チガヤ

昔はどこにでもあったチガヤ(茅萱)。
繁殖力旺盛な雑草として邪魔者扱いをされることもある嫌われ者ではあるが、かつては田んぼの畦道などには土手の崩れるのを防ぐために故意に植えられていたこともあるイネ科の雑草。

しかし、風に揺れ、朝日に輝く白い穂は風情があってよいものだ。
(画像をクリックで拡大します)
チガヤ_b0062024_07314256.jpg












谷川岳も、また雪がずいぶんと解けてしまった。
次に来る寒波が待たれる。
チガヤ_b0062024_07322228.jpg












寒くなったけど、カワセミは相変わらず元気に飛び回ってる。
チガヤ_b0062024_20282525.jpg










チガヤ_b0062024_20283826.jpg











チガヤ_b0062024_20284974.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-26 07:32 | ほか・生活風景 | Comments(0)

ISS 『きぼう』の軌跡

20・21日の両日、年老いた母を伴って星が瞬き始めた天空を仰いだ。

15日、米の民間企業が開発したスペースXのクールドラゴンに搭乗した日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが17日ISS国際宇宙ステーションとドッキングした。
久しぶりにISSが天空を飛んで行く姿を眺めたくて、寒い中92歳になった母を伴ってできるだけ長い時間観察できる場所へ出向いた。

21日は南南西から東の空へ沈み、22日は西の空から北東の山影へ沈んだ。
母に「あれに宇宙飛行士が7~8名乗ってるんだよ」と説明したら、最初は信じがたい心持だったようだが同時に感慨深げに光跡を追っていた。

ちなみに天気が良ければ今夜(22日)も観測できる。
〇東京を観測値とすると、18時25分00秒ころ仰角11度、西北西の空から見え始め、26分30秒が最大仰角15度(最も高くなる)。
 18時26分30秒、北北西の地平線へ隠れる。

〇群馬利根エリア。
 見え始め 西北西 18時24分18秒 仰角17°(見え始め仰角10.0°)
 見え終わり 18時26分45秒

お時間あったら是非ご覧あれ。

※撮影データ
露出時間 71.4秒
Canon EOS 5D MARK Ⅳ
Canon FISHEYE EF 8-15mm F4 L USM
絞り:F4(解放)
ISO-400
15mm側 対角魚眼
(画像をクリックで拡大します)

ISS 『きぼう』の軌跡_b0062024_06155754.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-22 06:16 | ほか・生活風景 | Comments(0)

雪の予感

幾日か前から雪虫が飛び交うようになった。
3mm~数ミリ程度の小さい生き物だ。

この辺りでは雪が舞うようには飛び交わないが、北海道辺りだとこの時期雪虫が大量発生して衣服に付着したり口や鼻の中に入ってしまうこともあると聞いた。
今年の10月に北海道を旅した知人の話では、雪虫とは知らなかったが衣服に白いものがついて何だろうと思ったが、小生が送った写真を見てそれが雪虫だと知った、と話していた。

北海道ではこの雪虫が飛ぶと、1、2週間後には降雪があると言われているらしい。
小生の住んでいる地区でも、やはりこの雪虫が飛び交うようになると昔から雪が降るのが近いと言われている。

雪虫がフワフワと浮遊している姿は何とも愛らしいが、実はこの虫の正体はトドノネオオワタムシという昆虫でアブラムシの仲間だ。
(アブラムシの全てが雪虫では無い=アブラムシの中でも白線物質を分泌する腺が存在するもののみ)
呼び方もまた地方によって様々であることは以前このブログでも書いたように記憶している。
ウチの辺りではちょっと下品だが『シラユキババア』と幼少の頃呼んでいた。
作家・故 井上靖が書いた自叙伝的小説のタイトルにもなっているのが『しろばんば』。
他に、ワタムシ、シーラッコ、ユキンコ、シロコババなどがあるようだ。

昆虫は変温動物といって人と違って自分で体温調整ができないのだそうだ。
雪虫も例外ではなく、体温を維持するために季節によって棲みかを変える。
冬は昆虫たちにとって適さない環境で、休眠というかたちをとる。
光周性といって、多くの昆虫たちが、この休眠のタイミングを知るのは日の長さだそうで、数ミリにも満たないあの小さな体の中に光を感じ、日の長さを計る器官が存在することは感動に値する。

雪虫が舞っているのを見つけて、早速撮影に出かけた。
見た目には優雅にゆっくり舞っているようにみえるのだが、できるだけ取り回しの良いレンズ(望遠=70-300mm)を向けると300mm側の8.2°の狭い画角で彼を追うのはほぼ無理。
ファインダーを覗きながら雪虫を追うのは無理なので、実測で彼を追いながら急ぎファインダーを覗くのだがファインダーを覗いたときには、すでに彼はそこには居ない。
オートフォーカスでは3~数ミリ程度の彼をを捉えきれないのだ。
フォーカスリングに指を添えてマニュアルでピントを合わせシャッターを切る。
以下がその時の写真。


ウェザーニューズの統計によると、北海道の雪虫の大量発生から初雪が降る日までの日数が8都市の平均で22日だったそうだ。
さて、その北海道の統計がこの辺りにも当てはまるのだろうか・・・・・・・・

(画像をクリックで拡大します)
雪の予感_b0062024_12382007.jpg















雪の予感_b0062024_12364656.jpg



# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-21 12:36 | ほか・生活風景 | Comments(0)

カワセミ

今日は北風が強い一日。
河川工事が休みだからか、カワセミはいつもの場所に居た。

カワセミ_b0062024_15292335.jpg











カワセミ_b0062024_15294126.jpg












カワセミ_b0062024_15301480.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-14 15:30 | ほか・生活風景 | Comments(0)

