<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

杓子沢 長走沢滑降

例年だと県道322号線・二俣~猿倉間は4月27日まで閉鎖なのだが、今年は雪が少ないから開通が早まるのではないか、と気にかけていたところへ知人より22日に閉鎖が解除になると連絡をいただいた。

予報だと24日(日)の方が天気が良さそうなので、23日は移動日にして午後からのんびり白馬へ向かう。
楽Pテンチョーさんからプチ情報をもらって近くのガストにて夕食。

のんびり夕食とドリンクバーで過ごして一路猿倉へ。
駐車場には10台ほどすでに車が停めてある。
皆さん情報早いな~~

無人の車もあるようなので、前日に入山している人もいるようだ。
明日は3時出発の予定なので早めの就寝。
シュラフに潜るも、暑くてなかなか寝付けない。
窓を開けて換気をしたら幾分涼しくなっていつの間にかまどろむ。

「まさか、雨?」

激しくはないが、車を叩く雨音で目覚める。
窓を開けて外に手のひらを出すと間違いなく雨・・・・・・・・・・・
え~~~「ショック」
昨日の予報だと晴れマークだったのに・・・

3時出発予定を変更して2時15分起床を1時間ほど後にアラームをセットし直し二度寝。
しかし雨が止む気配無し。
三度寝。

さっきの音がしないのに気づき、手を出すと稀に飛んでくるくらいの雨模様。
意を決して準備開始。

結局予定より二時間遅れて5時に猿倉を出発。
(画像をクリックで拡大します)

b0062024_1961786.jpg















だいぶ明るくなってきて大雪渓方向に続く林道がよく見えてきた。

b0062024_1973647.jpg














長走沢出合。
雪が切れているとは聞いていたが、渡渉である。
砂防提の近くが渡れそうなので少し遡る。

b0062024_1991665.jpg













三国境辺りの稜線だろうか、明るくなってきて小蓮華の上には青空も覗いてきた。
b0062024_19111489.jpg














もうじき白馬尻小屋の辺り。
間違いなく晴れそうだ。

b0062024_19122353.jpg













大雪渓。
ガスもかかっていたがすっかり抜けた。
b0062024_1913825.jpg














杓子は石ころだらけなので、悪い板を持ってきたが、背負ってつぼ足なのでかなりきつい。
雨のせい?で雪が柔らかく、ズブズブと沈む。
スプリットにすれば良かったか?

歩き始めて約3時間半。
上からじりじり太陽に焼かれ、下からは照り返しで焼かれる。
徐々に暑さにまいってきた・・・

振り返ると雲海。

b0062024_19163828.jpg















登山者の3人のパーティが先行してくれてるので有難いが、杓子岳天狗菱が間近に迫るここからは傾斜がきつくなる。

b0062024_19185446.jpg














下界の雲海を眺めて一息つく。

b0062024_19194514.jpg














いつ見ても格好いい。
天狗菱。
b0062024_1920351.jpg













白馬岳へ向かう三人のパーティとはここでお別れ。
b0062024_19214523.jpg














稜線まで最後の急登。
もうここまでで「バテバテ」である。
これを登らばければならないのか、と思うと気持ちが折れそうになる。

b0062024_19231884.jpg














ま、ここまでよく登ってきたもんだけど、もうちょっとだ。
「一つ足を前に出せば一歩進む」なんて自分に言い聞かせながら登るんだが、それを何百回もやらなけりゃならないんだもんねぇ。 (笑)

b0062024_19255870.jpg














やっと稜線。
ザックを下ろして大休止。

あの岩は前回嵐に遭遇して身を寄せた岩だ。

b0062024_19265050.jpg













毛勝三山。
b0062024_19291365.jpg















振り返るとさっきの三人のパーティも頂上宿舎付近まで登り上げたようだ。
b0062024_1932786.jpg

b0062024_19321415.jpg















動かずにいれば全く気づかずに通り過ぎたと思うが、なんと雷鳥君が足元に居た。
やっぱり春だね、雷鳥君も衣替えが始まったようだ。
b0062024_19334328.jpg

b0062024_1934636.jpg













稜線を登り上げると劒岳が見えてきた。
b0062024_19365772.jpg













あ~~もうちょっとだ・・・・・・

b0062024_19373917.jpg














エントリーポイント到着。
ここまで7時間半もかかってしまった。
もう滑るのはどうでも良いくらい疲れきってる。

ま、とりあえずここでランチ。
腹ごしらえをしてゆっくり休んでからドロップしよう。

b0062024_19394895.jpg















杓子沢源頭。
b0062024_19402468.jpg















いざ滑り出すと落石だらけ・・・・・・・・・・
滑る音より石を引く音の方が大きいくらいだ。

上部を滑り終えるとすぐに広大な中間部が目に入るが、あまりにも石を引きすぎ、滑る気力が萎えてしまった。

ジャンクションピークの支稜を超えてから登り上げる予定だったが、そこまで滑る気持ちがなくなって、すぐにトラバースをかけることにして、ジャンクションピーク、長走沢の源頭部へ向かう。



