孫たちと過ごす休日

今日久しぶりに孫と甥っ子たちが遊びに来た。

「来てよし、帰ってよし」
とは孫が遊びに来てくれた喜びと、帰った後のいつもの平穏な暮らしに戻った安堵の気持ちを表現しているが、二日間にぎわしてくれた孫たちもさっき帰って、まさに今この心境である(笑)




b0062024_21295013.jpg













兄ちゃん
b0062024_21295443.jpg













賑やかですが、懐は寂しくなります(笑)
b0062024_21295722.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-12 21:31 | Comments(0)

今朝の谷川岳

昨日天気が悪かったので降っていてのかなー、と思っていたが、やはりいくぶん白さが増したような…………
ま、今日の好天でまた解けちゃうだろーけど…………

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-10 08:02 | Comments(0)

一日で・・・・・・・

昨日の朝の谷川岳。
b0062024_21133878.jpg













今日の朝撮影した谷川岳。
たったの一日でこんなに解けてしまった。
根雪になるのはまだ先かな~・・・・・・・・・
b0062024_21142451.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-07 21:15 | Comments(0)

景勝地と水没する町

先日上田にチューンナップをしに行く道すがら、吾妻渓谷(耶馬溪の下流)の紅葉を見てきた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_09485597.jpg












場所によってはまだちょっと早いけど、佳境を迎えたところもある。
b0062024_09490446.jpg












この美しい紅葉とは裏腹に、このすぐ上流域では八ツ場ダム(ヤンバダム)の建設工事が24時間体制で進んでる。
かつての衆院選挙で民主党政権が誕生し、時代にそぐわない国の直轄事業は全面的に見直す、というマニフェストによる事業中止で一時工事が中断したことがある。
その後建設工事は継続されることになって現在急ピッチで工事が進んでいる。

このダムは重力式コンクリートダムなだが、コンクリートを使うダム工事の殆どは水を堰き止めるのに使うセメントのプラントが現地に完成した時点で総工事の80%が終わると言われている。
つまり着想から始まり、現地調査、用地交渉、住民移転、そしてライフライン、道路、鉄道などの迂回を含む付帯工事にダム工事の殆どの時間が費やされる。
用地交渉、住民移転には反対運動もあったりして相当の時間がかかり、このダム工事も着工にいたるまで約40年という歳月が経っているわけだ。

ここにも耶馬渓という景勝地があり、ダムを建設することで約50%の渓谷が消滅する。
一度失った自然は、もう人間の手では再生できない。
ここを通ってここの景色を見るたびに複雑な心境になる。
b0062024_09491251.jpg
b0062024_09491607.jpg













新しくできた橋の上から撮影しているが、この足元の直ぐ下まで水没するのだ。
b0062024_09493255.jpg












上流域
b0062024_09493664.jpg
b0062024_09492704.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-05 10:33 | Comments(0)

自作スノーボード(ソリッド)最終仕上げ

今日急遽仕事が空けになったので、お世話になっている上田のショップ『SunriseHill』にエッジの研磨とソールのサンディングをしてもらいに行って来た。

自作のスノーボードなのでサンヒルさんで買ったものではないんだけど、テンチョ面倒見がいいので電話したら快く引き受けてくれました。

まずはエッジの研磨。
作りが雑なんだけど、お陰さまできれいになりました。
b0062024_20454980.jpg
b0062024_20455407.jpg
b0062024_20460034.jpg














ソールのサンディング。
b0062024_20460456.jpg
b0062024_20460793.jpg
b0062024_20461213.jpg












や~~きれいになりました。
これでいつ雪が降っても滑れます。

で、こうやって店舗に並べてみると「商品」みたいに見えちゃいます。(自画自賛)
b0062024_20461649.jpg













テンチョと記念撮影。

急なお願いにもかかわらず丁寧にやっていただき、ありがとうございました! テンチョ!
b0062024_20462002.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-02 23:27 | Comments(0)

冠雪の谷川岳

昨日、一昨日の降雪でずいぶん白くなった。
まだ根雪にはならないかもしれないが、綿帽子を被った谷川岳を見るとシーズンが始まるな、という気持ちになる。
b0062024_22473553.jpg
b0062024_22473871.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2017-11-01 22:47 | Comments(0)

来シーズンへ向けて 15

いよいよ仕上げ。
自作スノーボードの製作もいよいよ完成間近。

今回はインサートホールに詰まったエポキシを掘り出し、バリを取り除く。
最後にサイドウォール部分の塗装をすれば終了かな・・・

まずは埋まっているインサートホールを綺麗に削り出す。

b0062024_22512162.jpg
b0062024_22512607.jpg











バリを取り除く。
b0062024_22513005.jpg
b0062024_22513691.jpg













サイドウォール部分にクリアを吹く。
b0062024_22532984.jpg
b0062024_22533256.jpg
b0062024_22533679.jpg












このあとはスプリット用のパーツをとりるける取り付ける作業が残っているのみ。
フックやクリップをVoile にするか、Karakoramにするか、それともSpark にするか迷うところであるが、、、、、、、、
板は仕上がったが、パーツを取り付け滑れるようにするまで凡そ一月、かな。



谷川も雪が降ったし、あちこちから降雪の便りが届き始めると師匠堀田さんの工房も熱気が漂ってきます。
SIDさんはコアにテーパーをかける前準備に余念がありません。
b0062024_23035257.jpg












YSDさんはキャンバーのテンプレートの製作中。
決して慌てません。
まっこと一つ一つの作業が丁寧。
我輩のいい加減さが恥ずかしいくらいだわ。
b0062024_23035525.jpg
夜遅くまで皆さんお疲れ様でした。
皆さんと再会するのは一ヶ月後くらいかな・・・

