マチガ沢《三ノ沢》

※ ご承知の通り、三月に入って谷川岳で二件の遭難事故が起きており、二名の尊い命が失われております。

当ブログは雪山滑降を計画される方々に情報を提供することを目的とするものではありません。
山行を計画される場合はご自身で最新の情報を取得され、天候、経験、体力などを考慮し、自己の責任の下で行ってください。



(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)

昨日の疲れで休みたいところだが、窓を開けて谷川岳が見えてしまったらジっとしていられないのだ。
ロープウェイも運行が8時だし、ま、のんびり出かけた。

朝からカンカン照り、こりゃ気温が上がるな~=雪崩れるな~~

昨日はあれほどの大混雑だったのに、今日は登る人も少なく、閑散としている。
今日は万太郎山を目指すスキーヤーとスノーボーダーの二人組みと一緒になり山頂付近まで同行する。

肩の小屋直下で彼らと別れ、昨日のドロップポイントからのラインを稜線から撮影する。
昨日からずっと晴れているようで、三本のラインはそのままそっくり残っていた。
b0062024_16482649.jpg

b0062024_16483863.jpg














山頂から西を眺めると、万太郎山を目指すさっきの二人組みがオジカ沢ノ頭へ向かって歩いているのが見える(画面左下)
b0062024_6452020.jpg

b0062024_16183367.jpg

b0062024_16195134.jpg

お二人さん、連絡(ブログのメールリンク)いただければこの写真お譲りいたします。












昨日の登山者のトレースが西黒尾根に残っていた。
b0062024_16205245.jpg













気温がどんどん上昇。
あちこちで雪庇が落ちる音がし始めた。
急ぎ《三ノ沢》ドロップポイントへ移動。
賢明な御仁はおそらくコレを見たら滑るのを止めるのだろうが・・・・・・・・
誘惑に弱い我輩は無謀と分かっていてもここへ・・・・・・・
b0062024_162452.jpg












やっぱり

鈍い音と共に上から落ちてきた・・・・・・・・
岩の下に退避して落ちていくデブリをやり過ごす。
アイスバーンの上に乗っかった表層をデブリが削り取っていく。
写真のスキーヤーズライト側に移動。
切れるものは切り、落とせるものはプレッシャーをかけて先に落としながら滑る。
b0062024_16293086.jpg














そろそろ三ノ沢の核心部。
まだ何とか右側が滑れる。

落とせるところは先に落とす・・・・・・

b0062024_16303151.jpg












核心部を何とか滑り降り、ノドから抜けて広くなったところから下部を俯瞰すると、自分が先に切って落としたデブリがS字手前まで押し出している。
そのデブリの量にいささかたじろぐ・・・

以前もそうだったが、ここはけっこうクレパスがあるのだ。
柔らかい表層は全て落ち、硬く氷に近い表面だけ露出した。
ここはもうずらして降りるしかないね・・・・・・・
エッジを効かせ損なえばそのままボトムまで滑落間違いなしだし・・・・・・・・・

b0062024_1638558.jpg














ま、何とか危険地帯は抜けられてホっとするも、昨日はきれいだった斜面は今朝落ちたデブリでことごとく埋められていた。

振り返る。

b0062024_16411236.jpg














河原の石ころの上を滑るようにデブリの上をガタガタと通過するしか他無い。
b0062024_16433129.jpg













無事何とか滑り降りはしたものの、楽しいよりも怖~いだけだった今日の三ノ沢。
これじゃ、もうマチガ沢も今シーズン終わりかもなぁ。

阿呆な山男の一日が終わりました。

b0062024_16573974.jpg








b0062024_16454419.jpg

b0062024_16455679.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2012-04-09 16:58 | 2012 雪山三昧・後期 | Comments(11)

Commented by nabe_kuma at 2012-04-09 23:34
こんばんわ~
素人の失礼な言い方ですみませんが,阿呆というか,もう「気違い」ですね(笑)。
いつも凄い..感動の写真を見せていただき,ありがとうございます。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-11 06:18
♣ nabe_kuma さん、コメントありがとうございます。
ま、この日は気温が上がり、雪が緩み始めた頃ですから無謀ではあります。
この日一日でこの沢はほぼデブリだらけになりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-04-11 07:13
疲れていても出かける気持ち、
危ないけど何とか乗り切れると判断・・・・わからなくはありません。まあ!スリル満点!!

全身にアンテナを張って、落すところは先に落とす・・・
もう最後の滑りですね。
お疲れ様!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-11 13:52
♣ kimiko_shibata1 さん、コメントありがとうございます。
自宅二階の窓から谷川岳が見えてしまいます。
これが見えるとジっとしていられなくなるんですね~
まるで子供です。
里と違って花こそまだ咲いておりませんが、それでも山もすでに春。
シャバシャバの粗目雪が待ち遠しい季節になりました。
Commented by micho7 at 2012-04-12 07:09
おはようございます。
目の覚める景色ですね!
春は雪質が変わって、特に難しい時期なのでしょうね。
雪のざらざら感が写真から見受けられました。
ちょっと違うかもしれませんが、
私が子供を連れて中東を旅した時、大丈夫なの?と言われました。
危険な場所なら絶対に行きません。自分の経験と情報収集で行けると判断したからです。
その代り、旅には細心の注意を払いました。
とはいえ、くれぐれもお気をつけてくださいね!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-12 08:10
♣ micho7 さん、コメントありがとうございます。
雪の多い今期、もうちょっと良い雪の日が続くかな、と思いましたが春は思ったより早くやってきました。
方程式で答えが出ない自然の判断は難しいですね。
ここも最悪の場合回避できるところが一箇所あります。
Backcountry snowboard & ski をするのに、安全が保障される場所はは一つも無いといってよいでしょう。
この時期にここより更に難易度の高い本谷や一ノ倉沢を滑るエクストリーマーもおります。
滑走に好まれる場所の多くは沢筋であり、沢筋は雪崩の巣でもあり、通り道でもあります。
危険なのはここに限ったことではありません。
今後も細心の注意を払い、アンテナを張り巡らせて雪山に挑みたいと思います。
貴重な体験談ありがとうございます。
Commented at 2012-04-12 14:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-12 17:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-12 18:04
♣ 鍵コメTさん、コメントありがとうございます。
あの日は朝のうちは天気が良かったのですけどね~~
天候の難しさでは有名な谷川岳ですが、今期は降雪量も多く、悪天候日も同様でしたね。
私も戻って西黒沢へドロップしましたが、ああいう日は上まで行っても快適なものは望めませんね。
正解だと思います。
また谷川岳でお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-12 18:20
♣ 鍵コメ I さん、コメントありがとうございます。
ご希望の写真を MSN のWeb storage にアップロードしましたので、そちらからダウンロードしてください。
お疲れ様でした。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-04-14 18:05
♣ T.N 様、コメントありがとうございます。
了解しました。
メール送っておきますので、確認願います。