室堂~黒部五郎岳~烏帽子小屋~高瀬ダム周遊の山旅  5

五日目、六日目

三俣蓮華岳キャンプ場→高瀬ダム


 (画像をクリックで拡大します) 


三俣出発。
この日は雨の出発となった。
雨の日のテント撤収はなかなか辛いものがある。
濡れたテントは重く、濡らしたくないものまで濡れてしまう。
テント山行の負の部分かな~~

この日は薬師峠から一緒に歩いてきたMっちゃんとはお別れ。
我々は鷲羽岳を越えて野口五郎岳から烏帽子小屋へ向かう。
b0062024_928275.jpg

b0062024_9281351.jpg

b0062024_9282292.jpg











テントを撤収、トイレを済ませて三俣山荘を発つ頃は叩きつけるような激しい雨・・・
一応防水仕様のコンデジは持ってきたものの、取り出したり収納したりが面倒で、この先はほとんど写真は無い。
b0062024_9302979.jpg












徐々に夜が明けてきたものの、鷲羽岳への登りはなかなか辛かった。
b0062024_9312784.jpg

b0062024_9313733.jpg













ワリモ岳分岐。
b0062024_932998.jpg













三俣を出発してから雨の中を約4時間。水晶小屋がやっと見えてきた。
b0062024_9374410.jpg

b0062024_9375364.jpg












可愛いですね~。
まだちっちゃいお子さんが居ました。
b0062024_9382666.jpg













水晶岳で小休止したら野口五郎岳を目指します。
雨とガスの中を出発。
視界が悪くてほとんどどんなところを歩いているのか分からない・・・
b0062024_1065371.jpg











堆積した岩がゴロゴロ。
濡れているので歩きにくい・・・
b0062024_10101198.jpg

b0062024_10102545.jpg













どうやら野口五郎岳も近くなってきたようだ。
b0062024_1011162.jpg













雨の中で雷鳥と出会った。
辛い中にもホっとする一瞬だ。

雨が筋になっていて降っているのが分かる。
一眼レフは出したくないところだが、雷鳥を綺麗に撮るチャンスが無かったので、濡れるのを覚悟で一眼レフを出した。
b0062024_10191052.jpg

b0062024_10204823.jpg

b0062024_10205771.jpg

b0062024_1021688.jpg












野口五郎岳へ向かう痩せ尾根。
b0062024_1022778.jpg














ガスの中から一瞬姿を現した野口五郎岳。
b0062024_10224377.jpg











また雨足が強くなってきました。
b0062024_10231357.jpg












野口五郎への最後の登り。
頬が痛いくらい雨が叩きつけます。
b0062024_10242092.jpg













三俣から雨の中を約7時間半、ようやく野口五郎岳山頂です。
b0062024_1025228.jpg












野口五郎小屋が見えます。
ここで昼食をとって更に烏帽子小屋へ向かいます。
まだまだ長い・・・

ここと烏帽子小屋は小屋の中での休憩は有料なので注意・・・・・・・・
雨で濡れた体には有料の休憩は痛い・・・
b0062024_1027864.jpg











烏帽子方面。
気持ちがくじけそうになるくらい、まだまだ長~い稜線が続きます。
b0062024_10291647.jpg













ありがたかったのは雨が小降りになったことでしょう。
でも、体が冷えてしまうのでレインウェアは着たままです。
b0062024_1030624.jpg

b0062024_1030164.jpg












ここを通過すれば烏帽子小屋まではほとんど下り。
ちょっと安堵しました。
b0062024_10305574.jpg












烏帽子岳が見えてきました。
b0062024_10312484.jpg












最終日はここへ下ります(高瀬ダム)。
b0062024_10315768.jpg












緩やかで長い下り。
でも、小屋も見えたので気持ちは明るいです。
b0062024_10324910.jpg












山行二日目に歩いたスゴの頭と越中沢岳が遠くに見えます。

あんなところから5日もかけて歩いてきたんだな~~。
感慨も一入です。
b0062024_10335499.jpg











烏帽子キャンプ地です。
b0062024_10342256.jpg










烏帽子小屋ヘリポートの横から歩いてきたルートの一部を望みます。
b0062024_10351051.jpg












青い屋根の烏帽子小屋。
b0062024_10353619.jpg












この日も約12時間歩きました。
人間て歩けちゃうもんですね~~。

お疲れ様、最終日はご褒美でこの烏帽子小屋に泊まります。
b0062024_10365379.jpg












最終日、北アルプス三大急登の一つ、ブナ立尾根を下ります。
b0062024_10381265.jpg

b0062024_10382328.jpg












下りとはいえ、ここの下りは侮れません。
下っても下っても「下ってる感」がありません。
カメラを取り出す元気も無く、ほとんど写真はありません。

長い下りに辟易するころ、やっと濁沢。
b0062024_10395294.jpg

b0062024_1040126.jpg

b0062024_1040917.jpg











濁沢にかかる橋は流されていました。
大きく太い流木が臨時の橋です。
b0062024_10405273.jpg











長い吊橋を渡ります。
b0062024_10412151.jpg











このトンネルを抜けたら高瀬ダム。
b0062024_10415299.jpg












ダムサイトから上を見ると、昨日歩いた稜線が望めます。
b0062024_1042208.jpg












ダムサイトではタクシーが待機してました。
電話をする手間が省けありがたいです。

ここからタクシーで扇沢に戻り、車を回収して今回の長い山行が終わりました。

お疲れ様~~












b0062024_10452115.jpg


後半天候に恵まれなかったけど、辛い中にも楽しさを見つけました。
霧と雨でスルーした三俣蓮華岳や水晶岳、烏帽子岳はいつ再度挑戦したい山です。



扇沢に戻り、車を回収したら、大町へ出て有名なトンカツ店でペコペコだったお腹を満たす。
b0062024_10462338.jpg









このあと温泉で一週間ぶりに汗を流す。
一週間ぶりの温泉は天国でした。

女の子がいると、その後はと言えば、スイーツですね・・・・・・・
長野の善光寺近くの栗にこだわっている「竹風堂」で栗あんみつです。
b0062024_10492362.jpg

b0062024_10493248.jpg













この後は善光寺でお土産を購入して帰路に着いた。
背中に荷物が無いと楽だな~~

長い山行、お疲れ様~~
b0062024_10502832.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2011-09-12 10:56 | 2011 登山 | Comments(0)