巻機山(ニセ巻機山) Ⅰ

ショップのElena同行第二弾は巻機山に決定。

前日に降っているので期待半分不安半分。
まだ巷は寝静まる3:30am、三俣でElenaをピックアップ、一路清水地区を目指す。

桜坂駐車場まで車が入れれば一時間の時間短縮になる。
除雪の形跡があるので期待が高まったが、バリケードがしてあって入れない。
ちょっとガックリ・・・

R291沿いの駐車スペースに車を止めてハイクの準備。
予定時間を少しまわってスタート。


(画像をクリックで拡大します)
b0062024_8381870.jpg

b0062024_8382979.jpg

b0062024_750426.jpg











どこまで除雪が進んでいるのかわからないが、とにかく歩きやすいので行けるところまで雪の回廊を行く。
b0062024_7515951.jpg











ほどなく除雪道路も終点。
雪の壁を乗り上げて桜坂駐車場を目指す。

b0062024_7531687.jpg











約一時間ほどで雪に埋没している桜坂駐車場着。
天候にも不安があったが、天狗岩もはっきり見えてちょっと気持ちが上向く。

b0062024_7545837.jpg











まずは最初の急登《井戸の壁》に取り付く。
b0062024_7555029.jpg

b0062024_756238.jpg











稜線を朝日が照らし始め、不要になったヘッドランプをザックに収納。
シールで井戸の壁に取り付く。

b0062024_758218.jpg

b0062024_759135.jpg











稜線が朝日に照らされ、ブナの森の中も明るさを増す。
b0062024_801054.jpg











樹間から《大源太山》
b0062024_805413.jpg











ところどころで視界が開け、大源太山に連なる山並みが望める。
b0062024_822057.jpg

b0062024_824592.jpg











眼下に今日滑ることになる米子沢の下流域。
新雪の後で美しい眺め。

b0062024_835697.jpg











柄沢山方面。
b0062024_8552.jpg











若いブナの森に朝日が差し込んできた。
b0062024_855440.jpg

b0062024_86573.jpg











アプローチの長い巻機山、ようやく滑る米子沢が見える稜線に出た。
ここからは気持ちよい稜線を行く。

b0062024_87491.jpg











米子沢のデブリ。
前日?に滑ったスキーヤーのラインが見える。

b0062024_895152.jpg











雪崩の洗礼だけは受けたくないので、あまり雪が緩まないうちに滑りたいが、ドロップポイントに到着する時間によっては米子沢を諦め、上ったルートを滑ってくるしかないかもしれない・・
b0062024_812863.jpg











頑張れ! もうちょっとで視界が開けるぜ!
b0062024_8133953.jpg

b0062024_815790.jpg












目の前に、今日滑る第一候補の米子沢。
b0062024_8145550.jpg

b0062024_8153512.jpg











視界の利かない樹林帯が長かったので、ここで大休止。
Elenaと景色を楽しむ。

七ツ小屋山、武能岳、大源太山。

b0062024_816464.jpg

b0062024_8182272.jpg











雪化粧をしたブナの森。
b0062024_8185711.jpg











登攀再開。
b0062024_8193520.jpg











右手に米子沢を見ながら稜線を詰める。
b0062024_8211368.jpg











ブナの森が美しい。
b0062024_8223696.jpg

b0062024_822467.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-04-23 08:48 | 2011 雪山三昧 中期 | Comments(0)