晩秋の浅草岳

ブログにスノーボード製作の記事を書いていたので、浅草岳の山行から一週間が過ぎた。
平野部は今日もいい天気だが、谷川岳の山頂付近は厚い雲の中。
もしかすると雪かもしれない。

今回の浅草岳はRyon の提案で田子倉湖登山口から。
標高1585mの浅草岳はヒメサユリを見に登ったり、他にも幾度か登っているが『田子倉湖登山口』からは初めて。
かつて登ったネズモチ平登山口からの標高差は約500m。
今回の田子倉湖登山口からだと1000mを超えるので倍以上の標高差がある。

自宅を早朝出発だと途中で眠たくなったときに寝過ごす危うさがある。
よって前日移動で待ち合わせ場所『道の駅いりひろせ』で車泊。

日が短くなったので待ち合わせ時間6時のちょっと前でもまだ真っ暗。
5時20分起床。
仲間の一人も車泊。
ほぼ時間通りRyonたちもやってきた。
我輩はRyonたちの車に便乗、一路田子倉湖登山口へ。

大分明るくなってきたけど、周囲を見たらガスガス・・・・・・
あれ?・・・こんな天気じゃなかったはずなんだけどなぁ。

でも、ま、朝の霧は晴れる、っていうからそれを信じましょう。
で、準備開始。
b0062024_13211635.jpg














このあたりの標高が紅葉真っ只中。
なかなかきれいです。

で、出発前にカメラをケースから取り出したら、あらま、なんと・・・・・・
愛用のメインカメラEOS 5D MARK Ⅳ に取り付けてあったレンズがフィッシュアイ(泣)
そーだ・・・・・・この間Jr.オーケストラの撮影をやったとき、スナップ撮影にフィッシュアイを着けたまま標準ズームに装着し直すのを忘れたままだった。

ま、今更戻れないので、今日の撮影は全てフィッシュアイ(笑)


6時ちょっと過ぎて出発。
紅葉真っ盛りのブナの森を抜ける。
b0062024_13260965.jpg












b0062024_13261482.jpg














ブナの巨木に圧倒される。
b0062024_13262216.jpg















足元にツルリンドウの実が真っ赤でした。
b0062024_13262627.jpg
















こちら『クロモジ』。
和菓子などの高級楊枝に使われるクスノキ科クロモジ属の落葉低木だが、葉や樹皮にとても良い香りがする。
大きくなっても2~5mくらいで、どこにでも見られる植物だが、この葉や枝を折るととても良い香りがするので山で見かけると時々葉に鼻を近づけて香りを嗅ぐ。
b0062024_13263055.jpg
















歩き始めはガスが濃かったが、時折青空が見えるようになり、期待も高まる。

b0062024_13263416.jpg














視界が開けると、まさかの初雪?
稜線を白い綿帽子が包み込んでいた。
b0062024_13372500.jpg













三段紅葉だね。(三段紅葉とは白い雪、紅葉、麓の緑をさすが)
青空、真っ白な雪、麓付近の紅葉。
見事です。
b0062024_13372882.jpg















ブナにダケカンバが寄生してる、なんて不思議だよね~~
面白い。
b0062024_13373279.jpg














鬼ヶ面山の大岩壁が見えてきて圧巻。
きついルートだけど、これがいいんだよね。
このコースのハイライト。
b0062024_13373653.jpg














ダケカンバの実も真っ赤。
b0062024_13373951.jpg














振り返ると雲海。
田子倉湖が少しずつ見えてきた。
b0062024_13374349.jpg















美しい。
皆で写真ばっかり撮ってるのでなかなか先へ進みません。
b0062024_13442246.jpg














b0062024_13442621.jpg














この辺りから徐々に雪が登山道を覆ってます。
b0062024_13443038.jpg














雪の白とナナカマドの赤がいいです。
b0062024_13443398.jpg














雪を踏みつつ登っていると下山してくる御仁が・・・・・・
聞くと「雪山は初めてなんです」と慣れていないので下山する、と下って行きました。
ま、諦める勇気も必要なときもあるよね。
自信が無いのなら賢明な判断だと思う。
b0062024_13443678.jpg















先行者を追い抜くころには雪もだいぶ深くなってきて難儀するようになってきた・・・・・・・
「どうする? まだ登る?・・・・・引き返す?」
その判断は紅一点のRyonにゆだねるとして、更に上を目指す。
b0062024_13444007.jpg














何だかんだ難儀しながらも、とうとう山頂まで登りきった。
今シーズン初めての雪山登山となった。
我々のルートから登ったのはこの日我々も含めて8人(途中一人下山)。
1000mの標高差を上りきって眺める景色は最高。
b0062024_13521502.jpg
















