妙義山

5月4日で滑り納め。
いよいよ夏山登山始動。

高気圧が張り出して気温上昇、夏日連続の週末、りんごの摘果が始まる前日予ねてから計画していた「妙義山」を登ることに。

妙義山は県内なので地元なのであるが、まだ一度も登ったことが無かった。
クライミングの経験の無い我輩にとってはちょっとハードルが高い山のような気がしていたのがその理由かもしれない。

しかし、ひょんなことから妙義山に登ることになった。
相方は女性とはいえ、クライミングの経験があるので頼もしい。
この機を置いて妙義山にアプローチする機会は無いかもしれない、ということで今回初めて妙義山に臨むこととなった。


早朝起床の移動は睡魔に襲われるので苦手。
待ち合わせ場所の「道の駅みょうぎ」に前日移動車中泊。
予報どおり朝から快晴。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_23335335.jpg















夕べ到着したときには見えなかった妙義山が目前に迫ってテンションあがる。
b0062024_2335213.jpg















久しぶりに相方と再会。
中之嶽神社無料駐車場へ移動。
6時ちょっと前に出発。
目前に妙義山を仰ぎ見ると大迫力。
b0062024_23445699.jpg















県道を少し歩いて登山届けを提出。
中間道を行く。
岩だらけで、自分には何処が何なのかさっぱりわからん。

が、ここが第一石門か。
b0062024_23563853.jpg














ま、とにかく鎖場の連続なんだわ・・・・・・・
よってあまり写真は撮る間が無い(笑)
30分ほどで第四石門の広場到着。
すごい岩だね~
b0062024_01116.jpg

b0062024_014014.jpg

b0062024_015190.jpg

b0062024_02119.jpg















レンゲツツジが咲いている。
b0062024_022987.jpg
















b0062024_025747.jpg
















ウゴノキの花が真っ白で綺麗。
ちょっと癒される。
b0062024_03545.jpg















なんていう岩なのかさっぱりわからんけど、兎に角迫力あるね。
b0062024_044772.jpg














白雲山方面?
b0062024_051784.jpg













歩き始めて2時間強。
タルワキ沢分岐。

ここからタルワキ沢のコルを目指します。
ここまでは地図上では連続線をたどってきたが、ここからは破線のルートになる。
心して行かねば・・・・・・・
b0062024_071775.jpg















ザレている箇所もあるんだ・・・・・・
b0062024_0827.jpg















3時間。
タルワキ沢のコル到着。
ここから稜線歩き、妙義山の最高点「相馬岳」を目指す。
b0062024_0123885.jpg














b0062024_01347.jpg
















約30分で相馬岳。
b0062024_0255676.jpg















荒船山と八ヶ岳が良く見えて展望は最高。
b0062024_0263217.jpg

b0062024_02642100.jpg















相馬岳で休憩したら金洞山を目指す。
難所、「鷹戻し」を登らねばならない。
アップダウンの続く茨尾根を行くが、もうこの辺りでヘトヘト・・・・・・
腕のみで背負ったザックと己の体重を支えなければならないわけだが、これで60mの垂直の壁を登りきれるのかちょっと不安が過ぎる。

b0062024_034994.jpg

b0062024_0342143.jpg

b0062024_0403773.jpg













途中で菊の花が手向けてあるのを発見。
後で分かったことだが、一週間ほど前にここから滑落した女性に手向けたものらしい。
下を見るとその高度感に押しつぶされそうになるね・・・・・・・
「ここで落ちたら終り、だな」・・・・・・・
ま、登るしかないでしょ。
b0062024_0371886.jpg















やっとたかってはいるけど、気を抜けません。
b0062024_0375534.jpg















登りきって一安心するも、下山も鎖場あり・・・・・・
b0062024_0385618.jpg















最後まで気を抜けないんだわ~
b0062024_0394245.jpg

b0062024_041067.jpg














14:20。
中之嶽神社到着。
車はすぐそこ。
もう歩かなくていいのね(笑)

体力的にも疲れたけど、それ以上精神的にも疲れたね。
というわけで2017年無雪期登山はこうして始まった。
b0062024_0434032.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2017-05-23 00:43 | 2017 無雪期登山 | Comments(0)

憧れの山

山は残雪里は初夏。
今日は黄砂が視界を遮っている。
稜線を越して滝雲が流れ落ちる憧れの山を撮りに足を伸ばした。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_7591928.jpg


More

by sakusaku_fukafuka | 2017-05-07 08:00 | 2017 無雪期登山 | Comments(0)

