になる、とのことで「自分の知りうる11日現在」の状況を伝授。
好天を望みたいものだ。


時折ガスが流れてくるものの、まずまずの天気。
歩き出すとすぐに暑くなる。

ここのシラビソのある景色は好きだよな~~
大人気かぐら、だけど、谷川には無いこの景色はお気に入り。

b0062024_13534087.jpg


b0062024_13542100.jpg















ゲートに張り付いてBCエリアへ向かうライダー達をチェックするパトロールも大変だけど、いざBCエリアへ入ってみると、スキー場の努力の甲斐もなくゲートでチェックを受けず、登山届も出さず他からツボ足で登り上げてきた「何の装備も持たないゲレンデライダー」たちの姿を多く見かけたのも現実だ。
こういうのってライダー達の良識と自覚によるしか無いんだろうなぁ。
スキー場の努力とローカルルールをきちんと守ってBCエリアに入っているライダー達の姿勢に水を差すようなことが起こらないことを祈りたいものだ。

谷川のように緊張を強いられるような斜面の無い平和な神楽だけど、のんびりお散歩気分で歩けるのもたまにはいいもんだ。



南側はゲレンデのようにラインだらけになっているので、北へ。
アイシーな上に20-30cm程度いい雪が積もってる。
時々プレスを掛けてターンするとガリっと底付きするので快適とはいかないけれど、雪がいいから由としよう。

b0062024_14104193.jpg


b0062024_14104899.jpg



ゲレンデへ一旦戻って二度目のトライ。
時間を経てもやっぱり北は雪の変化が少ない。
一度目と同じようにツリーを楽しんで下山。

後は恒例の宿場の湯とウラジロの夕食で〆。
Solo が多い俺だけど、今日はSIKとのツアーだったので楽しい一日だったわ。

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-14 14:13 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(0)

今シーズン初「芝倉沢」

天気予報で狙っていた11日の芝倉沢。

山頂付近は雲がかかっている状態だったが「回復」するだろう、と読んでいた。

が、予報は見事に外れ、視界不良Whiteoutの稜線歩きを余儀なくされた。
Ice-ishな上に20-30cmの新雪が乗っかった稜線のトラバースは怖かった。
シールは使えないし、アイゼンでは踏み抜くし、スノーシューではトラバースが苦手・・・
でも、踏抜きで体力消耗するよりはシューの方がいいだろう、という結論。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_618949.jpg













肩の広場。
天候回復の兆し無し・・・・・

b0062024_6184195.jpg













オキノ耳から先の稜線は、トラバースも嫌だけど、こういうクラックも怖いよね~
うっかりこれに乗っかったら一ノ倉沢へ転落だもんね。
b0062024_6194957.jpg













何とか無事一ノ倉岳山頂へついたものの、いくら待っても天候の回復は望めそうも無し。
回復するどころか、雪も舞ってきた。
Whiteout といっても、太陽は全く隠れ、薄暗い稜線は360°何にも見えない。

方向もまったくわからず、一度茂倉谷へ滑り降りそうになるが、「芝倉沢にこんな段差はできないよな」
という今までの経験で山頂に戻り、自分の足跡と雪庇の出来具合から方向を修正。

平衡感覚も麻痺し、船酔いになりそうな斜面を板をずらして何も見えない急斜面を通過。

そろそろ緩斜面になる頃だが・・・・・・・
予想は的中。
アイシーな緩斜面に板を滑らすと次第に視界が開け、ノドの入り口だということが分かった。

ここから先は良好では無いが視界が開け、氷を研磨する音を谷に響かせながら芝倉沢を下る。

今年は降雪量が少ないとはいえ、やっぱり「S字」はデブリの巣だった。
b0062024_6292716.jpg













滑りはここまで・・・・・・・・・

沢沿いを歩く。

b0062024_6302363.jpg














最初の渡渉。

水量は大したことがないので助かった。

b0062024_630541.jpg















詳細は動画に譲るとして、渡渉は数カ所。

マチガ沢出合。
b0062024_6314644.jpg













例年だと屋根の辺りを歩いているのだが・・・・・・・・・・
これを見ると今年の雪の少なさがわかる。

b0062024_632295.jpg


ロープウェイの運行開始時間が8:30になったのは奥をやるときにはとても困る。
1時間半の違いは大きい。
下山届をベースプラザの投函箱に入れたのは5時ギリギリだった。




百聞は一見にしかず  

   ↓ 


by sakusaku_fukafuka | 2016-03-12 06:34 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(2)

ご無沙汰「かぐら」へ

何年ぶり? かな・・・・・・・・「かぐら」


6日のマチガ沢でデブリ・クラックオンパレード谷川終了?。
この雪不足のシーズン、はて、何処を滑ろうか、となると・・・・・・
雪が残っている東面のあるスキー場、といえば「かぐら」しかないでしょう。

みつまたの駐車場へ向かう道すがら、みつまたの集落の写真を一枚。
ここは霧が溜まりやすい場所のようで、よくこういう幻想的な風景に出会う。
ま、お気に入りの景色っていうのかな、大好きな風景なのである。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_8511996.jpg
















