槍ケ岳周辺滑走山行 1

(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)

Yarigatake,Ohbamidake / Nagano,Gifu : Apr. 28-30 2012

シーズン終盤の恒例になった槍ケ岳周辺の滑走山行。
毎年のことながら、普段の装備に加え、宿泊を考慮した装備は重量を増す。
これを背負っての山行にモチベーションを上げてきた。
今年はこれにスノーボード仲間「Ryon」と「Chami」が加わった。

沢渡さわんどの第二駐車場に車を入れ、併設してある無料の「足湯」で温まり、車泊。
同行の彼女達と合流してタクシーにて上高地を目指す。
b0062024_7204394.jpg














夜が明けた上高地は連休中でもまだ閑散としていて、早発ちの登山者がちらほら見えるだけ。
登山届けを投函、槍ケ岳山荘のスタッフMちゃんに出発した旨をメールで送り、一路槍ケ岳山荘を目指す。
これから長~い長~い一日が始まる。

b0062024_7242164.jpg













河童橋より朝焼けの《焼岳》を望む。
今日は天気良さそう!

b0062024_7253154.jpg















梓川河畔を朝陽が染める。
b0062024_7553778.jpg
















上高地を発って約一時間、明神橋を渡り梓川右岸を遡る。

正面に《明神岳》

b0062024_727320.jpg















残雪の前穂高岳を望む。
b0062024_7325923.jpg














上高地を発っておよそ3時間、中継地点の《横尾》着。
明神から休まず歩いてきたので大休止。
ここまで来ると雪の量も増える。
b0062024_7345465.jpg














やはり今年はこの周辺も降雪量が多かったようだ。
横尾からは雪の上の歩行となる。
b0062024_7355787.jpg












槍見河原。
槍ケ岳の穂先だけがくっきりと見え、テンションも上がる。
b0062024_7415771.jpg














一ノ俣
b0062024_7424465.jpg

















二ノ俣
b0062024_7432683.jpg
















奥まるにつれ、どんどん雪の量が増えてくる。
b0062024_7441756.jpg














上高地を発って約5時間、《槍沢ロッジ》着。
b0062024_7475885.jpg















ロッジ出発。
ここからはシール歩行&スノーシュー。
b0062024_748397.jpg














ババ平手前、正面に槍の穂先と東釜尾根を望む。
b0062024_7493923.jpg














ババ平。
ババ平を埋め尽くした大規模な雪崩に唖然とする。
幾度もここを通っているが、これほどの大規模な雪崩を見たことがない。
b0062024_7514829.jpg

b0062024_752065.jpg














自然の猛威のすごさにただ驚くだけ・・・・・・・・
b0062024_7525979.jpg

b0062024_7531110.jpg














大曲通過、遠くに最も辛い登り《グリーンバンド》が見えている。
b0062024_7592718.jpg














ここら辺りまで来ると疲れもピーク。
しかしながら、この先にはグリーンバンドの急登が待っている。
b0062024_812716.jpg













正面に中岳カール、大喰岳カール。
容赦なく灼熱の太陽がジリジリと焼き付ける。
日陰はまったく無く、表面が溶け出した雪面にタラタラと汗が滴り落ちる。
b0062024_851027.jpg

b0062024_84612.jpg















グリーンバンドの急登。
一歩脚を前に出せばそれだけ進む・・・そう自分に言い聞かせながらただ耐えるのみ・・・・・・・
b0062024_87623.jpg















シール歩行も難儀する斜度・・・
b0062024_8184559.jpg














やっとの思いでグリーンバンドを登り挙げるとご褒美のように槍の穂先が顔を出す。
b0062024_8202029.jpg















穂先が見えた、と悦ぶのも束の間、歩いても歩いても景色が変わらないのだ・・・
b0062024_82117100.jpg














殺生フュッテも見えて、穂先の上空をまたグライダーが滑空している。
気持良さそう・・・・・・
b0062024_8224197.jpg















先が見えるからこその辛い登り。
b0062024_834951.jpg















天狗原を俯瞰する
b0062024_8345788.jpg















殺生も過ぎ、山荘直下の最後の急登。
ここが一番辛いところかな・・・・・

「滑りたい」その夢を追い、重い荷を背負って上高地から一日で槍を目指す難行苦行の山行もあと数十歩で終わる。
自分は先に到着したのだから重い荷の一つも持ちに下って上げたいところだが、『頑張れ』と声をかけるだけで行きません。
彼女達のプライドと達成感のために・・・・・・・・

b0062024_8354912.jpg

b0062024_852218.jpg

b0062024_836184.jpg















山荘直下から前穂高岳、南岳、北穂高岳を望む
b0062024_837119.jpg














夕陽がお出迎え。
彼女達のペースに合わせ、およそ12時間強、一日で22km を歩き通し、槍ケ岳山荘に到着した。
b0062024_8571227.jpg













山荘直下の最後の急登、頑張って登ってます。

by sakusaku_fukafuka | 2012-05-02 09:09 | 2012春 おまけ滑り | Comments(10)

