深過ぎ谷川岳

この二日間でだいぶ降ったみたいな谷川岳。
長期予報で今日(月)がいいかも、と狙っていたのだが里でもそうとう降ったのでスプリットを使うことにした。

ロープウェイ駅へ向かう道すがら道路脇を見ると除雪の跡がすごい。

ガラガラのロープウェイで山上駅に向かう途中、下を見ると田尻コース(まだ閉鎖中)を滑り降りていくスノーボーダーが居た。
なぜこの時間に?
いぶかしく思ったがそれは後でわかった。

駅を降りて準備を終えた。
肩の広場を長玉で引っ張るとかなりいい感じ。
画像をクリックで拡大します
b0062024_22452725.jpg












登山道を見ると平日なのにラッセルの後がついてる。
「ラッキー」
しかしかなり深い。
50-70cmは当たり前。
吹き溜まりは1m はあるだろう。

下の写真の景色が見える辺りまで来ると、なんと、ラッセルの跡はここまでで消えている。
このとき、このラッセルの跡はロープウェイから見たとき、田尻コースを滑り降りていったスノーボーダーたちがつけたものだということが分かった。
おそらく雪の深さに疲労困憊して諦めて下ったのであろう。

ここからは俺の独りラッセルとあいなった。
b0062024_22512536.jpg















が、いくらスプリットとはいえ、この深雪のラッセルはかなり厳しい。
やがて後ろから登山者が幾人か追いついてきて、人数は次第に増えてくる。
小生がラッセルしたあと、スノーシューでも50cmくらいはゆうに沈むらしく、登山者たちも悪戦苦闘している。

この深さだと、深過ぎて滑るどころではなく、板が止まってしまうかもしれないな~
なんてちょっと諦めムードになってきたが、次第に登山者の人数も増えてくるし、ま、まだ時間はあるので、行けるとこまで行こう・・・・・・・・・・・

結局、熊穴沢非難小屋まではほぼ独りラッセル。

このままスプリットで行こうか、それともシュー(念のためにスノーシューも持ってきている)に履き替えようか迷ってしまったが、登山者たちはラッセルを始めた。
b0062024_22563131.jpg













ここはいつも吹き溜まるところなので難儀する。
面倒なので、小生はスプリットのまま登り始めたが、藪に阻まれ敗退。

また登山者たちのつけたラインまでもどり、結局スノーシューに履き替えた。
担いだスプリットが肩に重い・・・・・・・・・・・

途中でラッセル交代。
トップ引きになったが、振り返ると登山者の皆さん、深雪の急登に難儀している様子・・・・・・・・・
b0062024_2302779.jpg














左手にナカゴー尾根の風紋が美しい。

b0062024_2311542.jpg














なんだかんだ、もう二時近い。
ここまでだいぶ時間がかかっている、というか、かかり過ぎている。
下山も考えながら、それでもここまで来たら諦めがまだつかない。

やっと天狗の留まり場。

いい感じ。
こりゃーやっぱり滑らないわけにはいかないでしょ・・・・・・・・・・・

とりあえず、このまま登攀を続けて天神ザンゲ岩付近まで登って、そこからドロップしよう。
b0062024_2344091.jpg













だいぶ陽が傾いてきた。
もうタイムリミットも近い。
16:30 分のロープウェイ最終便に乗るにはあまり時間無い。
ちょっと気持ちに焦りも出てくる。
でも、下から登ってくる女性登山者、すごいな~~
「肩の小屋の写真だけ撮りたい」と頑張って登ってくる。

天狗の留まり場の下の岩場の辺りから一人減り、二人減り・・・・・・・・・
徐々に諦めて下山していく登山者が増えてくる中、山中泊の男性登山者を除けば、俺の後を追ってくるのは女性二名だけだ。

b0062024_239463.jpg


b0062024_2310699.jpg













女性登山者は肩の小屋だけ撮りたい、と頑張って登っていったが滑走の準備に時間の要る小生はザンゲ岩の上で登攀は止めた。
15:05 滑走開始。
深過ぎてだめか、と思いながら来たが、ここはパックされていて滑るには丁度良い。
今シーズン初めてパウダーらしいパウダーを滑った。