長走沢源頭より長走沢を俯瞰。
b0062024_19443227.jpg














滑り出すと気持ちいい。
杓子沢と違い、全くと言っていいくらい石は無い。
気持ちよく一本滑って振り返る。

b0062024_1945234.jpg















しかし長走沢の下部はすっかり雪が解けていて、ここで藪漕ぎと渡渉が待っていた。

林道へなんとか出たときは、もうクタクタだった。

町へ出てから自分の今日のルートを見上げた。
b0062024_1948873.jpg















板はこの通り・・・・・・
この時期の杓子沢はこんなもんなんだろうな~
滑りそのものを楽しむのなら、白馬大雪渓の方が楽しめるかもしれない。
b0062024_19494784.jpg

b0062024_19495749.jpg


今回のルート。
GPSの軌跡。
b0062024_1954760.jpg







長~~~~い動画はこちら

by sakusaku_fukafuka | 2016-04-25 19:55 | 2016 雪山三昧後期 | Comments(2)

雪解け

すっかり地肌が露出した谷川岳。
シーズンを終えた谷川岳、と言ってもいいんだろう。
PCで拡大して見ても肩の広場に滑走ラインはまったく見られない。

b0062024_23204532.jpg















里では《りんご》の花が開花し始めた。
b0062024_2321379.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2016-04-19 23:22 | ほか・生活風景 | Comments(2)

鬱々悶々

先週の日曜日は地区の行事、昨日は晴れてたけど仕事。
今日は雨予報・・・・・・・・・

里は桜、滑れないでいるうちに雪が解けちゃうな~

b0062024_652522.jpg















A cappella
こういう日は音楽かな・・・

wikipedia によるとアカペラとは簡素化された教会音楽の様式のことで、そこから転じて無伴奏で合唱・重唱を行うこと、またはそのための楽曲全般を指す、とある。

世にアカペラグループは数々あれど、Jazzy でドライブ感のあるコーラスはアカペラグループの最高峰だと個人的見解では思う。

《The Real Group 》
スウェーデン王立音楽アカデミーで学んだだけあって、その歌唱技術は「奇跡」とも言われてる。
特筆すべきはBassだと思う。
低音をきちんと再生できる装置で聴くとそれがよくわかる。
日本での知名度は高くはないが、お勧めのアカペラグループだ。




by sakusaku_fukafuka | 2016-04-17 07:23 | ほか・生活風景 | Comments(0)

復帰

登山&スノーボードにとっぷり?浸かっていて、所属していたWind Orchestra は休団していたのだが、休団期限が切れる先月から復帰した。

Regular concert が6月なので、ギリギリの復帰。
Wind Orchestra において俺は唯一の弦楽器、Contrabass なのでContrabass 用の楽譜が無い場合が稀にある。
6月のRegular concert で演奏する十数曲の中に、これに該当するのが二つある。
こういう場合はBasses という低音部が受け持つ楽譜を使うか、TUBA の楽譜を使うことになる。
しかし、この楽譜を使うに際して厄介なことが一つある。

TUBA は実音で書かれているのに対して、Contrabass の楽譜は実音より8va高く書かれているのである。
これは、昔Contrabass は Cello と同じパートを弾いていたことに由来するので、今更どうにもならないのだ。
よって、俺たち Contrabass 弾きは実音で書かれているTUBA の楽譜を頭の中で8va上げながら読み弾きしなければならなくなる。

そこで 読みやすくするには8va高い楽譜を自前で書き直すしかないのだ(泣)。

昔は手書きで夜な夜な書いていたのだが、近頃はパソコンで書くようになった。
時代、だね~~・・・・・・・・
フリーのソフトでなかなか優れもののライティングソフトがあるのだが、これが慣れないとなかなか大変。
手書きのほうがぜんぜん速かったりする。
しかし、パソコンで書けば買ったのと同じレベルの楽譜がたやすくプリントアウトできるのだ。
よって、やらないと何時まで経っても使えるようにならないので、ただいま悪戦苦闘中。
今夜もこれから下書きの途中で止まっている楽譜の仕上げにかかる。

b0062024_22282124.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2016-04-05 22:34 | ♯s&♭s | Comments(0)