ということで、久々がぐら。
旧知の仲間とも逢えるのがここの楽しみかな。

みつまた駐車場で仲間と合流。
平日だけどローカルの仲間たちがやってきた。

ロープウェイに乗るのも久しぶり。
驚いたのはロープウェイの接客の係にHちゃんの顔があったこと・・・
もう今シーズンで10年目になるとか。


フード付きのリフトなんて久しぶりだなぁ
懐かしい景色を眺めながらゲレンデ上部へ。
b0062024_8521614.jpg















ゲレンデを二本回して登山届とビーコンチェッカーが設置してあるゲートをくぐってBCエリアへ。
一高降り場からBCエリアを望んだ時見えた滑走ラインの数の多さや、どうみてもあのゲートでチェックを受けてないだろう、と思われるラインの凄さをみると、はたしてあのパトロールが張り付いているゲートのチェックがどの程度役目を果たしているのか疑問もあるが、ま、遭難が激減したという話もあるので、それなりに意味があるのかもしれないなぁ。
などと思いながら懐かしい「中ノ芝」の景色。

b0062024_8571913.jpg














ここへ来たかったもう一つの理由は、この「シラビソ」の樹を見ることなのだ。
ホームグラウンドの谷川には、このシラビソがほどんど無い。
ここの右斜面には「コメツガ」もあるのだが、今日はそちらには行かないので、今日見れるのはこの「シラビソ」だけ。

かつては、毎日のようにこのシラビソやコメツガのツリーを楽しんだのを懐かしく思い出しながら「上ノ芝」へ。

b0062024_904912.jpg















左手に神楽ケ峰が見えてくる。
懐かしい!
b0062024_913158.jpg















ニセかぐらから神楽ケ峰へ。
b0062024_92871.jpg


(Photo:George)
b0062024_961094.jpg











神楽ケ峰。
自然て不思議だと思う。
風が作る造形がかつてと全く変わらない。
いつも、ここにこの雪庇ができてたもんな~~
b0062024_931951.jpg


(Photo:George)
b0062024_982126.jpg














今日は遠足とランチを楽しむのがメインで滑りはその次。
はて、ここに何時間いたんだろう?っていうくらいのんびり。
b0062024_944462.jpg

b0062024_983634.jpg













こうして苗場山を見るのも久しぶり。
ここから見る苗場山は格好いいな。
b0062024_11361638.jpg














雲海が綺麗でした。
b0062024_992052.jpg

b0062024_993050.jpg














ランチを楽しんだらニセ神楽ケ峰へ移動して滑走下山だ。
b0062024_91014100.jpg









久々のかぐらを満喫して下山。
帰路はいつもの「宿場の湯」で汗を流し、HRKW君と夕刻まで歓談して帰宅。
いつも独りなので、仲間と一緒に過ごせたことがいつもより楽しく感じられた一日だった。

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-09 09:12 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(0)

チャンス、この日をおいて他にない?

二日ほど降って一日置き、三日目の快晴。
今シーズン、これほど条件の良い日はこの後無いかも?
天気予報を信じてこの日仕事を休むことにした。(4日金)

目的は俎嵓山稜幕岩横のルンゼ。

平日なので立体駐車場に車を停め、3:10am出発。
田尻を詰めるが、夜にいささか降ったようで滑ったら気持ちよさそうな雪だ。

5:00am 当然のことながら、人影の全くない水銀灯の灯りが煌々と照らすゲレンデを突っ切って天神尾根へ登り上げる。
(画像をクリックで拡大します)

b0062024_23444100.jpg
















トレースはほとんど消えた暗い稜線を行く。

5:50am 空が少し白んできた。
やっぱり春だな・・・ぜんぜん寒くない。
b0062024_23444684.jpg


















b0062024_2346099.jpg















周囲の山々が赤く染まってきた
b0062024_071611.jpg
















俎嵓山稜が朝日に染まり始めた頃、目的の稜線を見ると、遠目に動く物体が・・・・・・・
まさか・・・・・・・・
や、動くから「人」だよな・・・・・・・

避難小屋から登り上げてからわかった。
ドロップインの準備をしているのはNさんとKさんのコンビ。
b0062024_062865.jpg














左のラインはNさん、右のラインはKさん。
俺も今日はあのシュートをやろう、と意気込んで来たんだけど・・・・・・・

尊敬する彼らのラインに俺ごときのラインを重ねるのは恐れ多いことだ。
アレをやるのは又の機会にすることにして、俺はマチガに予定変更。
b0062024_1943656.jpg












肩の広場を一本足慣らしに滑って登り返し。
b0062024_0153869.jpg














この時間、俺だけかと思っていたら登山一人とスノーボーダーが一人登ってきた。
後で分かったことだがjnsitさんのお友達だとのこと・・・・
彼は三ノ沢へドロップして行った。

予定変更したマチガ沢をトマノ耳山頂から俯瞰。
こっちも良さそう。
俺はここを楽しむことにした。

b0062024_0183782.jpg




























朝早いだけに、3月にして雪は最高だった。

振り返る。
b0062024_0204491.jpg

b0062024_0205546.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2016-03-06 00:21 | 2016 雪山三昧 中期 | Comments(2)