天狗の留まり場まで、気持ちよい滑走。
b0062024_23133259.jpg













ラインを刻んだ夕照の肩の広場を下山途中から振り返る。
b0062024_2315432.jpg


このまま何も食べずにロープウェイまで歩こうか、と思ったが、腹はそれを許さなかった。
ドーナッツと揚げパンをほうばって歩き始めるも、後ろからあの女性登山者が追いついてきた。
「速いね~~」
驚きの速さ。
これじゃなきゃ、肩の小屋の写真を撮りに更に登れっこないもんね。
とにかく男性登山者たちが諦めて下っていくのを気にも留めず、目的のために登る気力と、歩く速さに敬意を表したい。

袖振り合うも多生の縁。
行きも帰りも同じ山で一緒だったご縁もあるので、彼女さんを上毛高原駅まで送って帰宅。
ラッセルに疲れたけど、充実した一日を終えた。
# by sakusaku_fukafuka | 2016-12-12 23:22 | 2017 雪山三昧 前期 | Comments(2)

登り2時間45分、滑り2分  谷川岳シーズン初滑り

谷川岳快晴。

車にスノーボードを積んでいざ出かけてみたものの現地は雨で引き返したのが数日前。
やっと念願かなって今日は登れるぞ!

みなかみから見上げる谷川岳。
これなら肩の広場くらいは何とか滑れそうだ。
画像をクリックで拡大します
b0062024_19343346.jpg













平日だけあってベースプラザはガラガラ。
急ぐことも無いのでのんびり出発。

俺より先には一番のロープウェイに乗った登山者が一名歩いているのみ。

トレースは少ないだろうからスノーシューを持ってきたが正解。
雪がまだ少ないとはいえ、降ったばかりで所々深い。

b0062024_19354774.jpg














俎嵓山稜もだんだん格好良くなってきたけど、まだあのシュートは滑れそうも無いわ。
b0062024_19364256.jpg














天神尾根は先行する登山者が一名坪脚で登っているのみだが、西黒尾根は二人人影が見えた。

数百メートルは滑れるかな~~

b0062024_19382817.jpg














西のほうから天気が崩れてきそうな気配。
雲に覆われないうちに滑ろう。

b0062024_19393510.jpg


b0062024_2013211.jpg












熊笹がちょっと濃い場所があるけど、ま、天狗の留まり場くらいまでは滑れそうだ。
b0062024_19402525.jpg


b0062024_2015976.jpg


b0062024_747687.jpg






















2時間45分登って滑れたのはたったの2分。
相変わらずコスパの低いことやってるな~、なんて自重しながら滑ったラインを振り返って独りごちる。
久々に思い出す雪の上を滑走する感触・・・・・・・・・・・
いいね~
b0062024_19432425.jpg


下山はボードを履いて滑ったり脱いだり・・・・・・・・・
最後は来たルートとは違って天神尾根へ登り上げてゲレンデを滑り降りてロープウェイ山上駅へ戻った。
ま、無事シーズン初すべりを終えて満足。
久しぶりに雪の上を歩いて結構疲れた。
くだりのロープウェイではすっかり寝てしまった。
# by sakusaku_fukafuka | 2016-12-09 19:46 | 2017 雪山三昧 前期 | Comments(0)

羨望

今日昼時の谷川岳。
りんごの収穫作業が続く中、昼食をとったあと谷川岳を望遠で引っ張ってみた。
まだ誰も滑っている様子は無いが、快晴ということもあって登山者の影が肩の広場の小屋の直下付近に見える。
もちろん山頂トマノ耳とオキノ耳にも人影が確認できる。

こんな快晴の日に登れて羨ましい限りだ。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_221271.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2016-12-03 22:01 | ほか・生活風景 | Comments(2)