ランチを済ませ、日が短いので急ぎ下山。
やはり下りは登りよりきついよね。
雪は溶け出したし、足の指がふやけるほど登山靴はグチョグチョ。
b0062024_13534165.jpg















下るとき見る景色もまたいいものです。
b0062024_13534486.jpg














b0062024_13534732.jpg














紅葉したブナの森に戻ってきた。
ブナの実を拾っては皆で食しながら下る。
また、クロモジの黄葉。
b0062024_13553416.jpg














鉄パイプの橋・・・・・・
ちょっと怖いね(笑)
b0062024_13553839.jpg















b0062024_13565728.jpg













大分日が落ちてきた。
もうちょっと・・・・・
b0062024_13572275.jpg















16:00 やっと下山終了。
もうちょっとで暗くなるね。
ギリギリ間に合った(笑)

今日は最高の天気で、今シーズン無雪期登山の良い登り納めとなった。
b0062024_13585846.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-11-10 13:59 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅴ

前回はコアにインサート用の穴を開けた。
今回はソールの切り出しとエッジの取り付け。

ソールは新しいソールで師匠お勧めのグラファイト入りのソール。

スプリットなので一枚のソールを二つに縦割り。

b0062024_22005832.jpg














トリマーを使って雛形に沿って切り抜く。
b0062024_22015977.jpg














切り抜いたソールにアウトラインに沿って曲げたエッジをクリップで保持。
瞬間接着剤で仮固定する。
b0062024_22042109.jpg















b0062024_22043255.jpg













ここまでが今回の作業。
次回はエポキシが付着しないようソールにテープを貼って保護し、プレスの前準備とする。



# by sakusaku_fukafuka | 2018-11-08 22:07 | スノーボード製作 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅳ

今回はバインを取り付けるインサートの穴開け。
b0062024_09495940.jpg

















b0062024_09501436.jpg












ドリルの刃の調整をやってくれている師匠。
b0062024_09535211.jpg















































この夜も数名で賑やかに自作ボードの製作に勤しむ。

KRSWさんはスキーヤー。
コアのテーパーをつけてます。
b0062024_09550842.jpg














こちらもスキーの製作。
ほぼ完成系でバインを取り付ければもう滑走可能。
b0062024_09562751.jpg














こちらスノーボード。
難関のフルエッジに挑戦してます。
俺は不器用だからフルエッジは諦めてる(笑)
b0062024_09574009.jpg














エポキシがソールに付着しないようテープを貼る作業。
これでプレスしたらもう仕上がり。
進んでます。
b0062024_09584537.jpg














ソールにエッジの取り付け作業。
師匠からアドバイス受けてます。
b0062024_09592886.jpg

さて、次回はエッジの仮接着。

# by sakusaku_fukafuka | 2018-11-04 10:01 | スノーボード製作 | Comments(0)

演奏会

昨日はとあるJr オーケストラの定期演奏会。
前回同様撮影依頼。
リハーサルから本番まで撮影してきた。

写真(リハーサル)は主催のJrオーケストラとホールのある地元の中学生吹奏楽部の賛助出演で合同演奏。
小学生には大きすぎて演奏不可能なコントラバスや足りない楽器、金管楽器などは大人も混じって演奏。
よってViolin を始めたばかりの小学生からシニアまで年齢層は幅広い。
アットホーム的で良い演奏会だった。
b0062024_21114042.jpg



# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-29 21:11 | ♯s&♭s | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅲ

コアの加工。

コアは師匠が接着しておいてくれたので今回はコアの加工。
コア材は前回と同じく檜とバンブー。
b0062024_06520698.jpg














b0062024_06522362.jpg
















最大厚4.7mmまで削ったのでノーズとテールのテーパー部分の加工。
b0062024_06534932.jpg














ノーズ2mmからセンター4.7mmまでテーパー部分を削り込む。
去年やった作業なのだが感覚が戻るまで緊張するね。
b0062024_06553587.jpg












角度調整。
b0062024_06555982.jpg













b0062024_06562843.jpg















テーパーかけ終わったところを丁寧にサンドペーパーで滑らかに・・・
今回はここまで。

スプリットなので、そろそろ取り付けるパーツを用意しておかないと。。。
b0062024_06575754.jpg















b0062024_07094531.jpg


# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-28 06:58 | スノーボード製作 | Comments(0)

尾瀬・晩秋

昨日は二十四節気の『霜降』。

尾瀬も例年なら霜の降りる季節。
放射冷却で冷やされた大気中の水分が草紅葉に降り注ぎ、夜明け前の冷え込みで雪の如く湿原一面が真っ白になる。

この日の尾瀬は夜明け後の快晴予報だったので上記の状況は期待できなかったのだが、前日の午後から未明にかけて降雪の予報があったので出かけてみたものの期待の雪は降らず、ワル沢の稜線付近に若干の霧氷が見られただけだった。