2017シーズン滑り収め「月山」

今回東北月山で2017シーズン終了。

近年はGWに北アルプス双六岳周辺を滑って滑り収めとしてきたが、家庭の事情など色々あって今回は東北「月山」でシーズン終了とした。

2017シーズンお会いした皆様ありがとうございました。
この後は新シーズンまでの間、老体の体力維持も兼ねて無雪期登山にシフトします。
また来シーズン山でお会いできるのを楽しみにしております。



3日夕方自宅を出発、一路新潟の待ち合わせ場所目指す。

高速道を三条燕で降り、一般道を走って市内へ・・・・・・・

翌朝2:30am起床。
月山目指して一路国道7号線を北上する。

新潟市内からでも、けっこう遠いね~
やっと山形に入ったっていう感じ。
夜も明け、庄内で車を停めて目指す月山を仰ぎ見る。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_7444043.jpg















6:45am 月山スキー場到着。
快晴。
目指す月山が見えます。
(雪が切れてる)
b0062024_7462980.jpg
b0062024_7464092.jpg















月山。
雪が切れてるけど、一応山頂目指します。
b0062024_7494568.jpg















ここから鞍部まで一旦滑り降り、再度徒歩にて山頂目指す。
b0062024_7502543.jpg














GWだけあって相当数ライダーたちが登っている。
登山者よりもライダーたちの方が多いかもしれない。

b0062024_756726.jpg














さて、ここをクランポン無しのシールで登りきれるか・・・・・・・・・
b0062024_7571311.jpg
















振り返る。
続々と登ってきます。
b0062024_7583938.jpg














雪が切れているので途中で板をデポ。
ザックだけ背負って山頂を目指す。

山頂の左に遠く鳥海山が鎮座する。
b0062024_7594914.jpg

b0062024_7595997.jpg















懐かしい鳥海山。
来シーズンはここかな?
b0062024_811539.jpg
















月山初登頂。
記念撮影。
風が強いです。
b0062024_82088.jpg















板をデポしたところまで戻り、いよいよ滑走。
雪はシャーベットで気持ちよく走る。
b0062024_824919.jpg


b0062024_832389.jpg


b0062024_833523.jpg


b0062024_834529.jpg















どこを滑ってもOKなのは尾瀬至仏山を思わせる。
b0062024_85107.jpg














滑走終了後はスキー場の直ぐ近くにある仙台屋にて日帰り入浴。
この温泉・・・ま、、、、、、熱いこと熱いこと。
でも慣れるとけっこう浸かれる。
b0062024_8255059.jpg














新潟までの長い帰路、国道112号線はぶったまげるほどの大渋滞。
だが、大渋滞は逆方向で助かった。

鶴岡に出て大盛りで有名?な「みどり食堂」で腹ごしらえする計画だったのだが、いざ行ってみると休業。。。。。。。。。。。。。
久しぶりにここの大盛りを食べられるかと期待して行ったのだが、がっかり。
気を取り直して「みどり食堂」のすぐ近くにある「たこい食堂」に入るが、ここもなかなか美味しかった。
「煮干し醤油ラーメン」とカツ重のセットで満腹。(ちょっと食べ切れなかった)

天候にも恵まれていい滑り納めになった。
2017シーズン終了!!



by sakusaku_fukafuka | 2017-05-06 08:28 | 2017 雪山三昧後期 | Comments(0)

りんごの花ほころび

明日からGW後半。

谷川連峰はすっかり岩肌がむき出しになって春そのもの。
新緑登山もそろそろかな・・・・・
(スマートホン)
b0062024_19265454.jpg














お隣のりんご園では毎年楽しみにしている名月の花が見ごろになってきた。
GW前半の週末は毎日りんごの花の撮影をやってた。
下の一枚は、『NHKほっとぐんま640』の『好きです群馬』のコーナーに久しぶりに投稿して昨夜オンエアーされたもの。
右のミツバチは朝早くから受粉作業をやっていて、足元には花粉玉をいっぱいつけている。
片やその後ろを飛んでいるミツバチは朝寝坊したのか、まだ花粉玉を全くつけてない。
ミツバチも観察しているとなかなか面白いものだ。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_19314290.jpg














b0062024_19465070.jpg














彼らは脅かしたりしない限りはそうそう襲ってこない。
それより蜜を集めるのに大忙しだ。
b0062024_19522724.jpg

b0062024_19523855.jpg













たまにはこんなのもやってくる。
団子蜂。
クマ蜂ともクマン蜂ともいうが、図体が大きいだけでいたって大人しい性格だ。
雄は針を持ってないので刺されることはない。
メスは針があるが脅かさない限りは襲ってくることは無い、大人しいのだ。
ただしミツバチと違って花の付け根に口吻を差し込んで、直接蜜を吸うので受粉には貢献しない。
b0062024_2016545.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2017-05-02 20:17 | ほか・生活風景 | Comments(0)