寒気

谷川岳が白さを増した。
真っ白な谷川連峰が真っ赤に染まる瞬間。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_7564984.jpg















今日からりんご(ふじ)の収穫が始まる。
昨日の雪と今朝の冷え込みでりんごも冷たそう・・・

b0062024_758121.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2016-11-26 07:59 | ほか・生活風景 | Comments(0)

雪虫

つい3日前に今年初めて『雪虫』を見かけた。
白い綿に包まれたようなこの虫が宙を優雅に舞うようになると雪が降る、と昔から言われていたが、里に今日本当に初雪が降った。

b0062024_16212024.jpg














雪虫は冬の訪れを告げる風物詩でもあるが、3~5mm程度の一見この可愛らしい小さい生き物の正体は実は『アブラムシ科』に属する昆虫。
つまりアブラムシの仲間なのである。
b0062024_16274342.jpg















作家故井上靖の自叙伝的小節三部作のうち、伊豆の湯ヶ島の祖母の元で過ごした幼年期を描いた『しろばんば』のタイトルにもなった生き物だ。

その一説に、『夕方になると、決まって村の子供たちは口々に ”しろばんば、しろばんば”と叫びながら、家の前の街道をあっちに走ったり、こっちに走ったりしながら、
夕闇のたちこめ始めた空間を綿屑でも舞っているように浮遊している白い生きものを追いかけて遊んだ』というのがある。

幼年期我輩も同じようにこの小さな虫を追いかけて遊んだ思い出があるので、この小説には共感を覚える。

雪虫は特に熱に弱く、人間の体温でもよわってしまうほどか弱いのである。

b0062024_16403124.jpg














雪虫が飛んでから三日目の今日、雪虫を撮影したリンゴ園にも初雪が積もった。

b0062024_1641519.jpg


『しろばんば』また読み返してみようかな~・・・・・・・・
# by sakusaku_fukafuka | 2016-11-24 16:41 | ほか・生活風景 | Comments(0)

今朝の谷川岳

出勤途上に撮影。
根雪になるといいな。
b0062024_20552836.jpg















平標山~仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭
b0062024_20581448.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2016-11-17 20:58 | ほか・生活風景 | Comments(0)

谷川岳・雪に触れに・・・

快晴。

先週は寝過ごして谷川岳に登りそこねたので、今回はチャンスを逃すまいとしっかり準備。

市街地から望む谷川岳は更に白さを増している。

(画像をクリックで拡大します)
b0062024_1922377.jpg













更に近づいて土合から望む。
早くあの雪に触れてみたい。
b0062024_19224860.jpg













さぞロープウェイのベースプラザは混雑しているかと思いきや、チケット売り場はガラガラ・・・・・・・
山上駅へ向かうロープウェイも従業員が三名乗っている他は客は俺一人。

あとでわかったことだが、今日のロープウェイは7時運行開始。
てっきり8時だと思っていた吾輩は結局出遅れたわけだ。
道理で空いているわけだ、と納得。

白くなった谷川岳を間近で見上げると心が逸る。

b0062024_19265439.jpg













朝の冷え込みで凍っている雪を踏みつける音が、シーズン始めだとなんか心地よいもんだ。
日が高くなれば雪も溶け、アイゼンは要らないだろう、と家においてきた。
多少は滑るものの全く問題ない。

b0062024_19301089.jpg













熊穴沢避難小屋
b0062024_19305013.jpg














俎嵓山稜、いいねー、この眺め。

b0062024_19313825.jpg














肩の広場。
もうちょっと降れば、ここだけなら滑れんだが・・・・・・・・
b0062024_1956263.jpg












ん~~~~~・・・・・・・
いいねー、ここ・・・・・・・・・
b0062024_1956451.jpg















富士浅間神社奥の院
一応シーズン間近なので、安全祈願。
b0062024_19341782.jpg















今日はほとんどの登山者たちの口から「きれいだねー」と感嘆の声が漏れていたけど、北アルプスの白馬三山まで見えて今日は本当にきれいだ。
b0062024_19352451.jpg