# by sakusaku_fukafuka | 2017-10-31 23:08 | Comments(0)

来シーズンへ向けて 14

プレスが終わっている板を見るのが楽しみ。








しっかりプレスされていた。
ここまで来るのが大変なので、板を見て感慨も一入。
b0062024_22001774.jpg











ひっくり返してエッジから2mm程度残して切り出していく。
b0062024_22015078.jpg











失敗は許されないので緊張するね・・・
b0062024_22024085.jpg











まだゴツゴツしてるけど、一応削り終えた。
b0062024_22032430.jpg












余分な部分を削り、アウトラインを仕上げていく。
b0062024_22041098.jpg












アウトラインを仕上げたら、いよいよスプリットなのでセンターに鋸刃を入れる。
切り代が5mmなので、これが一番緊張するかな。
b0062024_22055777.jpg












何とか無事切り終えた。
師匠も手伝ってくれる。
b0062024_22073294.jpg













ぴったり。
感激。
b0062024_22080696.jpg













スプリットらしくなったね。
b0062024_22083483.jpg











ノーズ。
クリップの部分の樹脂はわざと左右非対称にしてみた。
一応この三角はトマノ耳とオキノ耳を意識したんだけどね、どーだろ(笑)
b0062024_22105173.jpg












テール。
ま、ここは左右対称なんだけど、これもトマとオキ(笑)。
b0062024_22140336.jpg


仕上げにクリアを吹いたりアンカーのエポキシの取り出しと、スプリットなので金具の取り付けなどが残っているけど、ほぼ仕上がり。
金具を取り付けるのはちょっと先になるが急ぐことはないので楽しみは取っておこう。
















# by sakusaku_fukafuka | 2017-10-28 22:27 | Comments(0)

来シーズンへ向けて 13

谷川岳に冠雪があった。
今シーズン雪を見るのは初めて。
ドキドキするねー。
今年は特に・・・・・・・・
b0062024_22201275.jpg












で、今回はいよいよスプリット「オキノ耳」をプレスする。
スプリットのクリップを取り付ける部分は強度を出すために樹脂をいれる。
b0062024_22211531.jpg
b0062024_22590516.jpg











スプリットの強度を出すためにコアにはカーボンを入れる。
このあたりがソリッドと違うところかな・・・

b0062024_22234966.jpg











エポキシに硬化剤を混ぜて撹拌。
b0062024_22351485.jpg















高価なカーボンファイバーやグラスファイバーなどをコアに重ねてプレスする。

b0062024_22311244.jpg











裏面からアンカーを入れる。
b0062024_22361082.jpg












グラスファイバーを重ねるためにエポキシを塗布する。
b0062024_22371108.jpg












ソリッドと兄弟の板。
名前が入った。
b0062024_22375531.jpg


b0062024_22382215.jpg












グラスファイバーにエポキシを塗布し、気泡を抜くのであるが、けっこう難しい。
きちんとエアーを抜かないと仕上がりが悪くなる。
「そんな抜き方ではダメです」と師匠。
手ほどきを受けます。
b0062024_22412188.jpg













グラスファイバーに文字が浮いてきます。
b0062024_22423598.jpg
b0062024_22431227.jpg











それぞれの工程で板を作っていた皆さん、やがては自分たちも同じ工程をやるので見に集まってきます。
b0062024_22442617.jpg












いよいよプレス。
キャンバーをつけるためにおよそ4t?近い圧力をかけ、24時間このままにしておきます。
b0062024_22444660.jpg











師匠も自ら自分の板を作ってます。
さすがにうまいね~。

さて、次回(明日)はただの四角のいたからエッジに沿ってスノーボードの形を切り抜く。






# by sakusaku_fukafuka | 2017-10-26 22:47 | Comments(0)

来シーズンへ向けて 12

前日にエッジの加工が終わったのでソールにエポキシが付着するのを最小限に抑えるためにテープを貼る。
b0062024_23015300.jpg
b0062024_23023294.jpg











テープとテープの間に隙間があるとエポキシが付着してしまうので、できるだけ隙間の無いように貼るのだが、それがなかなか難しい・・・・・・
貼っては剥がし、貼っては剥がしの繰り返しでやっと完成。
余分な部分を切り落とす。
b0062024_23041833.jpg
b0062024_23042985.jpg













これはスプリットなのでノーズとテールの部分にクリップを取り付けるのだが、その強度を出すために樹脂を入れる。
さて、そのデザインなのだが、まったく考えてなかった(笑)
で、絵心のあるリサさんにアイディアを求める。


「こんな感じどうでしょう?」
色々と考えたのであるが、これはテールの方のデザイン。
b0062024_23094186.jpg
b0062024_23095086.jpg










山形に切り抜き、ここへ樹脂を接着していく。
切り抜くのは慣れない鋸・・・・・
b0062024_23111145.jpg













トップの方は左右対象じゃなくしたのであるが、ここに5mmの切り代をが入るのをすっかり忘れていた・・・・・・・
よって、斜め部分の直線がずれることになっちゃったけど、ま、これはこれでいいでしょ(笑)
b0062024_23125943.jpg











これ、トマノ耳とオキノ耳のつもりだったんだけどね~~~
ま、こんな失敗も自作の過程は楽しいものです。
b0062024_23141111.jpg
さて・・・・・次回はこれをプレスできるかな・・・・・

# by sakusaku_fukafuka | 2017-10-21 23:14 | Comments(0)