Commented by (ま)。@ひめじ at 2012-05-02 10:52 x
今年も行かれたんですね、槍。

去年、小屋前でちょこっとお会いした姫路の親子山スキー、テレマーカーです。

連休前半は天気絶好だったので、さぞかしいい滑りができただろうと、恨めし気にレポート拝見しました。

こちらも、このあと明日から槍に向かう予定でしたが、あいにく明日の天気が芳しくなく、計画を槍から涸沢方面に変更しようかと考えている次第です。

肩の小屋に泊まり、天狗原経由で穂高方面に向かうつもりでしたが、おそらく来年以降に持ち越しです。

ひそかに、今年もお会いできるかと思っていましたが、そもそも無理でした。

レポーとの続きと、また会えるのを楽しみにしています。
でわ。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-02 12:51
♣ (ま)。@ひめじ さん、コメントありがとうございます。
お久しぶりですね。
仰るとおり連休前半は好天に恵まれました。
計画段階から一番心配なのはやっぱり天気のことですが、今回は恵まれたようです。
それでも最終日はよい天気とは言えず、出発時間に気をもみましたがグリーンバンド付近からは何とか雪も緩んでいてロッジまで滑り降りることができました。
また槍でお会いできるといいですね。
今年はスキーヤーやスノーボーダーがけっこう大勢いました。
また再会を楽しみにしています。
Commented by kazu at 2012-05-02 18:48 x
槍のレポート楽しみにしておりました。

私も槍に行き昨日下山しました。どこかですれ違っていたようですね。今回はボードを持っていかずGWの槍偵察といったところで私のまだ未熟な滑走技術ではまだまだ厳しい場所だなと感じ、さらにここで滑りたいと強く思いました。

今後の記事も楽しみにしています。
私も一日で槍まで行きましたが長いですね〜(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-05-02 18:55
お疲れ様!
拝見するだけにはとても素敵な風景の連続です。
しかし、
>登っても風景が変わらない・・・・
こんなにきつい傾斜では私なら後退してしまいます。
みなさんよく頑張りましたね。
・・・といってもやめるわけにはいきませんね。
お天気が何より・・・

お天気の良い春山、軽いアイゼン歩行は普段より楽なものですが、この傾斜では・・・・・
至仏山へ行った山友が、ボーダーでにぎわっていてびっくり!!
現在の入山者は多いのですね。
お疲れ様です。素敵な風景をありがとうございました。
Commented by yappu425 at 2012-05-02 21:20
既に新緑の出揃ったこちらにいると、同じ日本の同じ時期とは思えない光景ですね~。
素晴らしいお天気に恵まれて良かったですね^^
12時間の踏破、凄いです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-03 07:32
♣ kazu さん、コメントありがとうございます。
我々は28-30日が山行日でした。
どこかですれ違っていたでしょうか?
我々も快適に滑ることができたのは29日だけでした。
やはり標高3000m付近は条件が難しいのです。
下山日も雪が緩むのを待つ時間さえあれば十分楽しめるはずなのですが、上高地へ戻る時間を考慮すると、どうしても待ち時間に制限がでてしまい、カリカリのアイスバーンも滑らざるを得ません。
それにしても、槍までの距離は長いですよね~。
横尾がちょうど距離的には中間点で、横尾から更に11kmあるのですから。
次回は滑ることができるといいですね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-03 07:41
♣ kimiko_shibata1 さん、コメントありがとうございます。
はい、幾度も行っているところですが、何度歩いても長いです。
槍沢ロッジを過ぎたら、もうどんなに辛くても行き切ってしまうしかありません。
29日夕方、山荘のテラスから槍沢を見下ろすと、グリーンバンドをやっと登り終えた登山者が一人点のように見えました。
思うに、あのスピードだとまだ2時間はかかるのではないだろうか?
そろそろ暗くなる頃で、とても心配しましたが、2時間経っても到着しません。
到着しないと夜の冷え込みで遭難するのではないだろうか、と皆が心配して暗闇の中のヘッドランプの明かりを見ていました。
幸い遭難はなかったようですが、やはり個人差はあるものの、槍ケ岳までの距離は誰にとってもとても長いものなのですね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-03 07:49
♣ yappu425 さん、コメントありがとうございます。
里は新緑なのに、3000m付近はまだ残雪が多くあります。
それでも、雪は黄砂で汚れ、春を思わせる光景です。
槍に向かって歩いていると徐々に景色が変わってくるのでそれも面白いですね。
一口に22kmといいましても、後半は登りの連続になりますから、平地の22kmとは比べようがありません。
それでも行って滑るだけの価値はあります。
涸沢は立山並みに混雑しますし、この距離が槍ケ岳の静けさを提供してくれるのですね。
Commented by m-kotsubu at 2012-05-03 23:58
こんばんは♪
すごい…の一言です。
雪の中を22kmですか…。
凄すぎます。
憧れの地ですが(もちろん冬はいけませんが)
いつか行けるかなぁ…。
何年かかるのだろう。(笑)
美しい風景、堪能させていただきました。^^
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-04 08:48
♣ m-kotsubu さん、コメントありがとうございます。
>雪の中を22kmですか・・・
はい、上高地から11km歩くと横尾というところで、涸沢(穂高のベースキャンプ地)との分岐でもあり、ちょうど中間地点にもなりますが、ここを過ぎると雪道となります。
我々は登山ではなく滑ることが目的ですので、滑る日を一日でも多く取りたいので一日で槍を目指しますが、多くの登山者は槍沢ロッジやババ平(テント)で一泊し、二日目に槍を目指すというのが一般的です。
無理をなさらず、槍沢ロッジで一泊し、二日目に槍ケ岳を目指せばkotubuさんでも登攀可能ですよ。
なお、槍沢ロッジと槍ケ岳山荘は同じ経営ですから、槍沢ロッジから槍ケ岳までの登山道の情報はロッジで得られます。