オキノ耳からトマノ耳。

b0062024_1957724.jpg















四の沢。
当然のことだけど、まだまだだね~~
b0062024_19572417.jpg















こちら三の沢
b0062024_19573934.jpg















四の沢のエントリーポイントからトマ&オキノ耳
b0062024_19575599.jpg














今日はけっこうのんびり山行だった。
下山はトレイルランニングやクライミングをやっているという、山頂で行き会ったロシアのチャーミングなお嬢さんたちと賑やか下山。
ロシア語は全くわからないけど、彼女たちは日本語の日常会話は上手なので会話は全く問題なし。

b0062024_1958289.jpg














下山したら温泉に入りたい、という彼女たちを『鈴森の湯』までご案内して帰宅。

待ちに待った雪の谷川岳、やっぱりいいなぁ~~。

b0062024_208921.jpg













# by sakusaku_fukafuka | 2016-11-13 19:49 | 2016無雪期登山 | Comments(4)

谷川岳初冠雪

夕べ風が強くて冷たかった。
その風の冷たさから「もしかしたら谷川は雪かも?」

気になって起床してすぐに谷川岳を見に外に出たが、広く雲が覆っていて全く見えず。
もう一度時間を置いて確認したら夕べの「もしかしたら」は的中して、うっすらと雪化粧。
最も顕著だったのはオジカザワの南斜面で、だいぶ白かった。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_14122669.jpg












オジカザワの頭
b0062024_1418962.jpg














山頂付近
b0062024_14182980.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2016-10-30 14:18 | ほか・生活風景 | Comments(2)

御神楽岳初秋

登山した日から二週間も過ぎてしまって、やっとレポートアップ(笑)

今回は初登山である「下越の谷川岳」と言われる『御神楽岳』。


週末というか、主に日曜日しか山に登れない吾輩にとっては、今年も週末に天気が悪い、という日が多かった。
そんなわけで、短い紅葉シーズンに合わせて山をやりたいと思っていたがなかなか実行に移せないでいた。

今年始めに御神楽岳をやっていたRyonとは、かねてから紅葉に時期に「御神楽岳」をやりたいので案内をお願いしていたんだが、そのチャンスがやっとやってきた。
一度登っているRyonの提案で今回は「蝉ケ平」から登って「室谷」に下山するというプラン。