しかし、期待は裏切られても、紅葉が終わったこの時期の尾瀬は小生が最も好きな季節。
久しぶりの静かな尾瀬を堪能してきた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_22025583.jpg













至仏山
b0062024_22025985.jpg













b0062024_22030369.jpg














b0062024_22040714.jpg














b0062024_22041074.jpg













b0062024_22041385.jpg














b0062024_22044280.jpg













b0062024_22050993.jpg













b0062024_22054881.jpg













b0062024_22060529.jpg














b0062024_22062207.jpg














b0062024_22063474.jpg













b0062024_22065007.jpg














ワル沢の稜線付近にうっすらと霧氷が見られた

b0062024_22075554.jpg














b0062024_22083980.jpg













b0062024_22085766.jpg














b0062024_22090780.jpg














ツルリンドウ
b0062024_22092927.jpg















b0062024_22093890.jpg














b0062024_22095702.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-23 22:10 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

照葉峡 Ⅲ

予報だと天気は良さそう。
Pに着いても満天の星。

ちょっと期待して久しぶりの一ノ倉沢へ向かう。
しかし一ノ倉沢が近づくにつれ稜線からガスが流れてくる・・・・・・

到着する頃には星空はどこへやら・・・・・

週末なのでロッククライマーが大勢準備をしている。
稜線まで登り切ってRWで下るクライマーもいれば、また同じ場所を下ってくるクライマーもいるみたい。

一時間ほどすると岸壁を登り始めたヘッドランプが見え隠れしている。


b0062024_15355410.jpg













b0062024_15355819.jpg















夜が明けてビックリ? いや、がっかり・・・・・
どうやら今年の紅葉はだめなところが多いみたい。
一ノ倉沢も例年と比べたら鮮やかさに欠ける。

一ノ倉沢の紅葉が良かったら巌剛新道を登ろうと考えていたのだが、あっさり止めた(笑)

照葉峡もあまり期待できそうにないけど、また先週に引き続き照葉峡で滝巡りをやることにした。
b0062024_15400839.jpg

















これは『山彦の滝』と言うんだそうだ。
b0062024_15401374.jpg
















b0062024_15401831.jpg


























b0062024_15402160.jpg
















『しぐれの滝』
b0062024_15402588.jpg
















b0062024_15402920.jpg














中流域から上はそろそろ終わりかな~~
b0062024_15403303.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-13 16:07 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

照葉峡 Ⅱ

続き。

最も下流にある『翡翠の滝』付近はようやく紅葉が始まったばかり。
でも、もみじは色鮮やかに紅葉していた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_21122541.jpg
















標高が上がるにつれ色彩豊かになってくる。
b0062024_21134020.jpg















b0062024_21135981.jpg















渓谷の最上部付近は最もみ見頃。
b0062024_21145776.jpg
















坤六峠付近になると、そろそろ散り始めているところもある。
b0062024_21153235.jpg














b0062024_21163588.jpg














b0062024_21170537.jpg













もこもこ、っとしたブナやダケカンバの森の紅葉は独特でいい。
b0062024_21180485.jpg













b0062024_21183019.jpg













b0062024_21184959.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-10 21:19 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

照葉峡

台風25号の影響がまだ残っていて生憎の小雨だったのだが、関東の奥入瀬とも言われている群馬みなかみ町の紅葉の名所「照葉峡」へ紅葉の進み具合を見に行ってきた。
晴れていたほうが紅葉も際立って美しいのだが、ここはもともと陽が当たりにくい場所。
雨でもしっとりしていていいのではないだろうか。

照葉峡は標高差があるので、下部は色づき始めたところだが上部は最盛期。
坤六峠付近は散り始めていた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_07341502.jpg














小雨なので、一度三脚を立てに行ってからカメラを取りに戻り、傘をさしながらカメラをセット。
雨粒は心配したほど写りこんでない。
水に浮いた落ち葉がくるくると回っている。
レンズにND8を取り付けて長時間露光を複数重ねる。(でも、ちょっと重ねすぎ 笑)
渦巻き模様は落ち葉の軌跡。
b0062024_07400798.jpg













もみじが丁度いい感じ。
b0062024_07414359.jpg















「不断の滝」
b0062024_07435246.jpg
















長靴を持ってきてよかった。
川の中に入って撮影。
b0062024_07471620.jpg














このあたりまで登ってくるとかなり色づいている。
b0062024_07513286.jpg
RAWで撮影してあるので、現像処理がなかなか面倒だ。
とりあえずここまで(笑)

# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-08 07:53 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

NHK 「ほっとぐんま640」

先月27日、NHKのニュース番組「ほっとぐんま640」の<好きです群馬>で採用していただいた写真。
9/23日、中芝新道上部から撮影した北面の紅葉。
b0062024_21242621.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-10-04 21:24 | ほか・生活風景 | Comments(0)