安全祈願 & 初滑り

先日大分降ったので初滑りを兼ねて安全祈願に谷川岳に登ってきた。

予報はこのところ快晴が続くようだ。
一日明けると雪は大分解けた。
画像をクリックで拡大します)
安全祈願 & 初滑り_b0062024_21562949.jpg











一番のロープウェイに乗り込む。
当然のことながら、まだ夏道だ。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_21574773.jpg











昨日は真っ白だったのだが、近くに来ると一日でこんなに解けちゃったんだ、と、ちょっと驚き。
これだと滑れないかもな~・・・・・・・

ま、今日の一番の目的は浅間神社奥の院にシーズンの安全を祈願に行くのだから、滑りはおまけ。

安全祈願 & 初滑り_b0062024_22001111.jpg










更に近づくと、滑れそうなところはほとんど無さそう^^;
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22010056.jpg











美女二人発見 (笑)
気さくなお二人さんから元気をもらいました。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22025423.jpg












美女二人のうち、Oさん撮影(ありがとうございます)
安全祈願 & 初滑り_b0062024_16334406.jpg










快晴の今日、北アルプス白馬三山も見渡せた。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22034388.jpg










山頂間近。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22042798.jpg












もうちょっとで山頂
Oさん、撮影
安全祈願 & 初滑り_b0062024_16353857.jpg





















11:10 am
トマノ耳到着。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22074697.jpg











山頂に荷物を置き、浅間神社まで安全祈願に。
美女たちも一緒にお参り。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22083729.jpg









いい眺め。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22093799.jpg












オキからトマ
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22100198.jpg











毎年できるトマノ耳のエビのしっぽ。
今シーズンも、すでに発達し始めていた。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22103292.jpg









トマノ耳山頂から滑り降りたが、熊笹の空洞にトップが刺さり、あえなく転倒。

積雪が薄いところと深いところが入り混じっていて難儀
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22121203.jpg










天狗の留場まで滑り降りられず、途中で滑走を諦めて登山道へ戻る
下山途中、それでも少し滑ったラインを振り返る。
安全祈願 & 初滑り_b0062024_22203699.jpg







美人のお二人さんと追いつ追われつしながら楽しい登山となりました。
シーズン初めての登山で疲労困憊してましたが、お二人から元気もらってなんとか歩きとおしました。
ありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう。

ということで、シーズン初滑りと、浅間神社奥の院への安全祈願登山無事終了。
今シーズンはラニーニャ現象だということで、十分な降雪と安全を願ってきた。

さて、つぎはいつかな・・・・・・・

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-13 22:16 | 2021 Season 前期 | Comments(0)

やっぱり居た

10月から去年の台風で崩れた河川の護岸工事が始まったことからカワセミの動向が心配だったのだが、二時間あまり待つと現れた。
餌場の大部分を重機に踏み荒らされてしまったので、どうしているかと思っていたが姿を見れてホっとした。

(画像をクリックで拡大します)
やっぱり居た_b0062024_20102639.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-08 20:10 | ほか・生活風景 | Comments(0)

さらに白く

(画像をクリックで拡大します)

さらに白く_b0062024_21125749.jpg


今朝の谷川岳。
根雪になるのも近いかな。

# by sakusaku_fukafuka | 2020-11-05 06:51 | Comments(0)

冠雪の谷川岳

冠雪の谷川岳_b0062024_07441527.jpg

今朝の出勤途上の谷川岳。

夜が明けたばかりでよく見えなかったのだが、けっこう白くなっていた。

朝は慌ただしいので時間との勝負なんだが、三脚を立てて一眼レフで撮影。
Wi-Fiでカメラからスマホに転送。
全くの補正無しのままの今朝の画像。


# by sakusaku_fukafuka | 2020-10-31 07:44 | Comments(0)

照葉渓黄葉

日曜日、恒例の照葉渓紅葉狩りに母を伴って行って来た。

見ごろ、という報道もあったけど、どっちかというとちょっと早いのかな・・・・・
ただ、今年の紅葉も今一、っていう感じ。

本当にきれいな紅葉は10年に一度くらい、と聞いたこともある。
気候変動? 
温暖化?
猛暑のためなのかわからないけど、紅葉する前に枯れている葉も見受けられた。
ただ、混雑は例年と同様だ。
照葉渓黄葉_b0062024_22254308.jpg











照葉渓黄葉_b0062024_22260546.jpg












照葉渓黄葉_b0062024_22261573.jpg











照葉渓黄葉_b0062024_22262824.jpg










照葉渓黄葉_b0062024_22263916.jpg











こちら、動画でも撮ってみた。

# by sakusaku_fukafuka | 2020-10-29 22:29 | ほか・生活風景 | Comments(0)

谷川岳初冠雪

谷川岳が白くなった。
たぶん今日が今シーズンの初冠雪だと思う。

早朝久しぶりにMTBで走ったが、グローブをしていて良かった、と思うくらい寒かった。
朝のうち雲をかぶっていてわからなかったのだが、9時近くになると雲も次第に取れてきて谷川岳が初の綿帽子をかぶっているのが見えた。
どうりで寒いわけだ。

でも、ま、歓迎の寒さだね。
今シーズンは十分な降雪があって欲しいものだ、と冠雪の谷川岳を望みながらシーズンに夢を馳せる。

(画像をクリックで拡大します)
谷川岳初冠雪_b0062024_23062987.jpg












肩の小屋の屋根にも雪が積もってる
谷川岳初冠雪_b0062024_23064905.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2020-10-25 23:06 | ほか・生活風景 | Comments(0)