群馬からは遠いので、前日に移動して磐越道安田ICの市営無料駐車場に車泊。
Ryon、チャミ、大介君と車泊した駐車場で待ち合わせ。

まずは車二台で「室谷」に移動。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_2228618.jpg
















Ryonの車を室谷にデポしたらチャミの車に同乗して「蝉ケ平」へ移動。

蝉ケ平には4台ほど車が駐車してあり、すでに出発した登山者も居るようだ。

b0062024_22335311.jpg














6:30am
登山届を投函。
「栄太郎新道」が今回のルート。

b0062024_22364321.jpg


b0062024_22372158.jpg















やがて稜線に朝日が当たる。
b0062024_2237447.jpg














なんか、のっけからヤバそうな左岸を行く。
b0062024_2238134.jpg















おそらく陽が射さないからだろう、苔むした岩肌は滑って怖い。
b0062024_22391045.jpg














同じような沢がいくつもある。
気を抜くと滑って危険。
b0062024_2240772.jpg















一時間強で「湯沢出合」
いきなり目の前に憧れの御神楽岳が聳えている。
b0062024_22412210.jpg














湯沢出合を過ぎるといきなり急登が始まる。
b0062024_22433376.jpg














花らしい花はすでに終わってしまったが、登山道脇に「オヤマボクチ」を見つけた。

Photo=Ryon
b0062024_22443859.jpg














少し高度を上げると御神楽岳の勇姿が目の当たりに見える。
下越の名峰に相応しい峻険な岸壁に感動。
b0062024_22455017.jpg














登りはかなりきつい。
下越の谷川岳とも言われるが、ここの登りは谷川岳の西黒尾根を凌駕する急登の連続だ。
b0062024_22472832.jpg















もちろん、鎖場の連続である。
b0062024_2248340.jpg


b0062024_22482647.jpg














9:20 am
有名な『股すり岩』である。
b0062024_2249293.jpg




























股スリ岩を過ぎたあとも、岩場の連続だ。
b0062024_2252536.jpg















急峻な尾根をひたすら登る。
眼下に登ってきたルートが・・・・・・・
Photo=Ryon
b0062024_22525635.jpg


b0062024_22532980.jpg


b0062024_22533954.jpg














鎖場、もう何箇所目か覚えてません。
b0062024_22542884.jpg



b0062024_22545172.jpg
















だいぶ紅葉が進んできました。
b0062024_22551678.jpg















やっと湯沢の頭。
山頂に到着しようとする登山者が肉眼で捉えられたが、「速いな~」とただ驚くばかり・・・・・・・
b0062024_22554334.jpg














高度を稼ぐごとに紅葉が色づいてくる。
b0062024_22572481.jpg


b0062024_22575050.jpg














室谷への分岐付近から登ってきたルートを俯瞰。
b0062024_22582633.jpg















分岐を振り返る。
b0062024_2259929.jpg
















このあたりが最も紅葉していた。

b0062024_22593385.jpg















12:30
山頂到着。

この頃山のランチの定番『豚肉の生姜焼き』
b0062024_2311551.jpg














周囲の景色にしばし見惚れる。
遠くに飯豊連峰が懐かしい。

b0062024_2315071.jpg














ランチも済んだら下山。
山頂を振り返る。
b0062024_2332696.jpg


b0062024_234815.jpg














こちら下山道も栄太郎新道に劣らず濡れていて怖い。
b0062024_235718.jpg














美しいブナ林
b0062024_2353841.jpg














16:00
室谷到着。
や~長かったなぁ。
b0062024_2364590.jpg


かくして初御神楽岳登山を終えました。
このあと蝉ケ平登山口へ戻り、デポしておいた車を回収。温泉で汗を流して食事。

御神楽岳、険しいけどとってもいい山でした。
# by sakusaku_fukafuka | 2016-10-27 23:08 | 2016無雪期登山 | Comments(0)

雨の日のお客様

この秋は天候に恵まれず、山行も思うようにいかない。

仕事に行こうと車に向かうと雨に濡れたフロントガラスに何やらゆっくり動くものが・・・・・・・
近づいてみるとまだ子供のカタツムリ。

そのままワイパーを作動させては可哀そうなので、カメラにおさめてから草むらの木の葉の上にお引っ越し。

仕事場に到着後時間があったので、パソコンに取り込んでからそのままNHKのほっとぐんま640 に投稿。
翌日番組の「好きです群馬」の中で放送。
b0062024_191743100.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2016-10-10 19:17 | ほか・生活風景 | Comments(0)


爺~ジ Snowboader が綴る、滑った、登った、出会った、奏でた、聴いたときの自己満足欲張り備忘録


by sakusaku_fukafuka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このページの主・怠け者の趣味

Backcountry Snowboard
■Trekking
■Nature Photograph
■Instruments(Stringed Bass/Electric bass and Drums/Percussions)
  
※お願い:ご意見等がありましたら身分氏名を明らかにしてmailにてお願いします。このブログのコメント欄は趣味を同じくする者同士のコミュニケーションの場です。身分を明らかにできない匿名のご意見や管理人の意に沿わないコメント欄への書き込みは誹謗中傷と同レベルとみなし、管理人の権限で削除します。

Links
常吉の酔いどれ日記
SHOPHOTO

メールはsakusaku_fukafuka@XX.co.jp
へ。
XX は迷惑メール対策です。hotmailと入れてください。

カテゴリ

全体
スライドショー
♯s&♭s
2017 雪山三昧 前期
2017 雪山三昧 中期
2017 雪山三昧後期
2016 雪山三昧 前期
2016 雪山三昧 中期
2016 雪山三昧後期
2016無雪期登山
2015 season 雪山三昧・前期
2015 Season雪山三昧・中期
2015 Season 雪山三昧・後期
2015 無雪季登山
2014 雪山三昧・前期
2014 雪山三昧・中期
2014 雪山三昧・後期
2014 無雪期登山
2013 雪山三昧・前期
2013 雪山三昧・中期
2013 雪山三昧・後期
2013 雪山三昧・春
2013 無雪期登山
2012 雪山三昧 前期
2012 雪山三昧中期
2012 雪山三昧・後期
2012春 おまけ滑り
2012 登山
2011 雪山三昧 前期
2011 雪山三昧 中期
2011 雪山三昧・後期
2011 雪山三昧・春
2011 マチガ沢『四ノ沢』
2011 槍ヶ岳周辺滑降
2011 登山
2010 雪山三昧・前期
2010 雪山三昧・中期
2010 雪山三昧・後期
2010 槍ケ岳残雪
2010 焼岳滑降
2010 登山 春~秋
2009 Season start
2009 雪山三昧 前期
2009 雪山三昧・中期
2009 苗場山東斜面
2009 雪山三昧・後期
2009 マチガ沢四ノ沢
2009 無雪期登山/春から夏へ
2009 無雪期登山 秋/晩秋/初冬
2009 無雪期登山・夏
2009 雨飾山
2009 槍ヶ岳滑降
2009 奥穂高岳直登ルンゼ滑降
2009 谷川連峰馬蹄形縦走
2009 北アルプス縦走1 表銀座
2009 北アルプス縦走 2 キレット
2009 錦秋の氷河公園・天狗池
2009 尾瀬
2008 雪山三昧・前期
2008 雪山三昧・中期
2008 雪山三昧・後期
2008 雪山三昧・春
2008 谷川岳マチガ沢
2008 尾瀬至仏山滑降
2008 無雪期登山・夏
2008 無雪期登山・秋
2008 秋景
2008 尾瀬
尾瀬初秋
尾瀬
2010 芝倉沢滑走記
2009 芝倉沢滑走記
2008 芝倉沢滑走記
2007 焼岳滑走記
2007 芝倉沢滑走記
2007 槍ヶ岳滑走記
冬景色
奈良
千畳敷カールから木曽駒ケ岳へ
秋・涸沢を訪ねて
槍・穂縦走記(キレット越え)
自然
雪山三昧・後期
雪山三昧・前期
雪山三昧・春
雪山三昧・中期
登山
登山・秋
双六岳~南岳縦走記 2007

紅葉 2007
ほか・生活風景
未分類

タグ

(9)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新のコメント

鍵コメ03-06 17:..
by sakusaku_fukafuka at 21:09
>マー君、コメントありが..
by sakusaku_fukafuka at 21:39
無事に下山お疲れ様です。..
by マー君 at 21:07
>鍵コメ14:15さま、..
by sakusaku_fukafuka at 16:12
>スルメさん、コメントあ..
by sakusaku_fukafuka at 09:24
ご無沙汰してます。越後の..
by スルメ at 09:31
>トッキーさん、コメント..
by sakusaku_fukafuka at 22:56
てんちょ息子です。みんな..
by tokky at 14:28
>冷媒屋さん、初コメント..
by sakusaku_fukafuka at 23:15
渋◯◯◯センターの現場で..
by 冷媒屋 at 09:46

ライフログ

夢のあとに

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

ブラームス:交響曲第1番

マーラー:交響曲第2番

The Lady Wants to Know

フェアリー・テイル

フォトグラフ

ドイツ民謡集(1)野ばら

バイオリニストは肩が凝る―鶴我裕子のN響日記

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